喜友名 朝則 (キユナ アサノリ)

Kiyuna Asanori

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

10433103

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   附属病院   助教  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  学士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 助教  

論文 【 表示 / 非表示

  • Brain Activity in Patients With Unilateral Vocal Fold Paralysis Detected by Functional Magnetic Resonance Imaging.

    Kiyuna A, Kise N, Hiratsuka M, Maeda H, Hirakawa H, Ganaha A, Suzuki M

    Journal of voice : official journal of the Voice Foundation ( Journal of Voice )    2020年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Induction Chemotherapy in Hypopharyngeal Cancer: Influence of DNA Repair Gene Polymorphisms.

    Hirakawa H, Ikegami T, Azechi S, Agena S, Uezato J, Kinjyo H, Yamashita Y, Kiyuna A, Tanaka K, Kondo S, Maeda H, Suzuki M, Ganaha A

    Anticancer research   40 ( 6 ) 3277 - 3285   2020年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 頸部から縦隔に連なる巨大成熟奇形腫の1例

    金城 秀俊, 安慶名 信也, 金城 賢弥, 喜瀬 乗基, 上里 迅, 喜友名 朝則, 平川 仁, 真栄田 裕行, 鈴木 幹男

    日本気管食道科学会会報 ( 特定非営利活動法人 日本気管食道科学会 )  71 ( 4 ) 331 - 337   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>耳鼻咽喉・頭頸部外科医にとって前頸部腫瘤の症例にはよく遭遇するが,同腫瘤が上縦隔を超えて開胸に至る例は稀である。われわれは頸部から縦隔に連なる巨大成熟奇形腫の1例を経験したため報告する。症例は15歳,男性。当院受診2カ月前に左頸部痛を自覚した。受診1カ月前の学校検診で前頸部腫脹を指摘され前医を受診し,CT検査で頸部から縦隔に連なる腫瘤を認めたため当院紹介となった。腫瘤は可動性不良であり,気管は右に偏位していた。喉頭内視鏡検査では上気道狭窄や声帯麻痺は認めなかった。CT,MRI検査で腫瘤内部に脂肪組織を疑う部分や石灰化を認める嚢胞性病変を認めた。血液検査所見ではSCC抗原が6.8 ng/mlと上昇していた。上記所見より成熟奇形腫と判断したが精査中にも増大傾向にあり,窒息や悪性転化の可能性も否定はできず準緊急的に手術をした。頸部襟状切開とtransmanubrial approachにて腫瘤を摘出した。手術中はECMOをスタンバイしていたがECMOを使用せずに手術は終了した。術後病理は成熟奇形腫で悪性所見は認めなかった。術後一過性に左反回神経麻痺を認めたが,4カ月後には改善した。</p>

  • Hypopharyngeal cancer risk in Japanese: Genetic polymorphisms related to the metabolism of alcohol- and tobacco-associated carcinogens.

    Yamashita Y, Ikegami T, Suzuki M, Hirakawa H, Maeda H, Yamada S, Deng Z, Kondo S, Kinjyo H, Kiyuna A, Agena S, Uehara T, Ganaha A

    Journal of cancer research and therapeutics ( Journal of Cancer Research and Therapeutics )  15 ( 3 ) 556 - 563   2019年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Staging and prognosis of oropharyngeal carcinoma according to the 8th Edition of the American Joint Committee on Cancer Staging Manual in human papillomavirus infection.

    Yamashita Y, Ikegami T, Hirakawa H, Uehara T, Deng Z, Agena S, Uezato J, Kondo S, Kiyuna A, Maeda H, Suzuki M, Ganaha A

    European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery ( European Archives of Oto-Rhino-Laryngology )  276 ( 3 ) 827 - 836   2019年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示