大田 伊久雄 (オオタ イクオ)

Ota Ikuo

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

00252495

生年

1960年

研究室住所

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   亜熱帯地域農学科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    北海道大学   理学部   物理学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    北海道大学  工学研究科  生体工学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    1992年06月

    オレゴン州立大学(アメリカ)  森林学部  森林資源学科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(農学)  ライフサイエンス / 森林科学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1989年08月

      松下電器産業(株)開発研究所  

  • 1992年11月
    -
    2004年03月

      京都大学大学院 農学研究科 生物資源経済学専攻 助手  

  • 2004年04月
    -
    2012年03月

      愛媛大学 農学部 生物資源学科 准教授  

  • 2012年04月
    -
    2015年06月

      愛媛大学 農学部 生物資源学科 教授  

  • 2015年07月
    -
    継続中

      琉球大学 農学部 亜熱帯地域農学科 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    日本森林学会

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    Society of American Foresters

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    地域農林経済学会

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    林業経済学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 森林法,国有林,小規模林業,森林・林業史,森林認証

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 食料農業経済

  • ライフサイエンス / 森林科学

論文 【 表示 / 非表示

  • 慶良間諸島国立公園における外来イノシシ問題:沖縄県渡嘉敷島に迫る危機

    大田伊久雄

    山林 ( 大日本山林会 )  ( 1654 ) 35 - 42   2022年03月

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • 沖縄県における木造住宅建築の現状と普及への課題

    金城光菜野、木島真志、大田伊久雄

    琉球大学農学部学術報告 ( 琉球大学農学部 )  ( 66 ) 23 - 32   2019年12月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 沖縄県における木育活動の現状と今後の課題

    高良美沙希、大田伊久雄、木島真志

    琉球大学農学部学術報告 ( 琉球大学農学部 )  ( 66 ) 1 - 22   2019年12月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

  • FSCとSGEC

    大田 伊久雄

    農業と経済 ( 昭和堂 )  83 ( 9 ) 57 - 62   2017年10月

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • 中国における自然保護政策をめぐる利害対立の構図

    陳 碧霞, 大田 伊久雄

    林業経済研究 ( 林業経済学会 )  63 ( 1 ) 48 - 57   2017年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    As a consequence of the rapid development of nature reserves in China, conflicts between nature protection and local economic development threaten ecological diversity and hinder economic development. The primary purpose of this study is to identify stakeholders involved in the conservation of the Wuyishan National Nature Reserve (NNR) and to clarify any conflicts among them. In the Wuyishan NNR, bamboo and black tea production are the principal industries. Several conflicts were discovered among the stakeholders in the Wuyishan NNR at varying degrees. A major conflict was identified between the Administrative Bureau, local township government, and the village committee regarding issues such as inadequate infrastructure maintenance, ecocompensation monetary values, and wildlife protection. Medium-scale conflicts exist between the Administrative Bureau and local stakeholders from the township government, the village committee, business owners, and farmers. Furthermore, not to be ignored, a minor conflict between farmers and a large number of migrant workers currently engaged in tea farming and bamboo forest management is also contributing to instability of the nature reserve's forestland management. At the same time, stakeholders consider ecotourism development as a means to improve the economic situation of the Wuyishan NNR.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「水の都」を受け継ぐ:愛媛県西条市の地下水利用と「地域公水」の試み

    川勝健志、中野孝教、高瀬恵次、大田伊久雄 他 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 第3章「森林と農地の管理を通して地下水を守る」 )

    ナカニシヤ出版  2022年03月 ( ページ数: 192 ,  担当ページ: p.61-84 )

  • 島嶼地域科学という挑戦

    陳碧霞、大田伊久雄 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 琉球列島におけるフクギ屋敷林の保全と活用:聞き取りによる住民意識調査から )

    ボーダーイン  2019年02月 ( ページ数: 301 ,  担当ページ: p.49-66 )

  • Legal protection of agricultural and forestal lands

    Ikuo Ota, Chiharu Maeda, and Marek Geszprych ( 担当: 共著 , 担当範囲: Legal and Political Aspects of Agricultural and Forest Land Conservation in Japan )

    National Institute for Spatial Management and Housing, Poland  2018年04月 ( ページ数: 150 ,  担当ページ: p.131-145 )

     概要を見る

    Japan is a forest rich country. Forests cover 67% of the land area. Because of the steep topography, forests on the slopes are very important for landslide protection and soil erosion control as well as water holding function. Therefore, the Japanese people have been making great efforts to sustain the forest and natural vegetation. At the same time, places suitable for residential and arable land are limited, and aagricultural areas cover only 12% of the land. Conservation of agricultural and forest land has been one of the most important policy issues in the history of this country. The authors describe the features of land use and historical development of several legislations related to the conservation of agricultural and forest land in Japan. Keywords: Agricultural Land Act, conservation forest, Forest Law, landslide protection, soil erosion control, water holding function

  • 土地所有権の空洞化:東アジアからの人口論的展望

    飯國芳明・程明修・金泰坤・松本充郎・大田伊久雄 他 ( 担当: 共著 )

    ナカニシヤ出版  2018年03月 ( ページ数: 338 ,  担当ページ: p.107-125 )

  • 森林経営をめぐる組織イノベーション:諸外国の動きと日本

    その他の著者 ( 担当: 単著 )

    広報ブレイス  2015年02月 ( ページ数: 331 ,  担当ページ: p.28 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 森林ビジネス革命:環境認証がひらく持続可能な未来

    その他の著者

    その他の掲載誌 ( 築地書館 )    2002年02月

     

  • 森林経済学とその政策への応用

    その他の著者

    その他の掲載誌 ( 日本林業調査会 )    1996年04月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 森林認証木材製品のプレミアム価格形成に関する一考察

    大田伊久雄

    林業経済学会2018年度秋季大会  (筑波大学)  2018年11月  -  2018年11月   

  • Legal and Political Aspects of Agricultural and Forest Land Conservation in Japan

    Ikuo OTA, Chiharu MAEDA

    18th International Symposium on Legal Aspects of European Forest Sustainable Development and Wildlife  (Chisinau, Republic of Moldova)  2018年09月  -  2018年09月   

  • Awakening of the ecosystem service value of the forest in Japan and Taiwan

    Ikuo OTA

    IUFRO 125th Anniversary Congress 2017  (Freiburg, Germany)  2017年09月  -  2017年09月   

  • 森林認証木材製品の環境ブランド価値についての実証的研究

    大田伊久雄、鎌倉真澄、木島真志

    第128回日本森林学会大会  (鹿児島大学)  2017年03月  -  2017年03月   

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 林業経済学会賞

    2018年03月29日   林業経済学会   先進諸国における公的森林管理の歴史と現状に関する比較論的研究  

    受賞者: 大田 伊久雄

  • 日本林学会賞

    2002年04月01日   日本林学会   アメリカ国有林管理の史的展開に関する研究  

    受賞者: 大田 伊久雄

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 中山間地域における林業合理化・森林管理・住民生活のためのマネジメント=モデルの構築

    基盤研究(A)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2014年  -  2018年 

    代表者: 堤研二 

  • 限界集落における土地所有権の空洞化の特徴と対策:モンスーン・アジアの視点から

    基盤研究(B)

    課題番号: 26292119

    研究期間: 2014年  -  2016年 

    代表者: 飯國芳明 

  • 旧東欧3カ国における森林資源および環境保全政策の変遷と国際比較

    基盤研究(C)

    課題番号: 25450212

    研究期間: 2013年  -  2015年 

    代表者: 大田伊久雄 

  • 土地所有の形骸化:モンスーン・アジア的病理の解明と対策

    挑戦的萌芽研究

    課題番号: 24658196

    研究期間: 2012年  -  2013年 

    代表者: 飯國芳明 

  • 中山間地域における林業・森林環境と住民生活に関するマネジメント=モデルの構築

    基盤研究(B)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2011年  -  2013年 

    代表者: 堤研二 

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年02月

    平成30年度後期 農学部優秀授業賞

  • 2015年07月
    -
    2015年08月

    平成27年度前期 農学部優秀授業賞