伊藤 耕介 (イトウ コウスケ)

Ito Kosuke

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

10634123

ホームページ

http://www.itonwp.sci.u-ryukyu.ac.jp/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   物質地球科学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2006年03月

    京都大学   理学部   地球惑星科学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    京都大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  修士課程  修了

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    京都大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(理学)  地球惑星科学

  •  -  修士  地球惑星科学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

      日本学術振興会 特別研究員(DC2)  

  • 2011年04月
    -
    2011年05月

      京都大学 理学部 教務補佐員  

  • 2011年06月
    -
    2012年03月

      国立台湾大学 理学部 ポストドクトラル研究員  

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

      海洋研究開発機構 地球環境変動領域 ポストドクトラル研究員  

  • 2012年04月
    -
    継続中

      気象研究所 客員研究員  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本気象学会

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    日本海洋学会

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本地球惑星科学連合

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ気象学会

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ地球物理学連合

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 大気水圏科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of the Assimilation of Relative Humidity Reproduced From T-PARCII and Himawari-8 Satellite Imagery Using Dynamical Initialization and Ocean-Coupled Model: A Case Study of Typhoon Lan (2017)

    Lee J.D.

    Journal of Geophysical Research: Atmospheres ( Journal of Geophysical Research: Atmospheres )  126 ( 17 )   2021年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Warm ocean accelerating tropical cyclone Hagibis (2019) through interaction with a mid-latitude westerly jet

    Ito Kosuke, Ichikawa Hana

    SOLA ( 公益社団法人 日本気象学会 )  17 ( 0 ) 1 - 6   2021年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>One of the remarkable environmental characteristics of tropical cyclone (TC) Hagibis (2019) was the positive sea surface temperature (SST) anomaly observed in the western North Pacific Ocean. In this study, an ensemble-based sensitivity experiment was conducted with a nonhydrostatic model, focusing on the impact of SST on TC motion. The TC with the analyzed SST (warm run) moved faster near mainland Japan than with the lowered SST (cold run), as the TC in the warm run was embedded earlier in the mid-latitude westerly jet located to the north than that in the cold run. The TC displacement was consistent with the large decrease of geopotential height at 500-hPa (Z500) in the north of TC Hagibis during the warm run. Further investigation showed that the approach to the westerly jet presumably induced the low local inertial stability as well as the southwesterly vertical wind shear enhancing the upward mass flux in the north of the TC. They led the enhanced upper-tropospheric northward outflow from the TC energized by the warm SST, and it resulted in the decrease of the Z500 in the north. This study suggests that warm SST can affect TC tracks through interaction with mid-latitude westerly jets. </p>

  • Diurnal variation of the convective area and eye size associated with the rapid intensification of tropical cyclones

    LEE J.D.

    Monthly Weather Review ( Monthly Weather Review )  148 ( 10 ) 4061 - 4082   2020年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Recent Progress in the Fundamental Understanding of Tropical Cyclone Motion

    Kosuke ITO, Chun-Chieh WU, Kelvin T. F. CHAN, Ralf TOUMI, Chris DAVIS

    Journal of the Meteorological Society of Japan     2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    While the fundamental understanding of the movement of a tropical cyclone (TC) is fairly mature, there are still notable advancements being made. This paper summarizes new concepts and updates on existing fundamental theories on TC movement obtained from simplified barotropic models, full-physics models, and data analysis particularly since 2014. It includes the recent works on the interaction of the TC with its environment and the fundamental aspects of predictability related to TC movement. The conventional concepts of the steering flow, β-gyre, and diabatic heating remain important. Yet, a more complete understanding of mechanisms governing TC movement serves as an important basis toward the further improvement of track forecasts.

  • 逆問題としての4次元データ同化

    伊藤耕介, 藤井陽介

    ながれ     2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 台風災害の実態解明と台風防災・減災に資する方策 : 台風研究会

    台風研究会, 伊藤 耕介, 竹見 哲也, 京都大学防災研究所 ( 担当: 単著 )

    京都大学防災研究所  2021年

  • 台風についてわかっていることいないこと

    筆保弘徳, 山田広幸, 宮本佳明, 伊藤耕介, 山口宗彦, 金田幸恵 ( 担当: 共著 )

    ベレ出版  2018年08月 ( ページ数: 344 ,  担当ページ: p.120-157 )

     概要を見る

    毎年、台風は日本列島を襲い、各地にさまざまな爪痕を残します。日本で暮らすうえで、台風から逃れることはできません。そんな台風を、私たちはどこまで知っているのでしょうか。観測や予測技術が発達し、台風がどの方向に進むとか、これから台風が発生するとかといった予報を私たちも手に入れることができるようになってきました。しかし、台風には多くの謎がまだまだあります。未解決の謎に挑む、新進気鋭の台風研究者たちが、「観測」「発生」「発達」「海との関係性」「予報」「温暖化の影響」というさまざまな切り口から台風について語りつくします。台風を広く、そして深く知ることのできる、贅沢な一冊。

  • 台風についてわかっていることいないこと : ようこそ、そらの研究室へ

    筆保 弘徳, 山田 広幸, 宮本 佳明, 伊藤 耕介, 山口 宗彦, 金田 幸恵 ( 担当: 単著 )

    ベレ出版  2018年

  • 天気予報とデータサイエンス,岩波データサイエンス Vol. 6

    伊藤耕介 ( 担当: 共著 )

    岩波書店  2017年 ( ページ数: 107-120 )

  • 海陸風 海と陸のコントラストが作り出す風

    伊藤耕介 ( 担当: 単著 )

    その他の出版機関  2016年

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • Editorial for the special edition on tropical cyclones in 2015 – 2016

    Fudeyasu H.

    Journal of the Meteorological Society of Japan ( Journal of the Meteorological Society of Japan )  97 ( 3 ) 551 - 552   2019年

     

    DOI

  • 高解像度大気モデルと結合モデルによる北西太平洋全域台風予測実験

    伊藤耕介,沢田雅洋,山口宗彦

    2017年度台風研究会報告書     2018年

     

  • 統計解析による台風中心気圧予報

    柴田大河,伊藤耕介,山田広幸,宮田龍太,棚原慎也

    2017年度台風研究会報告書     2018年

     

  • 畳み込みニューラルネットワークを用いた台風の強度予測

    棚原慎也,石垣博章,伊藤耕介,山田広幸,柴田大河,宮田龍太

    2017年度台風研究会報告書     2018年

     

  • 台風強度予報誤差と急発達率の近年の増加傾向について

    伊藤耕介

    2017年度異常気象研究会報告書     2018年

     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本気象学会SOLA論文賞

    2019年02月01日   Japan's academic journals  

    受賞者: 伊藤耕介他

  • 日本地震学会論文賞

    2012年   日本地震学会  

    受賞者: その他の受賞者

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 台風進路に関わる「藤原効果」の再考

    基盤研究(B)

    課題番号: 18H01283

    研究期間: 2018年04月  -  継続中 

    代表者: 伊藤耕介 

  • 波しぶきの水平移流が促す台風急発達

    挑戦的萌芽研究

    課題番号: 16K13884

    研究期間: 2016年04月  -  2018年03月 

    代表者: 伊藤 耕介 

    直接経費: 2,600,000(円)  間接経費: 780,000(円)  金額合計: 3,380,000(円)

  • 感度解析に基づく多重壁雲形成機構の解明

    若手研究(B)

    課題番号: 26800250

    研究期間: 2014年04月  -  2016年03月 

    代表者: 伊藤 耕介 

    直接経費: 1,500,000(円)  間接経費: 450,000(円)  金額合計: 1,950,000(円)

  • データ同化手法を用いた強風状況下における運動量・熱フラックスの推定

    特別研究員奨励費

    課題番号: 09J00874

    研究期間: 2009年04月  -  2011年03月