今泉 直樹 (イマイズミ ナオキ)

Imaizumi Naoki

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

10547384

研究室住所

〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町上原207番地

メールアドレス

メールアドレス

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   准教授  

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年11月
    -
    2014年09月

    米国コネチカット大学薬学部  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(保健学)  保健学

  • 琉球大学 -  修士(保健学)  保健学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2022年03月

      琉球大学 医学部 助教  

  • 2022年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本検査血液学会

  •  
     
     
     

    日本薬物動態学会

  •  
     
     
     

    日本臨床衛生検査技師会

  •  
     
     
     

    日本毒性学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 薬物動態・代謝学

  • 薬物動態・代謝学 毒性学 ミトコンドリア 酸化ストレス グルタチオントランスフェラーゼ 抗酸化 臨床検査

  • 薬物動態・代謝学

  • HTLV-1 ATL

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医療薬学

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ミトコンドリア膜性グルタチオンS-トランスフェラーゼの酸化ストレスによる影響とその機能解析(活性酸素種や活性窒素種等の酸化ストレスによるラット肝ミトコンドリア膜性グルタチオンS-トランスフェラーゼとミトコンドリア膜透過遷移の変化との関与について)

  • 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)の分子機構の解明

学位論文 【 表示 / 非表示

  • The role of a membrane-bound glutathione transferase in the peroxynitrite-induced mitochondrial permeability transition pore: Formation of a disulfide-linked protein complex

    2012年05月 

論文 【 表示 / 非表示

  • Acute type adult T-cell leukemia cells proliferate in the lymph nodes rather than in peripheral blood.

    Mizuguchi M, Takatori M, Sakihama S, Yoshita-Takahashi M, Imaizumi N, Takahashi Y, Hasegawa H, Karube K, Fukushima T, Nakamura M, Tanaka Y

    Cancer gene therapy ( Cancer Gene Therapy )    2022年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Elevation of the Plasma Levels of TNF Receptor 2 in Association with Those of CD25, OX40, and IL-10 and HTLV-1 Proviral Load in Acute Adult T-Cell Leukemia.

    Kato M, Imaizumi N, Tanaka R, Mizuguchi M, Hayashi M, Miyagi T, Uchihara J, Ohshiro K, Todoroki J, Karube K, Masuzaki H, Tanaka Y, Fukushima T

    Viruses ( Viruses )  14 ( 4 ) 751 - 751   2022年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Adult T-cell leukemia/lymphoma (ATL) cells express TNF receptor type-2 (TNFR2) on their surface and shed its soluble form (sTNFR2). We previously reported that sTNFR2 levels were highly elevated in the plasma of patients with acute ATL. To investigate whether its quantitation would be helpful for the diagnosis or prediction of the onset of acute ATL, we examined the plasma levels of sTNFR2 in a large number of specimens obtained from a cohort of ATL patients and asymptomatic human T-cell leukemia virus type 1 (HTLV-1) carriers (ACs) and compared them to those of other candidate ATL biomarkers (sCD25, sOX40, and IL-10) by enzyme-linked immunosorbent assays (ELISA) and HTLV-1 proviral loads. We observed that sTNFR2 levels were significantly elevated in acute ATL patients compared to ACs and patients with other types of ATL (chronic, smoldering, and lymphoma). Importantly, sTNFR2 levels were significantly correlated with those of sCD25, sOX40, and IL-10, as well as proviral loads. Thus, the present study confirmed that an increase in plasma sTNFR2 levels is a biomarker for the diagnosis of acute ATL. Examination of plasma sTNFR2 alone or in combination with other ATL biomarkers may be helpful for the diagnosis of acute ATL.

  • A protective role of HTLV-1 gp46-specific neutralizing and antibody-dependent cellular cytotoxicity-inducing antibodies in progression to adult T-cell leukemia (ATL).

    Tanaka Y, Tanaka R, Imaizumi N, Mizuguchi M, Takahashi Y, Hayashi M, Miyagi T, Uchihara J, Ohshiro K, Masuzaki H, Fukushima T

    Frontiers in immunology ( Frontiers in Immunology )  13   921606   2022年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Human T-cell leukemia virus type-1 (HTLV-1) establishes a long-term persistent infection in humans and causes malignant T-cell leukemia, adult T-cell leukemia (ATL). HTLV-1-specific cytotoxic T lymphocytes have been suggested to play a major role in the immunosurveillance of HTLV-1-infected T cells. However, it remains unclear whether HTLV-1-specific functional antibodies are also involved in the host defense. To explore the role of antibodies in the course of HTLV-1 infection, we quantitated HTLV-1-specific neutralizing and antibody-dependent cellular cytotoxicity (ADCC)-inducing antibody levels in plasma from asymptomatic carriers (ACs) and ATL patients. The levels of neutralizing antibodies, as determined by a syncytium inhibition assay, were significantly lower in acute and chronic ATL patients than in ACs. The levels of ADCC-inducing activity were tested using an autologous pair of HTLV-1-producing cells and cultured natural killer (NK) cells, which showed that the ADCC-inducing activity of IgG at a concentration of 100 µg/ml was comparable between ACs and acute ATL patients. The anti-gp46 antibody IgG levels, determined by ELISA, correlated with those of the neutralizing and ADCC-inducing antibodies. In contrast, the proviral loads did not correlate with any of these antibody levels. NK cells and a monoclonal anti-gp46 antibody reduced the number of HTLV-1 Tax-expressing cells in cultured peripheral blood mononuclear cells from patients with aggressive ATL. These results suggest a protective role for HTLV-1 neutralizing and ADCC-inducing antibodies during the course of HTLV-1 infection.

  • Clinicopathological features of adult T-cell leukemia/lymphoma with HTLV-1-infected Hodgkin and Reed-Sternberg-like cells.

    Karube K, Takatori M, Sakihama S, Tsuruta Y, Miyagi T, Morichika K, Kitamura S, Nakada N, Hayashi M, Tomori S, Nakazato I, Ohshiro K, Imaizumi N, Kikuti YY, Nakamura N, Morishima S, Masuzaki H, Fukushima

    Blood advances     2021年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • A new diagnostic algorithm using biopsy specimens in adult T-cell leukemia/lymphoma: combination of RNA in situ hybridization and quantitative PCR for HTLV-1.

    Takatori M, Sakihama S, Miyara M, Imaizumi N, Miyagi T, Ohshiro K, Nakazato I, Hayashi M, Todoroki J, Morishima S, Masuzaki H, Fukushima T, Karube K

    Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc ( Modern Pathology )    2020年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Reactive nitrogen species derived activation of rat liver microsomal glutathione S-transferase.

    Imaizumi N, Miyagi S, Aniya Y. ( 担当: 共著 )

    Life Sci.  2006年 ( 担当ページ: p.9 )

  • Reactive nitrogen species derived activation of rat liver microsomal glutathione S-transferase.

    Imaizumi Naoki ( 担当: 単著 )

    ■■■  2006年

  • Reactive nitrogen species derived activation of rat liver microsomal glutathione S-transferase.

    今泉 直樹 ( 担当: 単著 )

    ■■■  2006年

  • Activation of rat liver microsomal glutathione S-transferase by gallic acid.

    Shinno E, Shimoji M, Imaizumi N, Kinoshita S, Sunakawa H, Aniya Y. ( 担当: 共著 )

    Life Sci  2005年 ( 担当ページ: p.8 )

  • Activation of rat liver microsomal glutathione S-transferase by gallic acid.

    今泉 直樹 ( 担当: 単著 )

    ■■■  2005年

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特許等知的財産 【 表示 / 非表示

  • ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)関連疾患の診断方法

    特願 ■■■  (1900年01月01日)

    特許 特願2019-523986号  (2019年11月05日)

    吉原慶子, 福島 卓也, 田中 勇悦, 益崎 裕章, 加留部謙之輔, 今泉 直樹

  • ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)関連疾患の診断方法

    特許 特願2019-523986号  (2019年11月05日)

    吉原慶子、福島 卓也、田中 勇悦、益崎 裕章、加留部謙之輔、今泉 直樹

  • レトロウイルス増殖抑制剤およびこれを含有するレトロウイルス感染予防薬、レトロウイルス感染症発症予防薬

    特許 特願2019-523986号  (2019年09月18日)

    伊波 匡彦、友利 誠、田中 勇悦、福島 卓也、宮良 恵美、今泉 直樹

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 米国コネチカット大学薬学部 客員研究員

    在外研究員等 

    2013年11月
    -
    2014年09月
     

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第21回 日本検査血液学会学術集会 優秀演題賞

    2020年05月12日   第21回 日本検査血液学会学術集会   ATL発症予測新規バイオマーカーの探索  

    受賞者: 今泉 直樹

  • 第21回 日本検査血液学会学術集会 優秀演題賞

    2020年05月   第21回 日本検査血液学会学術集会   ATL発症予測新規バイオマーカーの探索  

    受賞者: 今泉 直樹

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 「宮古ビデンス・ピローサ」における血管拡張作用メカニズム及び成分の検討

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2019年07月  -  2020年03月 

  • 「宮古ビデンス・ピローサ」における血管拡張作用の検討

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2018年08月  -  2019年03月 

  • 酸化ストレス性ミトコンドリア障害に対するグルタチオントランスンフェラーゼの役割

    若手研究(B)

    課題番号: 24790533

    研究期間: 2012年04月  -  2017年03月 

    代表者: 今泉 直樹 

    直接経費: 3,400,000(円)  間接経費: 1,020,000(円)  金額合計: 4,420,000(円)

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 「宮古島農水産物の精油成分を用いた肌トラブル改善製品の開発ーミトコンドリア機能改善をターゲットとしてー」

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 沖縄イノベーション・エコシステム共同研究推進事業(出口志向型研究支援業務)

    研究期間: 2022年08月  -  2023年02月 

    代表者: 今泉直樹  資金配分機関: 沖縄県

    金額合計: 5,000,000(円)

  • 宮古島産薬草の新規機能性を活用した高付加価値製品開発による産業振興・雇用環境の創出と健康増進事業

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 地域協働プロジェクト推進事業

    研究期間: 2021年06月  -  2022年03月 

    資金配分機関: 琉球大学 令和3年度戦略的地域連携推進経費

    金額合計: 900,000(円)

  • 免疫力向上を体温アップの面から補助する沖縄産薬草を用いた多機能性食品の開発

    研究費種類: 地方自治体  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 令和3年度 沖縄科学技術イノベーションシステム構築事業(委託共同研究)

    研究期間: 2021年06月  -  2022年02月 

    資金配分機関: 沖縄県

    金額合計: 4,000,000(円)

  • 沖縄産薬草の血管拡張作用を応用した 新規多機能性食品の開発

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 和2年度 産学官金共同研究スタートアップ支援事業

    研究期間: 2020年08月  -  2021年03月 

    資金配分機関: 琉球大学研究推進機構・沖縄銀行

    金額合計: 1,000,000(円)

  • 「宮古ビデンス・ピローサ」における血管拡張作用メカニズム及び成分の検討

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 令和元年度 産学官金共同研究スタートアップ支援事業

    研究期間: 2019年07月  -  2020年03月 

    資金配分機関: 琉球大学地域連携推進機構・沖縄銀行

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 沖縄産薬草の機能性食品への応用

    研究期間: 2019年07月  -  継続中 

    連携研究者: 株式会社 武蔵野免疫研究所 

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 沖縄バイオ資源の機能性探索

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度  臨床免疫学  講義

  • 2022年度  情報化学演習  演習

  • 2022年度  生理学  講義

  • 2022年度  臨床生理学  講義

  • 2022年度  関係法規  講義

全件表示 >>