小原 愛子 (コハラ アイコ)

Kohara Aiko

写真a

職名

講師(転出・退職)

科研費研究者番号

00783218

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   教育学部   学校教育教員養成課程   講師  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(障害科学)  障害科学

  • 琉球大学 -  修士(教育学)  教育学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

      琉球大学 教育学部 学校教育教員養成課程 講師  

論文 【 表示 / 非表示

  • AJHS

    SHIMOJO Mitsuyo, TERUYA Haruna, OSHIRO Masayuki, KOHARA Aiko

    Asian Journal of Human Services ( 一般社団法人 Asian Society of Human Services )  16 ( 0 ) 112 - 118   2019年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    This study aimed to identify educational challenges in career education for children with chronic diseases and to consider constructive constructs for building future education curriculum management models. The 12 literature were extracted and analyzed. The literature corresponds to the "career" area of the Scale C³ and examines the constructs needed for education curriculum management models for children with chronic diseases from the perspective of career education. Construct of education curriculum management models for chronically disease children suggested the following; "Describe the disease", "Ask about the disease", "Answer questions about the disease", "Express one's opinion", "Understand the disease", "Understand the treatment and medications prescribed", "Understand and respond to signs of disease deterioration", "Understand the range of motion", "Understand how to relieve stress", "Practice science to avoid delays in studying", "Accurately gather information about the disease", "Explain and select medical insurance", "Collect information for transition to adult health care", "Choose work that takes into consideration the physical condition", "Understand the precautions when choosing an occupation" and "Understand how to interact with others, marriage, and childbirth precautions".

  • 病弱児教育における心理と生理・病理の関係性に基づいた指導法の開発の為の基礎的研究

    照屋 晴奈, 趙 彩尹, 小原 愛子, 金 珉智

    トータルリハビリテーションリサーチ ( 一般社団法人 Asian Society of Human Services )  7 ( 0 ) 61 - 69   2019年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    In special needs education, it is important to consider the psychology, physiology, and pathological aspects of children and students (Kohara, Nakakuroshima, Nagahama et al., 2015). Especially with regard to the education of children with health impairment, it is important to understand and provide educational support, as physiological and pathological diseases such as chronic diseases often affect psychological aspects. Therefore, in this research, clarify the problems of the previous researches on the relationship between “psychology, physiology and pathology” in education of the children with health impairment in Japan from the viewpoint of psychology and physiology and pathology. And also it aimed to become basic research to develop the teaching method based on the relationship. As a result, with regard to practical cases regarding support for children with health impairment and children with chronic diseases, in particular in the field of education and medical care, evaluation based on scientific evidence is carried out for evaluation regarding psychological , physiological and pathological viewpoints. There was no case. In the future, it will be necessary to develop tools that can establish the relationship between “psychology” , “physiology” and “pathology” in sick and chronically ill children. And in the development of the tool, the result of this research is considered to be useful to make the construct.

  • 新学習指導要領の観点に基づいた知的障害の教育課程・指導法の実証的研究:―特別支援教育成果評価尺度(SNEAT)を用いた縦断データの分析を中心に―

    太田 麻美子, 小原 愛子, 運天 尚美, 權 偕珍

    Journal of Inclusive Education ( 一般社団法人 アジアヒューマンサービス学会 )  7 ( 0 ) 16 - 25   2019年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    文部科学省(2019)は、2017年から次期学習指導要領に関する周知・徹底を行っており、それに伴い小・中学校においては「カリキュラム・マネジメント」の観点を取り入れた次期学習指導要領に即した教育課程の改善等が少しずつではあるが、行われてきている。 本研究では、沖縄県内の知的障害を主とする特別支援学校において、教育課程の改善を行った2017年度及び2018年度の授業を、特別支援教育成果評価尺度(Special Needs Education Assessment Tool; 以下、SNEAT) (Han, Kohara & Kohzuki, 2014)を用いて評価する。そうすることで、教育課程及び指導内容の改善が児童生徒にどのような効果を与えるのかを検討することを目的とした。

  • 国際比較を通した特別支援教育に関する制度・政策の変遷と現代的課題

    金 珉智, 小原 愛子, 權 偕珍, 下條 満代

    Journal of Inclusive Education ( 一般社団法人 アジアヒューマンサービス学会 )  7 ( 0 ) 40 - 49   2019年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    本稿では、既存の研究等を用いて特別支援教育における制度・政策の変遷について国際的比較を行い、日本の特別支援教育における課題を見出すことを目的とする。学校教育法の一部改正により、2007年からこれまでの特殊教育が変わり、特別支援教育が本格的に実施された。特別支援教育は、日本を含め、世界各国で障害者の権利に関する条約を基に実施されている。日本では、インクルーシブ教育を行うための人的・物的な環境整備等が十分に行われず、理念が先走ったインクルーシブ教育導入への危険性があり、特別支援教育の先進国であるイギリスとイタリアの例を参考にしながらインクルーシブ教育の現状を丁寧に分析していく必要がある。一方、障害児に対する特別支援教育の制度及び政策は、国によって体制が異なるとはいえ、インクルーシブ教育を目指す目標は同一であり、学びの場である学校は特別支援教育の制度において中心的機能をしていることが示された。

  • 乳幼児保育・教育におけるカリキュラム評価 に関する研究:―保育所保育指針の分析を中心に―

    小原 愛子, 荒居 日和, 岡田 直美

    Journal of Inclusive Education ( 一般社団法人 アジアヒューマンサービス学会 )  6 ( 0 ) 1 - 9   2019年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    本研究では、乳幼児保育・教育のカリキュラム評価に必要な要素について考察するために、保育所保育指針の内容をIN-Child Recordの14領域の観点と、「概念形成」、「才能発掘」、「子育て支援」の観点から分析した。乳児の保育のねらい及び内容は、「姿勢・運動・動作」、「コミュニケーション」が該当するものが最も多く、1歳児以上3歳未満の保育のねらい及び内容は「概念形成」と「コミュニケーション」、3歳児以上では、「概念形成」、「コミュニケーション」、「社会生活機能」が多く該当した。乳児は、運動機能が著しく発達し、首がすわったり寝返りをするようになったりと、概念形成の土台となる「姿勢・運動・動作」が重要となるため、カリキュラム評価の際はそれらについて取り入れることが重要だと考えられる。また、1歳児以上は、「概念形成」を行いながら言葉を獲得したり、思考力を深めたりするため、カリキュラム評価の際も「概念形成」に関して評価を行うことが必要だと考えられる。また、乳児から3歳児以上の保育・教育において「コミュニケーション」は常に重要となるため、コミュニケーションの観点も取り入れたカリキュラム評価を行うことが必要だろう。

全件表示 >>