松下 明子 (マツシタ アキコ)

Matsushita-Mutoh Akiko

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

50570181

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   助教  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1998年03月

    北里大学   ■■■   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(医学)  医学

  • 東京大学 -  その他の学位  博士(医学)

  • 東京大学 -  その他の学位  博士(医学)

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年03月
    -
    2011年03月

      琉球大学 医学研究科 特命助教  

  • 2011年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    米国心臓協会

  •  
     
     
     

    日本高血圧学会

  •  
     
     
     

    日本臨床薬理学会

  •  
     
     
     

    日本腫瘍循環器学会

  •  
     
     
     

    日本循環器学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 血管内皮機能

  • 心血管内分泌学

  • 心血管細胞生物学

  • 臨床薬理学

  • 高血圧

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 薬理学

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 「メタボリックシンドロームにおける血管内皮機能障害」

  • 「ミネラルコルチコイド受容体を介する血管内皮機能調節機構の解明」

  • 「血管内皮細胞のマイクロドメインと内皮機能」

  • マイクロパーティクルを介した血管機能調節機構

  • 脂肪酸による内皮機能障害

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Mineralocorticoid Receptor-Mediated Endothelial Function

    2008年03月 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of Short-term Colchicine Treatment on Endothelial Function in Patients with Coronary Artery Disease

    Kajikawa M, Higashi Y, Tomiyama H, Maruhashi T, Kurisu S, Kihara Y, Mutoh A, Ueda SI

    International Journal of Cardiology   281   35 - 39   2019年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Renin-angiotensin system inhibitors can prevent intravenous lipid infusion-induced myocardial microvascular dysfunction and leukocyte activation

    Takanori Yasu, Akiko Mutoh, Hiroshi Wada, Mayumi Kobayashi, Yuji Kikuchi, Shinichi Momomura, Shinichiro Ueda

    Circulation Journal ( Japanese Circulation Society )  82 ( 2 ) 494 - 501   2018年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Background: Levels of triglycerides and free fatty acids (FFAs) are elevated in patients with diabetes and may contribute to endothelial dysfunction through renin-angiotensin system (RAS) activation and oxidative stress. The present study investigated how systemic FFA loading affected myocardial microcirculation during hyperemia via RAS. Methods and Results: Eight healthy men received candesartan, perindopril, or a placebo for 2 days in a double-blind crossover design, and then myocardial microcirculation during hyperemia induced by a 2-h infusion of lipid/heparin was assessed using dipyridamole stress-myocardial contrast echocardiography (MCE). Leukocyte activity and hemorheology were also assessed ex vivo using a microchannel flow analyzer, serum levels of oxidative stress markers, and IκB-α expression in mononuclear cells. Serum FFA elevation by the infusion of lipid/heparin significantly decreased myocardial capillary blood velocity and myocardial blood flow during hyperemia. Both candesartan and perindopril significantly prevented the FFA-induced decrease in capillary blood velocity and myocardial blood flow during hyperemia. Systemic FFA loading also caused an increase in the number of adherent leukocytes and prolonged the whole blood passage time. These effects were blocked completely by candesartan and partially by perindopril. Both agents prevented the FFA-induced enhancement of oxidative stress and IκB-α degradation in mononuclear cells. Conclusions: Both candesartan and perindopril can prevent FFA-induced myocardial microcirculatory dysfunction during hyperemia via modulation of leukocyte activation and microvascular endothelial function.

  • Effects of Oral Antidiabetic Drugs on Changes in the Liver-to-Spleen Ratio on Computed Tomography and Inflammatory Biomarkers in Patients With Type 2 Diabetes and Nonalcoholic Fatty Liver Disease

    Koichi Yabiku, Akiko Mutoh, Kazufumi Miyagi, Nobuyuki Takasu

    CLINICAL THERAPEUTICS ( ELSEVIER )  39 ( 3 ) 558 - 566   2017年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Purpose: Oral antidiabetic drugs (OADs) such as pioglitazone and metformin have beneficial effects in patients with nonalcoholic steatohepatitis. We prospectively assessed the effects of OADs on nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD) in 886 men with type 2 diabetes mellitus and in a murine model of NAFLD. Methods: Patients were randomized to receive pioglitazone, metformin, sitagliptin, or a non-OAD (control) for 6 months. All the patients received dietary and exercise guidance once a month during this study. Changes in the liver-to-spleen ratio on computed tomography (CT) and NAFLD-related parameters were measured from baseline to the end of treatment. Findings: The liver/spleen ratio improved significantly in the pioglitazone and metformin groups compared with the control group (both P < 0.01), but not in the sitagliptin group (P = 0.73). The mean changes from baseline were -3.464 +/- 10.15 6%, 19.236 +/- 9.896%, 4.783 +/- 1.467%, and 1.328 0.802% in the control, pioglitazone, metformin, and sitagliptin groups, respectively. Multivariable analysis showed that the liver/spleen ratio was strongly correlated with high-sensitivity C-reactive protein concentration in the pioglitazone group (F = 9.973; P < 0.01) and abdominal visceral fat volume in the metformin group (F = 6.049; P < 0.05). Conclusions: Pioglitazone elicited the greatest improvements in features of NAFLD in type 2 diabetes mellitus. (C) 2017 Elsevier HS Journals, Inc. All rights reserved.

  • Peroxidized unsaturated fatty acids stimulate Toll-like receptor 4 signaling in endothelial cells

    Akiko Mutoh, Shinichiro Ueda

    LIFE SCIENCES ( PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD )  92 ( 20-21 ) 984 - 992   2013年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Aim: Although unsaturated fatty acids are assumed to be protective against inflammatory disorders that include a pathway involving Toll-like receptor 4 (TLR4) activation, they might actually be toxic because of their high susceptibility to lipid peroxidation. Here we studied the effects of peroxidized unsaturated fatty acids on the TLR4-nuclear factor (NF)-kappa B pathway in endothelial cells. Main methods: Confluent cultured endothelial cells from bovine aorta were incubated for 1 h with fatty acids integrated into phosphatidylcholine vesicles. Lipopolysaccharide (LPS) or phosphatidylcholine vesicles without fatty acids were also applied as a positive control or a control for fatty acid groups, respectively. Activation of TLR4 and downstream signaling was assessed by membrane fractionation and Western blotting or immunofluorescent staining. Key findings: In the same way as LPS, application of sufficiently peroxidized unsaturated fatty acids like oleic acid or docosahexaenoic acid, acutely caused TLR4 translocation to caveolae/raft membranes, leading to activation of NF-kappa B signaling in endothelial cells. In contrast, saturated fatty acids did not show such effects. Applying well-peroxidized unsaturated fatty acids, but not saturated fatty acids, acutely activates the TLR4/NF-kappa B pathway. Significance: Peroxidation of unsaturated fatty acid is essential for the acute activation of TLR4 by the fatty acids that follow the same pathway as the activation by LPS. Unsaturated fatty acids have been assumed to be protective against inflammatory disorders, and drugs containing unsaturated fatty acids are now developed and provided. Our result suggests that, for inflammatory disorders involving TLR4 signaling, using unsaturated fatty acids as anti-inflammatory drugs may cause contrary effects. (C) 2013 Elsevier Inc. All rights reserved.

  • Dihydropyridine calcium channel blockers inhibit non-esterified-fatty-acid-induced endothelial and rheological dysfunction

    Yasu T, Kobayashi M, Mutoh A, Yamakawa K, Momomura S, Ueda S.

    Clinical Science ( その他の出版社 )  125 ( 5 ) 247 - 255   2013年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 医薬ジャーナル12月号

    松下(武藤) 明子 ( 担当: 共著 , 担当範囲: がんと動脈硬化疾患における炎症の役割と抗炎症治療の展望 )

    医薬ジャーナル社  2018年12月

  • 高血圧、再整理

    松下 (武藤)明子 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 「血管作動性物質の異常が血圧を上げる」 )

    日本医事新報社  2012年 ( 担当ページ: p.血管作動性物質の異常が血圧を上げる )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 白血球活性化抑制による動脈硬化治療を目指した臨床薬理学研究

    松下, 武藤, 明子

    臨床薬理の進歩   ( 40 ) 193 - 198   2019年05月

     

  • Micropartieles from Endothelial Cells Serve as Circulating NO Donor

    Akiko Mutoh, Shinichiro Ueda

    CIRCULATION ( LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS )  128 ( 22 )   2013年11月  [査読有り]

     

  • 国際交流援助報告書

    その他の著者

    ライフサイエンス振興財団年報26 ( ライフサイエンス振興財団 )    2012年03月

     

  • 国際交流援助報告書

    その他の著者

    ライフサイエンス振興財団年報26 ( ライフサイエンス振興財団 )    2012年03月

     

  • 助成金による研究報告書B

    その他の著者

    若手研究者海外派遣助成金 これまでの受領者 ( 内藤記念科学振興財団 )    2012年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Microparticles from Endothelial Cells Serve as Circulating NO Donor

    Akiko Mutoh

    AHA Scientific Sessions  2013年  -  2013年   

  • The Importance of Lipid Peroxidation in TLR4 Activation by Fatty Acids in Endothelial Cells

    Akiko Mutoh-Matsushita and Shinichiro Ueda

    Circulation (Supplement)  2012年  -  2012年   

  • The Importance of Lipid Peroxidation in TLR4 Activation by Fatty Acids in Endothelial Cells

    Akiko Mutoh-Matsushita and Shinichiro Ueda

    Circulation (Supplement)  2012年  -  2012年   

  • Blood cells’ RhoA is transcellularly delivered via microparticles to endothelial cells to get activated therein

    Akiko Mutoh-Matsushita, Naoko Komiya, Taku Inoue and Shinichiro Ueda

    その他の会議  2012年  -  2012年   

  • Blood cells’ RhoA is transcellularly delivered via microparticles to endothelial cells to get activated therein

    Akiko Mutoh

    International society of hypertension (ISH)  2012年  -  2012年   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • さどく

    学術論文査読件数 

    2010年04月
    -
    継続中
     

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 女性研究者奨励賞セッション優秀賞

    2021年06月   日本循環器学会九州地方会  

    受賞者: 松下(武藤) 明子

  • AHA Council on ATVB Travel Award for Young Investigators

    2013年   AHA Council on ATVB  

    受賞者: 松下(武藤) 明子

  • International Society of Hypertension Travel Grant Award

    2008年   International Society of Hypertension  

    受賞者: 松下(武藤) 明子

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 白血球活性化抑制による動脈硬化治療を目指した臨床薬理学研究

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2016年  -  2017年 

    代表者: 松下(武藤) 明子 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • ヒト血中マイクロパーティクルと血管内皮機能

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2012年  -  2013年 

    代表者: 松下(武藤) 明子 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • ヒト細胞マイクロパーティクルの機能解析 細胞間炎症性シグナル活性化への役割

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2012年  -  2012年 

    代表者: 松下(武藤) 明子 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • The importance of lipid peroxidation in TLR4 activation by fatty acids in endothelial cells

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2011年  -  2011年 

    代表者: 松下(武藤) 明子 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • title:The importance of lipid peroxidation in TLR4 activation by fatty acids in endothelial cells

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2011年  -  2011年 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 白血球活性化抑制による動脈硬化治療を目指した臨床薬理学研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 研究奨励金

    研究期間: 2016年  -  2017年 

    代表者: 松下 (武藤)明子  連携研究者: 松下(武藤) 明子  資金配分機関: 公益財団法人 臨床薬理研究振興財団

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 2,000,000(円)

  • ヒト血中マイクロパーティクルと血管内皮機能

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 研究助成

    研究期間: 2012年  -  2013年 

    代表者: 松下 (武藤)明子  連携研究者: 松下(武藤) 明子  資金配分機関: 公益財団法人 循環器学研究振興基金

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 2,000,000(円)

  • 血中マイクロパーティクルの細胞間炎症性シグナルと血管機能への役割

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 財団法人 地域医学研究基金

    研究期間: 2012年  -  2012年 

    代表者: 松下明子  資金配分機関: 高血圧と冠動脈疾患研究会助成金

    金額合計: 50,000(円)

  • ヒト細胞マイクロパーティクルの機能解析 細胞間炎症性シグナル活性化への役割

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 琉球大学若手研究者支援研究費

    研究期間: 2012年  -  2012年 

    代表者: 松下 (武藤)明子  連携研究者: 松下(武藤) 明子  資金配分機関: 国立大学法人琉球大学

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • title:The importance of lipid peroxidation in TLR4 activation by fatty acids in endothelial cells

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 海外渡航  事業名: 内藤記念若手研究者海外派遣助成金

    研究期間: 2011年  -  2011年 

    代表者: 松下 (武藤)明子  資金配分機関: 公益財団法人 内藤記念科学振興財団

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 250,000(円)

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年度  研究方法論概論演習  講義

  • 2009年度  臨床薬理学  講義

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年07月
    -
    継続中

    解剖生理学講義

  • 2013年04月
    -
    2013年12月

    薬理学講義

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • コーチ

    日本スポーツ協会 九州各県体協  令和元年度国民体育大会九州ブロック大会 

    2019年07月
     
     

  • ホースマネジャー

    日本スポーツ協会 九州各県体協  平成30年度国民体育大会九州ブロック大会 

    2018年07月
     
     

  • ホースマネジャー

    日体協 文科省  第72回国民体育大会 馬術競技 

    2017年10月