Christopher Davis (クリストファー デイビス)

Christopher Davis

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

80647339

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   国際言語文化プログラム   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  Ph.D(Linguistics)  言語学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

      琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 英語文化専攻 准教授  

論文 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県竹富町小浜島・八重山語小浜言葉

    Christopher Davis

    危機的な状況にある言語・方言のアーカイブ化を想定した実地調査研究     2018年

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • An Invocational Theory of Slurs

    Christopher Davis, E. McCready

    Proceedings of LENLS14     2017年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evidentiality, Maximize Presupposition, and Gricean Quality in Okinawan

    Christopher Davis

    Proceedings of NELS 47   1   229 - 242   2017年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Phonological Reduction and the (Re)Emergence of Attributive Forms in Ryukyuan

    Tyler Lau, Christopher Davis

    Proceedings of Japanese/Korean Linguistics 23     291 - 306   2016年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Expressives in Questions

    Christopher Davis, E. McCready

    Proceedings of SALT 26     1119 - 1138   2016年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

     概要を見る

    This paper explores the interaction of expressive content with the operation of alternative generation in question denotations. We take as test cases expressive antihonorifics appearing in wh-words, wh-phrases and verbal morphology, and show that antihonorific content within the wh-phrase applies to all alternatives, while antihonorifics outside the wh-phrase apply only to true alternatives, closing with implications for the theory of expressive meaning.