福島 卓也 (フクシマ タクヤ)

Fukushima Takuya

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

40336160

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1989年03月

    長野大学   医学部   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 長崎大学 -  博士(医学)  医学

  • 長野大学 -  その他の学位  血液腫瘍学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年06月
    -
    1990年05月

      長崎大学医学部 原研内科 研修医  

  • 1990年06月
    -
    1991年05月

      国立長崎中央病院 研修医  

  • 1991年06月
    -
    1992年08月

      長崎大学医学部 原研内科 医員  

  • 1992年09月
    -
    1993年09月

      釧路北病院 常勤医  

  • 1993年09月
    -
    1993年12月

      長崎大学医学部 原研内科 医員  

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 臨床研究

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

論文 【 表示 / 非表示

  • A new diagnostic algorithm using biopsy specimens in adult T-cell leukemia/lymphoma: combination of RNA in situ hybridization and quantitative PCR for HTLV-1.

    Takatori M, Sakihama S, Miyara M, Imaizumi N, Miyagi T, Ohshiro K, Nakazato I, Hayashi M, Todoroki J, Morishima S, Masuzaki H, Fukushima T, Karube K

    Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc ( Modern Pathology )    2020年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Ultra-high sensitivity HBsAg assay can diagnose HBV reactivation following rituximab-based therapy in patients with lymphoma.

    Kusumoto S, Tanaka Y, Suzuki R, Watanabe T, Nakata M, Sakai R, Fukushima N, Fukushima T, Moriuchi Y, Itoh K, Nosaka K, Choi I, Sawa M, Okamoto R, Tsujimura H, Uchida T, Suzuki S, Okamoto M, Takahashi T, Sugiura I, Onishi Y, Kohri M, Yoshida S, Kojima M, Takahashi H, Tomita A, Atsuta Y, Maruyama D, Tanaka E, Suzuki T, Kinoshita T, Ogura M, Ueda R, Mizokami M

    Journal of hepatology   73 ( 2 ) 285 - 293   2020年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    BACKGROUND & AIMS: The purpose of this post hoc analysis was to evaluate the efficacy of an ultra-high sensitive HBsAg assay using prospectively stored samples of HBV DNA monitoring study for lymphoma patients with resolved HBV infection following anti-CD20 antibody, rituximab-containing chemotherapy (UMIN000001299). METHODS: HBV reactivation defined as HBV DNA levels of 11 IU/mL or more was confirmed in 22 of 252 patients. Conventional HBsAg assay (ARCHITECT, cut-off value: 0.05 IU/mL) and ultra-high sensitive HBsAg assay employing a semi-automated immune complex transfer chemiluminescence enzyme technique (ICT-CLEIA, cut-off value: 0.0005 IU/mL) were measured at baseline, at confirmed HBV reactivation and monitored after HBV reactivation. RESULTS: Baseline HBsAg was detected using ICT-CLEIA in 4 patients, in all of whom precore mutants with high replication capacity were reactivated. Of the 6 patients with HBV DNA detected below the level of quantification at baseline, 5 showed HBV reactivation and 3 of the 5 had precore mutations. Sensitivity for detection by ARCHITECT and ICT-CLEIA HBsAg assays at HBV reactivation or the next sampling after HBV reactivation was 18.2% (4 of 22) and 77.3% (17 of 22), respectively. Of the discrepant 5 patients undetectable by ICT-CLEIA, 2 patients resolved spontaneously. All 6 patients reactivated with precore mutations including preS deletion could be diagnosed by ICT-CLEIA HBsAg assay at an early stage of HBV reactivation. Multivariate analysis showed that an anti-HBs titer of less than 10 mIU/mL, detected HBV DNA below the level of quantification, and detected ICT-CLEIA HBsAg at baseline were independent risk factors for HBV reactivation (adjusted hazard ratios, 15.4, 31.2 and 8.7, respectively; p<0.05). CONCLUSIONS: A novel ICT-CLEIA HBsAg assay would be an alternative method to diagnose HBV reactivation.

  • Proteomic profiling of HTLV-1 carriers and ATL patients reveals sTNFR2 as a novel diagnostic biomarker for acute ATL.

    Guerrero CLH, Yamashita Y, Miyara M, Imaizumi N, Kato M, Sakihama S, Hayashi M, Miyagi T, Karimata K, Uchihara J, Ohshiro K, Todoroki J, Nakachi S, Morishima S, Karube K, Tanaka Y, Masuzaki H, Fukushima T

    Blood advances ( Blood Advances )  4 ( 6 ) 1062 - 1071   2020年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Ectonucleotidase CD39 is highly expressed on ATLL cells and is responsible for their immunosuppressive function.

    Nagate Y, Ezoe S, Fujita J, Okuzakis D, Motooka D, Ishibashi T, Ichii M, Tanimura A, Kurashige M, Morii E, Fukushima T, Suehiro Y, Yokota T, Shibayama H, Oritani K, Kanakura Y

    Leukemia ( Leukemia )    2020年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Conservation of a Neutralization Epitope of Human T-cell Leukemia Virus Type 1 (HTLV-1) among Currently Endemic Clinical Isolates in Okinawa, Japan.

    Mizuguchi M, Takahashi Y, Tanaka R, Fukushima T, Tanaka Y

    Pathogens (Basel, Switzerland) ( Pathogens )  9 ( 2 )   2020年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Approximately one-tenth of the 10 million individuals living with human T-cell leukemia virus type-1 (HTLV-1) worldwide live in Japan. Most of these infected individuals live in the southwest region of Japan, including Okinawa prefecture; however, currently no prophylactic vaccine against HTLV-1 infection is available. For preventing the HTLV-1 spread, we previously generated a humanized monoclonal antibody (hu-LAT-27) that mediates both neutralization and antibody-dependent cellular cytotoxicity (ADCC). The neutralization epitope of LAT-27 is a linear amino acid sequence from residue 191 to 196 (Leu-Pro-His-Ser-Asn-Leu) of the HTLV-1 envelope gp46 protein. Here, we found that the LAT-27 epitope is well conserved among HTLV-1 clinical isolates prevalent in Okinawa. The hu-LAT-27 treatment inhibited syncytium formation by these clinical HTLV-1 isolates. Although an amino acid substitution at residue 192 in the LAT-27 epitope from proline to serine was found in a few HTLV-1 isolates, hu-LAT-27 could still react with a synthetic peptide carrying this amino acid substitution. These findings demonstrate the wide spectrum of hu-LAT-27 reactivity, suggesting that hu-LAT-27 may be a candidate drug for prophylactic passive immunization against HTLV-1 infection.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • はじめよう!数値例で学ぶ初めての統計学

    吉川 卓也, 竹内 直樹, 都留 信行, 福島 章雄 ( 担当: 単著 )

    税務経理協会  2020年

  • はじめよう!数値例で学ぶ初めての統計学

    吉川 卓也, 竹内 直樹, 都留 信行, 福島 章雄 ( 担当: 単著 )

    税務経理協会  2020年

  • Adult T-cell leukemia/lymphoma

    Watanabe T. ( 担当: 単著 )

    Adult T-cell Leukemia/Lymphoma  2017年04月

  • Adult T-cell leukemia/lymphoma

    Watanabe T ( 担当: 単著 )

    Adult T-cell Leukemia/Lymphoma  2017年04月

  • 血液疾患最新の治療2017-2019.

    福島 卓也 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 成人T細胞白血病/リンパ腫. )

    南江堂  2017年

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 島嶼沖縄のHTLV‐1キャリア分布とHTLV‐1genotypeパターン

    高鳥光徳, 崎浜秀悟, 兼城縁子, 宮良恵美, 今泉直樹, HUGO Guerrero Carmina Louise, 加藤愛美, 今村美菜子, 今村美菜子, 前田士郎, 前田士郎, 福島卓也

    日本HTLV‐1学会学術集会   5th   70   2018年

     

    J-GLOBAL

  • External validation of prognostic indices for aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma (ATL-PI/JCOG-PI) in Okinawa.

    Keita Tamaki, Satoko Morishima, Shogo Nomura, Takeaki Tomoyose, Sawako Nakachi, Yukiko Nishi, Naoya Taira, Takashi Miyagi, Kaori Karimata, Masayo Ohama, Atsushi Yamanoha, Kazumitsu Tamaki, Masaki Hayashi, Jun-nosuke Uchihara, Kazuiku Ohshiro, Yoshitaka Asakura, Megumi Kuba-Miyara, Kennosuke Karube, Takuya Fukushima, Hiroaki Masuzaki

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY ( AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY )  35   2017年05月  [査読有り]

     

    DOI

  • Adult T-cell leukemia/lymphoma

    Toshiki Watanabe, Takuya Fukushima

    Adult T-cell Leukemia/Lymphoma ( Springer Japan )    1 - 169   2017年04月

     

    DOI

  • 成人T細胞白血病・リンパ腫に対する造血幹細胞移植の最前線

    福島 卓也

    生物試料分析   40   99 - 104   2017年  [査読有り]

     

  • 骨髄非破壊的前処置による血縁者間同種造血幹細胞移植が奏効した成人T細胞白血病・リンパ腫の症例

    対馬秀樹、福島卓也、宮崎泰司、朝長万左男.

    治療学 ( その他の出版社 )  38   102 - 105   2004年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ7「ATL」:長崎県における成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)に対する臍帯血移植(CBT)の治療成績.

    福島卓也、森内幸美、吉田真一郎、糸永英弘、田口 潤、宮﨑泰司.

    第33回日本造血細胞移植学会総会  2011年  -  2011年   

  • A propective feasibility trial of unrelated bone marrow transplantation with reduced intensity conditioning regimen for elderly patients with adult T-cell leukemia-lymphoma (ATL).

    Eto T, Choi I, Tanasaki R, Takatsuka Y, Utsunomiya A, Takemoto S, Taguchi J, Fukushima T, Kato K, Teshima T, Suehiro Y, Yamanaka T, Okamura J, Uike N

    53th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition  2011年  -  2011年   

  • Characterization of long term survivors and a predictive model for aggressive adult T-cell leukemia-lymphoma (ATL): an ancillary study by the Japan Clinical Oncology Group, JCOG0902A

    Fukushima T, Nomura S, Shimoyama M, Utsunomiya A, Shibata T, Ishitsuka K, Moriuchi Y, Yoshida S, Uike N, Hata H, Kawano F, Sueoka E, Uozumi K, Masuda M, Yamada Y, Kaba H, Watanabe Y, Fukuda H, Hotta T, Tobinai K, Tsukasaki K.

    53th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition  2011年  -  2011年   

  • Chromosomal complexity in primary myelodysplastic syndromes (MDS) in Nagasaki atomic bomb survivors.

    Iwanaga M, Miyazaki Y, Hata T, Tsushima H, Taguchi J, Imanishi D, Imaizumi Y, Fukushima T, Tsukasaki K, Tomonaga M.

    11th International Symposium on Myelodysplastic Syndromes (MDS)  2011年  -  2011年   

  • シンポジウム15「がん治療に貢献する専門薬剤師」:血液悪性腫瘍に対する治療と薬剤師の役割.

    福島卓也

    第19回日本医療薬学会総会  2009年  -  2009年   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • アジア・太平洋地域のHTLV-1キャリア分布調査およびgenotype解析

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

    代表者: 福島 卓也  研究分担者: 福島 卓也, 宮良 恵美

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)

  • 機能性食品素材フコイダンのHTLV-1感染抑制作用機構と腸管吸収

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

    代表者: 福島 卓也  研究分担者: 宮良 恵美, 福島 卓也

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)

  • HTLV-1母子感染予防法の開発を目指した遺伝子組み換え型ヒト免疫グロブリン医薬開発と霊長類モデルを用いた評価

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月 

    代表者: 福島 卓也  研究分担者: 田中 勇悦

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • ヒトとウイルスのゲノム情報と臨床情報の統合によるHTLV-1関連疾患の 診療支援全国ネットワークの確立

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月 

    代表者: 福島 卓也  研究分担者: 松田 文彦

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • ペプチドワクチンを用いた成人T細胞白血病(ATL)免疫治療法の開発

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2016年09月  -  2019年03月 

    代表者: 福島 卓也  研究分担者: 福島 卓也

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ATLの予防・治療を目的とした検査薬、臨床診断技術ならびに新規医薬品の開発基盤形成、および沖縄県におけるATLの臨床研究拠点の構築

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2012年  -  2014年 

    代表者: 田中勇悦  連携研究者: 齋藤峰輝、友寄毅昭、伊波英克  資金配分機関: -

  • 成人T細胞白血病リンパ腫に対するインターフェロンαとジドブジン併用療法の有用性の検証

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2012年  -  2012年 

    連携研究者: 福島 卓也  資金配分機関: 厚生労働省

  • 成人T細胞白血病(ATL)の根治を目指した細胞療法の確立およひ?そのHTLV-1抑制メカニス?ム の解明に関する研究療法の確立およひ?そのHTLV-1抑制メカニス?ム の解明に関する研究

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2010年  -  2011年 

    資金配分機関: 厚生労働省

  • 進行期難治性B細胞リンハ?腫に対する治療を目指した自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法の確立に関する研究

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2009年  -  2011年 

    資金配分機関: 厚生労働省

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)における微小残存病変(MRD)検査法の臨床応用についての第3次研究

    研究期間: 2009年  -  2011年 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 成人T細胞白血病・リンパ腫の臨床研究