広瀬 裕一 (ヒロセ ユウイチ)

Hirose Euichi

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

30241772

ホームページ

http://tunicata.nukarumi.net

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   海洋自然科学科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    筑波大学   第二学群生物学類   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    筑波大学  生物科学研究科  生物学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 -  理学博士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1992年09月

      慶應義塾大学法学部生物学教室 助手  

  • 1992年10月
    -
    1993年03月

      筑波大学生物科学系 助手  

  • 1993年04月
    -
    1997年03月

      日本大学生物資源科学部 講師  

  • 1997年04月
    -
    2005年03月

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 熱帯生命機能学講座 助教授  

  • 2005年04月
     
     

      琉球大学理学部海洋自然科学科生物系  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    沖縄生物学会

  •  
     
     
     

    日本動物学会

  •  
     
     
     

    日伊生物学会

  •  
     
     
     

    American Microscopical Society

  • 1986年04月
    -
    継続中
     

    日本動物学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 動物形態学,細胞生理学,被のう,被のう動物,外皮,共生,細胞機能,系統

  • 被嚢

  • 表面構造

  • 藍藻

  • 細胞機能

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 形態、構造

  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

  • ライフサイエンス / 形態、構造

  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭1種免許

  • 中学校教諭1種免許

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 被のう動物における外被構造の比較形態学

  • 海産無脊椎動物と藻類の共生系の形態学的研究

  • ホヤ被嚢にみる構造と機能の多様性

  • ホヤ-藍藻共生系の共生機構と多様性

論文 【 表示 / 非表示

  • Stack of cellular lamellae forms a silvered cortex to conceal the opaque organ in a transparent gastropod in epipelagic habitat

    Daisuke Sakai, Jun Nishikawa, Hiroshi Kakiuchida, Euichi Hirose

    PeerJ   10 ( e14284 )   2022年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Innate immunity in the edible ascidian Halocynthia roretzi developing soft tunic syndrome: Hemolymph can eliminate the causative flagellates and discriminate allogeneic hemocytes

    Tetsuya Yanagida, Kei Nakayama, Tomoo Sawada, Miho Honjo, Shoko Murakami, Takaji Iida, Euichi Hirose, Shin-Ichi Kitamura

    Fish & Shellfish Immunology ( Elsevier BV )  127   659 - 665   2022年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Prevalence, complete genome, and metabolic potentials of a phylogenetically novel cyanobacterial symbiont in the coral‐killing sponge, <i>Terpios hoshinota</i>

    Yu‐Hsiang Chen, Hsing‐Ju Chen, Cheng‐Yu Yang, Jia‐Ho Shiu, Daphne Z. Hoh, Pei‐Wen Chiang, Wenhua Savanna Chow, Chaolun Allen Chen, Tin‐Han Shih, Szu‐Hsien Lin, Chi‐Ming Yang, James Davis Reimer, Euichi Hirose, Budhi Hascaryo Iskandar, Hui Huang, Peter J. Schupp, Chun Hong James Tan, Hideyuki Yamashiro, Ming‐Hui Liao, Sen‐Lin Tang

    Environmental Microbiology ( Wiley )  24 ( 3 ) 1308 - 1325   2022年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Keeping a Clean Surface under Water: Nanoscale Nipple Array Decreases Surface Adsorption and Adhesion Forces

    Kaoru Uesugi, Kazuaki Nagayama, Euichi Hirose

    Journal of Marine Science and Engineering ( MDPI AG )  10 ( 1 ) 81 - 81   2022年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    While nanoscale nipple arrays are expected to reduce light reflection and/or dust contamination in some insects, similar structures have been reported in various marine invertebrates. To evaluate the anti-contamination property of the structure in aquatic regimes, we measured the adsorption and adhesion forces on the flat surface and MOSMITE™ (Mitsubishi Chemical Corporation, Tokyo, Japan), a synthetic material mimicking the nipple array, under water. A small force toward the surface occurred when the probe approached the substrate surface. This adsorption force was significantly smaller on MOSMITE™ than on the flat surface. The adhesion force toward the surface occurred when the probe was detached from the surface, and it was also significantly smaller on MOSMITE™ than on the flat surface. The adhesion force in the air was much greater than the force under water, and the force was also significantly smaller on MOSMITE™ than on the flat surface. In the aquatic regime, the nipple array provides less adsorption/adhesion properties for the surface and thus, the organisms would have less contamination of microparticles on their body surface. As the adsorption and adhesion forces are also involved in the attachment of cells, tissue, and larvae, less adhesive body surfaces should be beneficial for survival in aquatic environments, as well as land environments.

  • Umbrella of <i>Mastigias papua</i> (Scyphozoa: Rhizostomeae: Mastigiidae): hardness and cytomorphology with remarks on colors

    Yuki Hamaguchi, Akane Iida, Jun Nishikawa, Euichi Hirose

    Plankton and Benthos Research ( The Plankton Society of Japan/The Japanese Association of Benthology )  16 ( 3 ) 221 - 227   2021年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 琉球列島の自然講座

    広瀬 裕一 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 光を食べる動物たち )

    ボーダーインク(那覇)  2015年03月 ( ページ数: 207 ,  担当ページ: p. 131–143 )

  • 沖縄の自然は大丈夫?生物の多様性と保全(琉球大学ブックレット2)

    中西希、中本淳、広瀬 裕一 ( 担当: 単著 )

    沖縄タイムス  2015年03月 ( ページ数: 133 )

  • Enigmatic life and evolution of Prochloron and related cyanobacteria inhabiting colonial ascidians. In "Handbook on Cyanobacteria"

    Hirose E, Neilan BA, Schmidt EW, Murakami A: ( 担当: 共著 )

    Nova Science Publishers, Inc.  2009年

  • 美ら海の自然史 サンゴ礁島嶼系の生物多様性

    琉球大学21世紀COEプログラム編集委員会編 ( 担当: 共著 )

    東海大学出版会  2006年07月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • マボヤ被嚢軟化症の原因鞭毛虫Azumiobodo hoyamushiの遺伝的構造解析のための遺伝子マーカーの開発

    柳田哲矢, 山中旅人, 仲山慶, 広瀬裕一, 北村真一

    日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018   2018年

     

    J-GLOBAL

  • 養殖マポヤ被嚢軟化症の原因鞭毛虫Azumiobodo hoyamushiの遺伝的構造解析のためのマイクロサテライトマーカーの開発

    柳田哲矢, 仲山慶, 山中旅人, 北村真一, 広瀬裕一

    日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   86th   2017年

     

    J-GLOBAL

  • 被嚢軟化症原因鞭毛虫Azumiobodo hoyamushiの被嚢抽出液に対する走化性

    縄田暁, 熊谷明, 広瀬裕一, 北村真一

    日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2016   2016年

     

    J-GLOBAL

  • 浮遊性被嚢類サルパ類体表面のニップルアレイ構造は紫外線防御またはカモフラージュとして機能しているか?

    西川淳, 広瀬裕一, 酒井大輔, 眞山博幸

    日本海洋学会大会講演要旨集   2015   2015年

     

    J-GLOBAL

  • What are the benefits in the ascidian-Prochloron symbiosis?

    その他の著者

    Endocytobiosis and Cell Research ( その他の出版社 )  15   51 - 62   2004年

     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Zoological Science Award

    2016年11月17日   日本動物学会   Fine structure of the integumentary cuticles and alimentary tissue of pycnophyid kinorhynchs Pycnophyes oshoroensis and Kinorhynchus yushini (Kinorhyncha, Homalorhagida)  

    受賞者: 広瀬裕一、山崎博史

  • 日本甲殻類学会賞

    2009年09月22日   日本甲殻類学会  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    受賞者 / 太田悠造、田中克彦、広瀬裕一

  • Zoological Science Award

    1998年09月27日   日本動物学会  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    受賞者/Hirose E, Lambert G, Kusakabe T, Nishikawa T

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 体表ナノ構造は水中で接着力・摩擦力を低減するか?:生物模倣材料を用いた検証

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K06252

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月 

    代表者: 広瀬 裕一, 酒井 大輔, 上杉 薫 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 4,160,000(円)  金額合計: 960,000(円)

  • ゼラチン質プランクトンの体表構造と光学特性から探る「柔らかな体」の適応

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K06213

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 西川 淳, 広瀬 裕一, 垣内田 洋, 酒井 大輔 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 4,290,000(円)  金額合計: 990,000(円)

  • ゼラチン質プランクトンの体表構造と光学特性から探る「柔らかな体」の適応

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K06213

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 西川 淳, 広瀬 裕一, 垣内田 洋, 酒井 大輔 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 4,290,000(円)  金額合計: 990,000(円)

  • ゼラチン質プランクトンの体表構造と光学特性から探る「柔らかな体」の適応

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K06213

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 西川 淳, 広瀬 裕一, 垣内田 洋, 酒井 大輔 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 4,290,000(円)  金額合計: 990,000(円)

  • ゼラチン質プランクトンの体表構造と光学特性から探る「柔らかな体」の適応

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K06213

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 西川 淳, 広瀬 裕一, 垣内田 洋, 酒井 大輔 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 4,290,000(円)  金額合計: 990,000(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • サンゴを被覆する藍藻共生性海綿Terpios hoshinotaの分布現況調査と組織および色素の解析

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2010年01月  -  2010年12月 

    代表者: 広瀬 裕一  資金配分機関: 財団法人海洋博覧会記念公園管理財団 理事長 冨田 祐次

    直接経費: 496,750(円)  金額合計: 496,750(円)

  • サンゴを被覆する藍藻共生性海綿Terpios hoshinotaの分布現況調査と組織および色素の解析

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 調査研究・技術開発助成事業

    研究期間: 2010年  -  2010年 

    代表者: 広瀬 裕一  資金配分機関: 海洋博覧会記念公園管理財団

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 第4回国際被嚢動物会議 「原核性藻類とホヤにおける共生の多様性と進化」

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 海外渡航  事業名: 海外発表促進助成

    研究期間: 2007年  -  2007年 

    代表者: 広瀬 裕一  資金配分機関: 日本科学協会

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • ホヤ被嚢にみる構造と機能の多様性

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: その他の研究制度

    研究期間: 1992年  -  1992年 

    資金配分機関: no_data

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 海産無脊椎動物の体表の「かたち」と機能