岡本 士毅 (オカモト シキ)

Okamoto Shiki

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

40342919

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   助教  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    北海道大学   獣医学部   卒業

  •  
    -
    2000年

    北海道大学   獣医学研究科博士課程   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(獣医)  博士(獣医)

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
     
     

      琉球大学 大学院医学研究科  

  • 1900年01月
     
     

      腫瘍生化学研究部門 常勤流動研究員 就任  

  • 1900年01月
     
     

      発達生理学研究系 生殖・内分泌系発達機構研究部門  

  • 1997年04月
     
     

      日本学術振興会特別研究員(DC1) 採用  

  • 2000年03月
     
     

      日本学術振興会特別研究員(PD) 採用(岩手大学農学部  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本糖尿病学会

  •  
     
     
     

    日本内分泌学会

  •  
     
     
     

    日本神経科学学会

  •  
     
     
     

    日本分子生物学会

  •  
     
     
     

    日本肥満学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 食嗜好性

  • 視床下部

  • 肥満

  • エネルギー代謝

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 生理学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

論文 【 表示 / 非表示

  • Full-length HLA sequencing in adult T cell leukemia-lymphoma uncovers multiple gene alterations.

    Tamaki K, Morishima S, Suzuki S, Shigenari A, Nomura I, Yokota Y, Morichika K, Nishi Y, Nakachi S, Okamoto S, Fukushima T, Shiina T, Masuzaki H

    Leukemia ( Leukemia )  35 ( 10 ) 2998 - 3001   2021年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Retrospective exploratory analyses on gender differences in determinants for incidence and progression of diabetic retinopathy in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus.

    Nakayama Y, Yamaguchi S, Shinzato Y, Okamoto S, Millman JF, Yamashiro K, Takemoto N, Uema T, Arakaki K, Higa M, Koizumi H, Shimabukuro M, Masuzaki H

    Endocrine journal ( 一般社団法人 日本内分泌学会 )  68 ( 6 ) 655 - 669   2021年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>Gender differences in risks for macrovascular complications in type 2 diabetes mellitus (T2DM) have been well established. However, the impact of gender differences on diabetic retinopathy (DR) has not been fully elucidated. We therefore retrospectively explored gender-specific determinants for DR in patients with T2DM in a small sized Japanese cohort in Okinawa. There were 214 patients who were diagnosed as no DR (<i>n</i> = 142) and non-proliferative DR (<i>n</i> = 72) in 2009. During the follow-up of median 7 years, 41/142 of incidence, 26/72 of progression, and 67/214 of incidence and progression were observed, respectively. DR was assessed using the modified international clinical DR severity scales. The risks for incidence, progression as well as incidence and progression of DR were comparable between men and women, respectively. Cox proportional hazard models in multivariate analyses demonstrated that the only common determinant in both men and women for DR was the duration of T2DM. Regarding gender-specific determinants, lower level of serum albumin in men as well as higher HbA1c, lower level of estimated glomerular filtration rate, and lower level of serum uric acid in women were extracted, respectively. Although precise mechanisms for such gender-specific determinants of DR still remain unsolved, the present study would highlight a couple of factors associated with gender-specific determinants for DR in a limited numbers of Japanese cohort. Prospective observational studies on gender-specific determinants of DR in a large scale cohort are warranted to further clarify underlying mechanisms.</p>

  • The Positivity of Phosphorylated STAT3 Is a Novel Marker for Favorable Prognosis in Germinal Center B-Cell Type of Diffuse Large B-Cell Lymphoma.

    Morichika K, Karube K, Sakihama S, Watanabe R, Kawaki M, Nishi Y, Nakachi S, Okamoto S, Takahara T, Satou A, Shimada S, Shimada K, Tsuzuki T, Fukushima T, Morishima S, Masuzaki H

    The American journal of surgical pathology ( American Journal of Surgical Pathology )  45 ( 6 ) 832 - 840   2021年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Extra-virgin olive oil and the gut-brain axis: influence on gut microbiota, mucosal immunity, and cardiometabolic and cognitive health.

    Millman JF, Okamoto S, Teruya T, Uema T, Ikematsu S, Shimabukuro M, Masuzaki H

    Nutrition reviews     2021年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Metabolically and immunologically beneficial impact of extra virgin olive and flaxseed oils on composition of gut microbiota in mice.

    Millman J, Okamoto S, Kimura A, Uema T, Higa M, Yonamine M, Namba T, Ogata E, Yamazaki S, Shimabukuro M, Tsutsui M, Matsushita M, Ikematsu S, Masuzaki H

    European journal of nutrition ( European Journal of Nutrition )  59 ( 6 ) 2411 - 2425   2020年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「特集 大きく変わる肥満症のとらえ方−摂食とエネルギー消費のバランス機− AMPKと摂食調節」

    岡本士毅, 箕越靖彦 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 最新医学・第63巻・第10号 )

    最新医学社  2008年06月

  • 「食欲の分子メカニズム -視床下部AMPキナーゼによる摂食行動調節作用-」

    箕越靖彦, 岡本士毅 ( 担当: 共著 , 担当範囲: わかる実験医学シリーズ 生活習慣病がわかる 98-104 )

    羊土社  2005年09月

  • Peripheral IL-6 and TNF expressions induced by brain IL-1: New aspect of the acute phase response in liver. Liver Innervation and the Neural Control of Hepatic Function

    Kitamura H, Okamoto S, Shimamoto Y, Terao A, Morimatsu M, Saito, M ( 担当: 共著 , 担当範囲: Liver Innervation and the Neural Control of Hepatic Function (Ed. Shimazu T) pp. 213-219, )

    John Libbey & Company, London  1996年06月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 肥満症に伴う認知機能障害:脳科学基礎研究の動向

    益崎 裕章、岡本士毅

    日本肥満学会雑誌 肥満研究 ( 日本肥満学会 )  26 ( 2 ) 262 - 268   2020年

     

  • 特集 食と腸内環境γ-オリザノールの多彩な作用と腸内環境へのインパクト

    益崎裕章,岡本士毅,小塚智沙代,山崎聡,尾形絵美,島袋充生

    アグリバイオ   3 ( 13 ) 20 - 25   2020年

     

  • 特集/新しい時代の高血圧診療 合併症を伴う高血圧症の治療 脂質異常症・肥満症・高尿酸血症

    山崎 聡,尾形絵美,岡本士毅,島袋充生,益崎裕章

    臨床と研究   97 ( 1 ) 72 - 77   2020年

     

  • 特集/心血管疾患の残余リスクとしてのキサンチンオキシダーゼ(XO) XOR, XOの尿酸代謝・酸化ストレス生成における役割と病態意義―血中のXO活性と血清尿酸値との関連性をめぐる最近の知見―

    益崎裕章、砂川澄人、山崎聡、岡本士毅

    循環器内科   87 ( 1 ) 4 - 10   2020年

     

  • 他疾患に合併する高血圧:肥満症・メタボリックシンドローム特集:高血圧診療Update:高血圧治療ガイドライン2019で何が変わるのか?

    山崎聡、尾形絵美、岡本士毅、島袋充生、益崎裕章

    内科   125   227 - 230   2020年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 視床下部室傍核には脂肪と炭水化物の食べ分けを決める食嗜好性制御ニューロンが存在する

    岡本 士毅

    新学術領域研究「温度生物学」若手の会  2018年06月  -  2018年06月   

  • A Subset of CRH Neurons in the Paraventricular Hypothalamus Regulates Dietary Preference for Carbohydrate over Fat via AMPK

    岡本 士毅

    Consortium of Biological Sciences 20  2017年12月  -  2017年12月   

  • 視床下部AMPKは炭水化物嗜好性を制御する

    岡本 士毅, 與那嶺 正人, asmine Millman, 難波豊隆, 箕越 靖彦, 益崎 裕章

    第39回日本肥満学会  2017年12月  -  2017年12月   

  • 視床下部室傍核CRHニューロンのAMPKは食物嗜好性を調節する

    岡本 士毅, 益崎 裕章, 箕越 靖彦

    第6回 Cutting-edge Forum for Diabetic Complication  2017年12月  -  2017年12月   

  • AMP-activated protein kinase in CRH neurons in the PVH controls food selection behavior

    岡本 士毅

    第60 回日本糖尿病学会年次学術集会  2017年05月  -  2017年05月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成31年度 沖縄県医科学研究財団 研究奨励賞

    2020年02月12日   沖縄県医科学研究財団   沖縄県の健康長寿復興を目指した「足るを知る脳」の分子機序解明と新たな肥満防止戦略の構築  

    受賞者: 岡本士毅

  • 平成30年度 医学研究科研究・教育業績評価、琉球大学医学部 優秀者

    2020年02月   琉球大学医学部  

    受賞者: 岡本士毅

  • 第3回生活習慣病の分子細胞病態学研究会 ポスター演題最優秀賞

    2015年03月14日   生活習慣病の分子細胞病態学研究会   ストレス誘導性炭水化物食選択行動に及ぼす視床下部AMPKの調節作用  

    受賞者: Shiki Okamoto

  • 第152回日本獣医学会学術集会 生理学・生化学分科会 生理学・生化学分科会奨励賞

    2011年09月19日   日本獣医学会   食餌嗜好性に及ぼす視床下部室傍核CRHニューロンのAMPキナーゼ調節作用  

    受賞者: Shiki Okamoto

  • 国際血液学学会(ISEH) トラベルグラント

    2002年07月   International Society for Experimental Hematology  

    受賞者: Shiki Okamoto

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 肥満後の急激な減量に伴う食嗜好性変容の脳内分子メカニズム

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2018年04月  -  2020年03月 

    代表者: 岡本 士毅  研究分担者: 岡本 士毅

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 肥満後の急激な減量に伴う食嗜好性変容の脳内分子メカニズム

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2018年04月  -  2020年03月 

    代表者: 岡本 士毅 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • FGF21による食餌選択行動と脳内メカニズムの解明

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2015年04月  -  2017年03月 

    代表者: 岡本 士毅  研究分担者: 岡本 士毅

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • FGF21による食餌選択行動と脳内メカニズムの解明

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2015年04月  -  2017年03月 

    代表者: 岡本 士毅 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • TNF-alpha産生から見た白色脂肪組織炎症反応における中枢性制御機構とその異常

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2012年04月  -  2014年03月 

    代表者: 岡本 士毅  研究分担者: 岡本 士毅

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

全件表示 >>