武方 宏樹 (タケカタ ヒロキ)

Takekata Hiroki

写真a

職名

特命准教授

科研費研究者番号

60814192

生年

1986年

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   研究推進機構   共創拠点運営部門   特命准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    大阪市立大学   理学部   生物学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    大阪市立大学  理学研究科  生物地球系専攻  博士前期課程  修了

  •  
    -
    2014年03月

    大阪市立大学  理学研究科  生物地球系専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(理学)  理学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

       

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

      大阪市立大学  

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

      ウィーン大学/マックスFペルーツ研究所・日本学術振興会海外特別研究員  

  • 2017年04月
    -
    2018年10月

      琉球大学  

  • 2018年11月
    -
    継続中

      琉球大学  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本動物学会

  •  
     
     
     

    日本比較生理生化学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本時間生物学会   評議員

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 時間生物学

  • 動物行動学

  • 動物生理学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

論文 【 表示 / 非表示

  • Mate Discrimination of Colocasiomyia xenalocasiae and C. alocasiae (Diptera: Drosophilidae) as a Possible Factor Contributing to their Co-Existence on the Same Host Plant

    Tanaka R.

    Journal of Insect Behavior ( Journal of Insect Behavior )  35 ( 1-3 ) 44 - 55   2022年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • トゲスギミドリイシ<i>Acropora intermedia</i>とスギノキミドリイシ<i>A. muricata</i>におけるLED波長の繁殖への影響

    伊野波 佳介, 和泉 遼太郎, 武方 宏樹, 竹村 明洋, 磯村 尚子

    日本ベントス学会誌 ( 日本ベントス学会 )  76 ( 0 ) 59 - 72   2021年12月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>Corals are known to synchronously undergo gonadal development during a period of 1 year and release gametes simultaneously during the spawning season. Synchronization of reproduction may be caused by changes in the external environment; particularly, the effects of light on reproduction have been extensively reported. In this study, we specifically focused on the type of wavelength, with the intention to elucidate whether there are wavelengths that promote reproduction in two <i>Acropora</i>. We exposed coral colonies to four types of light-emitting diode conditions with wavelengths suitable for keeping coral: “Coral,” “Reef,” “Fresh,” and “Sunset,” and monitored gamete maturation every 3 months, as well as the number of released gametes during the spawning season. In <i>A. intermedia</i>, “Sunset” conditions promoted gamete maturation; however, there was no spawning observed. In contrast, in <i>A. muricata</i>, the same conditions promoted a series of processes ranging from gamete maturation to gamete release. In “Fresh” and “Coral” conditions, gamete maturation was also promoted. “Sunset” condition is characterized by longer wavelengths within the red-light visible spectrum, which is relatively predominant in the shallow waters where the two target species live. Therefore, this indicates that these longer wavelengths represent a light stimulus that promotes reproduction. By contrast, gamete maturation was promoted by even shorter wavelengths in <i>A. muricata</i>; therefore, further experiments considering different light sensitivities among species and growth promotion through the photosynthesis of zooxanthellae are recommended. It is also suggested that, in addition to wavelength type, spawning may be affected by water temperature increase after winter season.</p>

  • Ovarian Development and Larval Release of the Hermit Crab <i>Clibanarius eurysternus</i> (Hilgendorf, 1879) (Decapoda: Anomura: Diogenidae) in Okinawa, Japan.

    Osaka N, Chihara S, Yamauchi C, Takekata H, Takemura A

    Zoological science ( Zoological Science )  38 ( 6 ) 558 - 564   2021年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Does estrogen regulate vitellogenin synthesis in corals?

    Ee Suan Tan, Hamazato Hirono, Takahiro Ishii, Kenshiro Taira, Yuki Takeuchi, Hiroki Takekata, Naoko Isomura, Akihiro Takemura

    Comparative Biochemistry and Physiology Part A: Molecular & Integrative Physiology ( Elsevier {BV} )  255   110910 - 110910   2021年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Most broadcast spawner corals have a vitellogenic phase that lasts at least 6 months. It is established that estrogen regulates vitellogenin synthesis in vertebrates. Although some research have been conducted on the physiological role of sex steroids in corals, little is known about their involvement in oocyte development. This study aimed to detect steroid hormones - progesterone, testosterone, and estradiol-17β (E2) - in Acropora tenuis and study the relationships between vitellogenesis/vitellogenin synthesis and these steroids. This study also investigated the effect of E2 on vitellogenin synthesis in corals and identified steroidogenic enzymes in A. tenuis genome. Branches from tagged coral colonies were collected monthly from March to November. Histological observations showed that oocytes were vitellogenic from March to May (Stage IV and V), but not in June, and that gonads were occupied by immature oocytes in September (Stage I). Real-time qPCR revealed that vitellogenin (vg1 and vg2) transcript levels in coral branches were high in April and May, implying that corals actively underwent vitellogenesis during these months, and spawned before June. Liquid chromatography-mass spectrometry revealed that E2 could be detected in coral branches in March, April, and May, but not in June, whereas testosterone and progesterone did not fluctuate much in the same months. Immersing branches in E2-containing seawater failed to increase vitellogenin transcript levels. The results indicate that E2 is involved in oogenesis but does not positively regulate vitellogenin synthesis. Steroidogenic enzymes (except CYP19A) were identified in A. tenuis, suggesting that corals may endogenously synthesize progestogens and androgens from cholesterol.

  • Possible biological processes controlled by the circatidal clock in the mangrove cricket inferred from transcriptome analysis

    Hiroki Takekata , Shin Ichiro Tachibana , Daisuke Motooka , Shota Nakamura , Shin G. Goto

    Biological Rhythm Research     2020年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 沖縄島に生息するシロスジフジツボFistulobalanus albicostatus の概潮汐リズム

    片山蒼, 武方宏樹, 竹村明洋

    第28回日本時間生物学会学術大会  2021年11月  -  2021年11月   

  • 潮汐性産卵リズムに関わる水圧情報伝達の脳内経路の解明

    宇田川伸吾, 武方宏樹, 竹内悠記, 竹村明洋

    第28回日本時間生物学会学術大会  2021年11月  -  2021年11月   

  • ショウジョウバエからの野生酵母の単離と産業への展開

    清家泰介, 武方宏樹, 阪田奈津枝, 古澤力, 松田史生

    第73回日本生物工学会大会  2021年10月  -  2021年10月   

  • /Drosophila elegans/ as a new model for understanding the neural mechanism of flower recognition

    Yuki Ishikawa, Kohei Fujii, Yuto Hayashi, Hiroki Takekata, Ryoya Tanaka, Azusa Kamikouchi

    第14回日本ショウジョウバエ研究集会  2021年09月  -  2021年09月   

  • ウスエダミドリイシにおける性ステロイドホルモン合成酵素17B-HSDの卵形成に関連した発現変動

    濱里都乃, Tan Ee Suan, 武方宏樹, 竹村明洋

    第92回日本動物学会オンライン米子大会  2021年09月  -  2021年09月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第16回日本時間生物学会学術大会優秀ポスター賞

    1900年01月01日   日本時間生物学会   マングローブスズの概潮汐時計と概日時計におけるperiod遺伝子の役割  

    受賞者: 武方宏樹

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 熱帯モンスーンの影響下にある浅海環境変化から読み解くサンゴ礁魚類の測季システム

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    課題番号: 20KK0143

    研究期間: 2020年10月  -  2024年03月 

    代表者: 竹村 明洋  研究分担者: 山内 千裕, 武方 宏樹, 野津 了

    直接経費: 14,400,000(円)  間接経費: 4,320,000(円)  金額合計: 18,720,000(円)

  • 熱帯モンスーンの影響下にある浅海環境変化から読み解くサンゴ礁魚類の測季システム

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    課題番号: 20KK0143

    研究期間: 2020年10月  -  2024年03月 

    代表者: 竹村 明洋, 山内 千裕, 武方 宏樹, 野津 了 

    直接経費: 14,400,000(円)  間接経費: 18,720,000(円)  金額合計: 4,320,000(円)

  • 熱帯モンスーンの影響下にある浅海環境変化から読み解くサンゴ礁魚類の測季システム

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    課題番号: 20KK0143

    研究期間: 2020年10月  -  2024年03月 

    代表者: 竹村 明洋, 山内 千裕, 武方 宏樹, 野津 了 

    直接経費: 14,400,000(円)  間接経費: 18,720,000(円)  金額合計: 4,320,000(円)

  • 月周性産卵魚の概月性を司るタイマー型砂時計の実体と概日時計との関連性の解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 19H03053

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

    代表者: 竹村明洋  研究分担者: 武方 宏樹

    直接経費: 13,600,000(円)  間接経費: 4,080,000(円)  金額合計: 17,680,000(円)

  • イシサンゴが産卵時期を決定する仕組みの生理学的解析

    若手研究

    課題番号: 19K16189

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

    代表者: 武方 宏樹 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 960,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • サンゴの周年産卵の産業化を目指した生殖細胞の増殖・増大制御技術の開発

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究協力者

    研究種別: 研究助成  事業名: 沖縄科学技術イノベーションシステム構築事業

    研究期間: 2020年  -  継続中 

    代表者: 竹村明洋  連携研究者: 武方宏樹  資金配分機関: 沖縄科学技術振興センター

    金額合計: 6,240,000(円)

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 魚類やサンゴの養殖事業

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  生物学実験  実験・実習・実技

  • 2019年度  生物学特殊講義  講義

  • 2019年度  生物学実験  実験・実習・実技

  • 2018年度  生物学特殊講義  講義

  • 2018年度  生物学実験  実験・実習・実技