泉水 仁 (イズミ ジン)

IZUMI Jin

写真a

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2014年03月

      熊本大学・技術職員  

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

      琉球大学・技術職員  

  • 2016年04月
    -
    継続中

      琉球大学・技術専門職員  

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者(甲種)

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

  • 環境計量士

  • エックス線作業主任者

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 沖縄をモデルケースにした高温多湿地域における除湿水の水質・水量調査及びその有効活用

    泉水仁,中川鉄水,福本晃造 他

    日本水環境学会   47 ( 1 ) 47 - 53   2024年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    安全な飲用水の供給不足に悩む開発途上国は高温多湿地域が多いが,錆やカビの発生防止に除湿機が使われている。除湿機から発生する水(除湿水)は汚いイメージがあり捨てられているが,沖縄をモデルケースとして年間を通して水質・水量調査を行ったところ,水質に関しては水道水に含まれる不純物の濃度が 119.821 mg/L(主成分:Cl 34.315 mg/L,Ca 28.636 mg/L,Na 25.658 mg/L, SO4 23.293 mg/L)に対して,除湿水は調査期間の平均が 11.730 mg/L(主成分:TOC 6.985 mg/L,NH4 3.760 mg/L)という結果が得られ,除湿水はいずれの季節でも水道水と比べて不純物量が少ないことがわかった。またコンプレッサー式除湿器は部屋を閉め切っても調査期間の平均が 6.22 L/day(定格の約62%)の除湿水を年間で得られ,ゼオライト式(3.16 L/day(定格の約39%))より多量の水が生成されることが分かった。このことから,除湿水は適切に処理すれば低コストで飲用水など様々な目的の水として活用が期待できる。

  • Non-destructive elemental analysis of prehistoric potsherds in the southern Ryukyu Islands, Japan: Consideration of the pottery surface processing technique in the boundary region between the Japanese Jōmon and Neolithic Taiwan

    Hiroaki Aoyama, Kaishi Yamagiwa, Shingo Fujimoto, Jin Izumi, Senri Ganeko, , Shingo Kameshima

    Journal of Archaeological Science: Reports     2020年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • A possible new oldest pottery group in the Southern Ryukyu Islands, Japan: Comparative analysis of elemental components of potsherds from the Shiraho-Saonetabaru Cave Site

    Kaishi Yamagiwa, Shingo Fujimoto, Hiroaki Aoyama, Jin Izumi, Shingo Kameshima

    Journal of Archaeological Science: Reports     2019年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • A new nondestructive approach to chemical analysis of potsherds using an X-ray fluorescence microscope: Case study about the past pottery manufacture in the Yaeyama Islands

    Hiroaki Aoyama, Kaishi Yamagiwa, Shingo Fujimoto, Jin Izumi, Ryosuke Ishikawa, Shingo Kameshima, Tsutomu Arakaki

    X-RAY SPECTROMETRY     2018年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Necklace-shaped Dimethylsiloxane Polymers Bearing a Polyhedral Oligomeric Silsesquioxane Cage Prepared by Polycondensation and Ring-opening Polymerization

    Marie Yoshimatsu, Kunihiro Komori, Yusuke Ohnagamitsu, Naoto Sueyoshi, Noriko Kawashima, Sumire Chinen, Yuko Murakami, Jin Izumi, Daisuke Inoki, Kiyoshi Sakai, Takashi Matsuo, Kenichi Watanabe, Masashi Kunitake

    Chemistry Letters     2012年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 沖縄における除湿機排水の水質・水量調査と教育現場での活用

    泉水仁、中川鉄水、福本晃造

    令和4年度日本理科教育学会九州支部大会  (沖縄県市町村自治会館)  2023年05月  -  2023年05月   

  • 沖縄における除湿機排水の水質・水量調査とその有効活用

    泉水仁 他

    日本設計工学会関西支部令和3年度研究発表講演会  2022年03月  -  2022年03月   

  • 空調排水の活用を目指した沖縄における水質・水量調査

    泉水仁 他

    おきなわオープンTECHゼミ  2021年06月  -  2021年06月   

  • 高温多湿地域における除湿水の有効活用を目指した水量調査

    泉水仁,座安那奈,中川鉄水,福本晃造

    2020年度 東北大学総合技術研究会  2021年03月  -  2021年03月   

  • 空調排水の活用を目指した水質・水量調査と琉大カガク院の活動紹介

    泉水仁,座安那奈,洲鎌未空,中川鉄水,福本晃造

    2019年度 鹿児島大学 実験・実習技術研究会  2020年03月  -  2020年03月   

全件表示 >>

特許等知的財産 【 表示 / 非表示

  • ウォーターサーバー

    特願 2018-160696  (2018年08月29日)

    特許 7118352  (2022年08月05日)

    木之下幸一郎,米倉勲,坂東喜哉,小城宣啓,小西淳,澤誠一,福本晃造,中川鉄水,泉水仁,吉本隆光,浅田祥司,落合康孝

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 沖縄型探究活動を支援する除湿水からの簡易純水製造装置の開発

    奨励研究

    課題番号: 23H05077

    研究期間: 2023年04月  -  2024年03月 

    代表者: 泉水仁 

    直接経費: 420,000(円) 

     概要を見る

    沖縄は高温多湿のため錆・カビ防止で年中除湿機が稼働しているが、発生する水(除湿水)は不潔なイメージのため廃棄されている。研究者らは、除湿水が年間を通して水道水に比べて不純物が少なく、定格の約62%(年平均)得られることと、低予算・簡便な除湿水精製装置により純水相当の精製水を得る技術を確立した。本研究では、教育機関における生徒の探究活動を支援するために、近年需要が増加している蒸留水対策として本装置を開発・試験導入し、その効果を検証することが目的である。高温多湿な沖縄で豊富に得られる除湿水の精製装置の導入が、教育機関の経費節約の一助となり、更に環境教育等の効果が期待できる。

  • eラーニングと実習を併用した発展的なNMR測定・解析技術習得プログラムの開発

    奨励研究

    課題番号: 23915006

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

    代表者: 泉水 仁 

    直接経費: 600,000(円) 

  • 超・亜臨界流体の研究に従事する学生を対象にした安全教育プログラムの開発とその実践

    奨励研究

    課題番号: 21924005

    研究期間: 2009年04月  -  2010年03月 

    代表者: 泉水 仁 

    直接経費: 500,000(円)