Bam H.N. Razafindrabe (バム ラザフィンラベ)

Bam H. N. Razafindrabe

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

20621527

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 併任   琉球大学   農学研究科   亜熱帯農学専攻   准教授  

  • 専任   琉球大学   農学部   亜熱帯農林環境科学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1991年09月
    -
    1997年03月

    アンタナナリボ大学農工学部森林学科   農学部   その他

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1998年09月
    -
    2002年03月

    アンタナナリボ大学農工学部森林学研究科  農学研究科  修士課程  その他

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

    愛媛大学  農学研究科  修士課程  その他

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    愛媛大学大学院連合農学研究科  農学系研究科  博士課程  その他

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年10月
    -
    2001年03月

    大阪外国語大学  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    愛媛大学  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • アンタナナリボ大学 -  博士(学術)  学術

  • 愛媛大学 -  修士(農学)  農学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

      アンタナナリボ大学農工学部森林学科  

  • 1999年04月
    -
    2000年10月

      地理情報環と境科学トレーニングセンター; 環境教育プロジェクトチーフ  

  • 2007年05月
    -
    2009年05月

      京都大学大学院地球環境学童 JSPS外国人特別研究員  

  • 2009年07月
    -
    2010年10月

      横浜国立大学大学院環境情報研究科 グローバルCOE研究員  

  • 2010年11月
    -
    2012年03月

      総合地球環境学研究所 上級研究員  

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 災害リスク

  • 総合流域管理

  • 森林工学

  • 災害リスクマネジメント・災害レジリエンス・統合的流域管理・土地利用変化

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 森林科学

  • 持続可能な開発、環境保全、災害リスクマネジメント、レジリエンス評価、統合的流域管理

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 土地利用変化と関連する環境問題

  • 災害リスクと環境劣化と人々の暮らしのリンケージ

論文 【 表示 / 非表示

  • An assessment of small island hydrological research activity conducted in the Oceania region.

    Leong, C., Solomone, M., Shinjo, R., Tomojiri, D., Uchiyama, C., Yasumoto, J., Razafindrabe, B.H.N.

    Hydrological Sciences Journal ( Taylor & Francis )    2023年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Street Vendors’ Livelihood Vulnerability to Typhoons in Naga City, Philippines

    Hidalgo, H.A., Cuesta, M.A., Razafindrabe, B.H.N.

    Philippine Journal of Science ( Department of Science and Technology, Philippines )  151 ( 6A ) 2191 - 2202   2022年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    The study offers a framework for measuring the vulnerability of the informal business sector to climate hazards that is context-specific and multifaceted, encompassing adaptive capacity, sensitivity, and exposure – distinctly integrating an entrepreneurial context indicative of business continuity as a livelihood vulnerability-reducing strategy.

  • Assessing the Immediate Impact of Surrounding Land Uses on the Extents of Freshwater Body over Time in Madagascar – A Demonstrative Case Study of Itasy Lake

    Konoshima M., Tonda T., Kamo K. Razafindrabe B.H.N.

    FORMATH ( FORMATH研究学会 )  20 ( 0 ) 1 - 11   2021年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>Unplanned land use conversion driven by increasing food demand has threatened rich forest resources and freshwater fishery resources in Madagascar as a result of increasing sedimentation. For sustainable use of freshwater fishery resources, it is important to examine the impact of land use changes on sedimentation. Severe sedimentation often fills-in and shrinks lakes. Also, sedimentation causes lakebeds to rise, which can lead to flooding and therefore affect the position of the lake’s boundary, over time. Recently available historical satellite images can be useful in assessing the changes in the position of lake boundaries over time. In this study, we propose a modeling approach for evaluating the impact of surrounding land uses on the extents of Lake Itasy, in Madagascar. In order to demonstrate our approach, we utilized satellite imagery available via Google earth to obtain a historical snapshot of the lake boundary. We delineated it and combined the results with a land use map. We then conducted a simple spatial statistics analysis using a logistic regression model with time varying coefficients. Our approach quantifies the impact of surrounding land uses on varying positions of lake boundaries over time.</p>

  • Direction of conservation management of coastal forests from the residents' evaluation of their multifaceted functions in Okinawa Prefecture

    Razafindrabe, B.H.N., Okada, M., Inoue, S.

    Journal of the Japanese Society of Coastal Forest ( 海岸林学会誌. )  20 ( 1 ) 1 - 8   2021年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Direction of conservation management of coastal forests from the residents' evaluation of their multifaceted functions in Okinawa Prefecture

    Razafindrabe, B.H.N, Okada, M, Inoue, S

    Journal of the Japanese Society of Coastal Forest ( 海岸林学会誌. )  20 ( 1 ) 1 - 8   2021年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • From Disaster Resilience Assessment to Disaster Resilience Enhancement: Perspectives and Challenges

    Razafindrabe B.H.N, Cuesta M.A, Rañola, R.F.Jr, Kada R, Inoue S

    Proceedings of the Ateneo de Naga International Research Conference: The World Beyond 2015: Forging New Frontiers through Research, Development, and Extension  2015年11月  -  2015年11月   

  • From Disaster Resilience Assessment to Disaster Resilience Enhancement: Perspectives and Challenges

    Razafindrabe B.H.N., Cuesta M.A., Rañola, R.F.Jr., Kada R., Inoue S.

    Proceedings of the Ateneo de Naga International Research Conference: The World Beyond 2015: Forging New Frontiers through Research, Development, and Extension  2015年11月  -  2015年11月   

  • Soil water repellency in the forest soils: Application of water drop penetration time test on undisturbed soil samples

    Wijekoon W., Moritera H., Razafindrabe B.H.N., Inoue S.

    Proceedings of the 22nd annual congress of Japan Rainwater Catchment Systems Association  2014年11月  -  2014年11月   

  • 不撹乱土壌カラムを用いた沖縄島北部森林土壌における水分動態解析

    森寺 大将, Wijekoon W.M.C.J., Razafindrabe B.H.N., 井上 章二

    その他の会議  2014年11月  -  2014年11月   

  • Assessing Flood Disaster Resilience in Laguna Lake Region

    Bam H.N. Razafindrabe, Michael A. Cuesta, Kiyoyuki Yaota, Shoji Inoue, Roberto F. Rañola Jr., Rogelio N. Concepcion, Adelina Santos-Borja, Ryohei Kada

    Community Forum 2013, ‘Yaman ng Lawa: Adaptive Co-Management for Sustainable Use of the Wealth of Laguna Lake’, Los Banos, Philippines  2013年11月  -  2013年11月   

全件表示 >>