又吉 哲太郎 (マタヨシ テツタロウ)

Matayoshi Tetsutaro

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

60570629

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   附属病院   助教  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    2000年03月

    九州大学   医学部   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(医学)  ライフサイエンス / 内科学一般

  • 九州大学 -  学士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年07月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部附属病院 特命助教  

論文 【 表示 / 非表示

  • Cardiac auscultation skills among junior doctors: effects of sound simulation lesson.

    Tokuda Y, Matayoshi T, Nakama Y, Kurihara M, Suzuki T, Kitahara Y, Kitai Y, Nakamura T, Itokazu D, Miyazato T

    International journal of medical education ( International journal of medical education )  11   107 - 110   2020年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Tobacco and Non-Communicable Diseases Control in Japan.

    Matayoshi T, Tabuchi T, Gohma I, Shimizu T

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society ( 一般社団法人 日本循環器学会 )  82 ( 12 ) 2941 - 2942   2018年11月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Factors Associated with Outcomes of Percutaneous Transluminal Renal Angioplasty in Patients with Renal Artery Stenosis: A Retrospective Analysis of 50 Consecutive Cases.

    Matayoshi T, Kamide K, Tanaka R, Fukuda T, Horio T, Iwashima Y, Yoshihara F, Nakamura S, Nakahama H, Ohya Y, Kawano Y

    International journal of hypertension ( International Journal of Hypertension )  2018   1952685 - 1952685   2018年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Background: The results of recent trials have brought some confusion to the treatment strategy for renal artery stenosis (RAS). To evaluate the applicability of percutaneous transluminal renal angioplasty (PTRA) for RAS, we extracted the factors that may affect the effectiveness of PTRA from cases experienced at a hypertension center. Methods and Results: We retrospectively assessed the blood pressure (BP) lowering effects and renoprotective effects in 50 consecutive patients that had hemodynamically significant RAS and had undergone PTRA and stenting during 2001-2005. Subjects were diagnosed with atherosclerotic RAS (42), fibromuscular dysplasia (6), or Takayasu disease (2). After PTRA, BP significantly lowered from 152.3/80.3 mmHg to 132.6/73.2 mmHg (p < 0.05), but the estimated glomerular filtration rate (eGFR) did not change significantly. There were no factors associated with the BP lowering effects of PTRA. The baseline resistive index (RI) was negatively correlated with the change in eGFR (p < 0.05). After correction for age, sex, BMI, and the dose of contrast medium, the association of RI with change in eGFR remained significant. Conclusion: In cases with hemodynamically significant RAS, PTRA lowered BP but was not effective in improving renal function. Higher baseline RI may be a factor for predicting poor clinical course of renal function after PTRA.

  • <b>外来患者における血清尿酸値と尿酸排泄:肥満の関与</b>

    塩田 和誉, 崎間 敦, 山里 正演, 中村 義人, 又吉 哲太郎, 田名 毅, 石田 明夫, 古波蔵 健太郎, 大屋 祐輔

    痛風と核酸代謝 ( 一般社団法人 日本痛風・核酸代謝学会 )  41 ( 1 ) 96 - 97   2017年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 【循環器疾患薬物療法Trends & Topics 2017】 高血圧

    又吉 哲太郎, 大屋 祐輔

    Mebio ( (株)メジカルビュー社 )  34 ( 8 ) 23 - 28   2017年08月

     

  • 医学科1年次前期におけるシミュレーション体験が学習意欲に与える影響の検討

    又吉 哲太郎, 阿部 幸恵, 原永 賀子, 大城 真須美

    医学教育 ( (一社)日本医学教育学会 )  48 ( Suppl. ) 133 - 133   2017年08月  [査読有り]

     

  • おきなわクリニカルシミュレーションセンター開設から5年間の運営状況

    又吉 哲太郎, 阿部 幸恵, 原永 賀子, 知名 智子, 大城 真須美, 板橋 綾香, 佐藤 直, 尾原 晴雄, 北原 佑介, 新崎 章, 垣花 学, 齋藤 誠一, 大屋 祐輔

    医学教育 ( (一社)日本医学教育学会 )  48 ( Suppl. ) 188 - 188   2017年08月  [査読有り]

     

  • 外来患者における血清尿酸値と尿酸排泄 肥満の関与

    塩田 和誉, 崎間 敦, 山里 正演, 中村 義人, 又吉 哲太郎, 田名 毅, 石田 明夫, 古波蔵 健太郎, 大屋 祐輔

    痛風と核酸代謝 ( (一社)日本痛風・核酸代謝学会 )  41 ( 1 ) 96 - 97   2017年07月  [査読有り]

     

  • 外来患者における血清尿酸値と尿酸排泄 肥満の関与

    塩田 和誉, 崎間 敦, 山里 正演, 中村 義人, 又吉 哲太郎, 田名 毅, 石田 明夫, 古波蔵 健太郎, 大屋 祐輔

    日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム抄録集 ( (一社)日本痛風・核酸代謝学会 )  50回   168 - 168   2017年02月  [査読有り]

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示