長山 格 (ナガヤマ イタル)

Nagayama Itaru

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

80274885

2

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科知能情報コース   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    徳島大学   工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年09月

    徳島大学  工学研究科  システム工学専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学 -  工学博士  その他 / その他

  • 徳島大学 -  工学博士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1999年03月

      琉球大学 工学部 情報工学科  助手  

  • 1999年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 情報工学科 システム情報工学講座 准教授  

  • 1999年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 情報工学科 システム情報工学講座 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    IEEE Computer Society

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    電気学会

  • 1997年05月
    -
    継続中
     

    情報処理学会

  • 2006年04月
    -
    2007年03月
     

    電子情報通信学会   医用画像学会全国大会 現地実行委員長

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • データマイニング・データ工学,デジタル画像処理,パターン認識システム・人工知能,知能化ソフトウェア,信頼性問題・診断問題,安全システム

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学

  • 情報通信 / データベース

  • 情報通信 / 感性情報学

  • 情報通信 / 知能情報学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Genetic Information Processing

  • Data Mining

  • Intelligent Image Processing

  • 神経回路システムによる人工知能ソフトウェア

  • 知能化ソフトウェアによる知的移動通信システム

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 機械学習を用いた沖縄県産アーウィン種マンゴーの等級判別アルゴリズムの構築 --SDGsのための次世代産業型農業に向けて-- (投稿中)

    城間康,平良英三,長山 格

    農業情報研究 ( 農業情報学会 )    2022年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    本研究では沖縄県産のマンゴーの自動判別に向けて,機械学習法を用いた沖縄県産アーウィン種マンゴーの等級判別アルゴリズムの構築を行う.

  • Evaluation of The Skill Succession Support System by The ARCS Model in Fisheries High Schools

    Tsukasa Kato, Itaru Nagayama

    Transactions of Navigation,Japan Institute of Navigation   6 ( 1 ) 53 - 59   2021年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 次世代型知的防犯カメラのための深層学習を用いた遮蔽人体の復元推定

    長山 格, 岩永竜也, 上原和加貴, 宮里太也

    電気学会論文誌D   141 ( 2 ) 138 - 146   2021年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 画像データに基づくマンゴー等級判別手法の比較研究

    城間康, 安富祖仁, 齋藤秀和, 長山 格, 玉城史朗

    電気学会論文誌D   141 ( 2 ) 168 - 172   2021年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 深層代替学習を用いた人物モーションの3次元自由視点認識システム

    長山 格, 上原和加貴, 城間康, 宮里太也

    電気学会論文誌D   141 ( 2 ) 130 - 137   2021年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 進化技術ハンドブック(III)

    長山格 他 ( 担当: 共著 )

    近代科学社  2012年06月

  • 進化技術ハンドブック(II)

    長山格 他 ( 担当: 共著 )

    近代科学社  2011年11月

  • 進化技術ハンドブック(I)

    長山格 他 ( 担当: 共著 )

    近代科学社  2010年01月

  • ファジィとソフトコンピューティングハンドブック

    長山格 他 ( 担当: 共著 )

    共立出版  2000年08月

  • The Handbook of Fuzzy & Soft-Computing

    NAGAYAMA Itaru ( 担当: 単著 )

    Kyoritsu Publishing Co. Ltd  2000年03月 ( 担当ページ: p.4 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 深層学習による次世代型知的防犯カメラのための動作計測と予測に関する研究

    シラガンカピストラノ龍, 嶺井裕介, 長濱北斗, 長山 格

    電気学会次世代産業システム研究会 ( 電気学会次世代産業システム研究会 )  22   1 - 4   2022年03月

     

  • 機械学習を用いたアーウィンマンゴーの等級判別 --SDGs のための次世代型農業--

    城間 康,平良英三,⻑山 格

    電気学会次世代産業システム研究会 ( 電気学会次世代産業システム研究会 )  22   20 - 23   2022年03月

     

  • 次世代型知的防犯カメラのためのモーション推定・予測に関する研究

    嶺井裕介, シラガンカピストラノ龍, 長濱北斗, 長山 格

    電気学会次世代産業システム研究会 ( 電気学会次世代産業システム研究会 )  22   9 - 13   2022年03月

     

  • 次世代型知的防犯カメラのための遮蔽人体復元に関する研究

    長濱北斗, シラガンカピストラノ龍, 長山 格

    電気学会次世代産業システム研究会 ( 電気学会次世代産業システム研究会 )  22   5 - 8   2022年03月

     

  • 深層代替学習による人物動作の3次元自由視点認識

    長山 格

    画像ラボ(日刊工業新聞社)   32 ( 7 )   2021年07月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 【基調講演】「学習データの呪い」を解く学習スキーム・代替学習(Alternative Learning)の試み

    長山 格

    第22回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会  2020年11月  -  2020年11月   

  • 耐ノイズ性を持つ新しいK-Nearest Neighbor機械学習アルゴリズム

    與儀喜野, 上原和加貴, 長山 格

    令和元年度・電気学会C部門大会(沖縄)  2019年09月  -  2019年09月   

  • 3DCGを用いた代替学習とDNNによる運動モーション識別に関する研究

    上原和加貴, 與儀喜野, 長山 格

    令和元年度・電気学会C部門大会(沖縄)  2019年09月  -  2019年09月   

  • 離散化外輪郭ベクトルに注目した身体モーションの短時間予測システム

    當間一史, 長嶺翔太, 與儀喜野, 長山 格

    令和元年度・電気学会C部門大会(沖縄)  2019年09月  -  2019年09月   

  • 連続挙動解析による知的防犯カメラの開発

    長山格,宮原彬,仲里直朗

    FIT2010 情報科学技術フォーラム2010  2010年09月  -  2010年09月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 電子情報システム部門大会 企画賞

    2020年09月   電気学会  

    受賞者: 長山 格

  • Professor of the Year

    2019年11月   琉球大学  

    受賞者: 長山 格

  • Professor of the Year

    2018年10月   琉球大学  

    受賞者: 長山 格

  • 電気学会研究会最優秀論文発表賞

    2018年04月   電気学会  

    受賞者: 上原和加貴, 宮里太也, 長山格

  • 電子・情報・システム部門研究会奨励賞

    2014年09月   電気学会  

    受賞者: 島袋航一, 比嘉岬, 崎浜翔, 長山格

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 犯罪発生を直前に予知する犯行予測型超次世代知的防犯カメラシステム

    基盤研究(B)

    課題番号: 20H02400

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月 

    代表者: 長山 格  研究分担者: 長山 格

    直接経費: 13,700,000(円)  間接経費: 4,110,000(円)  金額合計: 17,810,000(円)

  • 犯罪発生を直前に予知する犯行予測型超次世代知的防犯カメラシステム

    基盤研究(B)

    課題番号: 20H02400

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月 

    代表者: 長山 格 

    直接経費: 13,700,000(円)  間接経費: 17,810,000(円)  金額合計: 4,110,000(円)

  • 協調型機械学習による犯罪発生を頑健に自動検知する次世代型高精度知的防犯カメラ

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K01301

    研究期間: 2017年04月  -  2021年03月 

    代表者: 長山 格 

    直接経費: 3,500,000(円)  間接経費: 1,050,000(円)  金額合計: 4,550,000(円)

  • 協調型機械学習による犯罪発生を頑健に自動検知する次世代型高精度知的防犯カメラ

    基盤研究(C)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2017年04月  -  2021年03月 

    代表者: 長山 格 

    直接経費: 3,500,000(円)  間接経費: 4,550,000(円)  金額合計: 1,050,000(円)

  • 犯罪状況を自動検知する高性能次世代型知的防犯カメラシステムの開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 26350454

    研究期間: 2014年04月  -  2017年03月 

    代表者: 長山 格 

    直接経費: 3,600,000(円)  間接経費: 1,080,000(円)  金額合計: 4,680,000(円)

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • その他の題目

    研究期間: 2007年  -  継続中 

    資金配分機関: 高橋産業経済研究財団

    金額合計: 1,000,000(円)

  • その他の題目

    研究期間: 2003年  -  継続中 

    資金配分機関: 立石科学技術振興財団

    金額合計: 2,000,000(円)

  • その他の題目

    研究期間: 2002年  -  継続中 

    資金配分機関: 電気通信普及財団

    金額合計: 1,300,000(円)

  • その他の題目

    研究期間: 1995年  -  継続中 

    資金配分機関: NEC C

    金額合計: 200,000(円)

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 防犯カメラ・社会安全システム

    情報工学

     概要を見る

    安全システム

  • 学習型事例ベース推論システムの応用

    情報工学

     概要を見る

    神経回路

  • 大規模データマイニングの応用

    情報工学

     概要を見る

    データ工学

  • 画像解析・画像理解の応用

    情報工学

     概要を見る

    画像情報処理

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 廃棄物の不法投棄防止と循環型社会のためのIT活用

  • 持続的開発と食料生産のための次世代型農業支援システム

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 令和元年 沖縄県主催(沖縄県警協賛)安全・安心まちづくり講習会(那覇市)

    沖縄県  防犯カメラの基本と現在・未来ー防犯から安全へ。安心と安全のための社会インフラとしてー 

    2019年11月
     
     

  • 令和元年 沖縄県主催(沖縄県警協賛)安全・安心まちづくり講習会(名護市)

    沖縄県  防犯カメラの基本と現在・未来ー防犯から安全へ。安心と安全のための社会インフラとしてー 

    2019年11月