多賀 寿史 (タガ ヒサシ)

Taga Hisashi

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

80336362

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   経営プログラム   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(経営学) 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

      琉球大学 観光産業科学部 産業経営学科 准教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 時価会計,減損会計,FASB,減損モデル,IASB,日本

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 減損会計の国際比較

論文 【 表示 / 非表示

  • 固定資産の減損損失と主観のれんの関連性

    その他の著者

    No.90 (2015/9) ( 琉球大学法文学部 )  ( 90 ) 45 - 51   2016年08月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    本稿で検討したことは、次の3点である。①日本における減損会計基準は、エドワーズ=ベルの「経営利益の理論と測定j の第2章の主観のれん説を軸に組み立てられていること、②主観のれんの本質は、投資プロジェクトの全体計算における投資価額の超過分であり、主観のれんの実現部分が利益計算に組み込まれていること、そして、③日本の会計基準における減損測定には、主観のれんが回収できないと推定される部分を測定している点に特徴がある。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • アメリカカレントコスト会計の論点 -1966年以前の議論の整理-

    その他の著者

    No.63 (2002/3) ( 琉球大学法文学部 )  ( 63 ) 105 - 124   2010年02月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 固定資産の減損会計に関する一考察

    その他の著者

    No.65 (2003/3) ( 琉球大学法文学部 )  ( 65 ) 97 - 108   2010年02月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • アメリカカレントコスト会計の論点 -1966年以前の議論の整理-

    多賀寿史

    琉球大学経済研究 ( 琉球大学法文学部 )  ( 63 ) 105 - 124   2002年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 減損会計に関する一考察

    多賀寿史

    その他の掲載誌 ( その他の出版社 )    1900年

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 第2部 簿記の応用

    多賀寿史 ( 担当: 単著 )

    その他の出版機関  2004年03月