近藤 毅 (コンドウ ツヨシ)

Kondo Tsuyoshi

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

40215455

ホームページ

http://w3.u-ryukyu.ac.jp/psy/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 弘前大学 -  医学博士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 神経精神医学,神経精神薬理学,臨床薬理遺伝学,抗精神病薬,臨床反応予測,向精神薬,薬物動態,薬物相互作用,抗てんかん薬,催奇性

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 抑うつ性混合状態の症候学的・生物学的な病態解明

  • 向精神薬の薬物動態及び薬物相互作用に関する研究

  • 薬理遺伝学的アプローチによる抗精神病薬の臨床反応予測に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Haplotype phasing of a bipolar disorder pedigree revealed rare multiple mutations of SPOCD1 gene in the 1p36-35 susceptibility locus.

    Takamatsu G, Yanagi K, Koganebuchi K, Yoshida F, Lee JS, Toyama K, Hattori K, Katagiri C, Kondo T, Kunugi H, Kimura R, Kaname T, Matsushita M

    Journal of affective disorders ( Journal of Affective Disorders )  310   96 - 105   2022年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Development of a 20-item questionnaire for drinking behavior pattern (DBP-20) toward personalized behavioral approaches for alcohol use disorder.

    Kurihara K, Shinzato H, Koda M, Enoki H, Otsuru T, Takaesu Y, Kondo T

    Alcohol (Fayetteville, N.Y.) ( Alcohol )  101   9 - 16   2022年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Prevalence and profile of depressive mixed state in patients with autism spectrum disorder.

    Zamami Y, Shinzato H, Kurihara K, Koda M, Nakamura A, Kondo T

    Psychiatry research ( Psychiatry Research )  300   113932   2021年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • The 12-Item Self-Rating Questionnaire for Depressive Mixed State (DMX-12) for Screening of Mixed Depression and Mixed Features.

    Shinzato H, Zamami Y, Kondo T

    Brain sciences ( Brain Sciences )  10 ( 10 ) 1 - 9   2020年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 過去の躁病エピソードの経験と現在の気分症状の関係に対するマインドフルネスの調整効果

    甲田 宗良, 榎木 宏之, 近藤 毅

    日本心理学会大会発表論文集 ( 公益社団法人 日本心理学会 )  84 ( 0 ) PD-126 - PD-126   2020年09月

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

     概要を見る

    <p>本研究は,過去に躁病エピソードの経験の有無と現在の気分(躁およびうつ)症状との関連に対して,マインドフルネスが及ぼす調整効果を検証することを目的とした。調査時点では,心身ともに健康な143名の一般成人を対象に,過去の躁病エピソードの既往(MDQ),現在の気分症状(ISS),およびマインドフルネス特性(FFMQ)について測定する自己記入尺度を実施した。その結果,過去の躁病エピソードの既往と現在の気分症状との間には,正の関連が認められた。次に,過去の躁病エピソードの既往,マインドフルネスの各下位尺度および両者の交互作用項を説明変数,現在の気分症状を目的変数とした階層的重回帰分析を実施した。その結果,過去の躁病エピソードの経験と,躁症状との関係にはマインドフルネスのNonreact因子が,葛藤症状ではDescribingが,ウェルビーイングではObservingが,調整効果を有することが示された。以上の結果より,躁病エピソード経験者に対して,マインドフルネスが気分安定に寄与すると考えられた。また,双極性障害に対するマインドフルネスに基づく介入では,症状ごとに強調するマインドフルネススキルの構成要素が異なると考えられる。</p>

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 双極性障害の治療薬.専門医のための臨床精神神経薬理学テキスト

    近藤毅、新里輔鷹 ( 担当: 共著 )

    星和書店  2021年03月 ( ページ数: 412 ,  担当ページ: p.230-238 )

  • 成人の発達障害に投与する薬.精神科薬物療法に再チャレンジ.

    近藤毅,新里輔鷹 ( 担当: 共著 )

    星和書店  2020年07月 ( ページ数: 264 ,  担当ページ: p.179-202 )

  • 自殺予防・うつ病およびストレス予防の精神医学.精神科領域からみた心身症

    薬師崇,田中治,近藤毅. ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2011年 ( 担当ページ: p.8 )

  • 双極性障害の治療.臨床精神薬理学テキスト 改訂第2版

    近藤毅 ( 担当: 単著 )

    その他の出版機関  2008年04月 ( 担当ページ: p.9 )

  • 急性期における身体管理.統合失調症の治療  (編集)佐藤光源,丹羽真一,井上新平

    森園修一郎,菊池淳宏,近藤毅,兼子直 ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2007年04月 ( 担当ページ: p.7 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 精神科薬物療法における反応性をどう予測するか

    近藤毅,兼子直

    臨床精神薬理 ( その他の出版社 )  6 ( 3 ) 267 - 273   2003年03月

     

  • 精神疾患におけるテーラーメイド医療の可能性

    近藤毅

    医学のあゆみ ( その他の出版社 )  201 ( 9 ) 683 - 686   2002年03月

     

  • 非定型抗うつ薬-mianserin,setiptiline-

    近藤毅

    臨床精神薬理 ( その他の出版社 )  5 ( 12 ) 1729 - 1735   2002年03月

     

  • 薬物反応性の予測:薬理遺伝学の応用可能性

    近藤毅

    脳と精神の医学 ( その他の出版社 )  12 ( 3 ) 207 - 214   2001年03月

     

  • 向精神薬のオーダーメイド医療に向けて

    近藤毅

    臨床精神薬理 ( その他の出版社 )  4 ( 11 ) 1499 - 1506   2001年03月

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 抑うつ性混合状態の重症度と治療反応の生物学的観点からの客観評価

    基盤研究(C)

    課題番号: 2 1 K 0 7 5 0 4

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月 

    代表者: 近藤毅  研究分担者: 座間味優

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 960,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

  • 抑うつ性混合状態の定量的診断と生物学的背景の検討

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K10311

    研究期間: 2017年04月  -  2021年03月 

    代表者: 近藤 毅  研究分担者: 三原 一雄 琉球大学, 医学(系)研究科(研究院), 准教授 (30302029) 甲田 宗良 琉球大学, 医学(系)研究科(研究院), 助教 (50736189)

    直接経費: 3,600,000(円)  間接経費: 1,080,000(円)  金額合計: 4,680,000(円)

  • 抑うつ性混合状態の定量的診断と生物学的背景の検討

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K10311

    研究期間: 2017年04月  -  2021年03月 

    代表者: 近藤 毅, 三原 一雄, 医学(系, 研究科, 教, 甲田 宗良, 医学(系, 研究科 

    直接経費: 3,600,000(円)  間接経費: 4,680,000(円)  金額合計: 1,080,000(円)

  • 難治性気分障害の合理的治療戦略の策定

    基盤研究(C)

    課題番号: 25461736

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月 

    代表者: 研究代表者 

    直接経費: 3,700,000(円)  間接経費: 1,110,000(円)  金額合計: 4,810,000(円)

  • 遺伝学的および生物学的指標を用いたうつ病性障害の治療アルゴリズムの策定

    基盤研究(C)

    課題番号: 19591366

    研究期間: 2007年  -  2010年 

    代表者: 研究代表者 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)