當眞 弘 (トウマ ヒロム)

Toma Hiromu

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

80231447

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(医学) 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 准教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 寄生虫学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 寄生虫学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 植物由来抗ピロリ菌活性物質に関する研究

  • イソギンチャク類の刺胞毒に関する研究

  • マラリアの診断法および薬剤耐性に関する研究

  • 糞線虫症の免疫学および分子生物学的研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 沖縄近海で獲れる魚介類のアニサキス幼虫について-予報-.

    當眞弘,岸本英博

    臨床寄生虫誌   30   2019年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Pfcrt genotypes and related microsatellite DNA polymorphisms on Plasmodium falciparum differed among populations in the Greater Mekong Subregion.

    Iwagami M, Tangpukdee N, Wilairatana P, Krudsood S, Dao LD, Nakazawa S, Sinuon M, Socheat D, Yasuoka J, Jimba M, Watanabe H, Kobayashi J, Toma H, Vanisaveth V, Hongvanthong B, Brey PT, Kano S

    Parasitology international ( Parasitology International )  67 ( 6 ) 816 - 823   2018年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 髄膜炎を併発し虫体の移動を網膜で観察できた眼トキソカラ症の1例.

    清水俊輝,目取真興道,澤口昭一,當眞弘

    あたらしい眼科   34   132 - 135   2017年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • A unique subset of γδ T cells expands and produces IL-10 in patients with naturally acquired immunity against falciparum malaria.

    Taniguchi T, Md Mannoor K, Nonaka D, Toma H, Li C, Narita M, Vanisaveth V, Kano S, Takahashi M, Watanabe H

    Frontiers in Microbiology ( Frontiers in Microbiology )  8   1 - 11   2017年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Falciparum malaria incidentally pretreated with azithromycin.

    Shibahara D, Kinjo T, Nishiyama N, Kami W, Nabeya D, Haranaga S, Higa F, Tateyama M, Shinzato T, Toma H, Kishimoto H, Fujita J

    Internal Medicine ( 一般社団法人 日本内科学会 )  54 ( 19 ) 2513 - 2516   2015年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    A 65-year-old man, who recently returned from Liberia, visited a clinic complaining of fever, and azithromycin was prescribed. The patient presented to a general hospital 5 days after the onset of symptoms, however, a blood smear examination failed to detect malaria. Contrary to the blood smear result, a rapid antigen test in our hospital was strongly-positive for falciparum malaria, indicating a high level of malarial antigen in the blood. Moreover, laboratory examinations on admission showed a tendency for improvement. We assumed that the administration of azithromycin partially treated malaria, thus complicating the blood smear diagnosis. We should be careful in prescribing azithromycin, which is widely used in clinics, to travelers returning from malaria-endemic countries.<br>

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 人獣共通感染症 改訂3版(喜田宏,木村哲編著)

    當眞弘 ( 担当: 編著 , 担当範囲: 7.糞線虫症.Ⅶ 人獣共通寄生虫症. )

    医薬ジャーナル社  2016年 ( 担当ページ: p.491-493 )

  • 症例からわかる臨床寄生虫病学(日本臨床寄生虫学会編著)

    當眞弘,佐藤良也 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 最近沖縄において多発した好酸球性脳脊髄膜炎(広東住血線虫症)について. )

    医学図書出版  2004年 ( 担当ページ: p.pp107-110 )

  • 症例からわかる臨床寄生虫病学(日本臨床寄生虫学会編著)

    真喜志智子,洲鎌理知子,久貝雪野,平田哲生,新村正昇,座覇修,外間昭,金城渚,金城福則,斎藤厚,當眞弘,佐藤良也 ( 担当: 編著 , 担当範囲: プラジカンテルとマグコロールの併用にてほぼ完全な形態で駆虫しえた広節裂頭条虫症の1例. )

    医学図書出版  2004年 ( 担当ページ: p.pp.- )

  • 沖縄の疾病像を探る(岩政輝男,町並陸生編著)

    當眞弘,佐藤正夫,佐藤良也 ( 担当: 編著 , 担当範囲: 糞線虫症. )

    九州大学出版会  1998年 ( 担当ページ: p.pp.203-218 )

  • 日本における糞線虫と糞線虫症(城間祥行,佐藤良也編著)

    佐藤良也,高良政弘,當眞弘 ( 担当: 編著 , 担当範囲: 疫学・予防 )

    九州大学出版会  1997年 ( 担当ページ: p.pp169-191 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 最近経験したサイクロスポーラ症の1症例.

    平田哲生,座覇修,金城福則,斎藤厚,當眞弘,佐藤良也,中村広,井関基弘

    病原微生物検出情報 21 194.   ( 21 ) 194   2000年

     

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  微生物・免疫学(免疫学、寄生虫学)  講義

  • 2021年度  亜熱帯医学  講義