中村 真理子 (ナカムラ マリコ)

Nakamura Mariko

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

40180400

ホームページ

http://ryukyu-physiology.info/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年03月

    北里大学   衛生学部   産業衛生学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    北里大学  衛生学研究科  衛生学専攻  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年06月
    -
    2000年01月

    オハイオ州立シンシナティ大学医学部分子細胞生理学分野 研究員  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(医学)  生理学一般

  • 北里大学 -  学術修士  生理学一般

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年12月
     
     

      - , University of the Ryukyus, Faculty of Medicine, School of Medicine, Associate Professor  

  • 2000年12月
     
     

      - , 琉球大学 医学部 医学科 准教授  

  • 2000年12月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部 医学科 准教授  

  • 2010年04月
     
     

      - , University of the Ryukyus, Graduate School of Medicine, Associate Professor  

  • 2010年04月
     
     

      - , 琉球大学 医学研究科 准教授  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    Japanese Society of Pathophysiology

  •  
     
     
     

    Japanese Society of Allergology

  • 1985年09月
    -
    継続中
     

    日本生理学会

  • 1990年03月
    -
    継続中
     

    日本アレルギー学会

  • 1990年11月
    -
    継続中
     

    日本血栓止血学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 血小板,凝固線溶系,血管内皮細胞,抗血小板,止血機構,蛇毒

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

  • その他 / その他

  • ライフサイエンス / 医療薬学

  • ライフサイエンス / 生理学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ハブトビン組み換え蛋白体の血小板機能に与える影響

  • クロット形成後トロンビンの血管内皮細胞骨格に与える影響

  • ハブトビンの家兎洗浄血小板凝集に与える影響

  • クロット形成後トロンビン刺激の血管内皮細胞からの線溶活性化物質(PA)およびPAI放出

  • クロット形成後トロンビンの活性特性とその存在様式

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Tescalcin is a potential target of class I histone deacetylase inhibitors in neurons.

    Takamatsu G, Katagiri C, Tsumuraya T, Shimizu-Okabe C, Nakamura W, Nakamura-Higa M, Hayakawa T, Wakabayashi S, Kondo T, Takayama C, Matsushita M.

    Biochem Biophys Res Commun   482 ( 4 ) 1327 - 1333   2017年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Identification of a novel cell-penetrating peptide targeting human glioblastoma cell lines as a cancer-homing transporter.

    Higa M, Katagiri C, Shimizu-Okabe C, Tsumuraya T, Sunagawa M, Nakamura M, Ishiuchi S, Takayama C, Kondo E, Matsushita M

    Biochemical and biophysical research communications ( Biochemical and Biophysical Research Communications )  457 ( 2 ) 206 - 12   2015年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • RNAi targeting embryonic myosin heavy chain isoform inhibited bound thrombin-induced migration of vascular smooth muscle cells. (jointly worked)

    Sunagawa M, Shimada S, Nakamura M, Kosugi T

    J Vasc Res ( その他の出版社 )  46   55 - 63   2009年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Elevation of intracellular cAMP inhibited cell proliferation and migration induced by platelet-derived growth factor in cultured rat vascular smooth muscle cells. (jointly worked)

    Kimura Y, Sunagawa M, Nakamura M, Sunagawa Y, Kosugi T

    Ryukyu Med J ( その他の出版社 )  27 ( 3,4 ) 93 - 103   2008年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Cholecystokinin was involved in the development of leptin resistance in OLETF rats. (jointly worked)

    Motomura M, Sunagawa M, Nakamura M, Kosugi T

    Ryukyu Med J ( その他の出版社 )  27 ( 3,4 ) 105 - 114   2008年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Electrogenesis of the resting potential. , Ed. , In「Heart Physiology and Pathophysiology」

    Sperelakis N. et al. ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2001年03月 ( 担当ページ: p.23 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • The relationship between physicochemical properties of bound thrombin and action mode of antithrombin agent on bound thrombin. (jointly worked)

    Nakamura M, et al

    Ryukyu Medical Journal ( その他の出版社 )  25 ( 3,4 ) 85 - 93   2006年12月

     

  • Regulation of ion channels in myocardial cells and protection of ischemic myocardium.

    Sperelakis N. et al.

    Heart Failure Reviews ( その他の出版社 )  5   139 - 166   2000年03月

     

  • Pharmacological actions of calmidazolium, a calmodulin antagonist, in cardiovascular system.

    Sunagawa M. et al.

    Cardiovascular Drug Reviews ( その他の出版社 )  18 ( 3 ) 211 - 221   2000年03月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • The formation of stress fiber in endothelial cells on the stimulation of bound-thrombin was preceded by the dephosphorylation of actin.

    Nakamura M, Nakamura K, Nakasone T, Sunagawa M, Kosugi T

    the XXXVI International Congress of Physiolosical Sciences (IUPS2009)  2009年07月  -  2009年07月   

  • Recombinant habutobin exerted fibrin-forming activity on rabbit fibrinogen and inhibited collagen-induced aggregation of rabbit platelet.

    Sunagawa M, Nakamura M, Kosugi T

    the XXXVI International Congress of Physiolosical Sciences (IUPS2009)  2009年07月  -  2009年07月   

  • The role of PPARg in the regulation of coagulation and fibrinolytic system in vascular endothelial cells.

    Uehara K, Sunagawa M, Nakamura M, Suzuki M, Kosugi T

    the XXXVI International Congress of Physiolosical Sciences (IUPS2009)  2009年07月  -  2009年07月   

  • Upregulation of Ki-67 in oral squamous cell carcinomas enhanced the cervical lymphnode metastasis through the increased lymphangioplasty.

    Nakasone T, Matayoshi A, Sunagawa M, Nakamura M, Sunakawa H, Kosugi T

    the XXXVI International Congress of Physiolosical Sciences (IUPS2009)  2009年07月  -  2009年07月   

  • Role of cAMP/protein kinase A on the autonomously increased proliferation of cultured vascular smooth muscle cells from type 2 diabetic rats.

    Kimura Y, Sunagawa M, Nakamura M, Kosugi T

    the XXXVI International Congress of Physiolosical Sciences (IUPS2009)  2009年07月  -  2009年07月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ハブ毒由来ハブトビンの抗血小板剤への応用

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2007年  -  2007年 

    資金配分機関: 沖縄銀行

    金額合計: 500,000(円)

  • ハブトビン(ハブ毒由来トロンビン様酵素)cDNAからの抗血栓剤の創薬

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2006年  -  2006年 

    資金配分機関: 独立行政法人科学技術振興機構

    直接経費: 1,500,000(円)  間接経費: 450,000(円)  金額合計: 1,950,000(円)