金 成浩 (キム ソンホ)

Kim Sung-ho

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

60325826

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   人文社会学部   国際法政学科   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    東京大学  総合文化研究科  国際社会科学専攻  博士課程  単位取得満期退学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    1999年09月

      北海道大学スラブ研究センター講師(COE非常勤研究員)  

  • 1999年10月
    -
    2001年11月

      琉球大学法文学部総合社会システム学科国際関係論講座講師  

  • 2001年12月
    -
    2008年09月

      琉球大学法文学部総合社会システム学科国際関係論講座助教授  

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

      漢陽大学アジア太平洋研究センター(韓国)客員研究員  

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

      高麗大学平和研究所(韓国)客員研究員  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本国際政治学会

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    ロシア史研究会

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    ロシア東欧学会

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本平和学会

  • 2020年04月
    -
    継続中
     

    北東アジア学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 国際関係史(冷戦史),平和研究(戦争原因論),ロシアを含む東アジア国際関係

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 国際関係論

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ロシア・朝鮮半島をめぐる国際関係

  • 外交政策決定過程

  • 現代国際関係史(冷戦史)

論文 【 表示 / 非表示

  • 露朝関係の変遷と朝鮮半島の平和に関する一考察

    金 成浩

    政策科学・国際関係論集 ( 琉球大学人文社会学部 )  ( 第21 )   2021年03月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • ハンガリー動乱とソ連外交:介入と撤退の政策決定過程

    金 成浩

    政策科学・国際関係論集 ( 琉球大学人文社会学部 )  ( 20 ) 173 - 211   2020年03月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 北東アジア冷戦構造変容萌芽期に関する研究 ―韓国のクロス承認政策を中心として

    金成浩

    国際政治 ( 日本国際政治学会 )  ( 195 )   2019年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 冷戦期ソ連外交における安全保障観と国境

    金成浩

    『ロシア史研究』 ( ロシア史研究会 )    2015年06月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 朝鮮戦争の原因と歴史の教訓

    金成浩

    『政策科学・国際関係論集』 ( 琉球大学法文学部 )  ( 15 )   2013年03月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 国際共同研究 ヒロシマの時代

    藤原 帰一 監訳、金 成浩 他訳 ( 担当: 共訳 , 担当範囲: (第5章)デヴィッド・ホロウェイ「破滅への競争―戦略的核戦争に関するソ連の見解(1955-72) )

    岩波書店  2021年12月 ( 担当ページ: p.55-72 )

  • 『新たな東北アジア秩序と韓半島の未来』(韓国語)

    朴ジェギュ、金成浩ほか ( 担当: 分担執筆 )

    韓国・慶南大学、韓国政府統一部統一教育院  2019年02月

  • 『アメリカの核ガバナンス』

    菅英輝,初瀬龍平編著、金成浩 他 ( 担当: 分担執筆 )

    晃洋書房  2017年11月

  • 『中国・北朝鮮脅威論を超えて-東アジア不戦共同体の構築』

    進藤榮一、木村朗編著、 金成浩 他 ( 担当: 分担執筆 )

    耕文社  2017年10月

  • 『日本の国境・いかにこの「呪縛」を解くか』 

    岩下明裕編著 ( 担当: 分担執筆 )

    北海道大学出版会  2010年01月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 米朝会談と沖縄(下)

    金成浩

    琉球新報     2018年06月

     

  • 現在も続く戦争の淵源:アフガン侵攻 1979-1989

    共同通信文化部編

    書評大全 ( 三省堂 )    2015年04月

     

  • ソ連のアフガニスタン介入

    歴史学研究会編

    『世界史史料(11)20世紀の世界Ⅱ 第二次世界大戦後 冷戦と開発』 ( 岩波書店 )    2012年12月

     

  • 一方通行の授業を極める

    金成浩

    『琉球大学大学教育センター報 ( 琉球大学大学き教育センター )  ( 15 )   2012年07月

     

  • ソフトパワーの時代(下)

    金成浩

    沖縄タイムス     2006年02月

     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第24回出版文化功労賞

    2011年06月30日   ブックインとっとり  

    受賞者: 岩下明裕編著『日本の国境・いかにこの「呪縛」を解くか』(北海道大学出版会)

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 東アジア冷戦構造の変容と北朝鮮の核開発、在沖米軍基地の性質変化の関連性について

    基盤研究(C)

    課題番号: 18K01470

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月 

    代表者: 金成浩 

  • 冷戦下の日米安保と「核」そしてアジアについての総合的研究

    基盤研究(A)

    課題番号: 25245030

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月 

    代表者: 菅英輝  研究分担者: 金成浩

  • 北東アジアの冷戦:新しい資料と展望

    基盤研究(A)

    課題番号: 21243013

    研究期間: 2009年04月  -  2012年03月 

    代表者: デービッド・ウルフ  研究分担者: 金成浩(研究協力者)

  • ユーラシア新秩序の新形成:中国・ロシアとその隣接地域の相互作用

    基盤研究(A)

    課題番号: 18203009

    研究期間: 2006年04月  -  2009年03月 

    代表者: 岩下明裕  研究分担者: 金成浩

  • 冷戦期ソ連外交における軍事介入決定に関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 14520104

    研究期間: 2002年04月  -  2004年03月 

    代表者: 金 成浩 

    直接経費: 1,300,000(円)  間接経費: 390,000(円)  金額合計: 1,690,000(円)

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    平成25年度プロフェッサー・オブ・ザ・イヤー

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    平成22年度プロフェッサー・オブ・ザ・イヤー