神田 康行 (カンダ ヤスユキ)

Kanda Yasuyuki

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

10468069

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科機械工学コース   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(工学)  工学基礎

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    2017年09月

      琉球大学 工学部 機械システム工学科 材料システム工学講座 助教  

  • 2017年04月
    -
    2019年09月

      琉球大学 工学部 工学科 機械工学コース 助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 工学科 機械工学コース 准教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 計算力学,材料加工学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御

  • 情報通信 / 計算科学

論文 【 表示 / 非表示

  • 一般化有限要素法近似に基づく三節点三角形要素の微圧縮材料に対する性能調査

    木村 皓詞, 神田 康行

    日本機械学会論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )  88 ( 913 )   2022年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Rigid plastic and large deformation analyses of the finite element method (FEM) require multiple remeshing procedures to avoid a decrease in the analysis accuracy. Thus, a three-node triangular element that can perform automatic mesh generation is suitable for these FEM analyses. However, in the FEM analysis of nearly incompressible materials using the displacement-based three-node triangular element, the inhibition of volumetric locking and pressure checkerboarding is required. The generalized finite element method (GFEM) approximation can improve the analysis accuracy for three-node triangular elements without the addition of midpoint nodes. In this study, we performed a detailed performance evaluation of a three-node triangular element based on the GFEM approximation for nearly incompressible materials in the linear elastic analysis. The GFEM approximation employs a polynomial of degree 1–3. Performance investigation using a compression test revealed that each GFEM element required the application of selective reduced integration to avoid volumetric locking and pressure checkerboarding. Furthermore, we investigated the number of constraint degrees of freedom of the GFEM element, which is related to volumetric locking. In the case of the GFEM element, we inferred that the application of this investigation is difficult because of the additional nodal degrees of freedom, which are different from the translational nodal displacement.

  • Spark plasma sintering using calcareous waste concrete powder

    Yasuyuki Kanda

    Construction and Building Materials ( Elsevier )  349   128726 - 128726   2022年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 廃コンクリート粉末を用いたゼオライトの合成

    原田 哲利,神田 康行

    粉体および粉末冶金 ( 一般社団法人 粉体粉末冶金協会 )  69 ( 5 ) 208 - 216   2022年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>This study investigated the conditions for zeolite synthesis from waste concrete powder (WCP) using the hydrothermal synthesis method. The WCP was prepared by milling the waste concrete using pot mill equipment. The synthesis conditions, i.e., the heating time, heating temperature, and NaOH solution concentration were varied. Furthermore, hydrochloric acid-treated WCP (WCP-HCl), which is removed the calcium component, was prepared to examine the effectiveness of acid treatment in the zeolite synthesis. The zeolite synthesis was investigated using X ray diffraction (XRD) and scanning electron microscopy (SEM). Analcime-type zeolite was synthesized using WCP and WCP-HCl. The requirements of synthesis conditions for analcime were as follows: heating time above 12 h, heating temperature above 433 K, and NaOH solution concentration above 2 mol/L. With a progressive increase in the concentration of the NaOH solution from 5 to 7 mol/L, analcime could be synthesized at NaOH concentrations below 4 mol/L, while cancrinite was synthesized at NaOH concentrations exceeding 5 mol/L. The peak intensity of analcime and cancrinite of WCP-HCl showed high value in comparison to the WCP. Thus, the effectiveness of the HCl treatment of WCP was confirmed from the XRD patterns.</p>

  • Synthesis of zeolites from calcareous waste concrete powder

    Yasuyuki Kanda, Satori Harada

    Results in materials ( Elsevier )  13   2022年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Ceramics based on concrete wastes prepared by spark plasma sintering

    Mohammed ABASS, Yasuyuki KANDA

    Processing and application of ceramics ( University of Novi Sad )  15 ( 1 ) 100 - 109   2021年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 廃コンクリート粉末を用いたプラスチック複合材料の機械的性質

    比嘉良輔,神田康行

    廃コンクリート粉末を用いたプラスチック複合材料の機械的性質  2022年06月  -  2022年06月   

  • 首里城破損瓦粉末を用いた放電プラズマ焼結体の機械的性質

    新城友秀,神田康行

    粉体粉末冶金協会講演概要集2022年度春季大会  2022年05月  -  2022年05月   

  • 廃コンクリート粉末とフライアッシュを用いた放電プラズマ焼結の基礎的検討

    神田康行,新城友秀

    粉体粉末冶金協会講演概要集2022年度春季大会  2022年05月  -  2022年05月   

  • 高次の変位関数を用いた三節点三角形要素の体積ロッキングの検討

    木村皓詞,神田康行

    日本機械学会第34回計算力学講演会  2021年09月  -  2021年09月   

  • 放電プラズマ焼結法による石灰質廃コンクリート粉末を用いたセラミックス作製の基礎的検討

    神田康行

    粉体粉末冶金協会概要集2021年度春季大会  2021年06月  -  2021年06月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • さとうきびバガスと廃コンクリートを活用したプラスチック複合材料の成形加工

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 公益信託 宇流麻学術研究助成基金

    研究期間: 2022年08月  -  2023年03月 

    代表者: 神田康行  資金配分機関: 三井住友信託銀行

  • 再生骨材からのゼオライト合成技術の開発

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 技術開発支援事業

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

    代表者: 神田康行  資金配分機関: 沖縄しまたて協会

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 産業廃棄物を工業材料へリサイクルするための成形加工技術