古堅 誠 (フルゲン マコト)

Furugen Makoto

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

70732791

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   助教  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(医学)  医学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年01月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 助教  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器疾患・呼吸器腫瘍

論文 【 表示 / 非表示

  • Radiation-induced sarcoma in a 10-year survivor with stage IV EGFR-mutated lung adenocarcinoma.

    Shibahara D, Furugen M, Kasashima S, Kaneku K, Yamashiro T, Arakaki W, Ariga T, Atsumi E, Aoyama H, Matsumoto H, Maehara H, Fujita J

    Respiratory medicine case reports ( Respiratory Medicine Case Reports )  28   100889   2019年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 糞線虫過剰感染症候群における呼吸器合併症と画像所見

    鍋谷 大二郎, 平田 哲生, 原永 修作, 兼久 梢, 喜友名 朋, 新垣 若子, 金城 武士, 宮城 一也, 古堅 誠, 外間 昭, 健山 正男, 藤田 次郎

    Clinical Parasitology   29 ( 1 ) 18 - 20   2018年12月

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • ニボルマブによる重篤な器質化肺炎を発症した頭頸部がんの1症例

    高橋 秀徳, 平川 仁, 古堅 誠, 中山 良朗, 里見 雄次, 鈴木 毅, 石井 岳夫, 難波 有智, 井口 菜摘, 神山 あい子, 武村 克哉, 中島 信久, 増田 昌人, 新崎 章

    腫瘍内科   22 ( 3 ) 355 - 361   2018年09月

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • Do infections with disseminated <i>Mycobacterium avium</i> complex precede sweet's syndrome? A case report and literature review.

    Hibiya K, Miyagi K, Tamayose M, Nabeya D, Kinjo T, Takeshima S, Ikemiyagi N, Yamada K, Fujita A, Hashioka H, Kami W, Inamine M, Shibahara D, Nakamura H, Furugen M, Haranaga S, Higa F, Tateyama M, Fujita J

    International journal of mycobacteriology   6 ( 4 ) 336 - 343   2017年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 8年間で気管支鏡的結石除去を7回行った気管支結石症の1例

    鍋谷 大二郎, 宮城 一也, 上 若生, 橋岡 寛恵, 金城 武士, 古堅 誠, 原永 修作, 藤田 次郎

    気管支学 ( 特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 )  39 ( 3 ) 246 - 250   2017年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p><b>背景.</b>気管支結石症は,本邦では結核感染による石灰化リンパ節が原因として多かったが,近年は気道分泌物由来の結石症が増加している.今回,繰り返し気管支鏡的除去術を要した分泌物由来の気管支結石症を経験した.<b>症例.</b>51歳女性.結核感染症の既往や石灰化リンパ節はない.高度の側弯症があり,若年時より下気道感染を繰り返していた.38歳時には胸部CTで気管支拡張と気管支内腔の結石を指摘されていた.43歳時に呼吸不全の改善を目的に気管支鏡下に最初の除石術を行った.その後も同様の理由で度々除石術を要し,8年間で計7回の除石術を行った.除石術に関連する合併症は認めなかった.結石の主成分は炭酸カルシウムであった.気道の加湿の改善と排痰方法の変更の後は,2年以上再発を認めていない.<b>結論.</b>側弯症と気管支拡張による持続的な気道クリアランス不良により,分泌物由来の気管支結石を繰り返したと考えられる.気管支内腔に遊離する結石であったため,気管支鏡による除石術は安全で実用的であった.</p>

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示