野入 直美 (ノイリ ナオミ)

Naomi Noiri

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

90264465

研究分野・キーワード

アメラジアン,沖縄引揚げ研究、離島フィリピン人結婚移民、海外沖縄ネットワーク

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   人文社会学部   人間社会学科   准教授  

  • 併任   琉球大学   島嶼地域科学研究所   研究員  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学 -  博士(社会学)  社会学

  • 甲南大学 -  博士(社会学)  社会学

  • 立命館大学 -  社会学修士  社会学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年
    -
    2017年03月

      琉球大学 法文学部 助教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

      琉球大学 人文社会学部 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本社会学会

  • 1994年04月
    -
    継続中
     

    日本移民学会

  • 1994年04月
    -
    継続中
     

    異文化間教育学会

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日中社会学会

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    Comparative and International Education Society

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄引揚げ者の移動と社会統合

  • 移動と多文化共生の視点から見た沖縄社会論

  • 沖縄をめぐる人の移動とネットワーク化の研究

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 沖縄におけるアメラジアンの教育とアイデンティティ

     概要を見る

    NPOアメラジアンスクール・イン・オキナワの理事として運営にかかわりながら参与観察を行い、アメラジアンの子どもたちが出合い、支えあうコミュニティの形成と変容、母親たちの国際結婚と子育てをめぐる葛藤と交渉、米軍統治下の沖縄における「混血児」調査と支援の文脈をめぐる文献調査などを行っている。

  • 島嶼におけるフィリピン結婚移民の研究

     概要を見る

    沖縄県先島地域(宮古島・石垣島と周辺離島)および鹿児島県徳之島を調査フィールドとして、島嶼に結婚移住してきたフィリピン女性たちを対象としたアンケート調査、インタビュー調査を実施している。

  • 沖縄台湾引揚者の移動と社会関係

     概要を見る

    沖縄本島における台湾引揚者のインタビュー調査、浦添市史『移民史』編集・執筆、引揚者在外事実調査票を用いた沖縄台湾引揚者の社会移動の数量分析、那覇市歴史博物館所蔵の川平家資料を用いた沖縄台湾引揚者の文献調査、台湾における沖縄関連史跡の踏査を行っている。

  • 海外沖縄県系人のネットワークとアイデンティティ

     概要を見る

    5年に一度、沖縄県が開催する「世界のウチナーンチュ大会」の参加者を対象にアンケート調査を行い、海外在住の沖縄系の人びとのネットワークとアイデンティティを経年調査する。島嶼ハワイ型、大陸ブラジル・北米型という沖縄ネットワークの類型を抽出する。

論文 【 表示 / 非表示

  • 「日本型多文化共生社会」に沖縄は入っているか―米軍統治下の沖縄における『混血児』調査の文脈を中心に―

    野入直美

    異文化間教育 ( 異文化間教育学会 )  ( 44 ) 47 - 64   2016年08月

  • 越境と地域アイデンティティ:沖縄県金武町を事例として

    野入 直美

    社会学評論 ( 日本社会学会 )  67 ( 4 ) 448 - 465   2016年

     概要を見る

    本稿では, 沖縄本島中北部に位置する金武という地域に着目する. 金武町は, 沖縄の海外移民発祥の地であり, 沖縄の米軍基地の中でも危険度の高さで知られるキャンプ・ハンセンを抱える基地の町でもある.</p><p>金武はいかにして「海外雄飛の里」となり, また基地の町となったのか. 本稿では, 金武町における移民をめぐる地域アイデンティティの構築を, 移民送出期の歴史よりも戦後の地域再編成に着目して検討する. 沖縄の移民研究には, 戦後の沖縄社会が成り立ってきた過程の中に移民の議論を位置づけるものがほとんどない. 本稿では, 金武町の戦後の成り立ち, 地域アイデンティティの構築をめぐって, 移民と米軍基地がどのように関連しているのかを考察する. これは沖縄の移民を, 戦後の沖縄社会の成り立ちの中に位置づける試論である. また地域アイデンティティの議論に, 越境という要素を取り入れる試みでもある.</p><p>また, 本稿では, 戦前の金武村で暮らしたハワイ沖縄帰米2世と, 現代の金武町で育ったアメラジアンのライフヒストリーをとりあげる. 彼らの語りは, 移民送出期が終わった後の金武における多様な越境を照らし出す. 仲間勝さんと宮城アンナさんは, 2つの故郷を同時に生きる越境者として, 困難の中で仕事を立ち上げ, 模索を重ねて学んできた. そのとき, 彼らは期せずして, 地域アイデンティティの構築につながる関与を行っている. 本稿では, そのような関与に着目して越境者の生活史をとりあげる.

  • アメラジアンの子どもを育てるということ―日本人の母親によって経験された相互行為

    野入直美

    『異文化間教育』 ( 異文化間教育学会 )  ( 39 ) 33 - 50   2014年08月

  • 【《UH・UR合同シシポジウム》報告】映像表象における沖縄の「アメラジアン」

    野入直美

    国際琉球沖縄論集 ( 琉球大学国際沖縄研究所 )  ( 2 ) 53 - 75   2014年12月

     概要を見る

    本報告では、アメラジアンがメディア表象の中でスティグマ化される客体であることを脱し、表象のイニシアティブを取り戻そうとする試みについて、アメラジアンスクール・イン・オキナワの中学生たちが制作したドラマ“Doubles World"" を用いて考察する。そのドラマは、マイノリティの子どもたちが体験してきた同化圧力の暴力性をリアルに描き出す一方で、ジェンダー化されたファンタジーによって牽引されている。マイノリティが表象におけるイニシアティブを回復するプロセスが、複数の権力関係やヘゲモニー葛藤をはらんだ複雑な相互行為であることが見いだせる。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 学外との協働・地域への発信 : AASO映像プロジェ クト

    野入直美

    GLOCOLブックレット ( 大阪大学 )  ( 8 ) 75 - 82   2012年03月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 社会再構築の挑戦―地域・多様性・未来

    谷富夫,稲月正,高畑幸,野入直美 他 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 沖縄のアメラジアンとアクション・リサーチ )

    ミネルヴァ書房  2020年10月 ( ページ数: 412 ,  担当ページ: p.153-170 )

    関連する研究費コード: 22530554

     概要を見る

    アクション・リサーチを、調査系/非調査系とフィールドワーク型/課題解決型の四類型に分類して研究史を俯瞰し、筆者のアメラジアンスクール・イン・オキナワにおけるアクション・リサーチを事例として、研究と実践の関係性を論じた。

  • 持続と変容の沖縄社会

    谷富夫、安藤由美、野入直美、二階堂裕子、上原健太郎、打越正行、八尾祥平、須藤直子、中村文哉、熊本博之、山﨑孝史 、波平勇夫、越智正樹 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 本土移住と沖縄再適応 )

    ミネルヴァ書房  2014年05月 ( ページ数: 304 ,  担当ページ: p.23-44 )

    関連する研究費コード: 科研費19330108

  • ハワイにおけるアイデンティティ表象-多文化社会の語り・踊り・祭り

    白水繁彦, 城田愛, 中野克彦, 李里花, 野入直美 ( 担当: 共著 , 担当範囲: ハワイにおけるアメラジアンの戦略的自己表象 )

    御茶の水書房  2015年03月 ( ページ数: 229 ,  担当ページ: p.165-197 )

    関連する研究費コード: JSPS科研費23402045

  • Minorities and Education in Multicultural Japan

    Ryoko Tsuneyoshi,Kaori Okano, Mutsumi Shimizu, Chris Burgess, Misako Nakagawa,Naomi Noiri ( 担当: 共著 , 担当範囲: Schooling and identity in Okinawa: Okinawans and Amerasians in Okinawa )

    Routledge  2011年 ( ページ数: 271 ,  担当ページ: p.77-99 )

  • Challenges to Japanese Education: Economics, Reform, and Human Rights.

    June A. Gordon, Hidenori Fujita, Takehiko Kariya, Gerald LeTendre, Takehiko Kariya, Mamoru Tsukada, Akira Sakai, Yoshiro Nabeshima, George A. DeVos, Harumi Behu, Naomi Noiri ( 担当: 共著 , 担当範囲: The Education of Minoirties in Japan: Voices of Amerasians in Okinawa. )

    Teachers College Press  2010年 ( ページ数: 218 ,  担当ページ: p.165-177 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 台湾への日本人の移動

    吉原和男ほか

    人の移動事典―日本からアジアへ・アジアから日本へ ( 丸善出版 )    32 - 33   2013年11月  [査読有り]

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 沖繩─臺灣之間的雙向移動:以戰前、戰間時期為核心(沖縄―台湾間の双方向的な人の移動:戦前・戦中を中心に)

    野入直美

    「海洋亞洲的生活與移居」(海域アジアの暮らしと移動)  (臺灣大學文學院會議室)  2018年12月  -  2018年12月   

  • 米軍基地と海外移民 ―沖縄県金武町における“海外雄飛”のローカル・アイデンティティを中心に―

    野入直美

    戦争社会学研究会  2018年04月  -  2018年04月   

  • Learning in-between: The surveys of mix-race children in Okinawa US military reign.

    野入直美

    Penser les métissages en Asie  (エクス・マルセイユ大学)  2017年06月  -  2017年06月   

  • 沖縄・先島諸島のフィリピン人女性たち(2)フィリピン人女性の生活世界

    野入直美

    日本社会学会88回大会  (早稲田大学)  2015年09月  -  2015年09月   

  • 沖縄・先島諸島で暮らすフィリピン人女性たち(1)台湾系住民との比較を中心に

    野入直美

    日本移民学会24回大会  (和歌山大学)  2014年06月  -  2014年08月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • NPO施設アメラジアンスクール・イン・沖縄における多文化教育の成果と共生社会の発展に向けた提言(旭硝子財団研究助成金)

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 旭硝子財団人文社会科学系研究奨励

    研究期間: 2008年  -  2008年 

    代表者: 野入直美  資金配分機関: -

    直接経費: 1,000,000(円) 

  • アメラジアンスクール・イン・オキナワにおける青少年健全育成を目的としたビデオワークショップ事業

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: マツダ財団青少年健全育成関係研究助成

    課題番号: 09SK-033

    研究期間: 2009年04月  -  2010年03月 

    代表者: 野入直美  資金配分機関: マツダ財団

    直接経費: 800,000(円) 

  • アメラジアンの子どもたちの生活権保障のための総合計画

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 俱進会特定助成

    研究期間: 2001年04月  -  2002年03月 

    代表者: 野入直美  資金配分機関: 公益財団法人俱進会

  • アメラジアンの子どもたちの生活権保障のための総合計画II

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 財団法人俱進会特定助成

    研究期間: 2002年04月  -  2003年03月 

    代表者: 野入直美  資金配分機関: 財団法人俱進会

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 沖縄社会の越境的ネットワーク化とダイナミズムに関する研究

    研究期間: 2005年04月  -  継続中 

  • 「グローバリゼーションによる各国・各地域の経済、社会、文化変容の実態と、影響に関する国際比較研究」

    研究期間: 2005年03月  -  2008年03月 

    資金配分機関: 武蔵大学オープンリサーチセンター

  • 日本帝国をめぐる人口移動(移民)の諸相研究序説

    研究期間: 2004年04月  -  継続中 

  • 多文化教育における「日本人性」の実証的研究

    研究期間: 2004年04月  -  継続中 

  • 戦後60年沖縄社会の構造変動と生活世界

    研究期間: 2004年04月  -  2005年03月 

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  多文化共生の社会学  実験・実習・実技

  • 2019年度  働くこととつながることの社会学  実験・実習・実技

  • 2018年度  現代社会のしくみ  講義

  • 2018年度  社会学原論  講義

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • NPOアメラジアンスクール・イン・オキナワ代表理事代行

    2004年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    NPOアメラジアンスクールの理事として、自治体・政府関係者との折衝、広報、理事会運営化などを行っている。

  • キャンパスと地域の仕切りをなくす 地域に開いて学ぶ共生

    沖縄カトリック中学高等学校  進路説明会 Pile Up Plan 

    2018年11月
     
     

     概要を見る

    中学高等学校の全校生徒を対象とした進路講演会で、大学教員として専門領域である社会学と、人と地域のかかわりの重要性について講話した。