原嶋 奈々江 (ハラシマ ナナエ)

HARASHIMA Nanae

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

60345311

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1995年03月

    琉球大学   医学部   保健学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    琉球大学  保健学研究科  修士課程  修了

  • 1997年04月
    -
    2001年03月

    久留米大学  医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 久留米大学 -  博士(医学)  医学

  • 琉球大学 -  修士(保健学)  保健学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年02月
    -
    2005年07月

      東京医科歯科大学  

  • 2007年04月
    -
    2017年03月

      島根大学  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本がん分子標的治療学会

  •  
     
     
     

    日本がん分子標的治療学会

  •  
     
     
     

    日本HTLV-1学会

  •  
     
     
     

    日本免疫学会

  •  
     
     
     

    日本がん免疫学会

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Novel drug-resistance mechanisms of pemetrexed-treated non-small cell lung cancer.

    Tanino R, Tsubata Y, Harashima N, Harada M, Isobe T

    Oncotarget ( Oncotarget )  9 ( 24 ) 16807 - 16821   2018年03月

  • Contrasting effects of cyclophosphamide on anti-CTL-associated protein 4 blockade therapy in two mouse tumor models.

    Iida Y, Harashima N, Motoshima T, Komohara Y, Eto M, Harada M

    Cancer science   108 ( 10 ) 1974 - 1984   2017年10月

  • HIF-2α dictates the susceptibility of pancreatic cancer cells to TRAIL by regulating survivin expression.

    Harashima N, Takenaga K, Akimoto M, Harada M

    Oncotarget   8 ( 26 ) 42887 - 42900   2017年06月

  • Hypoxia-inducing factor (HIF)-1α-derived peptide capable of inducing cancer-reactive cytotoxic T lymphocytes from HLA-A24<sup>+</sup> patients with renal cell carcinoma.

    Minami T, Matsumura N, Sugimoto K, Shimizu N, De Velasco M, Nozawa M, Yoshimura K, Harashima N, Harada M, Uemura H

    International immunopharmacology   44   197 - 202   2017年03月

  • Age-associated impairment of antitumor immunity in carcinoma-bearing mice and restoration by oral administration of Lentinula edodes mycelia extract.

    Ishikawa S, Matsui Y, Wachi S, Yamaguchi H, Harashima N, Harada M

    Cancer immunology, immunotherapy : CII   65 ( 8 ) 961 - 72   2016年08月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特許等知的財産 【 表示 / 非表示

  • PEPTIDE HAVING HTLV-1-SPECIFIC CTL-INDUCING ACTIVITY

    特許 European Patent No. 1616950  (2008年06月25日)

    HARASHIMA Nanae, KANNAGI Mari

  • HLA-A11拘束性Tax抗腫瘍ペプチド

    特許 特許第5176009号  (2013年01月18日)

    原嶋奈々江、神奈木真理、田野崎隆二

  • COMPOSITIONS AND METHODS FOR PREVENTION OR TREATMENT OF NEOPLASTIC DISEASE IN A MAMMALIAN SUBJECT

    特願 US 14/549,296  (2014年12月08日)

    Childs RW., Takahashi Y., Kajigaya S., Harashima N.

  • HTLV-1特異的CTL誘導活性ペプチド

    特願 PCT/JP2004/005414  (2004年04月15日)

    原嶋奈々江、神奈木真理

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 癌細胞のオートファジーと低酸素応答制御による免疫的細胞傷害抵抗性の克服

    基盤研究(C)

    課題番号: 25430150

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月 

    代表者: 原嶋 奈々江 

    直接経費: 4,100,000(円) 

  • 免疫アジュバント受容体シグナルによる癌細胞死とオートファジー

    若手研究(B)

    課題番号: 23701074

    研究期間: 2011年04月  -  2013年03月 

    代表者: 原嶋 奈々江 

    直接経費: 3,400,000(円) 

  • エピジェネティクス治療薬による腫瘍抗原発現とT細胞感受性の増強

    若手研究(B)

    課題番号: 20790930

    研究期間: 2008年04月  -  2010年03月 

    代表者: 原嶋 奈々江 

    直接経費: 3,300,000(円) 

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 柑橘類由来フラボノイドを用いた ヒトがん細胞に対する抗腫瘍効果の検討

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 公益信託 宇流麻学術研究助成基金

    研究期間: 2018年10月  -  2019年09月 

    代表者: 原嶋 奈々江  資金配分機関: 公益信託 宇流麻学術研究助成基金  受託者住友信託銀行

  • がん特異的エネルギー代謝制御によるがん細胞死の誘導に関する研究

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 女性教員に対する支援

    研究期間: 2018年07月  -  2019年03月 

    代表者: 原嶋 奈々江  資金配分機関: 琉球大学

  • Fasリガンドの生理的・病理的役割の解明 課題:Toll様レセプター(TLR)刺激により誘導される前立腺癌の細胞死メカニズムの解明

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: 金沢大大学がん研究所共同研究

    研究期間: 2009年08月  -  2010年03月 

    代表者: 原田 守  資金配分機関: 金沢大学

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  生化学実習  実験・実習・実技

  • 2020年度  分析化学  実験・実習・実技

  • 2020年度  生化学  講義

  • 2020年度  RI検査技術学  講義

  • 2020年度  臨床化学Ⅰ  実験・実習・実技

全件表示 >>