外間 昭 (ホカマ アキラ)

Hokama Akira

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

00305202

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   附属病院   准教授  

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年06月
    -
    2000年12月

    ハーバード大学医学部 マサチューセッツ総合病院 免疫病理学研究室  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  医学博士 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

      琉球大学病院 光学医療診療部 診療教授・部長  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    日本内科学会   認定医

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    日本消化器病学会   九州支部評議員,指導医,専門医

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    日本消化器内視鏡学会   学術評議員,九州支部幹事,指導医,専門医

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 消化器病

  • 消化器内視鏡学

  • 炎症性腸疾患

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 消化器内科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 炎症性腸疾患モデルとGalectin-4

  • 炎症性腸疾患

  • 消化器内視鏡による診断と治療

  • 炎症性腸疾患の病因の解明、特に自己抗原の同定と解析

論文 【 表示 / 非表示

  • Clover sign of Crohn's disease.

    Hokama A

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology ( JGH Open )  5 ( 9 ) 1097 - 1098   2021年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Megaduodenum in systemic sclerosis.

    Hokama A

    Rheumatology (Oxford, England)     2021年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Hepatocellular Carcinoma in a Patient With Crohn's Disease.

    Hokama A, Arakaki S, Ishino S, Nakagawa Y, Tabata S, Agarie D, Kuwae S, Zukeyama R, Maeshiro T, Tsuruta Y, Matsuzaki A, Wada N, Takatsuki M, Fujita J

    Cureus   13 ( 7 ) e16570   2021年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

     概要を見る

    A 44-year-old woman with a 26-year history of Crohn's disease (CD) presented with intermittent fever, vomiting, and watery diarrhea. Her medication included an elemental diet, mesalazine, and infliximab. Liver profile and viral hepatitis markers were normal. Computed tomography scans showed a hepatic tumor by chance. Serum tumor markers disclosed elevated protein induced by vitamin K absence-II. With a diagnosis of hepatocellular carcinoma (HCC), she underwent a hepatic resection of the tumor, revealing well-to-moderately differentiated HCC. The nontumor region of the liver disclosed the absence of cirrhosis or other diseases. Here, the development of HCC in CD without underlying liver diseases is discussed with a review of the literature.

  • <i>Campylobacter</i> Enterocolitis: A Characteristic Shallow and Large Ulcer on the Ileocecal Valve.

    Hokama A, Kishimoto K, Fujita J

    Chonnam medical journal   57 ( 2 ) 156 - 157   2021年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Case Report: Ischemic Enterocolitis Associated with Coronavirus Disease 2019: Two Case Reports and a Review of the Literature.

    Kinjo T, Hokama A, Nakamura H, Miyagi K, Higure Y, Otsuki M, Nishiyama N, Nakamatsu M, Kinjo T, Tateyama M, Fujita J

    The American journal of tropical medicine and hygiene ( American Journal of Tropical Medicine and Hygiene )  104 ( 5 ) 1655 - 1658   2021年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 細菌性食中毒.新臨床内科学

    外間 昭 ( 担当: 単著 )

    医学書院  2020年01月

  • 腸炎ビブリオ感染症.新臨床内科学

    外間 昭 ( 担当: 単著 )

    医学書院  2020年01月

  • コレラ.今日の治療指針2020

    外間 昭 ( 担当: 単著 )

    医学書院  2020年01月

  • エルシニア感染症.新臨床内科学

    外間 昭 ( 担当: 単著 )

    医学書院  2020年01月

  • エンテロバクター感染症.新臨床内科学

    外間 昭 ( 担当: 単著 )

    医学書院  2020年01月

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示