馬場 壯太郎 (ババ ソウタロウ)

BABA Sotaro

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

10347122

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   教育学部   生涯教育課程   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(理学)  自然科学一般 / 固体地球科学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
     
     

      - , University of the Ryukyus, Faculty of Education, Natural Sciences, Professor  

  • 2008年04月
     
     

      - , 琉球大学 教育学部 理科教育講座 教授  

  • 2008年04月
    -
    継続中

      琉球大学 教育学部 理科教育講座 教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 変成岩岩石学,構造地質学,環境科学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 固体地球科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ユーラシア大陸極東域における微小大陸衝突・集合時の変動テクトニクス

  • Geological Process of Island Arc Crust in the Ryukyu Islands

  • Crustal Evolution of Central Dronning Maud Land, E. Antarctica

  • Geological Process of Formation of Sapphirine-Bearing Gneisses

  • 琉球列島における島弧地殻の形成

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 「沖縄県県民の森」を利用した小学校地学分野の野外実習案の提案

    馬場 壮太郎, 眞榮田 楓花

    琉球大学教育学部紀要=Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus ( 琉球大学教育学部 )  ( 101 ) 53 - 63   2022年09月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    本研究では,沖縄島内の小学校における野外実習の現状や課題を把握するとともに,沖縄の自然の特徴を踏まえたうえで,地学分野「大地のつくりと変化:流水のはたらき」に関連する野外実習資料の作成を行った.作成に際しては,簡易測量から散策図作成し,散策経路の地質状況の把握,観察ポイントの選定を行った.児童がワークシートを使用しながら,「流水のはたらき」「土地のつくりと変化」に関する野外実習が可能な教材を提案した.

  • リュツォ・ホルム湾,プリンスオラフ海岸,及びエンダビーランド地質調査報告 2021-2022(JARE-63)

    馬場 壮太郎, 加々島 慎一, 中野 伸彦

    南極資料 = Antarctic Record ( 国立極地研究所 )  66   54 - 91   2022年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    第63次南極地域観測隊(JARE-63)では,2021-2022の夏期期間にリュツォ・ホルム湾,プリンスオラフ海岸,及びエンダビーランドにおいて,地質研究者3名で構成された調査隊により地質調査を行った.第63次夏期観測では,観測隊チャーターの小型ヘリコプターによる支援はなく,「しらせ」搭載の2機の大型ヘリコプター(CH-101)のみで野外観測支援がなされた.本稿では,観測計画を実施するための主に設営面での計画,準備,そして行動経過について報告する.Geological field surveys of the Lützow-Holm Bay, Prince Olav Coast, and Enderby Land were conducted by three geologists in the 63rd Japanese Antarctic Research Expedition (JARE-63) during the 2021-2022 austral summer season. Field parties were supported throughout the summer season by two main helicopters (CH-101) stationed on the icebreaker Shirase without a smaller secondary helicopter (AS350). This report summarizes field preparations and geological work and highlights several key points for future planning and research.

  • Newly found Tonian metamorphism in Akebono Rock, eastern Dronning Maud Land, East Antarctica

    Sotaro Baba, Kenji Horie, Tomokazu Hokada, Mami Takehara, Atsushi Kamei, Ippei Kitano, Yoichi Motoyoshi, Prayath Nantasin, Nugroho I. Setiawan, Davaa-ochir Dashbaatar

    Gondwana Research ( Gondwana Research )  105   243 - 261   2022年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Formation of corundum in direct contact with quartz and biotite in clockwise P-T trajectory from the Sor Rondane Mountains, East Antarctica

    HOKADA Tomokazu , ADACHI Tatsuro , OSANAI Yasuhito , NAKANO Nobuhiko , BABA Sotaro , TOYOSHIMA Tsuyoshi

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences ( Mineralogical Society of Japan )  117 ( 1 )   2022年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Tectono-metamorphic evolution and significance of shear-zone lithologies in Akebono Rock, Lützow-Holm Complex, East Antarctica

    Baba S.

    Antarctic Science ( Antarctic Science )  33 ( 1 ) 52 - 72   2020年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 中央ドローニングモードランド、基盤岩体区分について, シリーズ「南極・北極研究の最前線」第11回

    馬場 壯太郎

    公益財団法人日本極地研究振興会.webarchive     2018年01月

     

  • 中央ドロニングモードランド海外共同地質調査紀行

    馬場 壮太郎

    極地 ( 日本極地研究振興会 )    2003年03月

     

  • 超大陸の復元に迫る−平成13年度海外共同観測−

    馬場 壮太郎

    極地研ニュース ( 国立極地研究所 )  162   2002年03月

     

  • IGCP:“インド中央構造帯の構造発達”国際野外巡検参加報告

    衛藤卓郎,馬場壮太郎

    Gondwana News Letter ( International Association for GONDWANA RESEARCH JAPAN )  136   25 - 28   2000年02月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Geologic connection between Dronning Maud Land and Enderby Land

    T.Hokada, K.Horie, S.Baba, A.Kamei, I.Kitano, Y.Motoyoshi, Y.Hiroi, M.Takehara, K.Shiraishi

    The Tenth Symposium on Polar Science  2019年12月  -  2019年12月   

  • New insights into the metamorphic evolution of the Lützow-Holm Complex along the Prince Olav Coast, East Antarctica

    Baba, S., Hokada, T., Kamei, A., Kitano, I., Motoyoshi, Y., Nantasin, P., Setiawan, N., Dashbaatar, D.

    2019 IAGR Annual Conference & 16th International Conference on Gonadwana to Asia.  2019年11月  -  2019年11月   

  • 東南極プリンス・オラフ海岸に分布する泥質片麻岩の変成条件

    馬場壮太郎,外田智千,亀井淳志, 北野一平, 本吉洋一

    日本地質学第126年学術大会  2019年09月  -  2019年09月   

  • 東南極セール・ロンダーネ山地北部に産するFe-Alに富むグラニュライトの変成組織とザクロ石REEの相違

    馬場壮太郎, 小山内康人, 中野 伸彦, 外田智千, 足立達朗, 豊島剛志

    日本鉱物科学会2019年年会  2019年09月  -  2019年09月   

  • Dronning Maud Land - Enderby Land connection: views from metamorphic and geochronologic records in Rayner and Western Rayner Complexes, East Antarctica

    T.Hokada, K.Horie, S.Baba, A.Kamei, I.Kitano, Y.Motoyoshi, Y.Hiroi, M.Takehara, K, Shiraishi

    XIII International Symposium on Antarctic Earth Sciences (ISAES) 2019  2019年07月  -  2019年07月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 高温変成岩の温度圧力経路から見た形成テクトニクスの体系化

    基盤研究(C)

    課題番号: 15K05346

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 馬場 壮太郎, 外田 智千, 小山内 康人 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 4,160,000(円)  金額合計: 960,000(円)

     概要を見る

    東南極中央ドローニングモードランド(CDML)の内陸山地および沿岸露岩を構成する変成岩類を対象として形成年代,塩基性片麻岩類の全岩化学組成に基づく原岩形成場や変成貫入岩類の時系列区分を検討した.変成年代と原岩形成場の結果から,等圧冷却過程を示す変成岩は背弧海盆直下での加熱に起因すること,等温減圧過程を示す変成岩の原岩は現在の付加体に類似しており,島弧ー海溝系から衝突帯へと変化することで形成した可能性が示唆された.今後はこの結果を,他地域の高温変成岩の形成場・テクトニクスと比較し体系化を試みる.

  • 原生代における高Mg堆積岩類の形成場と形成環境

    若手研究(B)

    課題番号: 16740289

    研究期間: 2004年  -  2006年 

    代表者: 馬場 壯太郎 

    直接経費: 2,400,000(円)  金額合計: 2,400,000(円)

  • Geological Process of Formation of Sapphirine-Bearing Gneisses

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2003年  -  2003年 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • Crustal Evolution of Central Dronning Maud Land, E. Antarctica

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2001年  -  2001年 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 平成18年度国立極地研究所共同研究 東南極中央ドロンニングモードランドの変成作用・火成作用に関する研究

    研究期間: 2006年04月  -  2009年03月 

    代表者: 馬場 壮太郎 

    金額合計: 220,000(円)

  • 平成13年度 外国共同観測日本・ドイツ・ノルウェー三国共同観測

    研究期間: 2001年04月  -  2002年03月 

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 陸の豊かさを守ろう