中村 春菜 (ナカムラ ハルナ)

Nakamura Haruna

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

80846866

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   人文社会学部   琉球アジア文化学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2009年03月

    琉球大学   法文学部   国際言語文化学科・東洋文化専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    琉球大学  人文社会科学研究科  博士前期課程  修了

  • 2013年04月
    -
    2018年03月

    琉球大学  比較文化研究科  博士後期課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月
    -
    2008年02月

    台湾大学  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(学術)  学術

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年03月
    -
    2009年11月

      Japanese Programme School of Languages & Cultures Victoria University of Wellington ・日本語教育実習生  

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

      琉球大学法文学部総合社会システム学科・ティーチングアシスタント  

  • 2013年02月
    -
    2014年03月

      株式会社カルティベイト・コーディネーター  

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

      琉球大学法文学部国際言語文化学科・ティーチングアシスタント  

  • 2014年10月
    -
    2018年03月

      沖縄県教育庁文化財課史料編集班・嘱託職員  

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 中琉関係史

  • 台湾引揚

  • 冊封使録

著書 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 「地域史と世界史を繋ぐ1947-1949「チャイナ部隊」〜写真・証言・外交文書から読み解く戦後初期秘話〜」

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 令和2年度「オーガナイザー養成支援」ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(先端型)

    研究期間: 2020年12月  -  2021年03月 

    代表者: 中村春菜  資金配分機関: 琉球大学

    金額合計: 800,000(円)

     概要を見る

    2021年2月21日(日)、琉球大学ジェンダー協働推進室協力の「オーガナイザー養成支援」により、戦後沖縄チャイナ部隊研究会が主催するオンラインシンポジウム「地域史と世界史を繋ぐ 1947-1949『チャイナ部隊』~写真・証言・外交文書から読み解く戦後初期秘話~」を開催した。第1部「チャイナ部隊とは」の森岡稔(西原中学校教諭)報告では、新たに得られた証言より普天間にもチャイナ部隊が駐屯していたことについて初めて言及した。第2部「伊江島での収集活動と爆発事故」では、高橋順子(日本女子大学ほか非常勤講師)と上地聡子(日本大学非常勤講師)が、1948年6月の伊江島LCT爆発事故に関連して、研究会メンバーによる聞き取り調査と当時の米軍作成のリポートを織り交ぜながら、同事故から垣間見える伊江島でのチャイナ部隊の活動について報告した。第3部「元中国憲兵隊員の見た沖縄」では、当時憲兵隊として駐留していた元中国憲兵隊員の肉声を初めて公開した。第4部では、県内外から沖縄や東アジアを専門とするコメンテーターを迎え、本研究の今後の展望等を含めてオーディエンスとともにディスカッションした。