堀内 敬三 (ホリウチ ケイゾウ)

Horiuchi Keizo

写真a

職名

教授(転出・退職)

科研費研究者番号

60190237

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   海洋自然科学科   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 -  理学博士  理学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 物性科学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • イオン性結晶の融解現象

  • 常磁性錯塩の磁性

  • イオン性結晶の分子運動と構造相転移

論文 【 表示 / 非表示

  • 示差走査熱量測定による構造相転移と融解の研究 3

    その他の著者

    No.103 (2017/3) ( 琉球大学理学部 )  ( 103 ) 1 - 6   2017年06月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    Differential scanning calorimetry (DSC) was measured on (C_5H_5NH)_2[ZnBr_4], (C_5H_5NH)_2[CdBr_4], and (4-NH_2C_5H_4NH)_2[CdBr_4]・H_2O between about 130 K and their melting points. All of these compounds showed some structural phase transitions. Furthermore, these crystals exhibited some unusual DSC results. This paper reports on these unusual points. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 直鎖アルキルアンモニウムと四面体アニオンを持つイオン性結晶の構造相転移

    その他の著者

    研究報告書(理) ( 堀内敬三 )    2009年03月

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

     概要を見る

    平成7年度文部省科学研究費補助金(一般研究(C))研究成果報告書 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • A Computer Controlled Pulse Programmer for Pulsed NQR Experiments

    その他の著者

    No.45 (1987/11) ( 琉球大学理学部 )  ( 45 ) 53 - 65   2008年12月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    We constructed a computer controlled pulse programmer for the measurement of nuclear quadrupole resonance relaxation times. Programmable interval timer 8253 was used as device for pulse programming. The circuit is very simple and construction is also easy in comparison with the usual pulse programmer. This programmer is sufficiently useful concerning the pulse programming of slimple pulse sequences such as π-τ-π/2 and π/2-τ-π, which are usually used in the measurement of relaxation times. We tudied a Fourier Transform Spectrum and relaxation times using this pulse programmer. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 示差走査熱量測定による構造相転移と融解の研究 II

    その他の著者

    No.85 (2008/3) ( 琉球大学理学部 )  ( 85 ) 97 - 103   2008年05月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    Differential scanning calorimetry (DSC) was measured on [C(NH_2)_3] Cd_2Br_5, (4-CH_3C_5H_4NH)_2ZnBr_4, [2, 6-(CH_3)_2C_5H_4NH]_2ZnBr_4, and [C(NH_2)_3]_2ZnBr_4 between about 130 K and their melting points. (4-CH_3C_5H_4NH)_2ZnBr_4 and [C(NH_2)_3]_2ZnBr_4 showed no structural phase transition, while [C(NH_2)_3]Cd_2Br_5 and [2, 6-(CH_3)_2C_5H_3NH]_2ZnBr_4 showed some transitions. Furthermore, these crystals exhibited some unusual DSC results. This paper reports on these unusual points. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 示差走査熱量測定による構造相転移と融解の研究1

    その他の著者

    No.84 (2007/10) ( 琉球大学理学部 )  ( 84 ) 61 - 67   2008年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    Differential scanning calorimetry (DSC) was measured on some ionic crystals such as [(CH_3)_2NH_2]_2HgBr_4, (i-C_3H_7NH_3)CdBr_3, [(CH_3)_3NH]_3Cd_2Br_7, and [(CH_3)_4N]_2CdI_4 between about 130 K and their melting points. These crystals showed structural phase transitions and some unusual DSC results. This paper reports on these unusual points. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会『第4版 実験化学講座8 分光Ⅲ』

    池田龍一,堀内敬三 ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  1991年06月 ( ページ数: 610 )

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示