神田 康行 (カンダ ヤスユキ)

Kanda Yasuyuki

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

10468069

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科機械工学コース   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(工学)  工学基礎

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    2017年09月

      琉球大学 工学部 機械システム工学科 材料システム工学講座 助教  

  • 2017年04月
    -
    2019年09月

      琉球大学 工学部 工学科 機械工学コース 助教  

  • 2019年10月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 工学科 機械工学コース 准教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 計算力学,材料加工学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御

  • 情報通信 / 計算科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Ceramics based on concrete wastes prepared by spark plasma sintering

    Mohammed ABASS, Yasuyuki KANDA

    Processing and application of ceramics ( University of Novi Sad )    2021年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Effective utilization of recycled fine aggregate powder as reinforcement particles in polyethylene composite

    Yasuyuki KANDA, Mohammed ABASS

    Polymers and Polymer Composites ( SAGE publications )  29 ( 7 ) 939 - 952   2020年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Fabrication of Spark Plasma Sintered Body using Recycled Fine Aggregate Powder

    Mohammed ABASS, Yasuyuki KANDA

    Proceedings of the 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM 13)     2019年10月

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 回転とひずみ自由度を有する三節点三角形要素の剛塑性有限要素法への適用とその有効性の検討

    神田 康行

    日本機械学会論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )  85 ( 873 ) 19 - 00035-19-00035   2019年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    The rigid plastic finite element method (RPFEM) is used in many re-meshing procedures in material processing analysis. Currently, the four-node quadrilateral element, which can avoid volumetric locking, is applied in the RPFEM. However, it is desirable to apply the three-node triangular element instead because of its easy and robust mesh generation procedure. This study applied the three-node triangular element with drilling and strain degrees of freedoms (GNTri3) to the RPFEM, the validity of which was verified by analyzing some numerical examples. First, as verification for the volumetric locking characteristic of the GNTri3, FEM analysis of a nearly incompressible elastic body under plane strain conditions was performed. Volumetric locking was recognized by applying full integration to the element stiffness matrix of the GNTri3. Therefore, it was revealed that the RPFEM using the GNTri3 is necessary for applying selective reduced integration to the element stiffness matrix. Analysis of the RPFEM using the GNTri3 showed that the tool pressure was in good agreement with theoretical solutions and FEM results obtained using a conventional four-node quadrilateral element at a rigid punch indentation. In addition, reasonable material processing deformations were computed in the plane strain compression test.Therefore, validity of the RPFEM using the GNTri3 was verified by numerical results.

  • Mechanical Properties of Plastic Composite Material using Mortar Powders

    Yasuyuki Kanda

    2018 3rd International Conference on Design, Materials and Manufacturing (ICDMM 2018)     2018年08月

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 高次の変位関数を用いた三節点三角形要素の体積ロッキングの検討

    木村皓詞,神田康行

    日本機械学会第34回計算力学講演会  2021年09月  -  2021年09月   

  • 放電プラズマ焼結法による石灰質廃コンクリート粉末を用いたセラミックス作製の基礎的検討

    神田康行

    粉体粉末冶金協会概要集2021年度春季大会  2021年06月  -  2021年06月   

  • 再生骨材粉末を用いたゼオライト合成に関する基礎的研究

    原田哲利,神田康行

    粉体粉末冶金協会概要集2021年度春季大会  2021年06月  -  2021年06月   

  • 再生細骨材粉末を用いた放電プラズマ焼結の基礎的検討

    神田康行,モハメドアバス

    粉体粉末冶金協会2019年度秋季大会  (名古屋大学豊田講堂)  2019年10月  -  2019年10月   

  • 回転とひずみ自由度を有する三角形要素を用いた剛塑性有限要素法の基礎的検討

    神田 康行

    日本機械学会2017年度年次大会  2017年09月  -  2017年09月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 再生骨材からのゼオライト合成技術の開発

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 技術開発支援事業

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

    資金配分機関: 沖縄しまたて協会

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 産業廃棄物を工業材料へリサイクルするための成形加工技術