小野 尋子 (オノ ヒロコ)

Ono Hiroko

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

20363658

研究室住所

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1番地 共通教育棟4-505

研究分野・キーワード

都市計画の理論および制度,基地跡地利用,都市問題

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~hono/

3 3 3 3 3 3 3 3

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科建築学コース   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    筑波大学  社会工学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 -  社会工学博士  都市計画、社会工学、土地利用計画、基地跡地利用

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1996年07月

      建設省外郭団体 都市経済研究所 研究員  

  • 2002年04月
    -
    2003年07月

      川崎市役所 総合政策課題専門調査員  

  • 2003年04月
    -
    2003年07月

      筑波大学大学院 博士特別研究員  

  • 2003年08月
    -
    2007年03月

      琉球大学 工学部 環境建設工学科 環境計画学講座 助手  

  • 2007年04月
    -
    2013年04月

      琉球大学 工学部 環境建設工学科 環境計画学講座 助教  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    都市住宅学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本建築学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本都市計画学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 都市計画・地域計画・ランドスケープ・土地利用計画

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 技術士(建設)

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生活課題から都市(コミュニティ)計画理論を再構築する

  • 沖縄県の基地跡地利用計画

  • 沖縄の風土と生活にかかわる計画制度

論文 【 表示 / 非表示

  • A STUDY ON THE LAND USE TRANSFORMATION AND PRESERVATION OF THE HISTORICAL HERITAGES OF THE KANDAHAR OLD CITY - In case of the Ahmad Shahi city-

    Farooqi JAVED AHMAD, Hiroko ONO and Habibi SAID MUSTAFA

    日本建築学会 ( 日本建築学会 )  86 ( 782 ) 1233 - 1239   2021年04月

  • 沖縄県那覇市新都心地区における緑地の気温緩和作用についての実証的研究

    上野 萌香, 小野 尋子

    日本建築学会計画系論文集 ( 日本建築学会 )  84 ( 758 ) 935 - 941   2019年04月

     概要を見る

    <p> Contemporary open space planning is required both approach of science and function. As one of the functions of the green, there is a temperature mitigation function of green spaces to solve the heat island problems. So in the new development, planners should consider to effective greening in there. In the case of planning the open space with temperature mitigation, it is significant to analyze based on the output index as green space in quantitative and the outcome index as temperature mitigation effect of them. This study aims, from the view point of easy adapting for open space planning in future development, to estimate how much effect of urban thermal environment mitigation in subtropical climatic conditions by ratio of ground coverage.</p><p> We studied in Naha Shintoshin area in Naha City, Okinawa Prefecture. Naha Shintoshin area was returned land from USA base and had been developed by land readjustment project finished in 2003. The LR project area was 214 ha. But because of the limitation of lack of measurement tools and man power, we had to choose a part of area, 5508 m2, as our case study site in there.</p><p> The case study site is almost flat in topographical condition and planned in modern urban planning theory which has block parks, neighborhood park, comprehensive park, and greening residential district. Because of this site is an example of entirely new development in Okinawa and it is planned in neighborhood planning theory, this site was suitable as case study site.</p><p> Temperature measurements by hour was done at 39 spots where are in different environment such as in bank of a river, in park, on greenery street, and in residential parcels. The amount of measurements was 2846 hours. We set the finite difference between measurement temperature and temperature published Okinawa meteorological observatory as an explained variable and set land coverage ratio of the site as explanatory variables. The land coverage ratio was estimated by google aerial photos and was divided to tree, grass, water, bare, building and pavement.</p><p> Analysis methods are followings. At first, we examined the ratio of ground coverage which is superior effect of the temperature mitigation for each temperature range, time zone, mesh grid size in subtropical climatic conditions. (Sec. 3) Next, we analyzed the influence of the temperature distribution from the relation with the ground covering condition in quantitatively. (Sec. 4) And then this study considers the findings of temperature mitigation of open space as a green space planning theory. (Sec. 6)</p><p> And the consequences are followings. 1, It was confirmed that factors such as season, time zone, mesh grid size, affect the relationship between temperature mitigation and ground coverage. 2, It was confirmed from the single regression analysis result that the adjusted R2 becomes high in mesh grid size of 10m and 90m. This result means the natural land coverage has both effect of temperature mitigation in spot and wide area. 3, By principal component analysis, it was possible to obtain a multivariate regression analysis result avoiding Multiple correlations. 4, From the estimated temperature distribution of the target area, it was confirmed that the site that ration of green coverage is 20% or more, forms a low temperature zone.</p><p> Considering of these result with real green planning, 10m mesh effect should be able to use in planning of house scale, and 90m mesh effect should be able to adapt as a greening regulation in special district plan.</p><p> This study remains future subjects such as the multiple elements analysis and the continuity consideration to next meshes in wide-spread greenery land use.</p>

  • A Study on Characteristics of Runoff Analysis Methods at the Time of Rainfall in Urban Area, Okinawa Prefecture: A Case of Asato River in South Central Part of Okinawa Pref

    Masaya Iwata, Hiroko Ono

    International Researchconferance Proceedings ( ICGDMRM 2019 : 21st International Conference on Geomatics, Disasters Management and Rescue Maps )    910 - 914   2019年03月

  • Comparative Study of Urban Structure between an Island-Type and a General-Type City

    Tomoya Oshiro, Hiroko Ono

    International Researchconferance Proceedings ( ICSBSA 2019 : 21st International Conference on Sustainable Building Systems and Architecture )    901 - 904   2019年03月

  • Study for Sustainable Development in Watershed: Case Study of Adjustment between OYAMA Land Readjustment Project and FUTENMA Air Base Development Plan in Okinawa, Japan Urban Area, Okinawa Prefecture: A Case of Asato River in South Central Part of Okinawa Pref

    Hiroko ONO,Yuya ENOKAWA

    International Researchconferance Proceedings ( 21st International Conference on Sustainable Water Management )    887 - 890   2019年03月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • An Afghan Model of Land Readjustment: A Sustainable Approach for Developing the Informal Settlements in Kabul City

    Said Habibi Musutafa, Hiroko ONO ( 担当: 共著 )

    LAP LAMBERT Academic Publishing  2019年08月 ( ページ数: 168 )

     概要を見る

    Afghanistan is undergoing the most powerful wave of urbanization in its history. Cities are expanding at rapid rates due to rural-urban migration and returnees from neighboring countries. Kabul the capital is growing at a fast pace than any other city in the country, it has experienced dramatic expansion over the past decade. The population has increased by almost 10% per year and this artificial growth caused a significant increase in the number of slums in Kabul, as an unwanted consequence of this growth today informal settlements have covered about more than 69% of Kabul. The inhabitants are suffering from bad residential conditions and low quality of life. The main objective was to align the research with the Sustainable Development Goals (SDG). This book explains an Afghan model of Land Readjustment which has been applied on a part of the city with a very minimum compensation and contribution ratio. It appeared more efficient and applicable, the model has designed based on the socio-economic and cultural condition of the country which can enhance quality of life and provide better and standard urban services for the residents.

  • 建設論壇23

    小野尋子 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 駐留米軍普天間飛行場の跡地利用計画における課題と取り組み その1~その5 )

    沖縄建設新聞  2019年01月 ( ページ数: 199 ,  担当ページ: p.31-53 )

     概要を見る

    「駐留米軍普天間飛行場の跡地利用計画における課題と取り組み その1~その5 」全199頁(執筆頁pp.31-53);建設論壇に連載していた大規模基地跡地利用の土地使用計画の検討の中で、定量的な検討が手薄であった水循環について調査を行い、その調査結果を地域還元する形で地元行政や地主会、市民の会と跡地利用計画について検討を進めてきた内容について執筆。

  • 島嶼型ランドスケープ・デザイン

    小野尋子 ( 担当: 共著 )

    琉球大学国際沖縄研究所  2016年02月 ( ページ数: 152 ,  担当ページ: p.42-68 )

     概要を見る

    沖縄の伝統的集落における生活景と開発 -慣習法によって守られてきた沖縄の風景を現代法の中でどのように保全し継承していくのか- 全152頁(執筆頁pp.42-68);沖縄は自然拝みと先祖崇拝が渾然と融合した独特の民俗的信仰を有する。御嶽や腰当森、殿、井戸等の空間は、集落の年中行事を通じて世代を超えて継承され守られてきた。しかし、戦後伝統的行事が簡略化し、畏怖の念が薄れ、腰当森は開発され、井戸は埋められた。不文律によって守られてきた沖縄の風景を今後どう継承するかについて執筆。

  • やわらかい南の島の学と思想4

    小野尋子 ( 担当: 共著 )

    沖縄タイムス社  2012年03月 ( 担当ページ: p.122-132 )

     概要を見る

    「らしさ」の創出と裁量性を持つ景観規制の課題 那覇市は首里城再建に伴った周辺地区の景観整備として景観形成基準を龍潭通りに指定した。既にコンクリートブロック造やRC造等の戦後建築が建ち並ぶ通りにおいて「首里らしさ」とはなにか?の地域の議論と基準の制定による実際の建築での実現過程、および行政指導について執筆し、現代建築における首里らしさとはなにか、それに対する地元の評価について調査し執筆

  • 子どもが育つ生活空間をつくる

    小伊藤明子、室崎生子、小野尋子他 ( 担当: 共著 )

    かもがわ出版  2009年08月 ( ページ数: 219 ,  担当ページ: p.184-201 )

     概要を見る

    小野尋子「子供の生活空間における「こわかった場所」と「こわそうな場所」のズレと対策」全219頁中,pp.184-201(第3部5節単独執筆);環境防犯設計の考え方から、子どもたちがどこで危険な目にあうのかを小学校と調査し、その解決に向けて地域で実践した研究について執筆。子ども自身の危機予測能力の盲点と危険について空間的に整理し、それらを地域の大人がどう守るかを実践的に取り組んだアクションリサーチ。

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 大規模市街地再開発における地権者および周辺住民の合意過程について 六本木ヒルズを事例にして

    北原三華子・小野尋子

    日本建築学会九州支部支部研究会   2020   285 - 288   2021年03月

     

  • 沖縄県における米軍基地前歓楽街の変遷についての研究 金武町・新開地を対象にして

    島袋結世・小野尋子

    日本建築学会九州支部支部研究会   2020   509 - 512   2021年03月

     

  • 首里城周辺市街地の都市形成変遷 その2 戦後の琉球大学建設と移設、首里城復興及び公園開園から焼失にかけて

    新垣翔也・小野尋子

    日本建築学会九州支部支部研究会   2020   433 - 436   2021年03月

     

  • 首里城周辺市街地の都市形成変遷 その 1 琉球王朝時代から大正後期にかけて

    陸聖仁・小野尋子

    日本建築学会九州支部支部研究会   2020   429 - 432   2021年03月

     

  • 子育て空間としてみたニュータウン及び周辺市街地の比較研究 東広島ニュータウン及び周辺地区を対象として

    藤井夢子・小野尋子

    日本建築学会九州支部支部研究会   2020   373 - 376   2021年03月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 普天間飛行場基地跡地計画における緑地計画に関する提案型研究その3- 湧水群の日流量変化を説明する推計式の作成と地下構造の推定によるType 別緑地配置の提案-

    榮野川優也、小野尋子

    その他の会議  2017年04月  -  2017年04月   

  • 類型別地域特性と地域防災に関する研究-宜野湾市西海岸地区における津波被害を想定して-

    小濱和貴、小野尋子

    その他の会議  2017年04月  -  2017年04月   

  • 地域別拡張産業連関表を用いた宮古島市産業構造の特質とバイオマス関連事業の有用性についての研究

    向井千裕、小野尋子

    日本建築学会九州支部研究報告  2017年03月  -  2017年03月   

  • 普天間飛行場基地跡地利用計画における緑地計画に関する提案型研究-重回帰モデルによる各湧水群の日流量と降水量の推計式の作成と地下構造の推定-

    榮野川優也、小野尋子

    日本建築学会九州支部研究報告  2017年03月  -  2017年03月   

  • 地域別拡張産業連関表を用いた宮古島市産業構造の特質とバイオマス関連事業の有用性についての研究

    Ono Hiroko

    日本建築学会九州支部研究報告  2017年  -  2017年   

全件表示 >>

芸術系の活動、フィールドワーク等 【 表示 / 非表示

  • デザインスクール in 沖縄:基調講演・講評

    2016年11月
     
     
     

  • 『まだ誰も出会ったことがない沖縄の朝』 沖縄県「大型MICEエリアまちづくりアイデアコンペ」優秀賞

    2016年05月
    -
    2016年08月
     

  • 琉球大学学生による基地跡地利用提案についての意見交換会:企画運営

    2016年04月
    -
    2016年08月
     

  • 普天間飛行場跡地利用計画に関する琉球大学都市計画研究室研究報告会主催

    2016年02月
     
     
     

  • 「新都心の開発の経緯についての報告会」開催

    2014年03月
     
     
     

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    2010年09月
     
     
     

     概要を見る

    日本造園学会

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    2008年11月
     
     
     

     概要を見る

    日本建築学会

  • その他の研究業績

    学術論文査読件数 

    2004年04月
     
     
     

     概要を見る

    日本都市計画学会

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 大型MICEエリアにおけるまちづくりアイディアコンペ「優秀賞」

    2016年08月26日   沖縄県  

    受賞者: 小野尋子、栄野川優也、川本莉菜子、金城樹、小濱和貴

  • 沖縄の新たな発展につなげる大規模基地返還跡地利用計画提案コンペ「優秀賞」

    2013年02月02日   沖縄県   沖縄の新たな発展につなげる大規模基地返還跡地利用計画提案コンペ  

    受賞者: 小野尋子、上地杏奈、大城なつき、川本莉菜子、久高友嗣、宋暁晶、前原真史、又吉辰彦

  • International Research Conference Best Presenter Award

    2019年01月07日   International Conference on Civil, Infrastructure and Urban Engineering   Analysis and the Fair DistributionModeling of the Urban Facilities in kabul City  

    受賞者: Ansari Mohammad Reza, Hiroko Ono, Fakhrullah Sarwari

  • 琉球大学工学部 教育貢献賞

    2018年09月26日   琉球大学 工学部  

    受賞者: 小野尋子

  • Best Presentator Award

    2018年05月28日   20th International Conference on Regional Planning and Development   Proposing of an Adaptable Land Readjustment Model for Developing of the Informal Settlements in Kabul City  

    受賞者: Habibi Said Mustafa, Hiroko ONO

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 複層的な首里歴史まちづくり ─城下町首里の都市形成史─

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 令和2年度戦略的重点配分研究費 首里城再興研究プロジェクト

    研究期間: 2020年07月  -  2021年03月 

    代表者: 小野尋子  資金配分機関: 文部科学省

    直接経費: 600,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 600,000(円)

     概要を見る

    首里城下町は、本土の城下町とは異なるユニークさを有している。そこで、古地図など歴史的な資料をベースに、首里の歴史的市街地がどのように変遷し現在のまちへと至ったのかを調査研究することで、首里城下町の仕組みや成り立ちなどについて解明する。

  • 旭橋市街地再開発事業北地区 市民ワークショップ等調査研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2014年  -  継続中 

    代表者: 研究代表者  資金配分機関: -

    直接経費: 270,000(円)  間接経費: 30,000(円)  金額合計: 300,000(円)

  • 企業の福利厚生施設の見直しに連動した土地の有効活用,積極的誘導の方向性について

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2000年  -  2000年 

    代表者: 研究代表者  資金配分機関: -

    直接経費: 1,500,000(円)  金額合計: 1,500,000(円)

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 2016年度「平成28年度 研究プロジェクト推進経費(戦略的研究推進経費)『琉球島嶼の水循環と琉球石灰岩に関連した学際的研究』」

    研究期間: 2016年  -  2016年 

    代表者: 共同研究者 

    直接経費: 600,000(円)  金額合計: 600,000(円)

  • 亜熱帯地域における環境共生型開発の課題と展望

    研究期間: 2012年  -  2013年 

    代表者: 研究代表者 

    直接経費: 600,000(円)  金額合計: 600,000(円)

  • 都市公園内にある御嶽等拝所の現状と今後の整備指針に関する研究

    研究期間: 2005年  -  2005年 

    代表者: 研究代表者 

    直接経費: 300,000(円)  金額合計: 300,000(円)

  • 都市化した市街地における沖縄のバナキュラーな空間秩序に関する調査研究

    研究期間: 2004年  -  2004年 

    代表者: 研究代表者 

    直接経費: 300,000(円)  金額合計: 300,000(円)

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 発展途上国における持続可能な都市開発手法の提案(アフガニスタン、シリア、インド)

  • 普天間飛行場跡地利用計画における流域水循環に配慮した提案型研究

  • 西普天間住宅地区の開発と跡地内湧水の保全に向けた持続可能性の追求

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  琉球の自然  講義

  • 2019年度  社会統計学基礎  講義

  • 2018年度  確率及び統計  講義

  • 2018年度  Advanced Urban Planning  講義

  • 2018年度  Frontiers of Engineering  講義

全件表示 >>