池上 大祐 (イケガミ ダイスケ)

IKEGAMI Daisuke

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

00633562

生年

1978年

研究室住所

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-8296

ホームページ

https://glocalhistory.hatenadiary.jp/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   地域文化科学プログラム   准教授  

  • 併任   琉球大学   島嶼地域科学研究所   准教授  

  • 併任   琉球大学   人文社会科学研究科   人間科学専攻   准教授  

  • 併任   琉球大学   地域共創研究科   文化・環境プログラム   准教授  

  • 講義担当   琉球大学   人文社会科学研究科   比較地域文化専攻   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2001年03月

    福岡大学   人文学部   歴史学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    福岡大学  人文科学研究科  史学専攻  その他  修了

  • 2003年04月
    -
    2009年03月

    九州大学  比較社会文化学府  国際社会文化専攻  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(比較社会文化)  1940年代アメリカの太平洋戦略と国際信託統治

  • 福岡大学 -  修士(文学)  1940年代におけるアメリカの太平洋政策と信託統治交渉―American Lakeの形成を目指して―

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2013年01月

      福岡大学 福岡・東アジア・地域共生研究所 研究支援者  

  • 2013年02月
    -
    2015年03月

      福岡大学 ポスト・ドクター  

  • 2015年04月
    -
    継続中

      琉球大学 法文学部 人間科学科 地理歴史人類学専攻 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    七隈史学会

  • 2003年04月
    -
    2015年03月
     

    九州歴史科学研究会   運営委員

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    九州歴史科学研究会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本アメリカ史学会

  • 2009年12月
    -
    継続中
     

    九州西洋史学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,植民地主義,太平洋島嶼地域,空襲,戦争記憶,地域

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 史学一般

  • 人文・社会 / 地域研究

  • 人文・社会 / ヨーロッパ史、アメリカ史

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高校公民科 1種免許

  • 高校地歴科 専修免許

  • 中学社会科 専修免許

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • アメリカ太平洋島嶼地域政策史研究

  • 歴史教育

  • 地域史と戦争記憶

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 1940年代アメリカの太平洋戦略と国際信託統治

    2010年04月 

論文 【 表示 / 非表示

  • アメリカ太平洋地域における軍事と環境-「グローjカル軍事公害史」の構築に向けて

    池上 大祐

    戦争社会学研究 ( みずき書林 )  7   29 - 52   2023年06月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Resilience in the Report Environmental Assessment, General Management Plan: War in the Pacific National Park, Guam

    Daisuke Ikegami

    Okinawan Journal of Island Studies   3 ( 2 ) 177 - 190   2022年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 「島嶼帝国」アメリカの「海の西漸運動」 : アメリカ膨張史に関する一試論 (特集 島嶼の政治性 : ひとびとと海と抵抗をつなぐ導線)

    池上 大祐

    越境広場 : 来るべき言葉のための巡航誌 ( 越境広場刊行委員会 )  ( 7 ) 59 - 69   2020年06月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 世界史再考ー上原専禄のアジア・アフリカ認識と「国民教育」論を素材としてー

    池上 大祐

    東アジア共同体・沖縄(琉球)研究     2018年08月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 第二次世界大戦後におけるアメリ力知識人のグアム認識 : 「エスニック問題研究所(IEA)」 の言論活動を素材として

    池上 大祐, Ikegami Daisuke

    人間科学 = Human Science ( 琉球大学法文学部 )  ( 37 ) 103 - 131   2017年09月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    本論は、第二次大戦末期にジョン・コリアによって設立された「エスニツク問題研究所(IEA)Jがグアムという米領植民地地域をどのように認識していたのかを、定期刊行物『ニューズ・レター』と『グアム・エコー』の論調を素材として分析するものである。IEAの活動初期はグアム住民の賃金や土地補償などの厳しい現状を拾いあげながら米海軍統治批判を展開した一方で、民政移行の具体化は米海軍の反対により進まなかった。しかし1949年3月の「グアム議会ボイコット事件」を契機に、「グアム基本法」の制定が優先事項として認識されると、その関連記事が上記機関紙に多く掲載されはじめ、グアム住民の状況に関する情報が見られなくなった。編集業務に携わったコーガンの回想記では「我々は海軍に勝利した」としているが、必ずしも同法案はグアム住民の声をすべて反映させたものではなかったことと1950年の同法施行以降も、土地問題等で厳しい状況が残されたことから、IEAの活動の意義を認めつつもそこには限界性も内包されていたと結論づけた。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 島嶼地域科学を拓く : 問い直す環境・社会・歴史の実践

    池上 大祐, 波多野 想 ( 担当: 編著 )

    ミネルヴァ書房  2022年

  • つながる沖縄近現代史ー沖縄のいまを考えるための十五章と二十のコラム

    池上大祐 ( 担当: 編著 , 担当範囲: 第10章 アメリカ膨張史のなかの沖縄 )

    ボーダーインク  2021年11月 ( 担当ページ: p.134~149 )

  • つながる政治学

    池上大祐 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 第4章 なぜ、米軍基地は日本に存在しているのか )

    法律文化社  2019年03月 ( 担当ページ: p.65~81 )

  • 島嶼地域科学という挑戦

    池上 大祐, 杉村 泰彦, 藤田 陽子(環境経済学), 本村 真 ( 担当: 共編著 , 担当範囲: 第14章 太平洋島嶼地域における「連帯」の系譜―南太平洋非核地帯構想を中心として― )

    ボーダーインク  2019年 ( 担当ページ: p.275-293 )

  • 教育が開く新しい歴史学

    池上 大祐,今井 宏昌 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 「学生報告」という挑戦―福岡大学西洋史ゼミの試み )

    山川出版社  2015年10月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 新刊紹介 秋田茂/細川道久著『駒形丸事件 : インド太平洋世界とイギリス帝国』

    池上 大祐

    西洋史学論集   ( 59 ) 66 - 69   2022年03月

     

  • 「グローカルヒストリー」の萌芽を読み取る : 熊野直樹著『麻薬の世紀』へのコメント—特集 熊野直樹著『麻薬の世紀 : ドイツと東アジア 一八九八-一九五〇』をめぐって

    池上 大祐

    九州歴史科学   ( 49 ) 72 - 76   2021年12月

     

  • 阿波根昌鴻の学びと闘い : 伊江島のなかの世界史 (長部悦弘教授・池田榮史教授退職記念号)

    琉球大学西洋近現代史ゼミ, 池上 大祐

    地理歴史人類学論集 = Journal of geography, history, and anthropology ( 琉球大学法文学部 )  ( 10 ) 133 - 151   2021年

     

  • 宮古島のなかの世界史 : 「久松五勇士」像の形成過程

    琉球大学西洋近現代史ゼミ, 池上 大祐(解題), Seminar of Western History University of the Ryukyus, Ikegami Daisuke(bibliographical introduction)

    地理歴史人類学論集 = Journal of Geography, History, and Anthropology ( 琉球大学国際地域創造学部地域文化科学プログラム )  ( 9 ) 19 - 32   2020年03月

     

  • 書評 洪玧伸著『沖縄戦場の記憶と「慰安所」』

    池上 大祐

    国際政治 ( 日本国際政治学会 ; 1957- )  ( 198 ) 147 - 150   2020年01月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 「境界」としてのグアム―米軍基地・アメリカ市民権・先住チャモロの自決権―

    池上大祐

    その他の会議  2015年12月  -  2015年12月   

  • ミクロネシアにおける太平洋戦争の経験―1990~91年のアメリカの文化人類学者によるオーラルヒストリーを塗材として―

    池上大祐

    その他の会議  2015年11月  -  2015年11月   

  • 戦後アメリカの太平洋戦略とグアム統治―「軍政から民政への移行」をめぐる議論から―

    池上大祐

    その他の会議  2014年11月  -  2014年11月   

  • 福岡県における空襲記録運動の系譜―「地域」からみた戦争記憶―

    池上大祐

    その他の会議  2014年10月  -  2014年10月   

  • 戦後アメリカのグアム統治政策と「自治」-軍政から民政への移行をめぐって―

    池上大祐

    その他の会議  2014年09月  -  2014年09月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 基地公害をめぐる米国と地域住民の対応ー「グローカル環境正義」論の構築に向けてー

    基盤研究(C)

    課題番号: 23K11566

    研究期間: 2023年04月  -  2027年03月 

    代表者: 村岡 敬明  研究分担者: 池上 大祐

  • アメリカ型グローバリズムと島嶼地域の社会的・文化的変容に関する研究

    基盤研究(B)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2016年  -  2019年 

    代表者: 喜納育江 

  • 戦後米国の太平洋戦略とグアム統治政策―米海軍政府の土地接収とチャモロ住民の対応―

    若手研究(B)

    課題番号: 16K16933

    研究期間: 2016年  -  2019年 

    代表者: 池上大祐 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年度  世界史実践演習Ⅲ(東洋史または西洋史)  演習

  • 2022年度  歴史総合  講義

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県立球陽高等学校「国際探求Ⅰ」活動

    沖縄県立球陽高等学校 

    2020年04月
    -
    2023年03月

     概要を見る

    沖縄県立球陽高等学校「国際探求Ⅰ」活動のアドバイザーとして、生徒によるグループ研究活動に対する助言・コメントを年2回の発表会を通じて行う。