山本 秀幸 (ヤマモト ヒデユキ)

Yamamoto Hideyuki

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

60191433

研究室住所

〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町上原207番地

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-1112

研究室FAX

098-895-1114

ホームページ

http://biochem.med.u-ryukyu.ac.jp/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  医学博士  医化学一般

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 医学

  • 生化学

  • 神経化学

  • 神経薬理学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 医化学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 蛋白質リン酸化反応によるホルモンの合成と分泌の制御機構

  • 蛋白質リン酸化および脱リン酸化反応と神経細胞機能

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 微小管形成におけるカルシウム、カルモデュリン依存性リン酸化反応の役割

    1985年03月 

論文 【 表示 / 非表示

  • Roles of Pyk2 in signal transduction after gonadotropin-releasing hormone receptor stimulation.

    Okitsu-Sakurayama S, Higa-Nakamine S, Torihara H, Higashiyama S, Yamamoto H

    Journal of cellular physiology ( Journal of Cellular Physiology )    2020年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Regulation of epidermal growth factor receptor expression and morphology of lung epithelial cells by interleukin-1β.

    Nakayama I, Higa-Nakamine S, Uehara A, Sugahara K, Kakinohana M, Yamamoto H

    Journal of biochemistry ( Journal of biochemistry )  168 ( 2 ) 113 - 123   2020年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Fyn-mediated phosphorylation of Pyk2 promotes its activation and dissociation downstream of gonadotropin-releasing hormone receptor.

    Higa-Nakamine S, Okitsu-Sakurayama S, Kina S, Yamamoto H

    The FEBS journal ( FEBS Journal )  287 ( 16 ) 3551 - 3564   2020年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Increased expression of EGR1 and KLF4 by polysulfide via activation of the ERK1/2 and ERK5 pathways in cultured intestinal epithelial cells.

    Arakaki K, Uehara A, Higa-Nakamine S, Kakinohana M, Yamamoto H

    Biomedical research (Tokyo, Japan) ( バイオメディカルリサーチプレス )  41 ( 3 ) 119 - 129   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>Sodium trisulfide (Na<sub>2</sub>S<sub>3</sub>) releases hydrogen polysulfide (H<sub>2</sub>S<sub>n</sub>) and is useful for the investigation of the effects of H<sub>2</sub>S<sub>n</sub> on the cell functions. In the present study, we first examined the effects of Na<sub>2</sub>S<sub>3</sub> on the gene expression of IEC-6 cells, a rat intestinal epithelial cell line. Microarray analysis and reverse transcription-polymerase chain reaction analysis revealed that Na<sub>2</sub>S<sub>3</sub> increased the gene expression of early growth response 1 (EGR1) and Kruppel-like transcription factor 4 (KLF4). It was interesting that U0126, an inhibitor of the activation of extracellular signal-regulated kinase 1 (ERK1), ERK2, and ERK5, inhibited the Na<sub>2</sub>S<sub>3</sub>-induced gene expression of EGR1 and KLF4. Na<sub>2</sub>S<sub>3</sub> activated ERK1 and ERK2 (ERK1/2) within 15 min. In addition to ERK1/2, Na<sub>2</sub>S<sub>3</sub> activated ERK5. We noticed that the electrophoretic mobility of ERK5 was decreased after Na<sub>2</sub>S<sub>3</sub> treatment. Phos-tag analysis and <i>in vitro</i> dephosphorylation of the cell extracts indicated that the gel-shift of ERK5 was due to its phosphorylation. The gel-shift of ERK5 was inhibited completely by both U0126 and ERK5-IN-1, a specific inhibitor of ERK5. From these results, we concluded that the gel-shift of ERK5 was induced through autophosphorylation by activated ERK5 after Na<sub>2</sub>S<sub>3</sub> treatment. The present study suggested that H<sub>2</sub>S<sub>n</sub> affected various functions of intestinal epithelial cells through the activation of the ERK1/2 and ERK5 pathways.</p>

  • Activation of Pyk2 by CaM kinase II in cultured hypothalamic neurons and gonadotroph cells.

    Okitsu-Sakurayama S, Higa-Nakamine S, Torihara H, Takahashi H, Higashiyama S, Yamamoto H

    Journal of cellular physiology ( Journal of Cellular Physiology )  234 ( 5 ) 6865 - 6875   2019年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • イラストレイテッド生化学

    Ferrier Denise R., 浅井 将, 石崎 泰樹, 井上 順雄, 西田 満, 丸山 敬, 南 康博, 山本 秀幸, 吉河 歩, 依田 成玄 ( 担当: 単著 )

    丸善出版  2019年

  • イラストレイテッド生化学

    Harvey Richard A., Ferrier Denise R., 浅井 将, 石崎 泰樹, 丸山 敬, 井上 順雄, 西田 満, 南 康博, 山本 秀幸, 吉河 歩, 依田 成玄 ( 担当: 単著 )

    丸善出版  2015年

  • カルシニューリンと脳機能(共著)

    山本秀幸 ( 担当: 共著 )

    共立出版  2002年09月

  • アルツハイマー病

    山本秀幸 ( 担当: 単著 )

    弘文堂  2002年04月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 蛋白質リン酸化研究におけるアイソトープの活用

    山本秀幸

    細胞工学 ( 秀潤社 )  25 ( 10 ) 1198 - 1203   2006年10月

     

  • インスリンとカルシウムシグナルによるタウタンパク質リン酸化反応

    山本秀幸

    日薬理誌 ( 日本薬理学会 )  125   129 - 135   2005年12月

     

  • ELISA、ウエスタンブロット

    山本秀幸

    病理と臨床 ( 分光堂 )  22   386 - 391   2004年04月

     

  • Ca2+/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼIIの細胞内局在機構と生理機能

    山本秀幸

    蛋白質核酸酵素 ( 共立出版 )  47   241 - 247   2002年06月

     

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 下部尿路機能障害に関する基礎的研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年07月  -  2010年03月 

    代表者: 山本 秀幸  資金配分機関: サザンナイトラボラトリー有限責任事業組合

    金額合計: 420,000(円)

  • CaMキナーゼIIによるタンパク質の翻訳レベルでのシナプス可塑性の制御

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2006年  -  2007年 

    資金配分機関: -

    金額合計: 2,000,000(円)

  • 蛋白質燐酸化酵素の遺伝子改変による糖尿病モデルマウスの作製

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2002年  -  2003年 

    資金配分機関: -