山里 絹子 (ヤマザト キヌコ)

Yamazato Kinuko

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

00635576

研究分野・キーワード

アメリカ研究、社会学、移民・ディアスポラ、戦後沖縄文化史、ライフストーリー

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   国際言語文化プログラム   准教授  

  • 併任   琉球大学   島嶼地域科学研究所   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • ハワイ大学マノア校 -  Ph.D. (Sociology)   社会学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2015年04月

      名桜大学 教養教育センター(リベラルアーツ機構) 講師  

  • 2015年05月
    -
    2018年03月

      琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 英語文化専攻 講師  

  • 2018年04月
    -
    継続中

      琉球大学 国際地域創造学部 国際地域創造学科 国際言語文化プログラム 英語文化コース 准教授  

論文 【 表示 / 非表示

  • Returning from US Study Abroad: Cold War Representation and Construction of Beiryu-Gumi's Identity in the US Military Occupation of Okinawa

    Kinuko Maehara Yamazato

    Ryudai Review of Euro-American Studies   ( 59 ) 19 - 39   2019年03月

  • Representations and Negotiations of an Island's Past: Narrative Performance by Docents at Hawaii's Plantation

    Kinuko Maehara Yamazato

    IJOS: International Journal of Okinawan Studies   8   1 - 42   2017年12月

  • Studying in the US was the Only Hope: Life Stories of GARIOA Students from Okinawa under US Military Occupation

    Kinuko Maehara Yamazato

    International Review of Ryukyuan and Okinawan Studies   ( 6 ) 21 - 36   2017年03月

  • 「ライフストーリーにみる『郷里』との繋がり―ハワイの沖縄系郷友会『羽地クラブ』の成員を事例として―」

    山里絹子、山里晃平

    名桜大学総合研究   ( 25 ) 1 - 11   2016年03月

  • The Gift: An Interview with June Hiroko Arakawa

    Kinuko Maehara Yamazato

    MĀNOA (Special Issue: Voices from Okinawa, edited by Frank Stewart and Katsunori Yamazato)   21 ( 1 ) 149 - 156   2009年

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • よみがえる沖縄 米国施政権下のテレビ映像 琉球列島米国民政府(USCAR)の時代

    貴志俊彦・泉水英計・名嘉山リサ ( 担当: 単著 , 担当範囲: ガリオア留学で渡米する沖縄の学生たち )

    不二出版  2020年02月 ( 担当ページ: p.pp. 162-163 )

  • 島嶼地域科学という挑戦

    池上大祐・杉村泰彦・藤田陽子・本村真編 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第10章 博物館におけるハワイの歴史と社会の表象-ハワイプランテーションビレッジガイドの実践からー )

    ボーダーインク  2019年02月

  • やんばるに根差す

    小川寿美子、木村堅一、高安美智子、金城やす子編 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第7章 やんばるを越境する 第三節 「ハワイのオキナワ―国境を越えた繋がり―」 )

    MUGEN  2015年10月

  • ピアチューター・トレーニング―学生による学生への支援へ

    谷川 裕稔、石毛 弓編 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 「ピアチューターとは何か:実践編」(第2章)、「リフェラルスキル:基礎編・確認編」(第13章)、コラム「CRLA (College Reading and Learning Association)とは」(コラム7)など。 )

    ナカニシヤ出版  2014年03月

  • Gender, Power, and Military Occupations: Asia Pacific and the Middle East since 1945

    Chirstine de Matos and Rowena Ward, ed. ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: Chapter 3 Encountering Gendered and National Selves: Identity Formation of Okinawan Students in the United States during the US Occupation of Okinawa )

    Routledge  2012年03月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 米国留学と琉球大学—教育と研究への貢献(戦後沖縄の米国留学経験者へのインタビュー)

    「米留帰り」が琉球大学に与えたインパクト(瀬名波榮喜氏); 地域社会の要請に応えた教育・研究活動(東江平之氏); グローバル化時代に適した人材を(比嘉幹郎氏)

    琉球大学創立70周年記念誌 ( 琉球大学開学70周年記念誌編集専門部会編 )     106 - 129   2020年08月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Site-Committee Sponsored Roundtable: Pacific Memories of War

    Kinuko Maehara Yamazato

    米国アメリカ学会年次大会  2019年11月  -  2019年11月   

  • Commemorating the Battle of Okinawa in Hawai'i: Contestations and Negotiations of Okinawan American Identities

    Kinuko Maehara Yamazato

    米国アメリカ学会年次大会  2019年11月  -  2019年11月   

  • Through the Eyes of Okinawan Students: Experiences in the US Military Scholarship Program during the Cold War

    Kinuko Maehara Yamazato

    Reconceptualizing the Cold War: On-the-ground Experiences in Asia  (National University of Singapore)  2019年06月  -  2019年06月   

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 米軍基地で育った「沖縄系アメリカ人」のアイデンティティ形成とディアスポラ的経験

    研究活動スタート支援

    課題番号: 18H05717

    研究期間: 2018年08月  -  2022年03月 

    代表者: 山里絹子 

  • 島嶼地域における女性の主体的移動と近現代社会に与えた普遍的インパクトに関する研究

    挑戦的萌芽研究

    課題番号: 18K18612

    研究期間: 2018年06月  -  2021年03月 

    代表者: 小川寿美子 

  • アメリカ型グローバリズムと島嶼地域の社会的・文化的変容に関する研究

    基盤研究(B)

    課題番号: 16H03315

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    代表者: 喜納育江 

  • 越境的ネットワークの発展と拡散に関する社会心理学的研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 15K04031

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 加藤潤三 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 島嶼地域科学の分野横断型研究展開による国際的共同研究拠点形成

    研究期間: 2019年04月  -  2021年03月 

  • 自律型島嶼社会の創生に向けた「島嶼地域科学」の体系化

    研究期間: 2016年10月  -  2018年03月 

  • 環太平洋を中心とする沖縄から/への<人の移動>に関する総合的研究

    研究期間: 2014年04月  -  2016年04月