和智 仲是 (ワチ ナカタダ)

WACHI Nakatada

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

40635299

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   熱帯生物圏研究センター   助教  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 分子生態学

  • 昆虫分類学

  • 集団遺伝学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

論文 【 表示 / 非表示

  • 西表島トゥドゥマリ浜に漂着した八重山諸島初記録のアラハダカ

    小枝 圭太, 和智 仲是

    漂着物学会誌 ( 漂着物学会 )  20 ( 0 ) 33 - 35   2022年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    A single specimen of <i>Dasyscopelus asper</i>(Richardson,1845)which stranded at Tudumari-hama Beach, Iriomote-jimaIsland, Yaeyama Islands in the Ryukyu Archipelago. Although this species is one of the common species in the deep-sea of northwestern Pacific Ocean, there are no records of this species in the southern Ryukyu Archipelago. This specimen is representing the first record of the species from this area.

  • Genomic population structure of sympatric sexual and asexual populations in a parasitic wasp, Meteorus pulchricornis (Hymenoptera: Braconidae), inferred from six hundred single-nucleotide polymorphism loci

    Wachi Nakatada, Gau Jin-Je, Fujie Shunpei, Fukano Kenya, Maeto Kaoru

    MOLECULAR ECOLOGY ( Wiley )  30 ( 7 ) 1612 - 1623   2021年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Mitochondrial DNA diversity and geographical distribution of sexual and asexual strains of the braconid parasitoid Meteorus pulchricornis

    Fujie Shunpei, Wachi Nakatada, Umemoto Hironobu, Maeto Kaoru

    ENTOMOLOGIA EXPERIMENTALIS ET APPLICATA ( Entomologia Experimentalis et Applicata )  167 ( 12 ) 977 - 985   2019年12月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Application of next-generation sequencing to the study of non-model insects

    Wachi Nakatada, Matsubayashi Kei W, Maeto Kaoru

    ENTOMOLOGICAL SCIENCE   21 ( 1 ) 3 - 11   2018年03月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Genome-wide sequence data suggest the possibility of pollinator sharing by host shift in dioecious figs (Moraceae, Ficus).

    Wachi N, Kusumi J, Tzeng HY, Su ZH

    Molecular ecology ( WILEY-BLACKWELL )  25 ( 22 ) 5732 - 5746   2016年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    The obligate mutualism of figs and fig-pollinating wasps has been one of the classic models used for testing theories of co-evolution and cospeciation due to the high species-specificity of these relationships. To investigate the species-specificity between figs and fig pollinators and to further understand the speciation process in obligate mutualisms, we examined the genetic differentiation and phylogenetic relationships of four closely related fig-pollinating wasp species (Blastophaga nipponica, Blastophaga taiwanensis, Blastophaga tannoensis and Blastophaga yeni) in Japan and Taiwan using genome-wide sequence data, including mitochondrial DNA sequences. In addition, population structure was analysed for the fig wasps and their host species using microsatellite data. The results suggest that the three Taiwanese fig wasp species are a single panmictic population that pollinates three dioecious fig species, which are sympatrically distributed, have large differences in morphology and ecology and are also genetically differentiated. Our results illustrate the first case of pollinator sharing by host shift in the subgenus Ficus. On the other hand, there are strict genetic codivergences between allopatric populations of the two host-pollinator pairs. The possible processes that produce these pollinator-sharing events are discussed based on the level and pattern of genetic differentiation in these figs and fig wasps.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • フィールドと文献から見る日琉諸語の系統と歴史

    狩俣繁久,和智仲是,木村亮介 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 琉球諸語研究における方言系統地理学の可能性 )

    開拓社  2021年09月 ( ページ数: 296 ,  担当ページ: p.129-162 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 文法記述と比較研究による琉球諸語と九州方言の歴史言語学的研究

    基盤研究(A)

    課題番号: 22H00007

    研究期間: 2022年04月  -  2025年03月 

    代表者: 狩俣 繁久, 下地 理則, 白田 理人, 當山 奈那, 原田 走一郎, 荻野 千砂子, 坂井 美日, 平子 達也, 五十嵐 陽介, 木部 暢子, 岡崎 威生, 和智 仲是 

    直接経費: 32,800,000(円)  間接経費: 9,840,000(円)  金額合計: 42,640,000(円)

  • 腸内細菌叢から見た在来家畜アグー豚の独自性の解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K05636

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月 

    代表者: 和智 仲是 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 960,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

  • 分散と種の二次的接触,繁殖形質置換のサイクルが引き起こす連続的な種分化の検証

    基盤研究(B)

    課題番号: 19H03286

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

    代表者: 戸田 守  研究分担者: 富永 篤, 城野 哲平, 和智 仲是

    直接経費: 13,500,000(円)  間接経費: 4,050,000(円)  金額合計: 17,550,000(円)

  • 無性生殖寄生蜂の遺伝的管理を可能にする新奇生殖システムの解明

    挑戦的研究(萌芽)

    課題番号: 17K19268

    研究期間: 2017年06月  -  2020年03月 

    代表者: 前藤 薫  研究分担者: 和智 仲是

    直接経費: 4,800,000(円)  間接経費: 1,440,000(円)  金額合計: 6,240,000(円)

     概要を見る

    ヨトウガ類やタバコガ類などの野菜花卉害虫の天敵寄生蜂であるギンケハラボソコマユバチには、通常の有性系統のほかにクローン生殖を行う無性系統がある。本研究によって、無性系統にはほぼ単一の母系系統を形成する多数のミトコンドリアDNAハプロタイプがあることが分かった。さらに、ゲノム規模の一塩基多型解(MIG-seq)により、無性系統には、有性集団と区別できない集団から固有性の高い集団まで著しい遺伝的多様性が存在することが明らかになった。また、飼育集団の家系分析から無性系統には部分的な有性生殖を行うものが含まれることが示唆された。

  • イチジクコバチにおける寄主植物への適応の遺伝的基盤の解明

    若手研究(B)

    課題番号: 15K21705

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 和智 仲是 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 960,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

     概要を見る

    イチジク属植物と絶対共生関係にあるイチジクコバチを対象に、寄主利用を決定づけるゲノム領域の探索を行なった。利用する寄主植物種が異なるイヌビワコバチとその近縁種の比較により、種間で遺伝的分化の特に大きい領域が複数見出された。これらの領域の近傍には、イチジクコバチの寄主利用を決定づけるゲノム領域が位置している可能性がある。

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 生物多様性の実態把握・保全・持続可能な利用