江藤 毅 (エトウ タケシ)

Eto Takeshi

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

30773915

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   亜熱帯地域農学科   助教  

  • 併任   琉球大学   農学研究科   助教  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    宮崎大学   農学部   食料生産科学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2011年10月
    -
    2015年03月

    宮崎大学  農学工学総合研究科  資源環境科学専攻  博士課程  修了

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    宮崎大学  農学研究科  生物生産科学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学 -  博士  (農学)

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年11月
    -
    継続中

      琉球大学 農学部 亜熱帯地域農学科 助教  

  • 2019年04月
    -
    2019年10月

      新潟大学 佐渡自然共生科学センター 里山領域 朱鷺・自然再生学研究施設 特任助教  

  • 2015年06月
    -
    2019年03月

      新潟大学 研究推進機構 朱鷺・自然再生学研究センター 特任助教  

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

      宮崎大学フロンティア科学実験総合センター プロジェクト研究員  

  • 2014年11月
    -
    2015年03月

      国立大学法人宮崎大学非常勤職員 実験助手  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2023年10月
    -
    継続中
     

    日本暖地畜産学会   常任幹事(会計)

  • 2020年09月
    -
    継続中
     

    沖縄生物学会   庶務幹事

  • 2020年12月
    -
    継続中
     

    沖縄畜産研究会   会計幹事

  • 2019年11月
    -
    継続中
     

    「野生生物と社会」学会

  • 2019年11月
    -
    継続中
     

    日本暖地畜産学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 動物行動学

  • 動物生理生態学

論文 【 表示 / 非表示

  • Re-Evaluation of the Cross-Reactions of the Antibody against the Causative Agent for Paracoccidioidomycosis Ceti; Paracoccidioides ceti and the Related Fungal Species

    Hikaru Kanegae, Igor Massahiro de Souza Suguiura, Rentaro Tashiro, Toshihiro Konno, De-Xing Hou, Ayako Sano, Takeshi Eto, Keiichi Ueda, Md. Amzad Hossain

    Microorganisms   11   2428   2023年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Seroprevalences Against Paracoccidioides cetii: A Causative Agent for Paracoccidiomycosis Ceti (PCM-C) and Coccidioides posadasii; for Coccidioidomycosis (CCM) in Dall’s Porpoise (Phocoenoides dalli) and Harbor Porpoise (Phocoena phocoena) Stranded at Hokkaido, Japan

    Kanegae H, Sano A, Okubo-Murata M, Watanabe A, Tashiro R, Eto T, Ueda K, Hossain Md. A, Itano EN

    Mycopathologia   187   385 - 391   2022年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Body temperature measurement reveals the reproductive profile of female Apodemus speciosus under laboratory and field conditions

    Kuroyanagi A, Ukyo R, Kodama Y, Eto T, Okubo Y, Kobayashi I, Ieiri S, Morita T, Sakamoto SH

    Mammal Study   47   177 - 187   2022年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Dietary protein deficiency affects food consumption and torpor in the African woodland dormouse (Graphiurus murinus)

    Eto T, Hidaka S, Shichijo H, Nagura-Kato GA, Morita T

    Mammal Study   47   13 - 21   2022年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 新潟県新潟市江南区および五泉市近郊におけるエチゴモグラ Mogera etigo とアズマモグラ M. imaizumii の分布,2019年の現状

    佐藤雄大,江藤 毅,篠原明男

    哺乳類科学   61 ( 1 ) 29 - 37   2021年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 動物の辞典

    江藤毅, 森田哲夫 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 第11章 動物の生息環境 11.5 冬眠と夏眠 )

    朝倉書店  2020年11月 ( ページ数: 746 ,  担当ページ: p.554 — 556 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 亜熱帯地域農学科動物生産科学分野の研究活動

    江藤 毅,伊村嘉美,佐野文子

    琉球大学農学部学術報告   ( 67 ) 30 - 31   2020年12月

     

  • トキ野生復帰から見えてきた佐渡における里山保全の今後(特集 野生生物保護管理の最前線:トキ野生復帰の事例から里山を考える)

    豊田光世, 岸本圭子, 満尾世志人, 江藤毅, 油田照秋

    Wildlife Forum   24   14   2019年

     

  • トキの潜在的捕食者テンの現状(特集 野生生物保護管理の最前線:トキ野生復帰の事例から里山を考える)

    江藤毅

    Wildlife Forum   24   10 - 11   2019年

     

  • 佐渡島に保管されていたコウモリの標本について

    福井大, 佐藤雄大, 柴田直之, 江藤毅, 佐々木猛智, 小薮大輔

    柏崎市立博物館館報   32   117 - 122   2018年

     

  • 宮崎県の希少げっ歯類の保全に向けた生息調査と啓発活動の報告

    江藤毅, 加藤悟郎, 大久保慶信, 渡部大介, 尾崎良介, 林臨太郎, 出口智久, 森田哲夫

    宮崎の自然と環境   2   52 - 58   2017年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 畜産農場に飛来する野生鳥類

    江藤毅, 屋良朝宣, 波平知之, 伊村嘉美

    第59回沖縄畜産研究会大会  2023年12月  -  2023年12月   

  • 沖縄県の牛舎内に侵入する野生鳥類の行動パターン

    江藤 毅, 屋良朝宣, 波平知之, 伊村嘉美

    2023年度(第16回)日本暖地畜産学会宮崎大会  2023年10月  -  2023年10月   

  • ハタネズミおよびニホンノウサギにおける第四紀後期の気候変動の集団一⻫放散事象と佐渡海峡を越えた移動

    鈴木仁, 布目三夫, 柳瀬拓郎, 江藤毅, 原田正史, 木下豪太

    日本哺乳類学会2023年度大会 100周年記念沖縄大会  2023年09月  -  2023年09月   

  • 沖縄県の牛舎内に侵入する野生鳥類の種類とその行動

    大嶺夢乃,江藤毅

    第58回沖縄畜産研究会大会  2022年12月  -  2022年12月   

  • 与那国馬の行動と生理

    管野瑠海,久保田広洋,江藤 毅

    日本生態学会第69回全国大会(福岡・オンライン)  2022年03月  -  2022年03月   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 論文査読

    学術論文査読件数 

    2015年10月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    日本環境動物昆虫学会誌、Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology、Mammal Research、Mammal Study、日本暖地畜産学会報、沖縄畜産研究会誌、哺乳類科学、動物園水族館雑誌、Journal of Warm Regional Society of Animal Science, Japan

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県の畜産環境における野生動物の適切な管理に向けた基礎研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 公益信託 宇流麻学術研究助成基金

    研究期間: 2020年10月  -  2021年09月 

    資金配分機関: その他

  • 体温変動を指標としたサドモグラの生理生態学的研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 公益信託乾太助記念動物科学研究助成基金

    研究期間: 2016年08月  -  2017年08月 

    資金配分機関: その他

  • トキの野生復帰のための放鳥個体群・里山の管理手法と持続可能な地域社会モデルの研究(サブテーマ3:トキの野生復帰のための里地里山の管理手法の研究 [担当:侵入捕食者テンの時空間的動態解析])

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究協力者

    研究種別: 研究助成  事業名: 環境研究総合推進費

    研究期間: 2016年06月  -  2019年03月 

    資金配分機関: 環境省

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 編集協力:冬眠の不思議

    ニュートン別冊「睡眠の科学知識」:90-93 

    2023年04月
     
     

  • 審査委員:おきでんプレゼンツ第45回青少年科学作品展の作品審査

    おきでんプレゼンツ第45回青少年科学作品展審査会 

    2023年01月
     
     

  • 編集協力:冬眠の不思議にせまろう(再掲載)

    ニュートン別冊「睡眠の教科書 [増補第2版]」:96-105 

    2021年09月
     
     

  • 講師:沖縄県の畜産環境における適切な野生動物管理を目指して

    (公社)農林水産・食品産業技術振興協会  令和2年度アグリ技術シーズセミナー in 沖縄 

    2020年12月
     
     

  • 編集協力:冬眠の不思議にせまろう(再掲載)

    ニュートン別冊「睡眠の教科書 最高のパフォーマンスを発揮するために」:76-85 

    2019年10月
     
     

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 書評:ニホンヤマネ 野生動物の保全と環境教育  会誌・広報誌

    飼育野生動物栄養研究会 Newsletter 2: 18-19  2019年12月

  • 書評:日本のネズミ 多様性と進化

    「野生生物と社会」学会  Wildlife Forum 24(1): 30  2019年8月

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 宮崎市フェニックス自然動物園との共同展示

    2013年7月
    -
    2013年10月

  • 宮崎市フェニックス自然動物園との共同展示

    2012年7月
    -
    2012年11月

  • 宮崎市フェニックス自然動物園との共同展示

    2009年12月
    -
    2010年1月