深澤 真 (フカザワ マコト)

Fukazawa Makoto

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

00634429

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   教育学部   学校教育教員養成課程   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1984年03月
    -
    1988年03月

    中央大学   文学部   文学科仏文学専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1990年06月
    -
    1992年05月

    Saint Michael's College  Master of Arts in Teaching English as a Second Language  修士課程  修了

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    筑波大学  教育研究科  教科教育専攻英語教育コース(現職教員1年制プログラム)  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年06月
    -
    1992年05月

    Saint Michael’s College  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 -  修士(教育学)  教育学

  • Saint Michael's College -  Master of Arts in Teaching English as a Second Language (MATESL)  英語教授法

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1993年03月

      茨城県立藤代紫水高等学校 常勤講師  

  • 1993年04月
    -
    2000年03月

      茨城県立藤代紫水高等学校 教諭  

  • 2000年04月
    -
    2012年03月

      茨城県立竹園高等学校 教諭  

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

      茨城県立竹園高等学校 国際科長  

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

      茨城大学人文学部異文化コミュニケーション学科 准教授  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中
     

    小学校英語教育学会   国際交流委員会委員

  • 2016年04月
    -
    2019年03月
     

    小学校英語教育学会   会計監査

  • 2015年04月
    -
    2020年03月
     

    日本言語テスト学会   事務局次長

  • 2014年04月
    -
    2019年03月
     

    小学校英語教育学会   ウェブサイト委員会委員

  • 2013年08月
    -
    2015年07月
     

    小学校英語教育学会   茨城県理事

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • スピーキング

  • 相互評価

  • 自己評価

  • 妥当性

  • 大学入試

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 外国語教育

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭免許(専修・1種・2種)

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

  • 実用英語技能検定試験(英検)1級

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大学入試における英語の問題の変化

  • 小学校英語に対する教員の意識

  • スピーキング評価の妥当性

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Validity of peer assessment of speaking performance: A case of Japanese high school students

    2007年03月 

論文 【 表示 / 非表示

  • Junior High School Teachers’ Perceptions of Classroom-based Language Assessment

    Makoto FUKAZAWA

    九州地区国立大学教育系・文系研究論文集   9 ( 1 )   2022年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    This study aims to investigate junior high school teachers’ perceptions of classroom language assessment in terms of the importance of assessment criteria, the utilization of assessment methods, and the difficulties in assessment following the introduction of the new Course of Study in 2021, and to compare the surveyed junior high school teachers’ perceptions with those of the elementary school teachers investigated in Fukazawa (2022). The results show that the assessment criteria, such as speaking interaction and students’ ability to think, make judgments, and expressing themselves, emphasized in the new national guidelines, are considered important by JHS teachers. Written and performance tests were the two language assessment methods most commonly used in junior high school, while observation was the most commonly used assessment method in elementary school. Enhancement of language assessment literacy and filling of the gap between elementary and junior high schools are suggested as the implications of this study.

  • 小学校外国語・外国語活動の評価に対する教員の意識の変化― 評価項目の重要度と評価方法に焦点を当てて―

    深澤 真

    沖縄英語教育学会紀要 ( 沖縄英語教育学会 )  18   35 - 58   2022年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    本研究では、新学習指導要領(文科省, 2017a)施行前の2018年の評価に対する教員の意識調査(深澤, 2019)と施行後の2021年の同様のアンケート調査の結果を比較し、評価に対する教員の意識の変化を検討した。評価項目の重要度について、外国語活動においては2018年の調査と大きな変化は認められなかった一方、外国語では、読むこと、書くことの2技能が加わったことや教科化されたこともあり、英語4技能5領域全ての評価の重要性が高まっていた。また、活用する評価方法について、外国語活動では新学習指導要領施行の前後とも、行動観察や振り返りを主な評価方法として活用しており、教員の意識上、大きな変化は認められなかった。一方、外国語では、新学習指導要領下において、筆記テスト、パフォーマンステスト、ポートフォリオなど、総括的評価に用いられる評価方法をより活用する傾向が見られた。新学習指導要領の導入後の評価の難しさを感じる点については、小学校教員は、外国語活動において2技能3領域と知識・技能、思考・判断・表現の全ての評価で難しさを感じており、また外国語では、話すこと(やり取り)と思考・判断・表現の評価に難しさを感じていることが明らかとなった。

  • New Course of Study Goals and Actual Teaching Practices in High School English Classes: Is the Gap Narrowing?

    FUKAZAWA, Makoto

    九州英語教育学会紀要 ( 九州英語教育学会紀要 )  50   51 - 60   2022年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    The gap between the ideal goals of the Courses of Studies and the actual teaching practices in high school English classes has been pointed out because of the examination-oriented nature of the classes in Japan (Gorsuch, 2000; Kikuchi & Brown, 2009). The purpose of this study is to examine the teaching practices in the English classes from the students’ perspectives and to determine how well those practices support the goals written in the Course of Study (MEXT, 2009). The quantitative and qualitative results of students’ responses about English subjects, such as Communication English and English Expression, showed that the students have a positive attitude toward teachers’ teaching practices in the English classes. The study also found that the language classes became communicative according to the national guidelines, at least to some extent, although examination-oriented classes can still be seen.

  • Have English Entrance Examinations at Japanese Universities Changed over the Last Two Decades?

    Makoto FUKAZAWA

    九州英語教育学会紀要 ( 九州英語教育学会 )  ( 49 ) 51 - 60   2021年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    The quality of Japanese university English entrance examinations was studied by Brown and Yamashita (1995a, 1995b), and Kikuchi (2006) replicated the original study. This study replicated these studies to analyze the changes or lack of changes in university English entrance examinations over the last two decades. The examinations were investigated in terms of the differences in the difficulty levels of the reading passages and the differences in the types of test items. A total of 20 college entrance examinations were examined. The current research revealed that the reading passages in the 2016 university English examinations were more difficult than those in 1994 and 2004. Item types that do not require English production have become more popular. Suggestions to improve English examinations were proposed based on the results.

  • Comparison Between Holistic and Analytic Rubrics of a Paird Oral Test

    Rie Koizumi , Yo In'nami, Makoto Fukazawa (担当範囲: 全般)

    日本限度テスト学会誌 ( 日本言語テスト学会 )  23   57 - 77   2020年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

    関連する研究費コード: 26370737

     概要を見る

    The current study aims to reveal similarities and differences between a holistic rubric and an analytic rubric in assessing speaking performances in a paired oral test. Speaking performances that 110 Japanese university students produced in pair interaction were evaluated by raters holistically and analytically. Comparisons between the two rubrics using many-facet Rasch analysis showed that both rubrics worked effectively, with minor differences of the analytic rubric working slightly better. Correlation and regression analysis indicated a strong relationship between the two (r = .84) and Interactive communication and Fluency analytic criteria substantially explaining holistic scores (adjusted R2 = .71). Results suggest that teachers obtain similar results with either rubric type and if they select an analytic one, a priority would be to include Interactive communication and Fluency criteria.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 実例でわかる英語スピーキングテスト作成ガイド

    小泉 利恵, 井上 千尋, 金子 恵美子, 鈴木 駿吾, 深澤 真 他 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 小学校でのスピーキングテスト (4-7), 小学校のST 状況1〜4 (121-137) )

    大修館  2022年02月 ( ページ数: 189 ,  担当ページ: p.4-7, 121-137 )

  • Sunshine 1 SUNSHINE ENGLISH COURSE Teacher's Manual 授業案編

    開隆堂出版編集部, 深澤 真 他 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 評価(ルーブリック)について )

    開隆堂出版  2021年04月 ( ページ数: 215 ,  担当ページ: p.8-9 )

  • 新・教職家庭演習 第18巻 中等英語科教育

    卯城 祐司, 樫葉 みつ子, 深澤 真 他 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 中学校と高等学校の「話すこと[やり取り][発表]」の目標の相違点(18-19), CEFRとは何か(26-29) )

    協同出版  2021年03月 ( ページ数: 215 ,  担当ページ: p.18-19, 26-29 )

  • SUNSHINE ENGLISH COURSE 3

    卯城 祐司、中嶋 洋一、西垣 知佳子、深澤 清治、深澤 真 他 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 全般 )

    開隆堂  2021年02月 ( ページ数: 151 )

  • SUNSHINE ENGLISH COURSE 1

    卯城 祐司、中嶋 洋一、西垣 千佳子、深澤 清治、深澤 真 他 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 全般 )

    開隆堂  2021年02月 ( ページ数: 159 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 豊かなコミュニケーション能力の育成(2年次)ー伝えたい意欲を高めるスモールトークの工夫ー

    知念 渚, 新崎 菜々子, 比嘉 ゆかり, 深澤 真

    琉球大学教育学部附属中学校研究紀要 ( 琉球大学附属中学校 )  34   107 - 116   2021年03月

     

  • 豊かなコミュニケーション能力の育成(1年次)ー主体性を意識したパフォーマンス課題の設定の工夫ー

    新崎 菜々子, 上原 明子, 知念 渚, 深澤 真

    琉球大学教育学部附属中学校研究紀要 ( 琉球大学附属中学校 )  33   81 - 90   2020年03月

     

  • 質の高いコミュニケーション能力の育成(4年次)ーより良いパフォーマンスにつなげる見取りの工夫を通してー

    上原 明子, 浦崎 多恵子, 新崎 菜々子, 深澤 真, 大城 賢

    琉球大学教育学部附属中学校研究紀要 ( 琉球大学教育学部附属中学校 )  32   93 - 102   2019年03月

     

  • 平成 29 年度 小学校英語教科化に向けた専門性向上のための講習の開発・実施事業 成果報告書

    大城 賢,東矢 光代,與儀 峰奈子,石原 昌英,吉本 靖,平良 勝明,深澤 真 他

    文部科学省委託事業成果報告書     1 - 39   2018年03月

     

  • 日本における英語イマージョン教育の成果と課題〜沖縄アミークス国際学園の事例〜

    大城 賢, 東矢 光代, 深澤 真

    公益財団法人日本英語検定協会委託研究報告書     1 - 89   2016年06月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Developing and evaluating an online resource on classroom speaking assessment for Japanese secondary school teachers of English

    Rie Koizumi, Chihiro Inoue, Makoto Fukazawa, Yuichiro Yokouchi, Masaru Yamamoto, M.

    Language Testing Research Colloquium 2022  (Tokyo (online))  2022年03月  -  2022年03月   

  • Formative test feedback in classroom-based speaking assessment in a Japanese senior high school

    Rie Koizumi, Akiyo Watanabe, Makoto Fukazawa, Chihiro Inoue

    Language Testing Research Colloquium 2022  (Tokyo (online))  2022年03月  -  2022年03月   

  • 日本の高校における英語の授業は学習指導要領に基づき変化したか

    深澤 真

    第49回九州英語教育学会長崎大会  (オンライン)  2021年12月  -  2021年12月   

  • 小学校外国語・外国語活動における評価に対する教員の意識 ー評価項目の重要度と評価方法に焦点を当ててー

    深澤真

    小学校英語教育学会 関東・埼玉大会  (オンラインによる開催)  2021年10月  -  2021年10月   

  • スピーキングの指導と評価―新学習指導要領の導入にあたって―

    深澤真

    中部地区英語教育学会三重支部例会  (オンライン開催)  2020年10月  -  2020年10月   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 沖縄英語教育学会運営委員

    学術専門雑誌等編集 

    2021年04月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    沖縄県英語教育学会紀要の査読を行う。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成21年度 第21回「英検」研究助成研究部門入賞

    2009年11月30日   日本英語検定協会   スピーチにおける生徒相互評価の妥当性-項目応答理論を用いて-  

    受賞者: 深澤 真

  • 高等学校指導方法に関する研究

    1996年10月21日   茨城県高等学校教育研究会   How to make high school students read actively and effectively with computers  

    受賞者: 深澤 真

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 高校の英語授業内スピーキング評価における「信頼性確保のための採点指針」の作成

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K00894

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月 

    代表者: 小泉利恵 

     概要を見る

    本研究の目的は、高校の英語授業内でスピーキング評価を行うために課題となっている「採点の信頼性の低さ」を解決するための採点指針をまとめることである。英語のパフォーマンス評価で、教員間や教員内での採点結果は一致するとは限らず、採点の安定性(信頼性)が低いことがある。本研究では、その点を改善するために、英語教員に対してどのような採点トレーニングを行ったらよいかに焦点をあて、採点指針としてまとめる。

  • スピーキング能力測定に向けたロールプレイテストの開発と妥当性検証研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 26370737

    研究期間: 2014年04月  -  2019年03月 

    代表者: 小泉利恵 

     概要を見る

    本研究の目的は、英語授業中に実施可能なロールプレイテストを開発し、妥当性を確保しつつ実施する方法を確立することである。本研究では、ロールプレイテストのより適切な実施・採点方法を、ディスカッションテストと比較しながら調べ、実施可能なテスト方法を提案する。ロールプレイテストとは、学生同士で、カードで指定した役割で会話する形式で、採点の困難さから、授業での評価時にはあまり使われていない。本研究は、日本人大学生を対象に、関連する多くの側面から分析し、Chapelle, Enright, and Jamieson (2008) に基づいて結果を統合することを目的とする。

  • スピーチにおける自己評価の妥当性:日本人学習者の場合

    奨励研究

    課題番号: 22908023

    研究期間: 2010年04月  -  2011年03月 

    代表者: 深澤 真 

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • スピーチにおける生徒相互評価の妥当性-項目応答理論を用いて-

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 平成21年度 第21回「英検」研究助成研究部門

    研究期間: 2009年06月  -  2010年03月 

    代表者: 深澤 真  資金配分機関: 日本英語検定協会

     概要を見る

    本研究では,スピーチにおける日本人高校生の相互評価の妥当性を,Messick(1996)に基づき,(1)構造的要素,(2)外的要素,(3)内容的要素,(4)実質的要素,(5)一般可能性的要素(6)影響的要素の6つの側面より検証する。

  • How to make high school students read actively and effectively with computers.

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: その他  事業名: 平成8年度「高等学校指導方法に関する研究」

    研究期間: 1996年04月  -  1997年03月 

    代表者: 深澤 真  資金配分機関: 茨城県高等学校教育研究会

     概要を見る

    本研究では,母語話者の子供向けに作られたリーディング用ソフト・ウェアを活用することにより,高校の教育現場で効果的なリーディング活動を妨げていると思われる3つの要因,(1)興味の欠如,(2)リーディング・スキルの欠如,(3)難しすぎる教材,が改善されるかどうかを検証する。

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 高校の英語授業内スピーキング評価における「信頼性確保のための採点指針」の作成

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月 

    代表者: 小泉 利恵 

     概要を見る

    本研究の目的は、高校の英語授業内でスピーキング評価を行うために課題となっている「採点の信頼性の低さ」を解決するための採点指針をまとめることである。英語のパフォーマンス評価で、教員間や教員内での採点結果は一致するとは限らず、採点の安定性(信頼性)が低いことがある。本研究では、その点を改善するために、英語教員に対してどのような採点トレーニングを行ったらよいかに焦点をあて、採点指針としてまとめる。

  • スピーキング能力測定に向けたロール プレイテストの開発と妥当性検証

    研究期間: 2014年04月  -  2019年03月 

    代表者: 小泉利恵  資金配分機関: 日本学術振興会

     概要を見る

    本研究の目的は、英語授業中に実施可能なロールプレイテストを開発し、妥当性を確保しつつ実施する方法を確立することである。本研究では、ロールプレイテストのより適切な実施・採点方法を、ディスカッションテストと比較しながら調べ、実施可能なテスト方法を提案する。ロールプレイテストとは、学生同士で、カードで指定した役割で会話する形式で、採点の困難さから、授業での評価時にはあまり使われていない。本研究は、日本人大学生を対象に、関連する多くの側面から分析し、Chapelle, Enright, and Jamieson (2008) に基づいて結果を統合することを目的とする。

  • 豊かなコミュニケーション能力の育成(1年次)ー主体性を意識したパフォーマンス課題の設定の工夫ー

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

    代表者: 深澤 真  連携研究者: 新崎 菜々子,上原 明子,知念 渚 

     概要を見る

    本研究では、主体性を意識したパフォーマンス課題の設定の工夫を通して、豊かなコミュニケーション能力の育成を図ることを目的としている。その目標のため、場面設定を臨場感あるものとし、ルーブリックに生徒の視点も取り入れた実践研究を行う。

  • 「文字の導入」から「書くこと」の指導のあり方とその効果

    研究期間: 2019年04月  -  2019年10月 

    代表者: 上江洲 育子  連携研究者: 深澤 真 

     概要を見る

    2022年度より小学校に外国語が導入され、高学年では読むことと書くことの指導が求められる。本研究では、中学校英語の前倒しではない、小学校中学年からの文字の導入から、高学年における読む活動、書く活動の指導と効果について検討を行う。

  • 質の高いコミュニケーション能力の育成(4年次)ーより良いパフォーマンスにつなげる見取りの工夫を通してー

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月 

    代表者: 深澤 真,大城 賢  連携研究者: 上原 明子,浦崎 多恵子,新崎 菜々子 

     概要を見る

    本研究は、より良いパフォーマンスにつなげる見取りの工夫を通して、質の高いコミュニケーション能力の育成を図ることを目的としている。

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度  卒業研究Ⅰ  講義

  • 2022年度  大学英語  講義

  • 2022年度  TOEFL演習  演習

  • 2022年度  英語科教育法B  講義

  • 2021年度  英語評価法演習  演習

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2022年03月
    -
    継続中

    スピーキング評価ポータルサイト

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    Auunal Report 2009

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    Auunal Report Book 2008

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    Auunal Report Book 2005

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

    Auunal Report Book 2004

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 令和4年度中学校英語 STEP UP 研修会 1 宮古地区

    宮古教育事務所 

    2022年07月
     
     

     概要を見る

    新学習指導要領に基づく指導と評価の一体化についての講演、及び筆記テスト改善ワークショップ       

  • 令和4年度中学校英語 STEP UP 研修会 1 那覇地区

    那覇教育事務所 

    2022年07月
     
     

     概要を見る

    新学習指導要領に基づく指導と評価の一体化についての講演、及び筆記テスト改善ワークショップ       

  • 令和4年度中学校英語 STEP UP 研修会 1 島尻地区

    島尻教育事務所 

    2022年06月
     
     

     概要を見る

    新学習指導要領に基づく指導と評価の一体化についての講演、及び筆記テスト改善ワークショップ       

  • 令和4年度中学校英語 STEP UP 研修会 1 八重山地区

    八重山教育事務所 

    2022年06月
     
     

     概要を見る

    新学習指導要領に基づく指導と評価の一体化についての講演、及び筆記テスト改善ワークショップ       

  • 令和4年度中学校英語 STEP UP 研修会 1 国頭地区

    北部合同庁舎 

    2022年05月
     
     

     概要を見る

    新学習指導要領に基づく指導と評価の一体化についての講演、及び筆記テスト改善ワークショップ       

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日本言語テスト学会第22回(2019年度)全国研究大会 [国際学術貢献]

    ( 新潟青陵大学 )

    2019年9月
     
     

    種別:学会・研究会等 

     概要を見る

    全国研究大会本部委員として、全国研究大会の企画・運営を行なった。

  • 日本言語テスト学会第21回(2017年度)全国研究大会 [国際学術貢献]

    ( 会津大学 )

    2017年9月
     
     

    種別:学会・研究会等 

     概要を見る

    全国研究大会本部委員として、全国研究大会の企画・運営を行なった。

  • 日本言語テスト学会(2016年度)20周年記念全国研究大会 [国際学術貢献]

    日本言語テスト学会  ( 東海大学 )

    2016年9月
     
     

    種別:学会・研究会等 

     概要を見る

    全国研究大会本部委員として、全国研究大会の企画・運営を行なった。

  • 小泉利恵科研プロジェクト第2回例会,第52回日本言語テスト学会研究例会(共催) [国際学術貢献]

    小泉利恵,日本言語テスト学会(共催)  ( オンライン )

    2021年2月
     
     

    種別:大会・シンポジウム等 

     概要を見る

    小泉科研プロジェクトメンバーとして、小泉利恵科研プロジェクト第2回例会, 第52回日本言語テスト学会研究例会(共催)の企画・運営、及び司会を行った。

  • 小泉利恵科研プロジェクト第1回例会,第51回日本言語テスト学会研究例会(共催) [国際学術貢献]

    小泉利恵,日本言語テスト学会(共催)  ( オンライン )

    2020年11月
     
     

    種別:学会・研究会等 

     概要を見る

    小泉科研プロジェクトメンバーとして、小泉利恵科研プロジェクト第1回例会, 第51回日本言語テスト学会研究例会(共催)の企画・運営、及び司会を行った。

全件表示 >>