戸田 守 (トダ マモル)

Toda Mamoru

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

40378534

ホームページ

https://nt-tbrc.jimdofree.com

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   熱帯生物圏研究センター   准教授  

  • 併任   琉球大学   理工学研究科   海洋自然科学専攻   准教授  

  • 併任   琉球大学   理工学研究科   海洋環境学専攻   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    琉球大学  理学研究科  生物学  修士課程  修了

  •  
    -
    2000年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(理学)  ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年01月
    -
    2008年12月

      京都大学 理学研究科 動物学教室 助手・助教  

  • 2009年01月
    -
    継続中

      琉球大学 熱帯生物圏研究センター 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本爬虫両棲類学会

  •  
     
     
     

    沖縄生物学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 爬虫類,両生類,分類,生物多様性,島嶼生物地理,

  • Amphibians

  • Taxonomy

  • Biodiversity

  • Island biogeography

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

論文 【 表示 / 非表示

  • オンナダケヤモリの南大東島からの初記録

    深草彩子・戸田守

    Akamata ( 沖縄両生爬虫類研究会 )  ( 31 ) 25 - 26   2022年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Verification of Natural Marking for Individual Identification Using a Duplex Marking Approach in Ijima's Sea Snakes, Emydocephalus ijimae (Reptilia: Elapidae).

    Yamamoto T, Nakamura T, Toda M

    Zoological studies ( Zoological Studies )  61   e75   2022年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Comparison of morphological identification and DNA metabarcoding for dietary analysis of faeces from a subtropical lizard

    Kurita T.

    Wildlife Research ( Wildlife Research )    2022年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Highly rapid and diverse sex chromosome evolution in the Odorrana frog species complex.

    Katsumi T, Shams F, Yanagi H, Ohnishi T, Toda M, Lin SM, Mawaribuchi S, Shimizu N, Ezaz T, Miura I

    Development, growth & differentiation ( Development Growth and Differentiation )  64 ( 6 ) 279 - 289   2022年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Food Habits of the Taiwan Beauty Snake, Elaphe taeniura friesi, as an Introduced Species on Okinawajima Island

    Asato H.

    Current Herpetology ( 日本爬虫両棲類学会 )  41 ( 2 ) 205 - 214   2022年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>The Taiwan beauty snake, <i>Elaphe taeniura friesi</i>, has established a stable population in the central part of Okinawajima Island, and there are concerns about the negative effects of the snakes’ predation on the native fauna. Thus, we examined the stomachs of 239 <i>E. t. friesi</i> specimens collected on Okinawajima Island from July 2018 to November 2019. Stomach contents were identified to the species level whenever possible based on morphological observations and/or DNA analyses. Of the 239 snake specimens, 39 (12 males, 16 females, and 11 juveniles) had contents in their stomach, including 67 prey items, 75% of which were mammals (Muridae and Soricidae) and the rest of which were birds (Pycnonotidae, Cisticolidae, and Columbidae). <i>Rattus rattus</i> occurred most frequently; 25 of the 39 snakes examined had this species in their stomachs. All avian prey items detected were nestlings and eggs. Twelve snakes had multiple prey items in their stomach, including in most cases either nestlings of passerine birds or infants or subadults of <i>R. rattus</i>. Therefore, <i>E. t. friesi</i> is an endotherm consumer that occasionally preys on nestlings and infant rats. These food habits suggested that <i>E. t. friesi</i> uses various habitats, from the humus layer on the ground to the branches of trees, for foraging. Several endangered endemic rodent and bird species exist in the northern area of Okinawajima Island; thus, our results provide a warning about potential negative impact on such animals when <i>E. t. friesi</i> expands its range to the northern part of the island.</p>

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類 カエルやヘビのことをもっと知ろう

    戸田 守 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: ヤモリとはどんな動物 )

    東海大学出版部  2019年02月 ( ページ数: 251 ,  担当ページ: p.110-112 )

  • これからの爬虫類学

    戸田 守 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 琉球列島における陸生爬虫類の種分化 )

    裳華房  2017年02月 ( ページ数: 272 ,  担当ページ: p.156–172 )

  • 奄美群島の自然史学—亜熱帯島嶼の多様性

    戸田 守 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: しごく身近な野生動物—ヤモリ類の多様性と出現環境 )

    東海大学出版部  2016年02月 ( ページ数: 388 ,  担当ページ: p.137–155 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 琉球列島への陸生爬虫類の侵入―ヘビやトカゲはどのように海を越えたか?

    戸田 守

    ミルシル   12 ( 3 ) 6 - 8   2019年05月

     

  • 天然記念物キシノウエトカゲの遺伝的変異

    栗田和紀, 戸田守

    爬虫両棲類学会報   2018 ( 2 ) 193 - 196   2018年11月

     

  • ミヤコカナヘビの保全ー現状と今後の展望ー

    戸田守, 髙橋洋生

    爬虫両棲類学会報   2018 ( 2 ) 187 - 193   2018年11月

     

  • ミヤコカナヘビの色彩変異—背面が褐色の個体の出現について.

    才木美香, 当山昌直, 戸田守

    爬虫両棲類学会報   2017   26 - 29   2017年

     

  • 甑島列島のヤモリ相と同列島からのニホンヤモリの初記録.

    岡本康汰, 大田和朋紀, 戸田守, 城野哲平

    ■■■   2017   43 - 47   2017年

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ヤモリにおける性染色体の獲得が駆動する種多様化仮説の検証

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K06789

    研究期間: 2020年04月  -  2022年03月 

    代表者: 城野哲平  研究分担者: 戸田守

  • 分散と種の二次的接触,繁殖形質置換のサイクルが引き起こす連続的な種分化の検証

    基盤研究(B)

    課題番号: 19H03286

    研究期間: 2019年04月  -  2021年03月 

    代表者: 戸田守  研究分担者: 富永篤,和智仲是,城野哲平

    直接経費: 13,500(円)  間接経費: 4,050(円)  金額合計: 17,550(円)

  • 種分化研究の基盤整備に向けたニホンヤモリ種群の分類および全種系統樹の作成

    基盤研究(C)

    課題番号: 15K07192

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 戸田 守 

    直接経費: 2,900,000(円)  間接経費: 870,000(円)  金額合計: 3,770,000(円)

  • 島嶼平衡モデルに基づく中琉球産爬虫両生類の洋上分散能力の推定

    基盤研究(C)

    課題番号: 22570094

    研究期間: 2010年04月  -  2012年03月 

    代表者: 戸田 守 

    直接経費: 2,400,000(円)  間接経費: 720,000(円)  金額合計: 3,120,000(円)

  • 個体群相互関係を考慮した琉球列島産クロイワトカゲモドキの遺伝的多様性の解明とその保全

    基盤研究(C)

    課題番号: 22510244

    研究期間: 2010年04月  -  2012年03月 

    代表者: 本多正尚  研究分担者: 戸田守

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 両生爬虫類をモデルとした希少種選定の基礎資料整備と保全対象種の簡易同定法の確立およびそれらのワークフローの提案

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 受託研究  事業名: 環境研究総合推進費

    課題番号: 4-2002

    研究期間: 2020年04月  -  2022年03月 

    代表者: 戸田守  連携研究者: 栗田隆気、佐藤行人、西川完途、鈴木大  資金配分機関: 独立行政法人環境再生保全機構

     概要を見る

    国産両生爬虫類をモデルに,希少種選定の基礎となる種分類の見直しと絶滅リスク評価を行ったうえで,DNAによる同定の基盤となるデータベースを整備し,さらに取り締まりの現場に実装できる簡便な同定ツールを開発する.また,データベースの整備では効率化を追求し,他の分類群に応用できるワークフローを提案する.