山下 暁朗 (ヤマシタ アキオ)

YAMASHITA Akio

写真a

科研費研究者番号

20405020

プロフィール

1996年,日本大学農獣医学部(現,生物資源学部)卒業. 2001年横浜市立大学大学院博士課程修了(医学博士)。'03-'04テキサス大学にて動物細胞におけるポリA鎖分解機構を研究後,横浜市立大学特任助教,’07年よりJSTさきがけ研究者、’10横浜市立大学医学部講師、'16より准教授、’21琉球大学大学院医学研究科教授(先進医療創成科学)
2010年度、横浜医学会賞 受賞
2011年度、文部科学大臣表彰若手科学者賞 受賞
第9回(2011年)、日本分子生物学会三菱化学奨励賞 受賞
遺伝子発現転写後制御機構の基礎研究を医療応用につなげていくことを目標に日々研究中。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1996年03月

    日本大学   生物資源学部   応用生物科学学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    横浜市立大学  総合理学研究科  システム機能専攻  修士課程  修了

  • 1998年04月
    -
    2001年09月

    横浜市立大学  医学研究科  生化学第二専攻  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    Ann-Bin Shyu研究室、テキサス大学ヒューストン医療科学センター  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 横浜市立大学 -  博士(医学)  ライフサイエンス / 医化学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2021年01月

      横浜市立大学  

  • 2021年02月
    -
    継続中

      琉球大学  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Nonsense-mediated mRNA decay (NMD)

  • mRNA翻訳

  • mRNA分解

  • mRNA転写後制御

  • 遺伝子発現転写後制御

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医化学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

論文 【 表示 / 非表示

  • Angiotensin II type-1 receptor-associated protein interacts with transferrin receptor-1 and promotes its internalization.

    Abe E, Yamashita A, Hirota K, Yamaji T, Azushima K, Urate S, Suzuki T, Tanaka S, Taguchi S, Tsukamoto S, Uehara T, Wakui H, Tamura K, Takahashi H

    Scientific reports ( Scientific Reports )  12 ( 1 ) 17376   2022年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Deficiency of the kidney tubular angiotensin II type1 receptor-associated protein ATRAP exacerbates streptozotocin-induced diabetic glomerular injury via reducing protective macrophage polarization

    Haruhara Kotaro, Suzuki Toru, Wakui Hiromichi, Azushima Kengo, Kurotaki Daisuke, Kawase Wataru, Uneda Kazushi, Kobayashi Ryu, Ohki Kohji, Kinguchi Sho, Yamaji Takahiro, Kato Ikuma, Ohashi Kenichi, Yamashita Akio, Tamura Tomohiko, Tsuboi Nobuo, Yokoo Takashi, Tamura Kouichi

    KIDNEY INTERNATIONAL ( Kidney International )  101 ( 5 ) 912 - 928   2022年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Although activation of the renin-angiotensin system and of its glomerular components is implicated in the pathogenesis of diabetic nephropathy, the functional roles of the tubular renin-angiotensin system with AT1 receptor signaling in diabetic nephropathy are unclear. Tissue hyperactivity of the renin-angiotensin system is inhibited by the angiotensin II type 1 receptor-associated protein ATRAP, which negatively regulates receptor signaling. The highest expression of endogenous ATRAP occurs in the kidney, where it is mainly expressed by tubules but rarely in glomeruli. Here, we found that hyperactivation of angiotensin II type 1 receptor signaling in kidney tubules exacerbated diabetic glomerular injury in a mouse model of streptozotocin-induced diabetic nephropathy. These phenomena were accompanied by decreased expression of CD206, a marker of alternatively activated and tissue-reparative M2 macrophages, in the kidney tubulointerstitium. Additionally, adoptive transfer of M2- polarized macrophages into diabetic ATRAP-knockout mice ameliorated the glomerular injury. As a possible mechanism, the glomerular mRNA levels of tumor necrosis factor-α and oxidative stress components were increased in diabetic knockout mice compared to non-diabetic knockout mice, but these increases were ameliorated by adoptive transfer. Furthermore, proximal tubule-specific ATRAP downregulation reduced tubulointerstitial expression of CD206, the marker of M2 macrophages in diabetic mice. Thus, our findings indicate that tubular ATRAP-mediated functional modulation of angiotensin II type 1 receptor signaling modulates the accumulation of tubulointerstitial M2 macrophages, thus affecting glomerular manifestations of diabetic nephropathy via tubule-glomerular crosstalk.

  • Takayasu Arteritis Complicated by Ischemic Colitis: A Case Report.

    Yamashita S, Nagao K, Doi T, Yokoyama S, Yamashita A, Fukahara K, Yoshimura N

    Annals of vascular diseases   15 ( 1 ) 68 - 71   2022年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Effects of tumor necrosis factor-alpha inhibition on kidney fibrosis and inflammation in a mouse model of aristolochic acid nephropathy

    Taguchi Shinya, Azushima Kengo, Yamaji Takahiro, Urate Shingo, Suzuki Toru, Abe Eriko, Tanaka Shohei, Tsukamoto Shunichiro, Kamimura Daisuke, Kinguchi Sho, Yamashita Akio, Wakui Hiromichi, Tamura Kouichi

    SCIENTIFIC REPORTS ( Scientific Reports )  11 ( 1 ) 23587 - 23587   2021年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    Tumor necrosis factor (TNF)-α is a potent mediator of inflammation and is involved in the pathophysiology of chronic kidney disease (CKD). However, the effects of TNF-α inhibition on the progression of kidney fibrosis have not been fully elucidated. We examined the effects of TNF-α inhibition by etanercept (ETN) on kidney inflammation and fibrosis in mice with aristolochic acid (AA) nephropathy as a model of kidney fibrosis. C57BL/6 J mice were administered AA for 4 weeks, followed by a 4-week remodeling period. The mice exhibited kidney fibrosis, functional decline, and albuminuria concomitant with increases in renal mRNA expression of inflammation- and fibrosis-related genes. The 8-week ETN treatment partially but significantly attenuated kidney fibrosis and ameliorated albuminuria without affecting kidney function. These findings were accompanied by significant suppression of interleukin (IL)-1β, IL-6, and collagen types I and III mRNA expression. Moreover, ETN tended to reduce the AA-induced increase in interstitial TUNEL-positive cells with a significant reduction in Bax mRNA expression. Renal phosphorylated p38 MAPK was significantly upregulated by AA but was normalized by ETN. These findings indicate a substantial role for the TNF-α pathway in the pathogenesis of kidney fibrosis and suggest that TNF-α inhibition could become an adjunct therapeutic strategy for CKD with fibrosis.

  • Distinct RNA polymerase transcripts direct the assembly of phase-separated DBC1 nuclear bodies in different cell lines.

    Mannen T, Goto M, Yoshizawa T, Yamashita A, Hirose T, Hayano T

    Molecular biology of the cell   32 ( 21 ) ar33   2021年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 不死化・クローン化ヒト近位尿細管細胞の作成とSIRT1発現調節におけるATRAPの関与についての検討

    山地 孝拡, 山下 暁朗, 涌井 広道, 安部 えりこ, 田中 昌平, 浦手 進吾, 鈴木 徹, 藤川 由美子, 高橋 秀尚, 田村 功一

    日本内分泌学会雑誌 ( (一社)日本内分泌学会 )  95 ( 4 ) 1610 - 1610   2020年02月

     

  • 腎近位尿細管AT1受容体結合因子がアンジオテンシン依存性高血圧に及ぼす影響(Effects of AT1 Receptor-Associated Protein in Renal Proximal Tubules on Angiotensin II-Mediated Hypertension)

    金口 翔, 涌井 広道, 小豆島 健護, 春原 浩太郎, 高口 知之, 大城 光二, 畝田 一司, 白 善雅, 山地 孝拡, 山田 貴之, 小林 竜, 石上 友章, 山下 暁朗, 藤川 哲也, 田村 功一

    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 ( (NPO)日本高血圧学会 )  42回   200 - 200   2019年10月

     

  • 慢性腎臓病CKDと抗加齢医学 受容体結合性機能制御蛋白と腎性老化

    田村 功一, 涌井 広道, 山地 孝拡, 畝田 一司, 小林 竜, 大城 光二, 金口 翔, 山田 貴之, 浦手 進吾, 山下 暁朗

    Anti-aging Science ( (株)メディカルレビュー社 )  10 ( 1 ) 45 - 45   2018年12月

     

  • 不死化RPTEC(Renal Proximal Tubule Epithelial Cells)のクローン化による近位尿細管細胞株の樹立及びクローン化細胞におけるATRAPの発現調節の検討

    山地 孝拡, 山下 暁朗, 涌井 広道, 春原 浩太郎, 金口 翔, 山田 貴之, 浦手 進吾, 鈴木 徹, 川井 有紀, 田村 功一

    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 ( (NPO)日本高血圧学会 )  41回   PB05 - 04   2018年09月

     

  • 糖脂質代謝障害における1型アンジオテンシンII受容体結合蛋白ATRAPの機能的意義

    大城 光二, 涌井 広道, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 春原 浩太郎, 岸尾 望, 中島 淳, 山下 暁朗, 田村 功一

    日本内分泌学会雑誌 ( (一社)日本内分泌学会 )  93 ( 4 ) 1383 - 1383   2017年12月

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • ゲノム編集法を用いたヒトパピローマウイルスの細胞感染機構の解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K09603

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 島田 勝, 山下 暁朗 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 4,290,000(円)  金額合計: 990,000(円)

  • ポスト翻訳終結イベントの調節機構及びその生理病理的意義の解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 20H03438

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 山下 暁朗 

    直接経費: 13,600,000(円)  間接経費: 17,680,000(円)  金額合計: 4,080,000(円)

  • ゲノム編集法を用いたヒトパピローマウイルスの細胞感染機構の解明

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K09603

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 島田 勝, 山下 暁朗 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 4,290,000(円)  金額合計: 990,000(円)

  • 老化関連脳心血管病における受容体結合因子の病態生理学的意義

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K07786

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 涌井 広道, 山下 暁朗, 田村 功一 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 4,290,000(円)  金額合計: 990,000(円)

  • ポスト翻訳終結イベントの調節機構及びその生理病理的意義の解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 20H03438

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 山下 暁朗 

    直接経費: 13,600,000(円)  間接経費: 17,680,000(円)  金額合計: 4,080,000(円)

全件表示 >>