松崎 吾朗 (マツザキ ゴロウ)

Matsuzaki Goro

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

30229455

研究室住所

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1番地

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-8968

研究室FAX

098-895-8944

プロフィール

1986年3月 新潟大学医学部医学科卒業
1990年3月 九州大学大学院医学系研究科病理系専攻博士課程卒業
1990年4月 九州大学生体防御医学研究所免疫学部門 助手
1997年11月 九州大学生体防御医学研究所免疫学部門 助教授
2001年11月 琉球大学遺伝子実験センター分子感染防御分野 教授
2002年4月 琉球大学大学院医学研究科生体防御学講座兼担
2009年4月 球大学熱帯生物圏研究センター分子感染防御学分野 教授 組織統合による所属名称変更) 

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   熱帯生物圏研究センター   教授  

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年10月
    -
    1997年09月

    MRC結核および関連感染症ユニット(英国)  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  医学博士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1997年11月

      九州大学生体防御医学研究所・助手  

  • 1997年11月
    -
    2001年10月

      九州大学生体防御医学研究所・助教授  

  • 2009年04月
    -
    継続中

      琉球大学 熱帯生物圏研究センター 教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • 病原細菌学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 免疫学

  • ライフサイエンス / 細菌学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • γδ型T細胞の分化と機能の研究

  • 感染に対する免疫・生体防御機構の解明と防御ワクチンの開発

  • 結核菌に対する免疫応答の制御機構

論文 【 表示 / 非表示

  • Heat-killed Lactobacillus plantarum L-137 attenuates obesity and associated metabolic abnormalities in C57BL/6 J mice on a high-fat diet.

    Yoshitake R, Hirose Y, Murosaki S, Matsuzaki G.

    Bioscience of Microbiota, Food and Health   40 ( 2 ) 84 - 91   2021年04月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • TREM2 is a receptor for non-glycosylated mycolic acids of mycobacteria that limits anti-mycobacterial macrophage activation.

    Iizasa E, Chuma Y, Uematsu T, Kubota M, Kawaguchi H, Umemura M, Toyonaga K, Kiyohara H, Yano I, Colonna M, Sugita M, Matsuzaki G, Yamasaki S, Yoshida H, Hara H.

    Nature Communications   12 ( 1 ) 2299   2021年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Mycobacterium bovis BCG-mediated suppression of Th17 response in mouse experimental autoimmune encephalomyelitis.

    Matsuzaki G, Teruya N, Kiyohara Kohama H, Arai K, Shibuya Y, Chuma Y, Matsuo K.

    Immunopharmacology and Immunotoxicology   42 ( 2 ) 203 - 211   2021年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • miR-935 inhibits oral squamous cell carcinoma and targets inositol polyphosphate-4-phophatase type IA (INPP4A).

    Maruyama N, Umikawa M, Matsumoto H, Maruyma T, Nishihara K, Nakasone T, Matayoshi A, Goto T, Hirano F, Arasaki A, Nakamura H, Matsuzaki G, Takaesu G.

    Anticancer Research   40 ( 11 ) 6101 - 6113   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Dispensable role of chemokine receptors in migration of mycobacterial antigen-specific CD4<sup>+</sup> T cells into Mycobacterium-infected lung.

    Matsuzaki G, Yamasaki M, Tamura T, Umemura M

    Immunobiology ( Immunobiology )  224 ( 3 ) 440 - 448   2019年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 免疫学コア講義第4版 宿主と病原体の攻防

    松﨑吾朗、吉田裕樹 ( 担当: 共著 )

    南山堂  2017年 ( 担当ページ: p.156-168 )

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 結核の撲滅を目指した結核に対するワクチンと免疫療法の開発