中田 幸造 (ナカダ コウゾウ)

Nakada Kozo

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

80347129

研究室住所

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1番地

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-8676

研究室FAX

098-895-8676

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科建築学コース   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    大分大学   工学部   建設工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    九州大学  人間環境学府  空間システム専攻  修士課程  修了

  • 2002年04月
    -
    2002年05月

    九州大学  人間環境学府  空間システム専攻  博士後期課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(工学)  社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

  • 九州大学 -  修士(人間環境学)  社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年06月
    -
    2007年03月

      琉球大学 工学部 環境建設工学科 設計工学講座 助手  

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

      琉球大学 工学部 環境建設工学科 設計工学講座 助教  

  • 2012年04月
    -
    2020年09月

      琉球大学 工学部 工学科建築学コース 准教授  

  • 2020年10月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 工学科建築学コース 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月
    -
    継続中
     

    日本建築学会

  • 2003年01月
    -
    継続中
     

    日本コンクリート工学会

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    日本建築学会   九州支部構造委員会 委員

  • 2016年05月
    -
    2018年05月
     

    日本建築学会   九州支部常議員

  • 2017年05月
    -
    2019年05月
     

    日本コンクリート工学会   九州支部 執行委員

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 地震災害,建築物防災,鉄筋コンクリート構造,合成構造,耐震補強

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高強度緊張材で能動拘束された損傷RC柱の圧縮性能とせん断伝達機構に関する研究

  • 緊張PC鋼棒による能動拘束を活用したソフト・ファーストストーリー型建物への合理的耐震補強法の開発

  • 緊張PC鋼棒で外部横補強されたRC柱のせん断強度に関する研究

  • 既存コンクリートブロック塀の構造実態に関する調査研究

  • 緊張PC鋼棒と鋼板による極低強度コンクリートRC柱の能動的横拘束効果に関する研究

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 外帯筋状に配置した高強度緊張材による能動および受動的横拘束効果を考慮したコンクリートの応力-ひずみ関係(博士学位論文)

    2008年09月 

  • コンクリート充填円形鋼管とH形鋼梁のダイヤフラム補強型接合部の耐力と変形能力に関する研究(修士学位論文)

    2002年03月 

論文 【 表示 / 非表示

  • PC鋼棒で緊結した鋼板サンドイッチ工法により補強したRC柱の中心圧縮実験

    田中三雄,金田一男,中田幸造,平田裕次

    コンクリート工学年次論文集 ( コンクリート工学会 )  44   229 - 234   2022年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • PC鋼棒で緊結した鋼板サンドイッチ工法により補強した損傷RC柱の耐震性能

    金田一男,中田幸造,山川哲雄,下田誠也

    コンクリート工学年次論文集 ( コンクリート工学会 )  44   217 - 222   2022年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 緊張材で能動横拘束された損傷RC柱の圧縮および水平加力実験

    中田幸造,瀬長大輝,永木 瞭,山川哲雄,金田一男,黒木正幸

    日本建築学会技術報告集 ( 日本建築学会 )  28 ( 69 ) 649 - 654   2022年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • PC鋼棒で緊結した鋼板サンドイッチ工法により補強したRC柱の面外方向における曲げ耐力に関する解析的研究

    稲葉淑貴,金田一男,中田幸造,山川哲雄

    コンクリート工学年次論文集   ( 43 ) 649 - 654   2021年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • PC鋼棒で緊結した鋼板サンドイッチ工法により補強した損傷RC柱の面内方向における耐震性能に関する研究

    平田裕次,金田一男,中田幸造,田中三雄

    コンクリート工学年次論文集   ( 43 ) 619 - 624   2021年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • An Analytical Study on the Flexural Strength of Retrofitted RC Columns Sandwiched by Steel Plates and Tightened by PC Bars

    Kazuo KANEDA, Toshiki INABA, Kozo NAKADA, Mohammad Zahid NOORI and Tetsuo YAMAKAWA

    有明工業高等専門学校紀要   ( 57 ) 16 - 27   2022年02月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • PC鋼棒で緊結した鋼板サンドイッチ工法により補強したRC柱の中心圧縮実験-その1 実験計画及び破壊特性-

    田中三雄,金田一男,中田幸造,下田誠也

    日本建築学会九州支部研究報告  (オンライン)  2022年03月  -  2022年03月   

  • PC鋼棒で緊結した鋼板サンドイッチ工法により補強したRC柱の耐震性能に関する比較的研究

    黒田萌香,金田一男,中田幸造

    日本建築学会九州支部研究報告  (オンライン)  2022年03月  -  2022年03月   

  • PC鋼棒で緊結した鋼板サンドイッチ工法により補強したRC柱の中心圧縮実験-その2 実験結果及び考察-

    金田一男,中田幸造,田中三雄,平田裕次

    日本建築学会九州支部研究報告  (オンライン)  2022年03月  -  2022年03月   

  • 緊張PC鋼棒の能動横拘束を活用した強度・靭性型耐震補強法に関する実験的研究

    永木 瞭,中田幸造,金田一男,山川哲雄

    日本建築学会大会  (オンライン)  2021年09月  -  2021年09月   

  • 能動横拘束された損傷RC柱のせん断破壊実験

    瀬長大輝,中田幸造,金田一男,永木 瞭,山川哲雄

    日本建築学会大会  (オンライン)  2021年09月  -  2021年09月   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    2010年01月
    -
    2010年02月
     

     概要を見る

    日本コンクリート工学協会

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    2009年01月
    -
    2009年02月
     

     概要を見る

    日本コンクリート工学協会

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    2008年01月
    -
    2008年02月
     

     概要を見る

    日本コンクリート工学協会

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第31回コンクリート工学講演会「年次論文奨励賞」

    2009年07月   日本コンクリート工学協会  

    受賞者: 中田幸造

     概要を見る

    中田幸造,山川哲雄,舩木裕之,森下陽一:緊張PC鋼棒で能動拘束されたRC柱のせん断強度に関する実験的研究,コンクリート工学年次論文集,査読有,Vol. 31,No. 2,pp. 133-138,2009.7 【概要】  緊張PC鋼棒で外部横補強されたRC柱のせん断伝達機構に拘束コンクリート強度が影響していることを主筋のひずみを利用したトラス機構の分析から明らかにし,提案したせん断強度式は実験結果を概ね評価できることを示した。

  • 第27回コンクリート工学講演会「年次論文奨励賞」

    2005年07月   日本コンクリート工学協会  

    受賞者: 中田幸造

     概要を見る

    中田幸造,山川哲雄,金城秀俊,Md. Nafiur RAHMAN:緊張PC鋼棒を用いた拘束コンクリート柱の構成則に関する実験的研究,コンクリート工学年次論文集,査読有,Vol. 27,pp.121-126,2005.6 【概要】  緊張PC鋼棒で外部横補強を行ったコンクリート柱の中心圧縮実験を行い,実験結果と既往の応力-ひずみ関係式である,Mander式と崎野・孫式を修正し,推定を試みたが,応力下降域を精度良く評価するまでには至らず,評価法の確立に課題が残った。

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 大損傷RC柱のローテク・ローコスト・スモールチェンジな新規耐震補強法の開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K04244

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月 

    代表者: 金田一男  研究分担者: 中田幸造

  • 緊張材の能動横拘束で地震損傷RC部材のひび割れを閉合する機動的な応急補強法の開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K04794

    研究期間: 2020年04月  -  2022年 

    代表者: 中田幸造 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)

     概要を見る

    本研究の最終目標は,初期緊張ひずみを導入したアラミド繊維ベルトでRC柱をあらかじめ締め付けることによって得られる能動横拘束を,地震被災RC柱の「ひび割れ閉合」に応用し,簡便・迅速・安価な機動的応急補強法を確立することである。能動横拘束を地震被災RC柱のひび割れ閉合に活用することで,養生期間を必要とする従来の樹脂注入に比べて,本応急補強はひび割れ閉合直後から横拘束およびせん断補強効果を発揮できる。本研究では,水平加力実験と圧縮実験の2種類の構造実験から,能動横拘束が損傷RC柱の圧縮性能やせん断伝達機構に与える影響を検証し,応急補強法としての性能評価式を確立することを目的としている。

  • 高強度緊張材で能動拘束された損傷RC柱の圧縮性能とせん断伝達機構の解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 16K06579

    研究期間: 2016年04月  -  2019年 

    代表者: 中田幸造 

    直接経費: 3,800,000(円)  間接経費: 1,140,000(円)  金額合計: 4,940,000(円)

     概要を見る

     地震で鉄筋コンクリート(RC)造建物が被災し,例えばRC柱が損傷を受けると水平抵抗能力だけではなく,鉛直荷重支持能力も低下する。持続可能な長寿命化社会を目指し,かつ,災害に対する復元力を獲得するには,地震によりRC造建物はどれくらい損傷したのか(残存耐震性能の把握),どのような対策でどれくらいの回復が見込めるのか(修復耐震性能の推定)について定量的に把握することがRC造建物のリハビリテーションへの第一歩である。  本研究では,これまでの研究で明らかにしてきた「高強度緊張材による能動拘束」によって損傷RC柱のひび割れを「閉合」し,建研式加力装置による水平加力実験,万能試験機による圧縮実験の2種類の構造実験から,能動拘束が損傷RC柱の圧縮性能やせん断伝達機構に与える影響を定量的かつ理論的に明らかにすることを目的としている。

  • PC鋼棒により能動的横拘束を受けるRC柱のせん断伝達機構の解明

    若手研究(B)

    課題番号: 24760457

    研究期間: 2012年04月  -  2014年03月 

    代表者: 中田幸造 

    直接経費: 3,500,000(円)  間接経費: 1,050,000(円)  金額合計: 4,550,000(円)

     概要を見る

     緊張PC鋼棒で能動拘束されたRC柱のせん断伝達機構を検証するため,主筋の付着がある試験体でトラス機構を,主筋の付着を除去した試験体でアーチ機構を検証し,能動拘束がトラス機構やアーチ機構に与える影響を明らかにした。また,実験結果とせん断強度式の検証も行った。

  • 中低層 RC 造建物に対する震前・震後の簡便な耐震補強技術の研究開発

    基盤研究(A)

    課題番号: 20246091

    研究期間: 2008年04月  -  2012年03月 

    代表者: 山川哲雄  研究分担者: 森下陽一,中田幸造,津田恵吾,菊池健児,黒木正幸,上原修一

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 既存RC造ピロティ建物の耐震安全性を向上させるローテク・ローコストなハイブリッドミニ耐震壁の開発

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: しまたて技術開発支援事業

    研究期間: 2022年04月  -  2023年03月 

    代表者: 中田幸造  連携研究者: 金田一男,長嶺安一,西里幸二  資金配分機関: 一般社団法人 沖縄しまたて協会

    直接経費: 2,000,000(円) 

  • ローテク・ローコストなハイブリッドミニ耐震壁による鉄筋コンクリート/組積造建物の耐震安全性向上

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: (公財)高橋産業経済財団 令和2年度研究助成

    研究期間: 2020年04月  -  2022年03月 

    代表者: 中田幸造  連携研究者: 金田一男,JAVADI Pasha,山川哲雄  資金配分機関: (公財)高橋産業経済財団

    直接経費: 4,000,000(円) 

     概要を見る

     本研究は琉球大学で開発中のローテク・ローコスト耐震補強法(THW工法)を,国際共同研究によって海外地震国の無補強組積造建物へ適応させ,我が国のみならず海外地震国の耐震安全性向上に貢献しようとするものである。

  • 増打ちした短い無筋の袖壁を鋼板と緊張PC鋼棒の能動横拘束により既存RC柱に一体化する強度靭性型耐震補強法の開発

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 鹿島学術振興財団研究助成

    研究期間: 2019年04月  -  2021年03月 

    代表者: 中田幸造  連携研究者: 金田一男,山川哲雄  資金配分機関: 公益財団法人 鹿島学術振興財団

    直接経費: 2,700,000(円) 

     概要を見る

     本研究では,増打ちした既存柱幅と同厚の短い無筋の袖壁を,鋼板と緊張PC鋼棒の「能動横拘束」で既存RC柱に一体化し(THW工法と呼ぶ),適度な水平剛性と優れた靭性を有する曲げ破壊先行の簡便で経済的な袖壁付きRC柱の補強設計法を確立することが最終目標である。THW工法の要点は,増打ちした無筋の短い袖壁を圧縮のみに効かし,既存RC柱の全主筋を引張降伏させる点にある。この点では,袖壁がせん断破壊せず,柱の全主筋が引張降伏するだけの袖壁長さがあればよい。本研究では,曲げ強度の観点から得られた最適袖壁長さを有するTHW補強柱のせん断伝達機構を解明することを目的とする。

  • 高強度緊張材による能動拘束を活用した地震被災建物への応急補強法に関する研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: (公社)高橋産業経済研究財団 研究開発助成

    研究期間: 2014年06月  -  2015年03月 

    代表者: 中田幸造  資金配分機関: -

    直接経費: 1,500,000(円)  金額合計: 1,500,000(円)

  • ラッシングベルトを用いたせん断損傷RC柱の応急補強技術

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: (財)国土技術研究センター研究開発助成

    研究期間: 2007年03月  -  2008年03月 

    代表者: 山川哲雄  連携研究者: 中田幸造  資金配分機関: -

    直接経費: 2,000,000(円)  金額合計: 2,000,000(円)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  構造解析学特論  講義

  • 2020年度  建築構造力学II  講義

  • 2020年度  耐震設計概論  講義

  • 2020年度  構造設計I  講義

  • 2020年度  建築構造力学Ⅲ  講義

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
     
     

    長崎南高校SSH未来デザインスクールオンラインの講師

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 本部港上屋事故に係る再発防止検討委員会委員

    2021年10月
    -
    2022年09月

  • 建設産業ビジョン推進委員会委員,副委員長

    2021年
    -
    継続中

  • 沖縄総合事務局開発建設部入札監視委員会委員

    2020年04月
    -
    継続中

  • 「中部病院棟耐震改修工事」設計業務の設計者選考するためのプロポーザルコンペ審査委員会審査委員

    2019年01月
    -
    2019年04月

  • 沖縄県本庁舎(行政棟)に関する検討委員会委員

    2019年
    -
    2020年03月

全件表示 >>