三輪 宜一 (ミワ ヨシカズ)

MIWA Yoshikazu

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

60346773

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1994年03月

    九州大学   医学部   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(医学)  医学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年05月
    -
    1995年04月

      九州大学医学部附属病院   

  • 1995年05月
    -
    1996年04月

      筑前山田赤十字病院  

  • 1996年05月
    -
    1996年09月

      社会保険 直方中央病院  

  • 1996年10月
    -
    1997年04月

      新日鐵八幡製鉄所病院  

  • 1997年05月
    -
    2000年04月

      国立循環器病センター研究所  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本臨床薬理学会

  •  
     
     
     

    日本高血圧学会

  •  
     
     
     

    日本循環器学会

  •  
     
     
     

    日本内科学会

  •  
     
     
     

    日本未病システム学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • COVID-19

  • クラステリン

  • 高血圧

  • 遺伝子多型

  • 血管細胞生物学

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 薬理学

  • ライフサイエンス / 薬理学

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 内科学一般

全件表示 >>

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薬剤を用いた臨床研究

  • 薬理学基礎研究

  • 臨床薬理学研究の教育およびシステム整備

論文 【 表示 / 非表示

  • 6 .薬物相互作用と現実的な対応

    三輪 宜一

    臨床薬理 ( 一般社団法人 日本臨床薬理学会 )  52 ( 3 ) 89 - 93   2021年05月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>In recent years, many excellent drugs with few side effects have been introduced into treatment and contribute to improving prognosis, but elderly people often have multiple diseases and take many drugs in combination. As a result, the existence of drug interactions has become more important as a risk factor for the occurrence of adverse drug reactions(ADRs). In Japan as well, the importance of drug interactions has been recognized since the Sorivudine incident in 1993, in which sorivudine, a therapeutic drug for herpes zoster, caused death due to serious myelosuppressive side effects when used in combination with 5-FU anticancer drugs, and cautions have been issued such as the revision of the description procedure in the package insert. In addition, efforts are being made by various parties concerned in the drug development process. In 2018, the Ministry of Health, Labor and Welfare issued the “Guideline on drug interaction for drug development and appropriate provision of information” regarding the method of examining drug interactions and the provision of information.</p><p>On the other hand, looking at the medical field, although some side effects of individual drugs and interactions between the two drugs are described in the package insert, it is impossible to grasp all of them. In addition, even if the drug therapy is recommended in the treatment guidelines for a certain disease, if the drug is complicated with another disease, the drug interaction with the recommended drug for those diseases may become a problem. A meta-analysis of prospective studies on the incidence of drug-induced ADRs in inpatients published by the United States in 1998 estimated that 106,000 people die annually from ADRs. Healthcare professionals are required to work harder than ever to prevent ADRs. Even now, medications are checked by pharmacists, but it is hard to say that they are fully prepared for drug interactions.</p><p>In this session, I would like to describe what can be done and what kind of knowledge should be learned to prevent serious drug interactions. Based on that, I would like to think about what points should be emphasized and dealt with in the actual medical field.</p>

  • Genetic factors associated with elevation of uric acid after treatment with thiazide-like diuretic in patients with essential hypertension.

    Yuko Ohta, Kei Kamide, Hironori Hanada, Shigeto Morimoto, Takeshi Nakahashi, Shin Takiuchi, Toshihiko Ishimitsu, Takuya Tsuchihashi, Masayoshi Soma, T Tomohiro Katsuya, Ken Sugimoto, Hiromi Rakugi, Takafumi Oukura, Jitsuo Higaki, Hideo Matsuura, Tatsuo Shinagawa, Yosikazu Miwa, Toshiyuki Sasaguri, Michiya Igase, Tetsuro Miki, Kazuo Takeda, Katsuhiro Higashiura, Kazuaki Shimamoto, Ritsuko Katabuchi, Michio Ueno, Naonaga Hosomi, Johji Kato, Norio Komai, Shunichi Kojima, Kazuhiro Sase, Yoshio Iwashima, Fumiki Yoshihara, Takeshi Horio, Satoko Nakamura, Hajime Nakahama, Toshiyuki Miyata, Yuhei Kawano

    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   43 ( 3 ) 220 - 226   2020年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    We investigated changes in blood pressure (BP) and metabolic adverse effects, especially elevation of uric acid (UA), after treatment with a thiazide-like diuretic (TD) in patients with essential hypertension. Furthermore, the role of genetic factors in the elevation of UA by TD was assessed by a 500 K SNP DNA microarray. The subjects included 126 hypertensive patients (57 women and 69 men, mean age 59 ± 12 years) who registered for the GEANE (Gene Evaluation for ANtihypertensive Effects) study. After one month of the nontreatment period, TD, indapamide, angiotensin II receptor antagonist valsartan, and Ca channel blocker amlodipine were administered to all patients for 3 months each in a randomized crossover manner. BP, renal function, serum UA level, and electrolytes were measured at baseline and at the end of each treatment period. Single nucleotide polymorphisms (SNPs) associated with UA elevation after treatment with indapamide were investigated by a genome-wide association study (GWAS). Indapamide significantly decreased both office and home BP levels. Treatment with indapamide also significantly reduced the estimated glomerular filtration rate and serum potassium and increased serum UA. Patients whose UA level increased more than 1 mg/dl showed significantly higher baseline office SBP and plasma glucose and showed greater decline in renal function compared with those who showed less UA increase (<1 mg/dl). Some SNPs strongly associated with an increase in UA after treatment with indapamide were identified. This study is the first report on SNPs associated with UA elevation after TD treatment. This information may be useful for the prevention of adverse effects after treatment with TD.

  • Baseline Demographics and Clinical Characteristics in the All Nippon AF in the Elderly (ANAFIE) Registry.

    Yukihiro Koretsune, Takeshi Yamashita, Masaharu Akao, Hirotsugu Atarashi, Takanori Ikeda, Ken Okumura, Wataru Shimizu, Hiroyuki Tsutsui, Kazunori Toyoda, Atsushi Hirayama, Masahiro Yasaka, Takenori Yamaguchi, Satoshi Teramukai, Tetsuya Kimura, Jumpei Kaburagi, Atsushi Takita, Hiroshi Inoue

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   83 ( 7 ) 1538 - 1545   2019年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    BACKGROUND: Despite the well-established benefits in patients with nonvalvular atrial fibrillation (NVAF), anticoagulants have been underused in elderly patients. The All Nippon AF In the Elderly (ANAFIE) Registry is a multicenter, prospective, observational study with 2-year follow-up of Japanese patients aged ≥75 years with a definitive diagnosis of NVAF, aiming to collect detailed information on clinical status and therapeutic challenges in this patient population.Methods and Results:Patients were enrolled from October 2016 to January 2018. A total of 32,726 patients (57.2% male) were included. The average age, CHADS2score, and creatinine clearance were 81.5±4.8 years (26.2% of patients were aged ≥85 years), 2.9±1.2, and 48.4±21.8 mL/min, respectively. Paroxysmal AF was the most common clinical AF type (42.0%), and most patients (97.2%) had comorbidities. Most patients (91.9%) were receiving anticoagulant therapy; of these, 27.8% and 72.2% were treated with warfarin and direct oral anticoagulants, respectively. The average number of concomitant drugs used was 6.6±3.2, including anticoagulants. CONCLUSIONS: The ANAFIE Registry is the largest prospective registry study of elderly Japanese patients with NVAF to date. Baseline data indicate that patients in this age group are treated in a manner similar to their younger counterparts.

  • Effectiveness and safety of long-term dabigatran among patients with non-valvular atrial fibrillation in clinical practice: J-dabigatran surveillance.

    Inoue H, Uchiyama S, Atarashi H, Okumura K, Koretsune Y, Yasaka M, Yamashita T, Taniguchi A, Fukaya T, J-Dabigation Surveillance Investigators

    Journal of cardiology   73 ( 6 ) 507 - 514   2019年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Prospective observational study in elderly patients with non-valvular atrial fibrillation: Rationale and design of the All Nippon AF In the Elderly (ANAFIE) Registry.

    Hiroshi Inoue, Takeshi Yamashita, Masaharu Akao, Hirotsugu Atarashi, Takanori Ikeda, Ken Okumura, Yukihiro Koretsune, Wataru Shimizu, Hiroyuki Tsutsui, Kazunori Toyoda, Atsushi Hirayama, Masahiro Yasaka, Takenori Yamaguchi, Masahiro Akishita, Naoyuki Hasebe, Kazuomi Kario, Yuji Mizokami, Ken Nagata, Masato Nakamura, Yasuo Terauchi, Takatsugu Yamamoto, Satoshi Teramukai, Tetsuya Kimura, Jumpei Kaburagi, Atsushi Takita

    Journal of cardiology   72 ( 4 ) 300 - 306   2018年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    BACKGROUND: Although anticoagulation effectively prevents stroke in patients with atrial fibrillation (AF), it has been underused in elderly AF patients for many reasons, mainly because of knowledge gaps regarding cardiovascular treatment of these populations with multiple comorbidities and poor prognosis. The objectives of the All Nippon AF In the Elderly (ANAFIE) Registry are to collect real-world information about the clinical status of patients with non-valvular AF (NVAF) aged ≥75 years, current status of anticoagulant therapy, and prognosis with/without anticoagulation to establish a database for this specific patient population that is increasing remarkably worldwide. METHODS AND DESIGN: The ANAFIE Registry is an observational, multicenter, prospective study of Japanese patients with NVAF aged ≥75 years that will include 30,000 patients and have the primary endpoint of composite of stroke and systemic embolism over a 2-year follow-up period. In parallel with the main study, seven sub-cohort studies will be conducted with assessments including coagulation-fibrinolysis markers, echocardiography, heart rate, hypertension, cognitive function, frailty, and medication adherence. Subgroup analyses will be performed, and stratified by renal function, HbA1c, and maximum number of drugs used. The study was started in October 2016, with a planned 2-year recruitment period. As of January 31, 2018, 33,213 patients were enrolled; the recruitment was therefore ended 8 months earlier than the original plan. CONCLUSIONS: The ANAFIE Registry will provide a valuable database for the clinical status, management, and outcomes of mortality, stroke, systemic embolism, and hemorrhagic events with/without anticoagulation in the increasing population of elderly NVAF patients, and will identify risk factors associated with these clinical events.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • A possible vasoprotective factor, L-PGDS.

    Miwa Y, Sasaguri T ( 担当: 共著 , 担当範囲: Prostaglandin D synthase -A Multitude of Biological Functions. )

    Research Signpost  2007年

  • 『平滑筋細胞学』

    三輪宜一, 笹栗俊之 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 血管平滑筋細胞と細胞周期. )

    メジカルセンス社  2000年

  • リポカリン型プロスタグランジンD合成酵素(L-PGDS)の動脈硬化病変における病態生理学的役割の検討.

    三輪 宜一 ( 担当: 単著 )

    上原記念生命科学財団  1900年01月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 特集 循環器薬の使い方—使い分け,モニタリング,導入・中止のタイミング Ⅵ章 安全性 循環器薬で知っておくべき相互作用の知識

    三輪 宜一

    循環器ジャーナル   70 ( 2 ) 326 - 331   2022年04月

     

  • 積極的降圧に優先すべき降圧薬選択

    三輪宜一, 植田真一郎

    日本臨床増刊号 高血圧学(下) ( 株式会社 日本臨床社 )    2020年07月

     

  • XVI. 高血圧診療のトピックス SPRINT研究がもたらした高血圧診療のパラダイムシフト(5)積極的降圧に優先すべき降圧薬選択

    三輪 宜一, 植田 真一郎

    日本臨牀   78巻 ( 増刊号2 ) 393 - 397   2020年07月

     

  • 降圧治療Update

    三輪宜一, 植田真一郎

    内科 ( 株式会社南江堂 )  125 ( 2 ) 205 - 209   2020年02月

     

  • 特集 高血圧診療Update-「高血圧治療ガイドライン2019」で何が変わるのか? ≪高血圧治療≫ 降圧治療Update

    三輪 宜一, 植田 真一郎

    臨床雑誌内科≪月刊≫   125 ( 2 ) 205 - 209   2020年02月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 「Multimorbidity時代の降圧治療を考える」 ポリファーマシーの観点から考える高齢者の薬物治療

    三輪 宜一

    第43回日本高血圧学会総会 医療安全研修(専門医研修)  2021年10月  -  2021年10月   

  • 医薬品評価におけるファーマコゲノミクスの利用に関する今後の課題 -アカデミアの立場から-

    三輪 宜一, 古田 隆久, 浦江 明憲, 植田 真一郎

    第28回日本臨床薬理学会 シンポジウム  2007年  -  2007年   

  • Association of Plasma Platelet Activating Factor-acetylhydrolase (PAF-AH) Gene Polymorphism with Carotid Atherosclerosis in Essential Hypertension.

    Miwa Y, Takiuchi S, Kamide K, Yoshii M, Horio T, Tanaka C, Banno M, Miyata T, Kawano Y

    日本循環器学会総会 [Featured Research Session] The Frontier of Atherosclorosis Research.  2005年  -  2005年   

  • Pulse pressure is an independent predictor for the progression of aortic wall calcification in patients with controlled hyperlipidemia.)

    三輪 宜一

    日本動脈硬化学会 若手研究奨励賞  2004年  -  2004年   

  • プロスタグランジンJ2産生系と動脈硬化.

    三輪 宜一

    第4回 西日本高血圧フォーラム  2004年  -  2004年   

全件表示 >>

特許等知的財産 【 表示 / 非表示

  • 高血圧性腎障害素因の検査方法

    特願 特開2005-110606(P2005-110606A)  (2002年01月01日)

    特開 特開2005-110606(P2005-110606A)  (2005年04月28日)

    三輪 宜一

  • ヒトアポリポタンパク質Jに対する交代、および、これを用いたヒトアポリポタンパク質Jの検出方法

    特願 特開2005-75803(P2005-75803A)  (2002年01月01日)

    特開 特開2005-75803(P2005-75803A)  (2005年03月24日)

    三輪 宜一

  • 動脈硬化素因の検査方法

    特願 特開2005-110608(P2005-110608A)  (1900年01月01日)

    特開 特開2005-110608(P2005-110608A)  (2005年04月28日)

    三輪 宜一

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 臨床薬理研究振興財団 研究奨励賞

    2006年   臨床薬理研究振興財団  

    受賞者: 三輪 宜一

  • 第36回日本動脈硬化学会 若手研究者奨励賞

    2004年   日本動脈硬化学会  

    受賞者: 三輪 宜一

  • 上原記念生命科学財団 研究奨励賞

    2004年   上原記念生命科学財団  

    受賞者: 三輪 宜一

  • 第1回福岡医学賞

    2002年   福岡県医師会  

    受賞者: 三輪 宜一

  • 19th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension. Young Investigator Travel Award

    2002年   International Society of Hypertension  

    受賞者: 三輪 宜一

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 血管炎症に対するコルヒチンの作用機序およびその情報伝達系の解明

    ■■■

    課題番号: 22K08106

    研究期間: 2022年04月  -  2024年03月 

    代表者: 三輪 宜一 

  • メタボリックシンドロームの成因におけるL-PGDSの役割の検討

    基盤研究(C)

    課題番号: 20590254

    研究期間: 2008年04月  -  2010年03月 

    代表者: 三輪 宜一 

    直接経費: 3,600,000(円)  間接経費: 1,080,000(円)  金額合計: 4,680,000(円)

     概要を見る

    昨年度までの研究で、我々はリポカリン型プロスタグランジンD合成酵素(L-PGDS)遺伝子の欠損が生体内において炎症反応の調節を介して動脈硬化病変形成を促進し、肥満の増悪にも関与している可能性を見出した(Tanaka R et al.Biochem.Biophys.Res.Comaun.,378:851-6.2009)。当該年度は肥満の増悪に着目し、そのメカニズム解明を目指してin vitroの実験を行った。 まず、L-PGDS遺伝子欠損が培養非成熟脂肪細胞分画(stroma1-vascular fraction,SVF)の脂肪細胞への分化におよぼす影響について検討を行った。野生型マウスおよびL-PGDS遺伝子欠損マウスよりSVFを採取、培養し、インスリン・デキサメタゾン等の刺激によって脂肪細胞の分化を誘導した。Oil red 0陽性の分化した細胞数および単一細胞あたりの面積を比較したが、両群問に明らかな差は認められなかった。また、SVFにペルオキシゾーム増殖剤応答性受容体(PPAR)_γのリガンドであるトリグリタゾンを5日間添加し、脂肪細胞への分化を試みたところ、こちらも野生型およびL-PGDS遺伝子欠損マウスの間で細胞分化の割合および細胞肥大に明らかな差を認めなかった。脂肪細胞の分化にはPPAR_γが重要な役割を果たしており、L-PGDSにより生体内で産生されるPGJ_2はPPAR_γの強力な生体内リガンドであることがこれまでに報告されている。つまり、L-PGDS遺伝子の欠損により、PGJ_2の産生が低下し、脂肪細胞への分化を阻害した結果、肥大した脂肪細胞が増加して肥満を来している可能性があった。しかしながら、今回の結果ではL-PGDS遺伝子欠損による肥満の増悪は、少なくともPGJ_2の産生低下によるものではないと思われた。

  • 硝酸薬の血管拡張作用に及ぼすALDH2遺伝子多型の影響に関する薬理遺伝学的研究

    基盤研究(B)

    課題番号: 20390160

    研究期間: 2008年04月  -  2010年03月 

    代表者: 笹栗俊之  研究分担者: 三輪宜一、高橋富美、松村潔

    直接経費: 13,200,000(円)  間接経費: 3,960,000(円)  金額合計: 17,160,000(円)

     概要を見る

    ニトログリセリン(GTN)の活性化に2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)が関与するとされているが、487番アミノ酸の1塩基多型によりALDH2活性には著しい個人差がある(^*1/^*1:高活性、^*1/^*2:低活性、^*2/^*2:無活性)。この多型がGTNの血管拡張効果に及 ぼす影響を解明するとともに二硝酸イソソルビド(ISDN)と比較するため、GTN またはISDNを投与し、上腕動脈径を連続測定するクロスオーバー試験を実施した。GTN投与後の最大拡張率 には遺伝子型による差はなかったが、拡張に要した時間は^*1/^*1に比べて^*1/^*2と^*2/^*2では有意に長かった。一方ISDN では遺伝子型による差はなかった。また、^*1/^*1と^*1/^*2ではISDNよりGTNの方が速く拡張させたが、^*2/^*2では速度に差はなかった。以上より、^*1/^*2と^*2/^*2ではGTNによる血管拡張が有意に遅れること、^*2/^*2ではGTNとISDN の効果に差がないことがわかった

  • メタボリックシンドロームの成因におけるL-PGDSの役割の検討

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2008年04月  -  2010年03月 

    代表者: 三輪 宜一 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 硝酸薬の血管拡張作用に及ぼすALDH2遺伝子多型の影響に関する薬理遺伝学的研究

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2008年04月  -  2010年03月 

    代表者: 笹栗俊之 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • β遮断薬の薬効と遺伝子多型

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 臨床薬理研究振興財団 研究奨励金

    研究期間: 2006年  -  2007年 

    代表者: 三輪 宜一  連携研究者: 三輪 宜一  資金配分機関: 臨床薬理研究振興財団

    直接経費: 2,000,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 2,000,000(円)

  • L-PGDSと動脈硬化

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 上原記念生命科学財団 研究奨励金

    研究期間: 2004年  -  2005年 

    代表者: 三輪 宜一  連携研究者: 三輪 宜一  資金配分機関: 上原記念生命科学財団

    直接経費: 2,000,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 2,000,000(円)

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 医学研究の教育

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  医療学総論 「臨床医と薬剤」  講義

  • 2019年度  臨床実習(臨床薬理)  実験・実習・実技

  • 2019年度  Objective Structured Clinical Examination:客観的臨床能力試験  演習

  • 2019年度  看護師特定研修  講義

  • 2019年度  循環器薬の臨床薬理  講義

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 市民公開講座「知って安心 病気とくすりとの上手な付き合い方」

    2005年12月
     
     

  • いのちの対話学習『こどもと見つめる生命(いのち)のぬくもり』

    第 26 回 日本医学会総会 

    2002年12月
     
     

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 市民公開講座「知って安心 病気とくすりとの上手な付き合い方」

    日本臨床薬理学会 

    2005年12月