古川 雅英 (フルカワ マサヒデ)

Furukawa Masahide

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

40238671

研究分野・キーワード

海洋地質学,放射線環境地学

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   物質地球科学科   教授  

  • 併任   琉球大学   研究推進機構   その他  

  • 併任   琉球大学   理工学研究科   その他  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1982年03月

    琉球大学   理工学部   海洋学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    琉球大学  理学研究科  海洋学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    1990年10月

    神戸大学  自然科学研究科  環境科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学 -  学術博士  その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

      琉球大学 理学部 物質地球科学科 海洋地圏科学講座 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ地球物理学連合

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本地震学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本地質学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本エアロゾル学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本保健物理学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地質学

  • 放射線・化学物質影響科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 東アジアの風成塵

  • 自然放射線・放射能の時空間分布

  • 海溝ー島弧ー背弧海盆システムの形成テクトニクス

論文 【 表示 / 非表示

  • A unique high natural background radiation area – Dose assessment and perspectives

    Hosoda M., Nugraha E. D, Akata N., Yamada R., Tamakuma Y., Sasaki M., Kelleher K., Yoshinaga S., Suzuki T., Rattanapongs C. P., Furukawa M., Yamaguchi M., Iwaoka K., Sanada T., Miura T., Kusdiana, Iskandar D., Pudjadi E., Kashiwakura I., Tokonami S.

    Science of the Total Environment ( Science of the Total Environment )  750   2021年01月

  • Japanese population dose from natural radiation.

    Omori Y, Hosoda M, Takahashi F, Sanada T, Hirao S, Ono K, Furukawa M

    Journal of radiological protection : official journal of the Society for Radiological Protection   40 ( 3 ) R99 - R140   2020年09月

  • Preliminary Investigation of Pretreatment Methods for Liquid Scintillation Measurements of Environmental Water Samples Using Ion Exchange Resins

    NAKASONE Shunya, SHIMA Nagayoshi, ATARASHI-ANDOH Mariko, FUKUTANI Satoshi, ISHIMINE Akinobu, FURUKAWA Masahide, TANAKA Masahiro, AKATA Naofumi, YOKOYAMA Sumi, TAKAHASHI Tomoyuki, OTA Masakazu, KAKIUCHI Hideki, SUGIHARA Shinji, HIRAO Shigekazu, MOMOSHIMA Noriyuki, TAMARI Toshiya

    Plasma and Fusion Research ( 一般社団法人 プラズマ・核融合学会 )  15 ( 0 ) 2405027 - 2405027   2020年

     概要を見る

    <p>This paper presents an evaluation of a rapid pretreatment method for tritium analysis, that uses ion exchange resins (the batch method). The standard water samples were prepared with river water collected in Okinawa, Japan. Powdex resin was used in this study, which is an ion exchange resins in the form of powder beads. First, 100 mL of the standard sample was stirred with the cation exchange (PCH) and anion exchange (PAO) resins, as well as with activated carbon. To determine the optimal stirring time, we tested stirring times of 5, 10, 20 and 30 min. Additionally, to determine a suitable amount of ion exchange resin for environmental water samples, variations in the amount of resin and activated carbon were tested. Under the conditions of Experiment-3 (0.3 g, 0.3 g and 0.6 g of PCH, PAO and activated carbon, respectively) and with a stirring time of 5 min, electrical conductivity values of less than 1 mSm<sup>−1 </sup>were achieved. These results demonstrate the effectiveness of the removal of impurities in the sample water by ion exchange resins and confirm that such an effect can be achieved during a short period of time (i.e., in 5 min).</p>

  • Recent tritium concentration of monthly precipitation in Japan

    Nakasone S.

    Radiation Protection Dosimetry ( Radiation Protection Dosimetry )  184 ( 3-4 ) 334 - 337   2019年10月

  • A portable radioactive plume monitor using a silicon photodiode

    Tamakuma, Y., Yamada, R., Iwaoka, K., Hosoda, M., Kuroki, T., Mizuno, H., Yamada, K., Furukawa, M. and Tokonami, S.

    Perspectives in Science, ScienceDirect ( ELSEVIER )  12   100414 - 100417   2019年06月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Origin of red soil, Shimajiri-maji, in Nature in the Ryukyu Archipelago

    Furukawa M. ( 担当: 共著 )

    Faculty of Science, University of the Ryukyus  2015年12月 ( ページ数: 151 ,  担当ページ: p.138-139 )

  • 赤土の起源:島尻マージはいつどのようにしてできたか?in 琉球列島の自然講座

    古川雅英 ( 担当: 単著 )

    ボーダーインク  2015年03月 ( ページ数: 207 ,  担当ページ: p.184-185 )

  • 沖縄の放射線環境と原子力防災

    古川雅英 ( 担当: 単著 )

    沖縄タイムス  2012年 ( 担当ページ: p.12 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本エアロゾル学会 井伊谷賞

    2001年07月   日本エアロゾル学会  

    受賞者: 古川雅英