高橋 そよ (タハカシ ソヨ)

Takahashi Soyo

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

60772829

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   人文社会学部   琉球アジア文化学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    琉球大学   法文学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年

    京都大学  人間・環境学研究科  環境相関研究専攻  博士前期課程  修了

  • 2002年04月
    -
    2008年11月

    京都大学  人間・環境学研究科  環境相関専攻  博士後期課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年06月
    -
    1999年05月

    タイ・チェンマイ大学  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(人間・環境学)  人間・環境学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年07月
    -
    2008年06月

      イースト・ウエスト・センター(東西センター、米国)  

  • 2008年07月
    -
    2011年02月

      TRAFFIC (国際NGO)  

  • 2011年04月
    -
    2012年07月

      京都大学大学院人間・環境学研究科  

  • 2012年11月
    -
    2015年03月

      琉球大学うない研究者支援センター  

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

      琉球大学研究推進機構研究企画室  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本島嶼学会

  •  
     
     
     

    現代民俗学会

  •  
     
     
     

    日本文化人類学会

  •  
     
     
     

    生き物文化誌学会

  •  
     
     
     

    日本地理学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 環境民俗学

  • 民俗文化

  • 生業

  • サンゴ礁

  • エスノサイエンス

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学

  • 人文・社会 / 地域研究

  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会

論文 【 表示 / 非表示

  • デジタル ・ コンテンツを活用した教育実践 ―大学生の絵画描写にみる環境認識を事例に―

    高橋 そよ

    琉球アジア文化論集 : 琉球大学人文社会学部紀要 ( 琉球大学人文社会学部琉球アジア文化学科 )  ( 8 ) 115 - 138   2022年03月

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • 湧き水と生物文化多様性

    高橋 そよ

    学術の動向 ( 公益財団法人 日本学術協力財団 )  27 ( 1 ) 1_50 - 1_55   2022年01月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p> 本稿では、琉球弧の島々を事例に、水と人間との循環的なかかわりと、その関係性の回復からコミュニティ・ケイパビリティの向上を試みる協働研究の一端を紹介した。</p><p> 琉球弧の島々は高島と低島に分類され、それぞれの自然特性に応じた固有の言語や文化、在来的な知識や技術を発達させてきた。特に琉球石灰岩からなる低島では、雨水の多くが地下に浸透するため、湧水を利用するなど、水資源の確保に苦労をしてきた。1972年の本土復帰後、ダム建設などによって水源が確保されると、沖縄の水―社会システムは急激に変化した。このように貴重な資源であった水は、琉球弧の島々において、1)実利的な在来的知識や技術の対象、2)聖なる水として文化的価値を見出されてきた。しかしながら、現在は赤土流出や水質悪化など様々な問題に直面している。そこで本稿では筆者が関わっている二つの協働プロジェクトを提示し、協働研究によって醸成されるコミュニティ・ケイパビリティの可能性について論じた。</p>

  • 湧き水と生物文化多様性 : 琉球弧の事例から—特集 「水」と「水循環」の研究最前線 : 21世紀の多分野協創研究にむけて

    高橋 そよ

    学術の動向 = Trends in the sciences / 『学術の動向』編集委員会, 日本学術会議 編 ( 日本学術協力財団 )  27 ( 1 ) 50 - 55   2022年01月

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)

  • 琉球弧における民俗文化の記録・保全・継承への試み −民俗文化目録・データベース整備状況に関する博物館アンケート調査から−

    高橋そよ

    琉球アジア文化論集   ( 6 ) 105 - 125   2020年03月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 琉球大学研究企画室の活動~学内外セクターとの連携強化を中心に

    西田 睦, 昆 健志, 高橋 そよ, 羽賀 史浩, 殿岡 裕樹

    産学連携学 ( 特定非営利活動法人 産学連携学会 )  15 ( 1 ) 1_30 - 1_40   2019年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>昨今, 世界と日本社会は大きくかつ急速に変化しつつあり,大学が社会で大きな役割を果たすことへの期待がますます大きくなっている.琉球大学は創立時から「地域の発展に貢献する」ことをミッションとしてきたが,期待に応えるためにさらに様々な取組を強化する必要がある.そのための一環として,本学にリサーチアドミニストレーター(URA)が導入された.このURAが所属する研究企画室は,案件によって様々な部署と柔軟に連携を取ることによって,少人数でも効果的な活動を実現してきた.本稿では,4年近くにわたって進めてきた研究企画室の活動を,学内外セクターとの連携強化の試みに焦点を当てて紹介する.</p>

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 琉球弧・与論島

    高橋 そよ, 総合地球環境学研究所, LINKAGEプロジェクト ( 担当: 共著 )

    大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所LINKAGE プロジェクト  2022年 ( ページ数: 127p. )

  • 琉球弧・与論島

    高橋 そよ ( 担当: 共著 )

    人間文化研究機構総合地球環境学研究所Linkageプロジェクト  2022年

  • 沖縄・素潜り漁師の社会誌: サンゴ礁資源利用と島嶼コミュニティの生存基盤

    高橋 そよ ( 担当: 単著 )

    コモンズ  2018年03月

  • 宮古の自然と文化第4集 天・地・人の調和

    高橋 そよ ( 担当: 共著 , 担当範囲: 「サンゴ礁と共に生きる知恵」 )

    ■■■  2018年 ( 担当ページ: p.pp.68-101 )

  • シークヮーサーの知恵 : 奥・やんばるの「コトバ-暮らし-生きもの環」

    大西正幸 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 山裾を縁どり暮らしに彩りを添えてきたサンゴ礁(高橋そよ・渡久地健) )

    京都大学学術出版会  2016年

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Narrative and material culture

    Soyo TAKAHASHI

    KLASICA-RIHN-IASS SYMPOSIUM: Narrative insights for emerging cultures of sustainability  2022年10月  -  2022年10月   

  • 与論島の古写真資料収集事業と 「ゆんぬ古写真展」への展開

    橋本雄太 , 高橋そよ , 後藤真

    日本島嶼学会  2022年10月  -  2022年10月   

  • Digital Technologies for Co-creation and Collaboration: Overcoming Barriers in the Use of Asian Studies Resources

    Akihiro Kameda , Yuta Hashimoto , Prananda Malasan , Soyo Takahashi

    Association for Asian Studies 2022 Annual Conference  2022年03月  -  2022年03月   

  • サンゴ礁海域における 漁具の資料学的検討と地域展開 ―理論編―

    高橋そよ,後藤真

    国立歴史民俗博物館・共同研究「総合資料学の創成」全体集会  2022年03月  -  2022年03月   

  • 湧き水と生物文化多様性ー琉球弧の事例から

    高橋そよ

    日本学術会議公開シンポジウム「「水」と「水循環」の研究最前線─21世紀の多分野協創研究にむけて」  2021年09月  -  2021年09月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 沿岸浅海域の地理学研究:浅海底地形学の構築および海底景観の可視化と啓発

    基盤研究(A)

    課題番号: 21H04379

    研究期間: 2021年04月  -  2025年03月 

    代表者: 菅 浩伸 

    直接経費: 32,500,000(円)  間接経費: 42,250,000(円)  金額合計: 9,750,000(円)

  • 漁具からみるサンゴ礁漁撈文化と生業経済の変容

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K01219

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月 

    代表者: 高橋 そよ 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)

  • 浅海底地形学を基にした沿岸域の先進的学際研究-三次元海底地形で開くパラダイム-

    基盤研究(S)

    課題番号: 16H06309

    研究期間: 2016年05月  -  2021年03月 

    代表者: 菅浩伸  研究分担者: 高橋 そよ

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 琉球列島におけるサンゴ礁の漁撈活動と民俗分類をめぐる生態地理学的研究 (連携研究者)

    基盤研究(C)

    課題番号: 15K03015

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 渡久地 健 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 沖縄県、八重山地方における生態と世界観に関する文化人類学的研究(研究協力者)

    基盤研究(C)

    課題番号: 14510335

    研究期間: 2002年04月  -  2004年03月 

    代表者: 山田孝子 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 陸と海をつなぐ水循環を軸としたマルチリソースの順応的ガバナンス: サンゴ礁島嶼系での展開

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: プレリサーチ

    研究期間: 2021年07月  -  継続中 

    代表者: 新城竜一  資金配分機関: 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所

  • 亜熱帯島嶼の持続可能な水資源利用に向けた参画・合意に基づく流域ガバナンスの構築(研究分担者)

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム」SOLVE for SDGs

    研究期間: 2019年11月  -  2025年03月 

    代表者: 高橋 そよ  連携研究者: 安元純  資金配分機関: RISTEX

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 暮らしの中から考える与論島のサンゴ礁の恵みと漁撈文化

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: プロ・ナトゥーラ・ファンド助成

    研究期間: 2019年04月  -  2020年10月 

    代表者: 高橋 そよ  連携研究者: 高橋 そよ  資金配分機関: 自然保護助成基金

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 陸と海をつなぐ水循環に基づいた島嶼の水資源の未来志向的ガバナンス(研究分担者)

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: ISインキュベーション研究

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

    代表者: 高橋 そよ  連携研究者: 新城竜一  資金配分機関: 総合地球環境学研究所

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • サンゴ礁海域における漁具の資料学的検討と地域展開 ―タコ・イカ・カニ編―

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 奨励研究

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

    代表者: 高橋 そよ  連携研究者: 高橋 そよ  資金配分機関: 国立歴史民俗博物館

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 令和4年度沖縄県農業農村整備事業事後評価第三者委員会委員

    2022年04月
    -
    継続中

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 南城市史編集委員会副委員長

    2022年4月
    -
    現在

  • 日本学術会議地球惑星科学委員会地球・人間圏分科会社会水文学小委員会 委員

    2022年1月
    -
    現在

    種別:学会・研究会等 

  • 科学省 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)科学技術予測・政策基盤調査研究センター 専門調査員

    2021年4月
    -
    現在

    種別:学会・研究会等 

  • 宮古島市史編纂(自然編)調査員

    種別:学術調査