Toma Claudia (トーマ クラウディア)

Toma Claudia

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

40325832

ホームページ

http://bacteriology-u-ryukyu.com

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(医学) 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 医科学専攻 助教  

  • 2017年04月
    -
    継続中

      琉球大学 大学院医学研究科 細菌学講座  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1993年07月
    -
    継続中
     

    日本細菌学会

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    日本熱帯医学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 病原細菌学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 細菌学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ビブリオ・バルニフィカスによる細胞死および炎症誘導機構の解明

  • 志賀毒素産生性大腸菌の予防抗原:LEE遺伝子群にコードされない接着因子の研究

  • 人獣共通病原菌レプトスピラのマクロファージを利用した感染戦略の解明

  • コレラ菌の薬剤耐性機構の研究

  • 出血性大腸菌の接着因子に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Understanding leptospirosis eco-epidemiology by environmental DNA metabarcoding of irrigation water from two agro-ecological regions of Sri Lanka

    Chandika D. Gamage, Yukuto Sato, Ryosuke Kimura, Tetsu Yamashiro, Claudia Toma (担当範囲: Corresponding author)

    PLOS Neglected Tropical Diseases   14 ( 7 ) e0008437   2020年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of Intracellular Trafficking in Macrophages.

    Toma C, Suzuki T

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) ( Methods in Molecular Biology )  2134   199 - 206   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Environmental DNA metabarcoding to detect pathogenic Leptospira and associated organisms in leptospirosis-endemic areas of Japan.

    Sato Y, Mizuyama M, Sato M, Minamoto T, Kimura R, Toma C

    Scientific reports ( Springer Science and Business Media LLC )  9 ( 1 ) 6575   2019年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Characterizing interactions of Leptospira interrogans with proximal renal tubule epithelial cells.

    Yamaguchi T, Higa N, Okura N, Matsumoto A, Hermawan I, Yamashiro T, Suzuki T, Toma C

    BMC microbiology   18 ( 1 ) 64   2018年07月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Psidium guajava leaf extract on secretion systems of Gram-negative enteropathogenic bacteria.

    Nakasone N, Ogura Y, Higa N, Toma C, Koizumi Y, Takaesu G, Suzuki T, Yamashiro T

    Microbiology and immunology     2018年05月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • Vibrio cholerae type IV pili

    Toma C., Nakasone N., and Iwanaga M

    Recent Res. Devel. Infection ( その他の出版社 )  1 ( 1 ) 167 - 178   2003年03月

     

    DOI

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Environmental DNA metabarcoding to understand the ecology of leptospirosis

    Claudia Toma

    World Congress on Leptospirosis  (Port Blair, Andaman and Nicobar Islands, India)  2019年11月  -  2019年11月   

  • Leptospira interrogans translocation across renal proximal tubule epithelial cells

    Toma C, Sebastian I, Okura N.

    The 18th International Forum on Infection and Immunity  (Awaji Yumebutai International Conference Center, Hyogo, Japan)  2019年09月  -  2019年10月   

  • Evaluation of a leptospiral enzyme for diagnosis of acute leptospirosis

    Toma C, Koizumi N, Kakita T, Kyan H, Hermawan I, Higa N, Yamashiro T.

    10th International Leptospirosis Society Conference  (Parlmerston North, New Zealand)  2017年11月  -  2017年12月   

  • Analysis of the bacterial factors involved in Leptospira interrogans-macrophage interactions

    Toma C, Murray GL, Higa N, Nakasone N, Nohara T, Takaesu G, Koizumi N, Adler B, Suzuki T.

    8th Scientific Meeting of International Leptospirosis Society  (Fukuoka, Japan)  2013年10月  -  2013年10月   

  • Mechanism of macrophage infection by Leptospira interrogans

    Toma C, Koizumi Y, Okura N, Nakasone N, Higa N, Ogura Y, Takayama C, Suzuki T.

    Gordon Research Conference, Biology of Spirochetes,   (Ventura, CA, USA)  2010年01月  -  2010年02月   

全件表示 >>

特許等知的財産 【 表示 / 非表示

  • レプトスピラ症の診断に用いるレプトスピラ抗原検出用抗体

    特願 2017-226148  (2017年11月24日)

    特開 2018-127442  (2020年07月02日)

    トーマ クラウディア

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 病原性レプトスピラの細胞内生存に関連する因子の同定と機能解析

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2012年  -  2012年 

    資金配分機関: -

    直接経費: 3,000,000(円)  金額合計: 3,000,000(円)

  • 病原性レプトスピラがマクロファージの細胞内物流システムを操作する機構

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2011年  -  2011年 

    資金配分機関: -

    直接経費: 500,000(円)  金額合計: 500,000(円)

  • ビブリオ・バルニフィカスによる細胞死および炎症誘導機構の解明

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2007年  -  2007年 

    資金配分機関: -

    直接経費: 3,000,000(円)  金額合計: 3,000,000(円)

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 感染症の対策

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  微生物・免疫学(細菌学)  講義