當山 奈那 (トウヤマ ナナ)

Tohyama Nana

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

90792854

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   人文社会学部   琉球アジア文化学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2010年03月

    琉球大学   法文学部   国際言語文化学科   卒業

  •  
    -
    2012年03月

    琉球大学   人文社会科学研究科   博士前期課程   卒業

  •  
    -
    2015年03月

    琉球大学   人文社会科学研究科   博士後期課程   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(学術)  学術

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

      独立行政法人日本学術振興会  

  • 2014年09月
    -
    2018年03月

      沖縄国際大学  

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

      沖縄大学  

  • 2015年05月
    -
    2016年03月

      琉球大学  

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

      独立行政法人日本学術振興会  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2017年03月
     

    豊見城教育委員会   豊見城方言読本調査員

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    恩納村誌「言語編」専門部会   専門委員

  • 2018年06月
    -
    継続中
     

    沖縄言語研究センター   研究運営委委員

  • 2018年09月
    -
    継続中
     

    新沖縄県史編集委員会   各論編言語専門部会委員

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 琉球語学

  • 琉球語文法

  • 琉球語

  • 日本語文法

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 言語学

論文 【 表示 / 非表示

  • 伊是名村諸方言の動詞の文法的な形式

    ■■■

    シマジマのしまくとぅば   2   59 - 82   2021年03月

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • Grammatical nominalization in Yoron Ryukyuan

    Tohru Seraku, Nana Tohyama

    Studies in Language ( John Benjamins Publishing Company )  44 ( 4 ) 879 - 916   2020年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <title>Abstract</title> Despite extensive research on Ryukyuan languages, relatively few attempts have been made to describe Ryukyuan nominalization. This paper sets out the agenda for exploring Ryukyuan nominalization with special reference to Yoron Ryukyuan, which, we propose, has four nominalizers: -<italic>si, hutu, munu</italic>, and Ø (zero). We divide nominalization into GB (Gap-Based) and GL (Gap-Less) nominalization. Firstly, -<italic>si</italic> is the most productive; it realizes GB/GL nominalization and derives clefts, relatives, and stance constructions. Secondly, <italic>hutu</italic> is less productive; its use in GB nominalization is restricted, and it derives only stance constructions. Thirdly, <italic>munu</italic> is viewed as a formal noun in that it encodes the general meaning ‘person, thing’ and usually requires a modifying element. Finally, Ø is the least productive, found only in fixed constructions. Based on these observations, we propose a non-discrete view of nominalizer and formal noun and a cline of their productivity.

  • 与論方言における主語標示に関わる格=とりたてについて

    當山 奈那

    琉球アジア社会文化研究   22   47 - 68   2019年11月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 琉球諸語における音声教材作成について―言語習得と方言教育と危機言語の記録保存の各観点から―

    當山 奈那

    琉球アジア文化論集   5   161 - 183   2019年03月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 沖縄県伊平屋方言の動詞の活用と文法的な形式

    當山 奈那

    危機的な状況にある言語・方言のアーカイブ化を想定した実地調査研究   平成30年度   49 - 77   2019年03月

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 明解方言学辞典

    當山 奈那 ( 担当: 単著 , 担当範囲: ウチナーヤマトゥグチ、自他の対、証拠性、方言札 )

    ■■■  2019年04月

  • シークヮーサーの知恵―奥・やんばるの「コトバ―暮らし―生きものの環」-

    當山 奈那 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 「ウクムニー」習得のための音声教材試作版の作成 )

    京都大学学術出版会  2016年03月

  • わったーたからむんてぃみぐすくくとぅば : 伝えよう私たちの宝物豊見城言葉

    狩俣 繁久, 仲間 恵子, 當山 奈那, 喜名 柚日, 沖縄時事出版編集部 ( 担当: 単著 )

    豊見城市教育委員会生涯学習部文化課  2016年

  • 有対動詞の通言語的研究―日本語と諸言語の対照から見えてくるもの―

    佐々木冠、當山奈那 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 他動性交替の地域差 )

    くろしお出版  2015年12月

  • 琉球のことばの書き方―琉球諸語統一的表記法―

    當山 奈那 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 2.4 首里方言(沖縄県那覇市首里) )

    くろしお出版  2015年11月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 伊是名村諸方言(字伊是名方言、字勢理客方言)の動詞活用資料

    當山奈那

    シマジマのしまくとぅば―危機的な状況にある言語・方言のアーカイブ化を想定した実地調査研究 令和元年度―   1   37 - 56   2020年03月

     

  • 沖縄タイムスしまくとぅば新聞連載「百年後のあなたに」

    當山 奈那

    ■■■     2017年01月

     

  • 日本全国イチオシ方言沖縄県(本島)

    當山 奈那

    日本語学   2015年 ( 12月 )   2015年12月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 琉球諸語の使役文とシム相当形式について

    當山奈那, 目差尚太, 大胡太郎

    沖縄言語研究センター定例研究会  2021年06月  -  2021年06月   

  • 首里方言の副詞−琉球語音声データベースの用例から−

    當山奈那

    沖縄言語研究センター定例研究会  2021年02月  -  2021年02月   

  • 恩納村の副詞の和琉辞書的記述のためのおぼえがき

    當山 奈那

    沖縄言語研究センター定例研究会  2019年12月  -  2019年12月   

  • 目指すべきしまくとぅばの継承

    當山 奈那

    しまくとぅばの日特別企画シンポジウム  2019年09月  -  2019年09月   

  • Inheriting Linguistic Diversity in Okinawa: An Orality-based Approach of Promoting shima-kutuba

    Masayuki Ōnishi and Nana Tōyama

    Japanese Studies Association of Australia  (Monash University, Australia)  2019年07月  -  2019年07月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 沖縄言語研究センター仲宗根政善記念研究奨励賞

    2017年07月   沖縄言語研究センター  

    受賞者: 當山 奈那

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 琉球諸語における受動・使役・授受の記述的研究

    若手研究

    課題番号: 20K13052

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 當山 奈那 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 4,160,000(円)  金額合計: 960,000(円)

  • 言語系統樹を用いた琉球語の比較・歴史言語学的研究

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2017年04月  -  2022年03月 

    代表者: 狩俣 繁久 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 国頭諸語の記述文法とドキュメンテーション

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2017年  -  2019年03月 

    代表者: 當山 奈那 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 国頭諸語の記述文法とドキュメンテーション

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2017年  -  2019年03月 

    代表者: 當山 奈那 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 琉球諸語国頭語における危機言語教材作成のための記述研究

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

    代表者: 當山 奈那 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • シンポジウム「目指すべきしまくとぅばの継承」

    しまくとぅばプロジェクト  しまくとぅばプロジェクト2019「しまくとぅばの日」企画  2019年9月

     概要を見る

    行政で、教育現場で、地域で、海外でどんな取り組みがなされてきたか、これまでの継承活動を振り返りつつ、しまくとぅばの日を制定した原点に立ち返って、「故郷のことば」という意味も込められているしまくとぅばを普及、継承していくうえで、目指すべき目標をどこに置くか、その目標の実現にむけて何をすべきかを議論した。

  • しまくとぅば復興への取り組みと出版物―沖縄県・市町村の教材を中心に―

    一般財団法人沖縄美ら島財団  しまくとぅばプロジェクト2018「しまくとぅばの日」企画  2018年9月

     概要を見る

    平成25年から始まった沖縄県のしまくとぅば普及推進行動計画は平成30年で中期の最後の年を迎えた(中期は「県民への普及促進の期間」)。 本シンポジウムでは、沖縄県や市町村のしまくとぅば関連の出版物に焦点を当てたシンポジウムを開催した。これらの教材が、しまくとぅば復興に向けて、どのような役割を担い、どう利用され、どのような課題があるのかについて話し合い、今後どのような教材が必要となるのか、などについても議論した。

  • 「しまくとぅばの日」条例制定10年を迎えてその課題と可能性―時代につなぐために私達が考える継承のあり方―

    一般財団法人沖縄美ら島財団  しまくとぅばプロジェクト2016  2016年9月