藤村 弘行 (フジムラ ヒロユキ)

Fujimura Hiroyuki

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

20398308

ホームページ

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~fujimura/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   海洋自然科学科   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(理学)  環境動態解析

  • 琉球大学 -  修士(理学)  環境関連化学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年10月
    -
    2006年03月

      琉球大学 理学部 COEボスドク研究員  

  • 2006年07月
    -
    2009年06月

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 解析化学講座 助教  

  • 2009年07月
    -
    2020年06月

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 解析化学講座 准教授  

  • 2020年07月
    -
    継続中

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 海洋化学講座 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本地球化学会

  •  
     
     
     

    日本分析化学会

  •  
     
     
     

    日本サンゴ礁学会

  •  
     
     
     

    日仏海洋学会

  •  
     
     
     

    国際サンゴ礁学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物地球化学

  • 炭酸塩化学

  • 石灰化

  • 炭酸塩

  • 抗酸化酵素

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境動態解析

  • ナノテク・材料 / 分析化学

  • ナノテク・材料 / グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 東シナ海における炭酸系の鉛直分布と海洋酸性化

  • 高温ストレス下におけるサンゴの抗酸化酵素に関する研究

  • 沿岸海域の汚染物質の挙動とサンゴへの影響に関する研究

  • サンゴ礁における光合成・石灰化の炭素生産量に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Correction: The Effect of Co-Culture of Two Coral Species on Their Bacterial Composition Under Captive Environments.

    Ide K, Nakano Y, Ito M, Nishikawa Y, Fujimura H, Takeyama H

    Marine biotechnology (New York, N.Y.) ( Marine Biotechnology )    2022年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Long-term trends and seasonal variations in environmental conditions in Sesoko Island, Okinawa, Japan

    Singh Tanya, Sinniger Frederic, Nakano Yoshikatsu, Nakamura Shigeo, Kadena Shouhei, Jinza Mori, Fujimura Hiroyuki, Harii Saki

    Galaxea, Journal of Coral Reef Studies ( 日本サンゴ礁学会 )  24 ( 1 ) 121 - 133   2022年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>Knowledge of environmental factors is crucial in understanding biological and ecological processes. Yet information on the environment around Sesoko Island, Okinawa, Japan, one of the main locations for coral reef research in Japan, remains scarce. Data of air and sea surface temperature (SST), wind velocity, wave height, and frequency of typhoons have been manually recorded at Sesoko Station, Tropical Biosphere Research Station, the University of the Ryukyus from September 1990 to November 2021. Here we describe the seasonal and long-term trends in these environmental variables at Sesoko Island. Some of the key findings were that the air temperature and SST fluctuated by ~9-12°C throughout the year. A rise in air temperature and SST between 1990 and 2021 was observed in the winter and autumn season, respectively. The Degree Heating Week (DHW) based on the in-situ data reflected the bleaching observations around Sesoko Station. The DHW exceeded the critical bleaching level of 8°C-week in 1998 and the significant bleaching level of 4°C-week in 2001, 2016, and 2017. Weak southerly winds were dominant in summers, while stronger northeasterly winds were dominant in winters. The frequency of winds between 3.4 to 7.9 m/s and northeastern winds have increased through time. Typhoons generally occur between May and October, and the frequency of typhoons has not increased over the past 30 years. Wave heights never exceeded 0.5 m and were highest between July and September. These findings will provide a reliable baseline of the environment at Sesoko Island for further ecological studies.</p>

  • Final yield of the brown alga Cladosiphon okamuranus (Chordariaceae, Phaeophyceae) may depend on nursery quality

    Sato Y.

    Phycological Research ( Phycological Research )  69 ( 3 ) 159 - 165   2021年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Photooxidation Products from a Marine Cadinane Sesquiterpenoid

    Kurnianda Viqqi, Fujimura Hiroyuki, Kanna Yoko, Tanaka Junichi

    Chemistry Letters ( 公益社団法人 日本化学会 )  50 ( 2 ) 220 - 222   2021年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>To show that artifacts can readily form during research on marine natural products, a common marine sesquiterpenoid <b>1</b> was treated with sunlight in the presence of a pigment. Another set of solutions were prepared and kept in shade under the bench for two weeks as negative controls. As a result, four oxygenated derivatives <b>2</b>–<b>5</b> were obtained. A unique structure of a highly oxidized molecule <b>5</b> was solved by X-ray crystallography.</p>

  • A metabarcoding survey for seasonal picophytoplankton composition in two coral reefs around Sesoko Island, Okinawa, Japan

    Handung Nuryadi, Thi Tra My Nguyen, Michihiro Ito, Naoko Okada, Satoshi Wakaoji, Toru Maruyama, Yoshikatsu Nakano, Hiroyuki Fujimura, Haruko Takeyama, Shoichiro Suda

    Journal of Applied Phycology ( Journal of Applied Phycology )  30 ( 6 ) 3179 - 3186   2018年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 琉球列島の自然講座

    琉球大学理学部, 琉球列島の自然講座, 編集委員会 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 1-3サンゴのバイオミネラリゼーション )

    ボーダーインク  2015年03月 ( ページ数: 207 ,  担当ページ: p.39-45 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • サンゴ礁の化学

    藤村 弘行

    化学と教育   64 ( 11 ) 560 - 563   2016年11月

     

  • サンゴ礁の化学

    藤村 弘行

    化学と教育 ( 公益社団法人 日本化学会 )  64 ( 11 ) 560 - 563   2016年  [査読有り]

     

    DOI

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Community metabolism of coral reef ecosystem at la Reunion island by the water flow box model

    藤村 弘行

    Geophysical Research Abstracts of European Geosciences Union General Assembly 2005 vol.7  2005年  -  2005年   

    CiNii Research

  • Behavior of Aluminum and DOC in waters of the Gesashi mangrove estuary, Okinawa, Japan

    Kombo Mohamed, Bakari Said, Okada Koichiro, Fujimura Hiroyuki, Shinjo Ryuichi, Tokuyama Akira

    日本地球化学会年会要旨集  2005年  -  2005年   

    CiNii Research

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • サンゴの白化現象メカニズム究明と大規模白化に対する生物化学的防止・救済策の確立

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月 

    代表者: 藤村 弘行 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 造礁サンゴの抗酸化能向上による白化耐性の評価

    基盤研究(C)

    課題番号: 15K00594

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 藤村 弘行 

    直接経費: 3,700,000(円)  間接経費: 1,110,000(円)  金額合計: 4,810,000(円)

  • 造礁サンゴの抗酸化能向上による白化耐性の評価

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 藤村 弘行 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • サンゴ礁生態系・物質循環共生系の素過程解明

    新学術領域研究

    課題番号: 20121003

    研究期間: 2008年  -  2012年 

    代表者: 鈴木 款  研究分担者: 藤村 弘行

  • 地球温暖化と海洋の酸性化に対するサンゴ礁生態系の応答と激変

    基盤研究(B)

    課題番号: 20310014

    研究期間: 2008年  -  2011年 

    代表者: 大森 保 

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • サンゴの白化現象メカニズム究明と大規模白化に対する生物化学的防止・救済策の確立

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 受託研究  事業名: 環境研究総合推進費

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月 

    代表者: 藤村 弘行  連携研究者: 藤村 弘行  資金配分機関: (独)環境再生保全機構

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • サンゴ礁島嶼系の生物多様性の総合解析

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2004年  -  2008年 

    資金配分機関: -

SDGs 【 表示 / 非表示

  • サンゴの白化現象解明による白化防止およびサンゴの救済