遠藤 由美子 (エンドウ ユミコ)

Endoh Yumiko

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

90282201

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1990年03月

    琉球大学   医学部   保健学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2022年01月

    琉球大学  博士(保健学)  その他  修了

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    東北学院大学  人間情報学研究科  人間情報学専攻  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(保健学)  保健学

  • その他の機関 -  修士(学術)  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月
    -
    2000年02月

      山形大学 医学部 看護学科 助手  

  • 2000年03月
    -
    2002年04月

      山形大学 医学部 看護学科 講師  

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

      山形大学 医学部 看護学科 助教授  

  • 2004年04月
    -
    2009年12月

      山形大学 医学部 看護学科 准教授  

  • 2010年01月
    -
    2022年06月

      琉球大学 医学部 保健学科 准教授  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    日本母性衛生学会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本助産学会

  • 2013年06月
    -
    継続中
     

    日本看護科学学会

  • 2019年07月
    -
    2021年06月
     

    日本母性衛生学会   代議員

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 助産学

  • 母性看護

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 臨床看護学

  • ライフサイエンス / 生涯発達看護学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 離島で働く看護師の未病およびストレスコーピングに関する研究

     概要を見る

    全国の離島を含むへき地に勤務する看護職のストレス要因,ストレス対処行動および健康状態(未病)の実態を明らかにすることを目的としている.

  • 更年期症状軽減のための運動

  • 中高年看護職の健康

  • 孫育てに関わる祖父母の育児と健康

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Relationship between child-rearing assistance, physical activity, and health-related quality of life among Okinawan grandmothers

    2022年01月 

論文 【 表示 / 非表示

  • 祖父母の年齢層のちがいによる孫への育児支援および身体活動の特徴

    遠藤由美子,玉城陽子,大嶺ふじ子

    母性衛生 ( 日本母性衛生学会 )  63 ( 2 ) 446 - 454   2022年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

    関連する研究費コード: JP23593300

  • 新型コロナウイルス感染症拡大下における父親の保健指導参加状況と父親が医療者に求める保健指導の実態.

    山口咲奈枝藤田愛, 佐藤幸子, 遠藤由美子

    母性衛生   63 ( 1 ) 72 - 80   2022年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Child-rearing assistance enhances physical activity and health-related quality of life among Japanese grandmothers.

    Endoh Y., Tamashiro Y., Toyosato T., Omine F., Takeda M., Kobayashi M., Endoh H.

    Journal of Intergenerational Relationships ( Journal of Intergenerational Relationships )    2021年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

    関連する研究費コード: JP23593300

     概要を見る

    Appropriate physical activity (PA) enhances health-related quality of life (HRQOL) in the elderly. However, few studies have focused on the physical activity required during grandparenting activities. We investigated the levels of PA and HRQOL in 48 Japanese grandmothers and determined the association between child-rearing assistance and PA and between PA and HRQOL. The study revealed that the grandmothers mainly provided non-daily care, and they showed an appropriate level of PA and good physical and mental HRQOL. These findings suggest that involvement in non-routine care has benefits for grandparents' health.

  • Impact of village health volunteer support on postnatal depressive symptoms in the remote rural areas of Lao People’s Democratic Republic: A cross-sectional study.

    Toyama N., Vongphoumy I., Uehara M., Sato C., Nishimoto F., Moji K, Pongvongsa T., Shirai K., Takayama T., Takahara M., Tamashiro Y., Endo Y., Kounnavong S., Kobayashi J.

    Tropical Medicine and Health   49 ( 1 ) 1 - 9   2021年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    BACKGROUND: Village health volunteers (VHVs) are responsible for providing primary care in the communities of Laos. Unlike other districts, in Xepon more than 90% of VHVs are male and therefore experience difficulties interacting with pregnant women. To improve outreach to pregnant women, especially among ethnic minorities, a new project was implemented by local municipalities in 2017: newly selected female VHVs were paired to work with existing male VHVs. The objective of this study was to compare the postnatal depressive symptoms of ethnic minority mothers supported by pair-VHVs and single-VHVs in remote rural areas of Lao People's Democratic Republic (PDR). METHODS: A cross-sectional study was conducted in March 2019. Mothers who had delivered a baby within 1 year preceding the study were recruited from 36 villages. Of the 305 mothers, 227 responded. The questionnaires included (1) demographic characteristics such as age, economic status, and birth experience; (2) self-decision to go to a health center/hospital to receive antenatal care; (3) type of VHVs (pair or single), support, and information from VHVs during pregnancy, support from husband and relationship with husband; (4) the Edinburgh Postnatal Depression Scale (EPDS). A Mann-Whitney U test, chi-square test, and multiple linear regression analysis were performed. Ethical approval was obtained from the University of the Ryukyus and National Ethics Committee for Health Research of Lao PDR. RESULTS: The average total EPDS score was 5.5 among mothers supported by pair-VHV and 7.0 among mothers supported by single-VHV. Results of the multiple linear regression analysis showed that the EPDS score was significantly lower among mothers supported by pair-VHV (β=-1.18, p <0.05) even after adjusting for economic and biological factors. CONCLUSIONS: Mothers supported by pair-VHV had a significantly lower EPDS score than those supported by single-VHVs in this study area, suggesting that the support of male and female VHV pairs contributed to improving mental health status among ethnic minority mothers in remote rural areas of Lao PDR. Expanding the program to train female VHVs working with male VHVs is necessary for improving maternal and child health in a rural district of Lao PDR.

  • Mothers' experiences of parenting a child with chromosomal structural abnormalities: The journey to acceptance.

    Kutsunugi S, Tsujino K, Murakami K, Iida K, Gima T, Endoh Y, Tamashiro Y, Stone TE, Kobayashi J

    Japan journal of nursing science : JJNS ( Japan Journal of Nursing Science )  18 ( 2 ) e12387   2020年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 疾患別看護過程セミナー(下巻)

    遠藤 由美子 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 子宮内膜症 看護プロセス )

    サイオ出版  2018年08月 ( ページ数: 264 ,  担当ページ: p.248-262 )

  • 看護学実践 science of nursing 母性看護学

    遠藤由美子 ( 担当: 監修書 , 担当範囲: 女性のライフサイクルにおける看護. )

    ピラールプレス  2013年10月 ( ページ数: 198 ,  担当ページ: p.47-58 )

  • 看護学実践―science of nursing―母性看護学

    遠藤由美子 ( 担当: 監修書 , 担当範囲: 女性のライフサイクルにおける看護 )

    日本放射線技師会出版会  2007年05月 ( ページ数: 220 ,  担当ページ: p.46-60 )

  • 疾患別看護過程セミナー統合改訂版

    遠藤由美子 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 子宮内膜症 看護プロセス )

    医学芸術社  2006年 ( ページ数: 819 ,  担当ページ: p.794-808 )

  • 疾患理解とケアプランのための看護過程セミナー3

    遠藤由美子 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 子宮内膜症患者の看護 )

    医学芸術社  2004年 ( ページ数: 249 ,  担当ページ: p.194-207 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 生姜成分摂取による月経痛緩和効果.

    玉城(長田)あさ香, 遠藤由美子, 赤堂秀馬, 許田将司, 野村宏太, 遠藤洋志

    琉球大学教育学部紀要   96 ( 1 ) 131 - 136   2020年

     

  • 事例研究(ケーススタディ)を査読する

    眞榮城千夏子, 遠藤由美子, 平安名由美子

    平成26−29年度琉球大学「ちゅら島の未来を創る知の津梁」島嶼医療における看護職の臨床看護研究能力育成―最終年度報告書―     21 - 24   2018年

     

  • 平成28年度(2016年度)八重山地区看護研究に関するアンケート調査結果

    遠藤由美子, 與古田孝夫, 豊里竹彦, 眞榮城千夏子, 原美鈴, 平安名由美子, 國吉緑, 古謝安子

    平成26−30年度琉球大学「ちゅら島の未来を創る知の津梁」島嶼医療に.平成26−29年度琉球大学「ちゅら島の未来を創る知の津梁」島嶼医療における看護職の臨床看護研究能力育成―最終年度報告書―,97−105臨床看護研究能力育成―最終年度報告書―     97 - 105   2018年

     

  • 平成29年度(2017年度)八重山地区看護研究に関するアンケート調査結果

    遠藤由美子, 與古田孝夫, 豊里竹彦, 眞榮城千夏子, 原美鈴, 平安名由美子, 國吉緑, 古謝安子

    平成26−29年度琉球大学「ちゅら島の未来を創る知の津梁」島嶼医療における看護職の臨床看護研究能力育成―最終年度報告書―     107 - 115   2018年

     

  • 平成27年度八重山地区看護研究に関するアンケート調査

    遠藤由美子, 眞榮城千夏子, 原美鈴, 平安名由美子, 豊里竹彦, 與古田孝夫, 國吉緑, 古謝安子

    平成26−29年度琉球大学「ちゅら島の未来を創る知の津梁」島嶼医療における看護職の臨床看護研究能力育成―平成28年度事業報告書―     109 - 115   2017年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Working Situations of Japanese Nurses under the COVID-19 Pandemic.

    Endoh Y., Tamashiro Y., Maeshiro C.

    The 52nd APACPH  ( Surabaya)  2021年10月  -  2021年10月   

  • Relationship between recognition of job-related stress, coping and subjective health in the Japanese nursing profession.

    Maeshiro C, Endoh Y, Tamashiro Y.

    The 52nd APACPH  ( Surabaya)  2021年10月  -  2021年10月   

  • Study on the Association between Individual Factors/Occupational Stressors and Perceived Occupational Stress in Nurses.

    Tamashiro Y, Endoh Y, Maeshiro C.

    The 52nd APACPH  ( Surabaya)  2021年10月  -  2021年10月   

  • 孫育てにかかわる祖父母の育児支援と身体活動の関連

    遠藤由美子,玉城陽子,嵩元リカ,高山智美

    第35回日本助産学会20210320,21  (神戸)  2021年03月  -  2021年03月   

  • 離島で働く看護職の健康に関する国内研究の動向

    遠藤由美子,玉城陽子,眞榮城千夏子

    第40回日本看護科学学会学術集会  (東京)  2020年12月  -  2020年12月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 父親が必要とする支援時期と支援内容-パートナーの妊娠期から産後1年まで-

    基盤研究(C)

    課題番号: D622K10923

    研究期間: 2022年04月  -  2027年03月 

    代表者: 玉城陽子  研究分担者: 嵩元リカ,遠藤由美子

  • 成人学習理論に基づく父親の育児行動促進のための周産期の看護介入プログラムの開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K10930

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月 

    代表者: 山口 咲奈枝  研究分担者: 佐藤幸子,藤田愛,遠藤由美子

    直接経費: 3,400,000(円)  間接経費: 1,020,000(円)  金額合計: 4,420,000(円)

  • 離島で働く看護師の未病およびストレスコーピングに関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 19K10709

    研究期間: 2019年04月  -  2023年03月 

    代表者: 遠藤由美子  研究分担者: 眞榮城千夏子,玉城陽子

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 960,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

  • 妊娠期における心身の出産準備を支援するセルフケア・アセスメントツールの開発と評価

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K12351

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 大嶺ふじ子   研究分担者: 豊里竹彦,玉城陽子,遠藤 由美子

    直接経費: 3,500,000(円)  間接経費: 1,050,000(円)  金額合計: 4,550,000(円)

  • 父親の育児行動を促進する看護介入プログラムの開発-ランダム化比較試験による検討-

    基盤研究(C)

    課題番号: 16K12090

    研究期間: 2016年04月  -  2020年03月 

    代表者: 山口 咲奈枝  研究分担者: 佐藤幸子,藤田愛,遠藤由美子

    直接経費: 3,600,000(円)  間接経費: 1,080,000(円)  金額合計: 4,680,000(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 「離島僻地周産期医療を担う人材(助産師)の育成に向けた取組」

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 琉球大学  ちゅら島の未来を創る知の津梁

    研究期間: 2015年04月  -  2016年04月 

    代表者: 玉城陽子  資金配分機関: 文部科学省

  • 琉球大学 ちゅら島の未来を創る知の津梁「離島僻地周産期医療を担う人材(助産師)の育成に向けた取組」

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: 地(知)の拠点整備事業(COC)

    研究期間: 2015年  -  2015年 

    代表者: 玉城陽子  資金配分機関: 文部科学省

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • [島嶼医療における看護職の臨床看護研究能力育成」事業

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: 琉球大学 ちゅら島の未来を創る知の津梁

    研究期間: 2014年04月  -  2018年03月 

    代表者: 眞榮城千夏子  資金配分機関: 文部科学省

  • パートナーシップによる臨床看護研究能力獲得のための革新的・戦略的プログラム構築に向けた予備的研究

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 琉球大学 研究プロジェクト支援事業(女性研究者支援研究費)

    研究期間: 2014年04月  -  2015年03月 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 琉球大学

    金額合計: 1,127,000(円)

  • 琉球大学 ちゅら島の未来を創る知の津梁「島嶼医療における看護職の臨床看護研究能力育成」事業

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: 地(知)の拠点整備事業(COC)

    研究期間: 2014年  -  2017年 

    代表者: 眞榮城千夏子  資金配分機関: 文部科学省

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 更年期女性の不定愁訴、精神的健康と睡眠障害との関連

    研究期間: 2008年  -  2008年 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 山形ヘルスサポート協会

    直接経費: 100,000(円) 

  • レジスタンストレーニングの継続が更年期女性の不定愁訴に与える効果

    研究期間: 2007年  -  2007年 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 宇流麻学術研究助成基金

    直接経費: 115,000(円) 

  • 思春期の月経前不定愁訴が現在の更年期症状に及ぼす影響

    研究期間: 2007年  -  2007年 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 山形県母性衛生学会

    直接経費: 70,000(円) 

  • 筋力トレーニングが更年期の不定愁訴に及ぼす影響

    研究期間: 2007年  -  2007年 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 山形ヘルスサポート協会

    直接経費: 100,000(円) 

  • 疲労軽減に対する運動・芳香療法の効果検証

    研究期間: 2006年  -  2006年 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 山形ヘルスサポート協会

    直接経費: 100,000(円) 

全件表示 >>

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度  ヒトの健康科学  講義

  • 2022年度  小児看護実習  実験・実習・実技

  • 2022年度  小児看護学  講義

  • 2022年度  小児看護実践学  講義

  • 2022年度  助産統合実習  実験・実習・実技

全件表示 >>