平井 到 (ヒライ イタル)

Hirai Itaru

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

00359994

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(医学)  医学

  •  -  修士(理学)  理学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部 保健学科 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本細菌学会

  •  
     
     
     

    日本環境感染学会

  •  
     
     
     

    日本感染症学会

  •  
     
     
     

    American Society for microbiology

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 細胞分子生物学

  • 生化学

  • 分子微生物学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 細菌学

  • ライフサイエンス / 細菌学

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of the upstream genetic structures of the ISEcp1-bla <sub>CTX-M</sub> transposition units in Escherichia coli isolates carrying bla <sub>CTX-M</sub> obtained from the Indonesian and Vietnamese communities.

    Widyatama FS, Yagi N, Sarassari R, Shirakawa T, Le DT, Bui MHT, Kuntaman K, Hirai I

    Microbiology and immunology     2021年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Comparison of species, virulence genes and clones of Aeromonas isolates from clinical specimens and well water in Okinawa Prefecture, Japan

    Miyagi K.

    Journal of Applied Microbiology ( Journal of Applied Microbiology )  131 ( 3 ) 1515 - 1530   2021年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • A high-throughput sequencing determination method for upstream genetic structure (UGS) of ISEcp1-bla<sub>CTX-M</sub> transposition unit and application of the UGS to classification of bacterial isolates possessing bla<sub>CTX-M</sub>.

    Yagi N, Hamamoto K, Thi Bui KN, Ueda S, Tawata S, Le DT, Thi Bui MH, Hirai I

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy ( Journal of Infection and Chemotherapy )  27 ( 9 ) 1288 - 1294   2021年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    INTRODUCTION: Because blaCTX-M is responsible for resistance of bacteria to the third generation cephalosporins, location of blaCTX-M could be a good indicator for classifying bacterial isolates harboring blaCTX-M in molecular epidemiology. However, determination of blaCTX-M location has been difficult when multiple copies of ISEcp1 were found on bacterial genome. We aimed to establish a high-throughput analytical method for upstream genetic structures (UGS) of ISEcp1 to facilitate determination of blaCTX-M location. METHODS: Extracted DNA samples obtained from 168 Escherichia coli isolates possessing blaCTX-M were digested by restriction enzyme, HaeIII, and the digested DNA fragments were ligated with homemade barcode adaptors. Then, DNA fragments containing UGS of ISEcp1 were amplified and subjected to the Nanopore sequencer. RESULTS: Nucleotide sequences and locations of 168 UGSs obtained from the examined E. coli isolates were determined. Among the 168 determined UGSs, 150 (89.3%) UGS were confirmed on plasmid and classified into eight types. Interestingly, coding sequence of ISEcp1 transposase gene in seven of the eight types were disrupted by IS26 insertion. The remaining 18 (10.7%) UGSs were observed in identical chromosomal region. The obtained nucleotide sequences the locations of UGSs were confirmed by conventional capillary sequencer and Southern blotting, respectively, and any discrepant result was not observed with these confirmation procedures. CONCLUSIONS: Our results indicated that the established method was efficient for simultaneously determining at least 100 different UGS, and suggested that the determined UGSs of ISEcp1-blaCTX-M transposition unit was useful for classification of bacterial isolates harboring blaCTX-M.

  • Occurrence of Carriage of Multidrug Resistant Enterobacteriaceae among Pregnant Women in the Primary Health Center and Hospital Setting in Surabaya, Indonesia.

    Oktaviani Sulikah SR, Hasanah M, Setyarini W, Parathon H, Kitagawa K, Nakanishi N, Nomoto R, Osawa K, Kinoshita S, Hirai I, Shirakawa T, Kuntaman K

    Microbial drug resistance (Larchmont, N.Y.)     2021年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Objectives: The incidence of healthy individuals carrying multidrug resistant Enterobacteriaceae, including extended-spectrum β-lactamase producing Enterobacteriaceae (ESBL-E), especially extended-spectrum β-lactamase producing Escherichia coli (ESBL-EC) and extended-spectrum β-lactamase producing Klebsiella pneumoniae (ESBL-KP), is increasing worldwide. Although ESBL-E causes early or late onset of neonatal sepsis, the prevalence of ESBL-E carriage among pregnant women in Indonesia is not clear. In the present study, we compared the occurrence of carriage of ESBL-E among pregnant women in a primary health center (PHC) versus two hospitals. Materials and Methods: We collected rectal swab samples from 200 pregnant women who visited a PHC or were admitted to two hospitals in Surabaya, Indonesia from July to October 2018. The ESBL-E strains were isolated from the samples and phenotypically and genotypically analyzed. Results: ESBL-E strains were isolated from 25 (24.8%) pregnant women who visited the PHC and 49 (49.5%) pregnant women who were admitted to the hospitals. The rate of ESBL-E carriage of pregnant women in the hospitals was significantly higher than that in the PHC. Among the 74 isolated ESBL-E strains, ESBL-EC was most frequently isolated (62 strains), followed by ESBL-KP (12 strains). In addition, blaCTX-M-15 was the most frequent ESBL gene type of the isolated ESBL-E strains. Conclusions: Our results revealed the high occurrence of ESBL-E carriage in pregnant women, especially those who were admitted to the hospitals.

  • Differential effects of chromosome and plasmid bla<sub>CTX-M-15</sub> genes on antibiotic susceptibilities in extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli isolates from patients with urinary tract infection.

    Yang YM, Osawa K, Kitagawa K, Hosoya S, Onishi R, Ishii A, Shirakawa T, Hirai I, Kuntaman K, Tanimoto H, Shigemura K, Fujisawa M

    International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association ( International Journal of Urology )  28 ( 6 ) 623 - 628   2021年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    OBJECTIVES: To compare antibiotic susceptibilities between chromosomal and plasmid blaCTX-M-15 locations in urinary tract infection-causing extended-spectrum β-lactamases-producing Escherichia coli blaCTX-M-15 isolated in Indonesia. METHODS: A total of 84 strains identified as extended-spectrum β-lactamases-producing E. coli were isolated from patients with urinary tract infection in Indonesia in 2015. Antimicrobial susceptibility tests were performed on these strains using 18 antibiotics, and extended-spectrum β-lactamase bla genes were detected by polymerase chain reaction. Gene localization of blaCTX-M-15 -positive strains was confirmed by Southern blot hybridization, and epidemiological typing was conducted using multilocus sequence typing. RESULTS: Of 54 strains harboring the blaCTX-M-15 gene, 27 showed localization on chromosome, 20 on plasmid, and seven on chromosome and plasmid. Most multilocus sequence typing sequence types of the 27 strains with chromosomal blaCTX-M-15 were ST405 (25.9%) and ST131 (22.2%) strains, whereas the 20 strains with plasmid-blaCTX-M-15 were mostly ST410 (55.0%). CONCLUSIONS: Extended-spectrum β-lactamases-producing E. coli blaCTX-M-15 with plasmid genes show significantly higher resistant rates against piperacillin-tazobactam but lower resistant rates against chloramphenicol compared to chromosomal strains in Indonesian patients with urinary tract infection. Mechanistic investigations will be necessary to advance our knowledge of antimicrobial resistance in urinary tract infection.

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • コミュニティにおける薬剤耐性菌健康保菌の意義解明と薬剤耐性菌拡散封じ込めの試み

    基盤研究(B)

    課題番号: 17H04663

    研究期間: 2017年04月  -  2021年03月 

    代表者: 平井 到  研究分担者: 宮城 和文 琉球大学, 医学部, 助教 (70372810)

    直接経費: 13,600,000(円)  間接経費: 4,080,000(円)  金額合計: 17,680,000(円)

  • コミュニティにおける薬剤耐性菌健康保菌の意義解明と薬剤耐性菌拡散封じ込めの試み

    基盤研究(B)

    課題番号: 17H04663

    研究期間: 2017年04月  -  2021年03月 

    代表者: 平井 到  研究分担者: 平井 到, 宮城 和文

    直接経費: 13,600,000(円)  間接経費: 4,080,000(円)  金額合計: 17,680,000(円)

     概要を見る

    本来、健康に生活する人(以下、健常人)は薬剤耐性菌を保菌しているとは想定されていない。しかしながら東南アジアの健常人では第三世代セファロスポリンを分解し、これら細菌による感染症治療を困難にすることから臨床上重要視されている薬剤耐性菌である基質拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生菌を非常に高率に保菌している、いわゆる健康保菌の実態がある。この健康保菌はESBL産生菌のリザーバーとして機能している可能性もあることから、ESBL産生菌の拡散及び多剤耐性化における健康保菌の意義を明らかにする必要がある。本研究ではベトナム、ハノイ市郊外を調査地とし、指標菌としてのESBL産生大腸菌を収集し、収集した疫学情報と菌株の解析結果を総合的に解析し、薬剤耐性菌の拡散における健康保菌の意義を解明することを目的としている。 本年度の実績として以下の点が挙げられる。①ベトナムの調査地の各家屋の台所周辺及び、トイレ周辺から収集したESBL産生菌及び、当該家屋に居住する対象者から分離したESBL産生菌を用いた分子微生物学的解析を行った。その結果、トイレから分離されたESBL産生菌が当該家屋に居住する対象者から分離されたESBL産生菌と遺伝学的関連性を示した。この点からトイレを中心とした疫学的介入の可能性が想定された。②ベトナムの健常人から分離されたESBL産生菌の分子生物学的解析により、ベトナムの健常人が保菌するESBL産生菌のどの程度の遺伝学的多様性があるかについて解析した。その結果、ベトナムの健常人には1~複数の遺伝学的背景の異なるESBL産生菌が保菌されていることが明らかとなった。③2018年にベトナムの調査地に居住する対象者から新たにESBL産生菌の収集並びに聞き取り調査を行った。現在、得られたESBL産生菌の分子微生物学的性情の解析並びに、聞き取り調査の疫学的解析を進めている。 <BR>

  • コミュニティにおける薬剤耐性菌健康保菌の意義解明と薬剤耐性菌拡散封じ込めの試み

    基盤研究(B)

    課題番号: 17H04663

    研究期間: 2017年04月  -  2021年03月 

    代表者: 平井 到, 宮城 和文 

    直接経費: 13,600,000(円)  間接経費: 17,680,000(円)  金額合計: 4,080,000(円)

     概要を見る

    本来、健康に生活する人(以下、健常人)は薬剤耐性菌を保菌しているとは想定されていない。しかしながら東南アジアの健常人では第三世代セファロスポリンを分解し、これら細菌による感染症治療を困難にすることから臨床上重要視されている薬剤耐性菌である基質拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生菌を非常に高率に保菌している、いわゆる健康保菌の実態がある。この健康保菌はESBL産生菌のリザーバーとして機能している可能性もあることから、ESBL産生菌の拡散及び多剤耐性化における健康保菌の意義を明らかにする必要がある。本研究ではベトナム、ハノイ市郊外を調査地とし、指標菌としてのESBL産生大腸菌を収集し、収集した疫学情報と菌株の解析結果を総合的に解析し、薬剤耐性菌の拡散における健康保菌の意義を解明することを目的としている。 本年度の実績として以下の点が挙げられる。①ベトナムの調査地の各家屋の台所周辺及び、トイレ周辺から収集したESBL産生菌及び、当該家屋に居住する対象者から分離したESBL産生菌を用いた分子微生物学的解析を行った。その結果、トイレから分離されたESBL産生菌が当該家屋に居住する対象者から分離されたESBL産生菌と遺伝学的関連性を示した。この点からトイレを中心とした疫学的介入の可能性が想定された。②ベトナムの健常人から分離されたESBL産生菌の分子生物学的解析により、ベトナムの健常人が保菌するESBL産生菌のどの程度の遺伝学的多様性があるかについて解析した。その結果、ベトナムの健常人には1~複数の遺伝学的背景の異なるESBL産生菌が保菌されていることが明らかとなった。③2018年にベトナムの調査地に居住する対象者から新たにESBL産生菌の収集並びに聞き取り調査を行った。現在、得られたESBL産生菌の分子微生物学的性情の解析並びに、聞き取り調査の疫学的解析を進めている。 <BR>

  • コミュニティにおける薬剤耐性菌健康保菌の意義解明と薬剤耐性菌拡散封じ込めの試み

    基盤研究(B)

    課題番号: 17H04663

    研究期間: 2017年04月  -  2021年03月 

    代表者: 平井 到, 宮城 和文 

    直接経費: 13,600,000(円)  間接経費: 17,680,000(円)  金額合計: 4,080,000(円)

     概要を見る

    本来、健康に生活する人(以下、健常人)は薬剤耐性菌を保菌しているとは想定されていない。しかしながら東南アジアの健常人では第三世代セファロスポリンを分解し、これら細菌による感染症治療を困難にすることから臨床上重要視されている薬剤耐性菌である基質拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生菌を非常に高率に保菌している、いわゆる健康保菌の実態がある。この健康保菌はESBL産生菌のリザーバーとして機能している可能性もあることから、ESBL産生菌の拡散及び多剤耐性化における健康保菌の意義を明らかにする必要がある。本研究ではベトナム、ハノイ市郊外を調査地とし、指標菌としてのESBL産生大腸菌を収集し、収集した疫学情報と菌株の解析結果を総合的に解析し、薬剤耐性菌の拡散における健康保菌の意義を解明することを目的としている。 本年度の実績として以下の点が挙げられる。①ベトナムの調査地の各家屋の台所周辺及び、トイレ周辺から収集したESBL産生菌及び、当該家屋に居住する対象者から分離したESBL産生菌を用いた分子微生物学的解析を行った。その結果、トイレから分離されたESBL産生菌が当該家屋に居住する対象者から分離されたESBL産生菌と遺伝学的関連性を示した。この点からトイレを中心とした疫学的介入の可能性が想定された。②ベトナムの健常人から分離されたESBL産生菌の分子生物学的解析により、ベトナムの健常人が保菌するESBL産生菌のどの程度の遺伝学的多様性があるかについて解析した。その結果、ベトナムの健常人には1~複数の遺伝学的背景の異なるESBL産生菌が保菌されていることが明らかとなった。③2018年にベトナムの調査地に居住する対象者から新たにESBL産生菌の収集並びに聞き取り調査を行った。現在、得られたESBL産生菌の分子微生物学的性情の解析並びに、聞き取り調査の疫学的解析を進めている。 <BR>

  • 組換えファージによる肺炎クラミジアを標的とした新規遺伝子導入システムの開発

    挑戦的萌芽研究

    課題番号: 26670214

    研究期間: 2014年04月  -  2016年03月 

    代表者: 平井 到 

    直接経費: 2,800,000(円)  間接経費: 840,000(円)  金額合計: 3,640,000(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 染色体性薬剤耐性遺伝子を保持する薬剤耐性菌の分子疫学的解析

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業(e-ASIA共同研究プログラム)

    研究期間: 2016年08月  -  2020年03月 

    代表者: 平井 到  資金配分機関: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

    直接経費: 17,587,000(円)  間接経費: 5,276,000(円)  金額合計: 22,863,000(円)

  • 薬剤耐性細菌発生機構の解明と食品管理における耐性菌モニタリングシステムの開発

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: 医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム SATREPS)

    研究期間: 2011年06月  -  2017年03月 

    資金配分機関: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構