古川 雅英 (フルカワ マサヒデ)

Furukawa Masahide

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

40238671

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   物質地球科学科   教授  

  • 併任   琉球大学   研究推進機構   その他  

  • 併任   琉球大学   理工学研究科   その他  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1982年03月

    琉球大学   理工学部   海洋学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    琉球大学  理学研究科  海洋学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    1990年10月

    神戸大学  自然科学研究科  環境科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学 -  学術博士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

      琉球大学 理学部 物質地球科学科 海洋地圏科学講座 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    日本保健物理学会

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    東京地学協会

  • 1993年04月
    -
    継続中
     

    日本エアロゾル学会

  • 2004年04月
    -
    2007年04月
     

    日本保健物理学会   理事

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 海洋地質学,放射線環境地学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 固体地球科学

  • 環境・農学 / 放射線影響

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 東アジアの風成塵

  • 自然放射線・放射能の時空間分布

  • 海溝ー島弧ー背弧海盆システムの形成テクトニクス

論文 【 表示 / 非表示

  • 非対面で実施した科学教育プログラムの効果と問題点

    宮國 泰史, 福本 晃造, 杉尾 幸司, 前野 昌弘, 山城 康一, 濱田 栄作, 古川 雅英 (担当範囲: 琉大ハカセ塾実施概要)

    琉球大学教育学部紀要 ( 琉球大学教育学部 )  99   161 - 171   2021年09月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

    関連する研究費コード: JSTジュニアドクター育成塾

     概要を見る

    琉球大学は平成29年度より、科学について強い興味関心のある児童・生徒に対して科学教育プログラムを提供する「琉大ハカセ塾」を行っており、令和2年度については、従来の教育プログラムの一部を非対面方式に切り替えて実施した。本稿では、過去の実施方法等との比較を通して、本事業の令和2年度の実施内容を報告するともに、非対面で科学教育を行う際の問題点や改善点の把握を試みた。受講生はオンラインであっても積極的に教育プログラムに参加しており、一定の科学教育の実施は可能であると思われる。非対面での科学教育プログラムの実施は、従来と比べて短所だけでなく長所も持ち合わせており、様々な分野において、オンラインの特性を活かした新しい授業スタイルの工夫につながるものと思われる。

  • A unique high natural background radiation area – Dose assessment and perspectives

    Hosoda M., Nugraha E. D, Akata N., Yamada R., Tamakuma Y., Sasaki M., Kelleher K., Yoshinaga S., Suzuki T., Rattanapongs C. P., Furukawa M., Yamaguchi M., Iwaoka K., Sanada T., Miura T., Kusdiana, Iskandar D., Pudjadi E., Kashiwakura I., Tokonami S.

    Science of the Total Environment ( Science of the Total Environment )  750   2021年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Comprehensive exposure assessments from the viewpoint of health in a unique high natural background radiation area, Mamuju, Indonesia

    Eka Djatnika Nugr, Masahiro Hosoda, Kusdiana, June Mellawati, Nurokhim, Yuki Tamakuma, Abarrul Ikram, Mukh Syaifudin, Ryohei Yamada, Naofumi Akata, Michiya Sasaki, Masahide Furukawa, Shinji Yoshinaga, Masaru Yamaguchi, Tomisato Miura, Ikuo Kashiwakura, Shinji Tokonami (担当範囲: Radiation exposure measurements Indoor-to-outdoor dose-rate ratio. )

    Scientific Reports ( Nature )  11 ( 14578 ) 1 - 16   2021年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

    関連する研究費コード: 科学研究費助成事業(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)))18KK0261

     概要を見る

    Mamuju is one of the regions in Indonesia which retains natural conditions but has relatively high exposure to natural radiation. The goals of the present study were to characterize exposure of the entire Mamuju region as a high natural background radiation area (HNBRA) and to assess the existing exposure as a means for radiation protection of the public and the environment. A cross-sectional study method was used with cluster sampling areas by measuring all parameters that contribute to external and internal radiation exposures. It was determined that Mamuju was a unique HNBRA with the annual effective dose between 17 and 115 mSv, with an average of 32 mSv. The lifetime cumulative dose calculation suggested that Mamuju residents could receive as much as 2.2 Sv on average which is much higher than the average dose of atomic bomb survivors for which risks of cancer and non-cancer diseases are demonstrated. The study results are new scientific data allowing better understanding of health effects related to chronic low-dose-rate radiation exposure and they can be used as the main input in a future epidemiology study.

  • Japanese population dose from natural radiation.

    Omori Y, Hosoda M, Takahashi F, Sanada T, Hirao S, Ono K, Furukawa M

    Journal of radiological protection : official journal of the Society for Radiological Protection   40 ( 3 ) R99 - R140   2020年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Preliminary Investigation of Pretreatment Methods for Liquid Scintillation Measurements of Environmental Water Samples Using Ion Exchange Resins

    NAKASONE Shunya, SHIMA Nagayoshi, ATARASHI-ANDOH Mariko, FUKUTANI Satoshi, ISHIMINE Akinobu, FURUKAWA Masahide, TANAKA Masahiro, AKATA Naofumi, YOKOYAMA Sumi, TAKAHASHI Tomoyuki, OTA Masakazu, KAKIUCHI Hideki, SUGIHARA Shinji, HIRAO Shigekazu, MOMOSHIMA Noriyuki, TAMARI Toshiya

    Plasma and Fusion Research ( 一般社団法人 プラズマ・核融合学会 )  15 ( 0 ) 2405027 - 2405027   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>This paper presents an evaluation of a rapid pretreatment method for tritium analysis, that uses ion exchange resins (the batch method). The standard water samples were prepared with river water collected in Okinawa, Japan. Powdex resin was used in this study, which is an ion exchange resins in the form of powder beads. First, 100 mL of the standard sample was stirred with the cation exchange (PCH) and anion exchange (PAO) resins, as well as with activated carbon. To determine the optimal stirring time, we tested stirring times of 5, 10, 20 and 30 min. Additionally, to determine a suitable amount of ion exchange resin for environmental water samples, variations in the amount of resin and activated carbon were tested. Under the conditions of Experiment-3 (0.3 g, 0.3 g and 0.6 g of PCH, PAO and activated carbon, respectively) and with a stirring time of 5 min, electrical conductivity values of less than 1 mSm<sup>−1 </sup>were achieved. These results demonstrate the effectiveness of the removal of impurities in the sample water by ion exchange resins and confirm that such an effect can be achieved during a short period of time (i.e., in 5 min).</p>

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Origin of red soil, Shimajiri-maji, in Nature in the Ryukyu Archipelago

    Furukawa M. ( 担当: 共著 )

    Faculty of Science, University of the Ryukyus  2015年12月 ( ページ数: 151 ,  担当ページ: p.138-139 )

  • 赤土の起源:島尻マージはいつどのようにしてできたか?in 琉球列島の自然講座

    古川雅英 ( 担当: 単著 )

    ボーダーインク  2015年03月 ( ページ数: 207 ,  担当ページ: p.184-185 )

  • 沖縄の放射線環境と原子力防災

    古川雅英 ( 担当: 単著 )

    沖縄タイムス  2012年 ( 担当ページ: p.12 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本エアロゾル学会 井伊谷賞

    2001年07月   日本エアロゾル学会  

    受賞者: 古川雅英