西森 和広 (ニシモリ カズヒロ)

Nishimori Kazuhiro

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

80198522

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   国際言語文化プログラム   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年03月

    島根大学   法文学部   文学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    九州大学  文学研究科  修士課程  修了

  •  
    -
    1987年03月

    九州大学  文学研究科  博士課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  文学修士  ヨーロッパ語系文学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年10月
    -
    継続中

      琉球大学 法文学部 准教授  

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 美学、芸術論

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 映画を通して見るヨーロッパ文化

  • ポール・ヴェルレーヌ研究(その晩年を中心に)

論文 【 表示 / 非表示

  • ヴェルレーヌの『肉体』から除かれた2篇のソネット―1冊の初版本に残る自筆修正について

    西森 和広

    Southern Review. Studies in Foreign Language and Literature ( 沖縄外国文学会 )  ( 27 ) 97 - 110   2012年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • ヴェルレーヌの詩集『肉体』について

    西森 和広

    フランス文学論集 ( 九州フランス文学会 )  ( 44 ) 35 - 47   2009年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • ヴェルレーヌ評伝中のある挿話に関する疑問 : 詩人の葬儀でオルガンを演奏したのは誰か

    西森 和広

    琉球大学欧米文化論集 ( 琉球大学法文学部国際言語文化学科(欧米系) )  ( 52 ) 21 - 46   2008年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    On peut lire la mention suivante dans le tableau chronologique des OEuvres po?tiques compl?tes de Paul Verlaine (?dition r?vis?e par Jaques Borel, Gallimard, Biblioth?que de la Pl?iade, 1962): ≪Vendredi 10 janvier: Obs?ques de Verlaine ? Saint-Etienne-du-Mont, o? Th?odore Dubois et Gabriel Faur? sont aux grandes orgues.≫ Et il en va de m?me pour la biographie de Verlaine par Pierre Petitfils. Mais cependant, il nous semble improbable que les deux musiciens y aient jou? ensemble. Avec le ≪service de troisi?me classe≫ et le ≪corbillard de cinqui?me classe≫ les fun?railles du po?te n'?taient jamais luxueuses. Est-ce que c'?tait possible que les deux organistes de la Madelaine s'engageaient dans une messe c?l?br?e ? Saint-Etienne-du-Mont ? A regarder les relations amicales et artistiques de Verlaine et de Faur?, c'est bien possible que celui-ci a jou? pour honorer la m?moire de celui-l?. D'autre part, quant ? Dubois, on ne sait aucun document qui montre sa liaison avec le po?te. Nous avons donc remont? aux sources de la description de la messe de fun?railles de Verlaine et fini par retrouver des t?moins divers. Voici les principaux: la Plume (n° 161) cite le nom de Dubois seul, qui a excut? Pie J?su de Niedermeyer; mais Edmond Lepelletier ainsi que Robert de Montesquiou affirment que Faur? a tenu les grandes orgues ; F.A. Cazals et Gustave le Rouge distribuent le r?le d'organiste ? tous les deux; de plus, Jean Richer et Antoine Adam d?signent un autre, Charles Widor. Nous avons ?limin? d'abord ce dernier parce qu'il n'y a aucun soutien d'autre. Ensuite, en examinant ces t?moignages et en enqu?tant sur les conditions qui entouraient la mort et les fun?railles de Verlaine, nous avons v?rifi? la possibilit? d'une m?prise de La Plume, la r?alit? de l'histoire d?taill?e par Montesquiou, et l'exc?s de tendance ? glorifier le po?te chez Cazals/le Rouge. Enfin, nous arrivons ? la conclusion que c'?tait Gabriel Faur? tout seul qui a jou? Pie J?su de Niedermeyer aux grandes orgues ? Saint-Etienne-du-Mont. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • ヴェルレーヌの読者、ガブリエル・フォーレ ― 二人の芸術家の出会いについて

    西森和広

    フランス文学論集 ( 九州フランス文学会 )  ( 40 ) 27 - 41   2005年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • セルジオ・レオーネ『ウエスタン』を読むために

    西森和広

    Southern Review. Studies in Foreign Language and Literature ( 沖縄外国文学会 )  ( 19 ) 7 - 19   2004年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • ヴェルレーヌの二つの『肉体』について

    西森広

    日本フランス語フランス文学会2009年度秋季大会  (熊本大学)  2009年11月  -  2009年11月   

  • ヴェルレーヌの『肉体』について

    西森 和広

    九州フランス文学会第55回大会  (別府大学)  2008年12月  -  2008年12月   

  • 詩人の葬儀でオルガンを奏したのは誰か―ヴェルレーヌとフォーレの交流

    西森 和広

    日本フランス語フランス文学会2006年度秋季大会  2006年10月  -  2006年10月   

  • ヴェルレーヌを読むフォーレ

    西森 和広

    九州フランス文学会第51回大会  (鹿児島大学)  2004年11月  -  2004年11月   

  • セルジオ・レオーネ―映画によるアメリカ神話の創造

    西森 和広

    第3回琉球大学サイエンスフォーラム  (沖縄コンベンションセンター)  2004年11月  -  2004年11月   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 論文査読

    学術論文査読件数 

    2018年12月
    -
    2019年01月
     

     概要を見る

    論文査読

  • 論文査読

    学術論文査読件数 

    2018年11月
     
     
     

     概要を見る

    論文査読