松本 晶子 (マツモト アキコ)

Matsumoto Akiko

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

80369206

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   観光地域デザインプログラム   教授  

  • 併任   琉球大学   観光科学研究科   その他  

  • 併任   琉球大学   理工学研究科   その他  

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
     
     

      - , University of the Ryukyus, Faculty of Tourism Sciences and Industrial Management, Department of Tourism Sciences, Professor  

  • 2010年04月
    -
    継続中

      琉球大学 観光産業科学部 観光科学科 教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物人類学

  • 霊長類

  • 社会行動

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 自然人類学

  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

  • 人文・社会 / 観光学

  • その他 / その他

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 進化でわかる人間行動の事典

    小田, 亮, 橋彌, 和秀, 大坪, 庸介, 平石, 界 ( 担当: その他 )

    朝倉書店  2021年05月 ( ページ数: viii, 307p )

  • 世界で一番美しいサルの図鑑

    京都大学霊長類研究所 ( 担当: 分担執筆 )

    エクスナレッジ  2017年11月 ( ページ数: 223p )

  • 行動生物学辞典

    上田, 恵介, 岡ノ谷, 一夫, 菊水, 健史, 坂上, 貴之, 辻, 和希, 友永, 雅己, 中島, 定彦, 長谷川, 寿一, 松島, 俊也 ( 担当: 分担執筆 )

    東京化学同人  2013年11月 ( ページ数: 637p )

  • 人類の移動誌

    松本晶子 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: ヒヒはなぜサバンナへ移動したか. )

    臨川書店. p48-53  2013年04月 ( ページ数: 363, viiip, 図版 [4] p )

  • ヒトはどのように進化してきたか

    Boyd Robert, Silk Joan B., 松本 晶子, 小田 亮 ( 担当: 単著 )

    ミネルヴァ書房  2011年

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • ヒヒとヒト サバンナの隣人から見える社会性の起源

    松本晶子

    現代思想2017年6月号 特集=変貌する人類史     175 - 189   2017年05月

     

  • Nocturnal leopard (Panthera pardus) predation risk for olive baboons (Papio anubis) in Kenya

    Laura R. Bidner, Lynne A. Isbell, Akiko Matsumoto-Oda

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY ( WILEY-BLACKWELL )  159   95 - 95   2016年03月

     

  • ケニアの私立保護区におけるワイルドライフ・ツーリズムに関する予備的研究

    武田美亜, Martin Mulama, 松本晶子

    観光科学   5   11 - 17   2013年

     

  • 大学生に対する環境教育における,自然体験活動の意義

    松本晶子, 釜本健司, 早石周平

    沖縄大学人文学部紀要   10   43 - 52   2009年  [査読有り]

     

  • Synchrony and asynchrony of estrous swelling in Mahale chimpanzees: II

    A Matsumoto-Oda, E Kasuya, Y Takahata

    ANTHROPOLOGICAL SCIENCE ( ANTHROPOLOGICAL SOC NIPPON )  110 ( 1 ) 72 - 72   2002年01月

     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本アフリカ学会研究奨励賞

    1998年   日本アフリカ学会  

    受賞者: その他の受賞者

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • サバンナヒヒにおける捕食者対策:群れ形成のダイナミクスと意思決定方法の解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

    代表者: 松本 晶子 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 捕食圧がサバンナヒヒの生活史に及ぼす影響

    基盤研究(B)

    課題番号: 16H05776

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    代表者: 松本 晶子  研究分担者: 河村 正二 東京大学, 大学院新領域創成科学研究科, 教授 (40282727) 國松 豊 龍谷大学, 経営学部, 教授 (80243111)

    直接経費: 13,100,000(円)  間接経費: 3,930,000(円)  金額合計: 17,030,000(円)

  • アヌビスヒヒにみられる創傷の治癒促進

    挑戦的萌芽研究

    課題番号: 26650172

    研究期間: 2014年  -  2016年 

    代表者: 松本晶子 

    直接経費: 3,100,000(円)  間接経費: 930,000(円)  金額合計: 4,030,000(円)

  • 霊長類の発情傾向と配偶システムの進化

    基盤研究(B)

    課題番号: 23405016

    研究期間: 2011年  -  2014年 

    代表者: 松本晶子  研究分担者: 3名

    直接経費: 14,600,000(円)  間接経費: 4,380,000(円)  金額合計: 18,980,000(円)