金城 盛彦 (キンジョウ モリヒコ)

Kinjo Morihiko

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

30317763

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   観光地域デザインプログラム   教授  

  • 併任   琉球大学   人文社会科学研究科   比較地域文化専攻   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年06月

    名古屋大学  国際開発研究科  開発専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(学術)  学術

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

      琉球大学 観光産業科学部 観光科学科 教授  

  • 2013年04月
    -
    継続中

      琉球大学 観光科学研究科 観光学専攻 教授  

  • 2013年04月
    -
    継続中

      琉球大学 観光科学研究科 観光学専攻 教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

      琉球大学 国際地域創造学部 観光地域デザインプログラム 教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

      琉球大学 人文社会学研究科 比較地域文化専攻 教授  

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術

  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 人文・社会 / 経済統計

  • 人文・社会 / 観光学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • “ 観光科学” と“ 観光学”

    その他の著者

    Vol.8 (2016/12) ( 琉球大学大学院観光科学研究科 )  8   31 - 41   2017年02月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    The department and graduate school of tourism science of University of the Ryukyus are the only academic institutions named science in Japan. I have taught here for almost four years. However, we are not likely to understand huge advantages and chances which they have to standing out unfortunately. Interdisciplinary fields especially like tourism, there are two major subcategories, one is science another is studies, not only doing research but also teaching styles. In this paper, the differences between them will be discussed first based the very scientific concepts of the Hartwick rule. This rule proofs the conditions of sustainability from economics aspect. Owing to this rule, economics can treat this types of theoretically and also empirically. Therefore, understanding of the concept makes easier to know potentialities but also limitations of economics to treat them. At the end of this essay, we will refer how scientific viewpoints are important not only for our institutions but also for tourism studies in Japan. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 「観光振興計画」の評価・検証法について:―沖縄県の「第5次観光振興計画」を例に―

    金城 盛彦

    日本国際観光学会論文集 ( 日本国際観光学会 )  24 ( 0 ) 25 - 32   2017年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Tourist consumption is the target index of this paper. This is because tourism consumption is the engine of the economic impacts of tourism not only in Okinawa but also in other destinations. In this paper, the method of decomposing the product of factors will be used to decompose tourist consumption in Okinawa. This is because consumption is the product of “number of visitors” and “per-tourist consumption.” Compared to the method of decomposing the sum of factors, the method of decomposing the product of factors is much more complicated. Therefore, there are few cases of applying this method. In this paper, the method will be applied to monitor the 5th Basic Plan for Tourism of Okinawa to ensure the effectiveness of that plan. According to the results of application of this method, it would seem to be difficult to achieve the goals of the plan even though only just past one-half of the planning period has passed.

  • 「観光振興計画」の評価・検証法について-沖縄県の「第5次観光振興計画」を例に-

    金城 盛彦

    日本国際観光学会論文集   24   25 - 32   2017年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

著書 【 表示 / 非表示

  • 観光の事典

    金城 盛彦 ( 担当: 分担執筆 )

    朝倉書店  2019年04月 ( ページ数: 450 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 県外観光客の沖縄リピート率-市場調査し、実情把握を-

    金城 盛彦

    琉球新報     2018年04月

     

  • 消費単価低い外国人客-県の観光計画に非合理性-

    金城 盛彦

    沖縄タイムス     2018年04月

     

  • インバウンドは沖縄観光の救世主-「裸のオオ様」になる前に(ミクロ編)-

    金城 盛彦

    しまたてぃ若水 No.84     2018年04月

     

  • 沖縄観光の実態-「裸のオオ様」になる前に(マクロ編)-

    金城 盛彦

    しまたてぃ若水 No.83     2018年02月

     

  • 「観光振興計画」の評価・検証法について-沖縄県の「第5次観光振興計画」を例に-(後編)

    金城 盛彦

    週間トラベルジャーナル     2017年10月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • ESTIMATION OF CO2 EMISSIONS BY HAWAII'S TOURISM INDUSTRIES USING EMBODIED COEFFICIENT AND INPUTーOUTPUT ANALYSIS

    宮城 康平・金城 盛彦

    East-West Center Public Seminar  2020年01月  -  2020年01月   

  • レオンチェフ乗数による観光の経済効果の推計ー 沖縄県を事例に ー

    金城 盛彦

    日本観光研究学会全国大会  2017年12月  -  2017年12月   

  • 雇用者所得誘発効果から見たツーリズムの持続可能性についてー 沖縄県を事例にー

    金城 盛彦

    日本国際観光学会全国大会  2017年10月  -  2017年10月   

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 沖縄・ハワイ協力推進事業

    海外派遣 

    2019年04月
    -
    2020年02月
     

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 島嶼観光のキャリングキャパシティの見える化とその有効性の検証

    研究費種類: 地方自治体  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 海外渡航  事業名: 沖縄・ハワイ協力推進事業

    研究期間: 2019年04月  -  2020年02月 

    資金配分機関: 沖縄県

    直接経費: 1,350,000(円)  間接経費: 150,000(円)  金額合計: 1,500,000(円)