戸田 守 (トダ マモル)

Toda Mamoru

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

40378534

ホームページ

https://nt-tbrc.jimdofree.com

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   熱帯生物圏研究センター   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    琉球大学  理学研究科  生物学  修士課程  修了

  •  
    -
    2000年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(理学)  ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年01月
    -
    2008年12月

      京都大学 理学研究科 動物学教室 助手・助教  

  • 2009年01月
    -
    継続中

      琉球大学 熱帯生物圏研究センター 准教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 爬虫類,両生類,分類,生物多様性,島嶼生物地理,

  • Amphibians

  • Taxonomy

  • Biodiversity

  • Island biogeography

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of 22 Microsatellite Markers for Assessing Hybridization in the Genus <i>Gekko</i> (Squamata: Gekkonidae)

    OKAMOTO KOTA, KURITA TAKAKI, NAGANO MASAHIRO, SATO YUKUTO, AOYAMA HIROAKI, SAITOH SEIKOH, SHINZATO NAOYA, TODA MAMORU

    Current herpetology ( 日本爬虫両棲類学会 )  39 ( 1 ) 66 - 74   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p><i>Gekko yakuensis</i> and <i>G. tawaensis</i>, both endemic to western Japan, are threatened by genetic introgression from <i>G. hokouensis</i> and <i>G. japonicus</i>, respectively. To know detailed situation of their hybridizations for planning relevant conservation measures, development of sensitive genetic markers is desired. We here developed microsatellite markers based on the sequences obtained from <i>G. hokouensis</i> using 454 GS Junior sequencer, and tested stability of PCR amplification and species-specificity of alleles at each locus using <i>G. hokouensis</i>, <i>G. yakuensis</i>, <i>G. japonicus</i>, and <i>G. tawaensis</i>. The results showed that 22 loci were almost constantly amplified in more than one species. We further confirmed that there were fixed or nearly fixed allelic displacement between <i>G. hokouensis</i> and <i>G. yakuensis</i>, and between <i>G. japonicus</i> and <i>G. tawaensis</i> at 14 loci. Thus, these 22 loci are considered to be useful for evaluation of hybridizations between these pairs of species.</p>

  • Loss of olfaction in sea snakes provides new perspectives on the aquatic adaptation of amniotes.

    Kishida T, Go Y, Tatsumoto S, Tatsumi K, Kuraku S, Toda M

    Proceedings. Biological sciences ( Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences )  286 ( 1910 ) 20191828 - 20191828   2019年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Marine amniotes, a polyphyletic group, provide an excellent opportunity for studying convergent evolution. Their sense of smell tends to degenerate, but this process has not been explored by comparing fully aquatic species with their amphibious relatives in an evolutionary context. Here, we sequenced the genomes of fully aquatic and amphibious sea snakes and identified repertoires of chemosensory receptor genes involved in olfaction. Snakes possess large numbers of the olfactory receptor (OR) genes and the type-2 vomeronasal receptor (V2R) genes, and expression profiling in the olfactory tissues suggests that snakes use the ORs in the main olfactory system (MOS) and the V2Rs in the vomeronasal system (VNS). The number of OR genes has decreased in sea snakes, and fully aquatic species lost MOS which is responsible for detecting airborne odours. By contrast, sea snakes including fully aquatic species retain a number of V2R genes and a well-developed VNS for smelling underwater. This study suggests that the sense of smell also degenerated in sea snakes, particularly in fully aquatic species, but their residual olfactory capability is distinct from that of other fully aquatic amniotes. Amphibious species show an intermediate status between terrestrial and fully aquatic snakes, implying their importance in understanding the process of aquatic adaptation.

  • Relict distribution of Microhyla (Amphibia: Microhylidae) in the Ryukyu Archipelago: High diversity in East Asia maintained by insularization

    戸田 守

    Zoologica Scripta ( Zoologica Scripta )  48 ( 4 ) 440 - 453   2019年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Takydromus smaragdinus (Green Grass Lizard). Color polymorphism.

    戸田 守

    Herpetological Review   50 ( 2 ) 379 - 380   2019年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • ミナミヤモリの種子島からの記録

    岡本康汰, 戸田守

    Akamata   ( 28 ) 21 - 28   2018年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類 カエルやヘビのことをもっと知ろう

    戸田 守 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: ヤモリとはどんな動物 )

    東海大学出版部  2019年02月 ( ページ数: 251 ,  担当ページ: p.110-112 )

  • これからの爬虫類学

    戸田 守 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 琉球列島における陸生爬虫類の種分化 )

    裳華房  2017年02月 ( ページ数: 272 ,  担当ページ: p.156–172 )

  • 奄美群島の自然史学—亜熱帯島嶼の多様性

    戸田 守 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: しごく身近な野生動物—ヤモリ類の多様性と出現環境 )

    東海大学出版部  2016年02月 ( ページ数: 388 ,  担当ページ: p.137–155 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 琉球列島への陸生爬虫類の侵入―ヘビやトカゲはどのように海を越えたか?

    戸田 守

    ミルシル   12 ( 3 ) 6 - 8   2019年05月

     

  • 天然記念物キシノウエトカゲの遺伝的変異

    栗田和紀, 戸田守

    爬虫両棲類学会報   2018 ( 2 ) 193 - 196   2018年11月

     

  • ミヤコカナヘビの保全ー現状と今後の展望ー

    戸田守, 髙橋洋生

    爬虫両棲類学会報   2018 ( 2 ) 187 - 193   2018年11月

     

  • ミヤコカナヘビの色彩変異—背面が褐色の個体の出現について.

    才木美香, 当山昌直, 戸田守

    爬虫両棲類学会報   2017   26 - 29   2017年

     

  • 甑島列島のヤモリ相と同列島からのニホンヤモリの初記録.

    岡本康汰, 大田和朋紀, 戸田守, 城野哲平

    ■■■   2017   43 - 47   2017年

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ヤモリにおける性染色体の獲得が駆動する種多様化仮説の検証

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K06789

    研究期間: 2020年04月  -  2022年03月 

    代表者: 城野哲平  研究分担者: 戸田守

  • 分散と種の二次的接触,繁殖形質置換のサイクルが引き起こす連続的な種分化の検証

    基盤研究(B)

    課題番号: 19H03286

    研究期間: 2019年04月  -  2021年03月 

    代表者: 戸田守  研究分担者: 富永篤,和智仲是,城野哲平

    直接経費: 13,500(円)  間接経費: 4,050(円)  金額合計: 17,550(円)

  • 種分化研究の基盤整備に向けたニホンヤモリ種群の分類および全種系統樹の作成

    基盤研究(C)

    課題番号: 15K07192

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 戸田 守 

    直接経費: 2,900,000(円)  間接経費: 870,000(円)  金額合計: 3,770,000(円)

  • 島嶼平衡モデルに基づく中琉球産爬虫両生類の洋上分散能力の推定

    基盤研究(C)

    課題番号: 22570094

    研究期間: 2010年04月  -  2012年03月 

    代表者: 戸田 守 

    直接経費: 2,400,000(円)  間接経費: 720,000(円)  金額合計: 3,120,000(円)

  • 個体群相互関係を考慮した琉球列島産クロイワトカゲモドキの遺伝的多様性の解明とその保全

    基盤研究(C)

    課題番号: 22510244

    研究期間: 2010年04月  -  2012年03月 

    代表者: 本多正尚  研究分担者: 戸田守